DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2010年02月24日
無事発売20周年記念プレーも終えたマイDQ4の電池交換をすることにした。
まずはカセットの分解から。これがまた、4つのツメがガッチリはまっていて難しい。
今まで何度か試したけれど、必ず1つはツメが割れる。ただ、割れたツメは瞬間接着剤でしっかり接着できるのでツメ割れは容認の方向で。
ところが今回、ツメは1つも割れなかった!これはラッキー!無傷で開けられた。
その後電池を取り外し。この電池が20年間数々のデータを保存していてくれたんだな…と、ちょっと感慨にふける。記念に取っておきたかったけどタブを剥がしたら怪しげなにおいがしたのでやめておいた。ちなみに電池には90-04と印字されていた。このカセットを手に入れたのが90年11月頃だったので電池もソフト発売後以降製造されたものだったらしい。
てことは、これって初期ロムじゃないのかな?でも初期ロムじゃないと出来ないとされている裏技は全部出来るんだよな…。その辺不明。
電池を取ったら次は端子清掃。これまで幾度となく抜き差ししてきたのでさぞかし汚れているだろうと思っていたら、見た目はそうでもなかった。でも電子機器クリーナを綿棒につけて端子を擦るとやっぱり綿棒は真っ黒に。綿棒が汚れなくなるまで掃除を繰り返したら最後は接点復活剤を塗布。金ピカの端子復活。
続いて電池取付。今後のことを考えて電池ケースを利用することにした。本当は外付けにすると簡単に交換できていいんだけど、そうするとカセットケースに収まらなくなるので内側収納に。ちゃんと中に収まるくらいの小さな電池ケースがあるんですよ。便利だなぁ。
久々の半田付けは出来に若干不満はあるものの、とりあえずしっかり付けられた(と思う)ので良しとしよう。内収納ということは、電池交換のたびにカセットを開けないといけなくなるので、ちょいとツメを削って、手でも充分開けられるようにする。
ちゃんと保存できるか試してから電池を内部に収めて、カセットをはめて完成。
これで今後も引き続きFCでDQ4を楽しめます♪端子を磨いたから接触もバッチリ!

カセット分解、清掃、電池交換の方法についてはネット上の色々なサイトで調べました。
こういうとき、ホントにインターネットって便利だな〜と思いますね。
IMG_0244.jpg IMG_0253.jpg
写真左:交換前 右:交換後

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

2010年04月29日
Wデスピー
左、前に買ったソフビ人形のデスピサロ。右、FCのデスピサロ。よく出来ているけれど何かが違う、何かが違う、そう、手の指の数が違う。左が5本で右4本。
良い再現度なのに、何故指の数を間違えたんだ??惜しすぎる!
というわけで、指を1本切り落として4本指の人形にすることにした。

さて、どの指を切り落とすと一番見栄えがよくなるか、フォトショップで加工して調査。
中指落とし
薬指落とし
小指落とし
上から中指落とし、薬指落とし、小指落とし。うーん、とりあえず中指は残したほうが良さそうだ。どちらかと言うと薬指落としが見栄えがいいかな?よし、切るのは薬指にしよう。

切り飛ばし直後
ソフビ人形なのでカッターで簡単に切ることが出来た。このままだと穴が気になるので、先日横浜の東急ハンズで手に入れた「プラリペア」という補修剤を使って穴埋め。
穴埋め
左がちょっと盛り上がりすぎたかもしれないけど、まあ、そこそこイイカンジ。でも白だと目立つから緑色に塗ろう。塗料は家にあったアクリル絵具を使用。この絵具、紙に限らず色々な物に塗れるからとても便利。乾くと耐水性。黄緑に白と黒を少々混ぜたらそれらしい色になったので着色。
完成したものが↓
一応完成
やっぱり左手に多少の違和感があるけれど、私の技量ではまぁ、この程度か…と妥協する。斜め上から見ると結構いいかんじ。
いいアングル

ついでにクリフトの人形もちょっと手直し。ズボンの色が黄緑になっていたのでFC版イラスト準拠のベージュ系に変える。上着のボタンも金色だけどFC版は黒なのですよ、ということで黒塗りに。あとは手。手袋は実際はめているのかどうか謎なのですが、集英社刊行の攻略本39P(サントハイムの人々の鳥山さん描き下ろしと思しきイラスト。とてもお気に入り)準拠にする。ほら、姫様も手袋してるし、クリフトもはめちゃったら?って感じで(笑)。
クリフト

あー、これで満足した。最後に満足記念の一枚。
デスピーの手がW勇者に隠れて見えないところが心憎い(え?)。
天空城もあるよ

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

2010年12月05日
絵のカテゴリを作ってみました。
(*注:工作系カテゴリ「作ってみた」と合併し「図画工作」カテゴリとなりました)
今までに描いたものを載せていこうと思います。
ペン入れ以上までやってあるものを載せます。鉛筆のみの物は省略。

[水戸黄門編]
サントハイムご一行プレー記のときの絵です。
記事の中では一度も絵を載せたことはありませんが、描いてはいたのでここで載せます。といっても全部モノクロのモンスター絵ですが。
(画像クリックで拡大表示します)


ハンババのモョモト
ハンババのモョモト
このときのプレー記ではデスパレスへはアリーナが魔物に化け、志願兵を装って一人で城に潜入するという設定でした。そのときに化けたのがハンババです。「強そうな魔物」をイメージして杖を振るったので普通のハンババより筋骨隆々です。
ええ、つまり、このハンババはアリーナです(笑)
「ハンババのモョモト」を名乗って城に潜入しました。
モョモトの元ネタはもちろんローレシアの最強王子もょもとさんです。プレー記の中では神話の中の人物として名前が登場しました。


死霊使いとコンジャラー
クリムトとマサール?
同じく、魔物の姿に変身したクリフト(死霊使い)とブライ(コンジャラー)です。クリフトはザキ使いということで死霊使いに、ブライは「死ねコンジャラー、バギ!」という有名な4コマネタより、コンジャラーになりました。ハエ(マヒャドフライ)はさすがに嫌だろうと思ったし。
死霊使いは「クリムト」、コンジャラーは「マサール」として立ち回りました。元ネタはもちろんDQ6に登場の兄弟賢者のお2人です。


第一遊撃部隊隊長・スケサン
デスパレス第一遊撃部隊隊長・スケサン
こちらはハンババのモョモトが配属になった「第一遊撃部隊」隊長のライノソルジャー。名前はスケサン。DQ2でローレシアの王子の名前が「もょもと」の場合、サマルトリアの王子の名前が「すけさん」になるのでこのような名前になりました。
人間は大嫌いだけど、人間が作った話の中に出てきた闘神・モョモトには憧れているらしいです。だから斧(破壊の剣が斧っぽい)を扱い2回攻撃(はやぶさの剣、つまり「はかぶさ」です)をするそうです。普通のライノソルジャーは付けていないゴーグルを付けているのも闘神への憧れです。
顔はちょっとだけカッコ良くしてみました(笑)

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

2011年01月07日
トルネコ、マーニャ、ミネア プレー記のときの絵です。
こちらはいろいろ描いて載せましたので二分割。

まずはプレー記で既に載せている再録編。
(画像クリックで拡大表示します)



記念撮影?
初めてデスピサロを倒した直後、3人無事合流しエンドールで撮ったらしい一枚。
撮影者不明(笑) 何故か筆ペンで描いてしまった為異様に線が太い。
今となっては描き直したい1枚ですが、そのまま掲載。



盗賊トルネコと助手ミネア
アンクルホーンから「命の木の実」を盗むべく世界樹に登った際の1枚。
ミネアは祝福の杖を装備してひたすら敵を叩いてました(敵のHP回復)
トルネコ&ミネア会心の笑顔(?)でも腹の中は黒そう……。



強盗団の悪戦苦闘
今度は「力の種」を欲しくなった一行(ていうかミネア)
ドラゴンライダーから種をくすねるべく、海鳴りの祠へ。構図が失敗くさい一枚。
ミネアさん必死ですね。
祝福の杖からはオキシドールが出るようです。



トルネコはぼーっとみている
疲れる種集めの息抜きに闇の洞窟で経験値&お金稼ぎ、な一枚。
種集めの時は呪文も使わせてもらえず、イライラが募った(?)マーニャも、ここでは思う存分呪文使えますよ! ということでイオナズン。ミネアは右手にはぐれメタルの剣、左手からバギクロス(ときどきラリホー)
種集めに疲れたトルネコさんはちょっとお休み。



トルネコはつまずいてころんだ
海鳴りの祠に飽きたのでエスターク神殿まで出向いてドラゴンライダー探し。
しかし、せっかくドラゴンライダーと遭遇しても気まぐれトルネコは盗みを働かず、コケて会心を出しちゃう始末。本当は素手で戦わせているのに転ぶと武器が当たっちゃうのはご愛嬌。
ちなみに種集め時には勇者を蘇生させて敵に祝福の杖を振るってました。
ふんどしな勇者と新手の嫌がらせ方法を編み出したミネアまで描いてしまった、つい出来心で……な一枚。
きっとオジサンはこの後マーニャに「危ないじゃない! くどくど」と説教を食らったことでしょう。



フル装備
カジノでは殆ど遊ばずに貯めきったコイン5万枚。ついにはぐれメタルの盾と交換し、ミネアに装備。これではぐれメタルシリーズフルコンプな1枚。戦国武将になれそうですね。華奢な占い師なのによくこんな装備できますね。混乱したときに脱ぐのも大変そうですね。

つづく。

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

2011年01月07日
こちらはプレー記には載せなかった絵を載せます。カッコ良く書くと「描き下ろし」ってやつ?(笑)
(画像クリックで拡大表示します)

各人メインで1枚ずつ+α



まずはトルネコ。トルネコといえばコレ!

オジサン、かばう!
まだパラディンだった頃(笑)、かばうを連発してくれたトルネコの雄姿。ミネアよりマーニャをかばうことが多かったのでかばわれる役はマーニャに。敵はギガデーモン。こいつ強かったよな……。



続いてマーニャ。マーニャといえば炎の呪文!

凄いメラゾーマ
ミネアのメガザルで復活したマーニャの放つメラゾーマは、まるでミネアが得意にしていた真空呪文と融合したかのような呪文だった、という架空設定の場面。
自分の技量でこのシチュエーションを絵にするのは無謀! と思いつつ描いた1枚。
無謀だとは思ったけど描きたかったのです、どうしても。
呪文の名前は……メラクロスかバギゾーマか? ことによるとメラムーチョ?



ミネア。「ミネアといえばメガザル」な印象も強いですが、それだと切ない絵になりそうなので、あえてこちらに。

相棒との邂逅
滝の流れる洞窟・最深部にて、最強の剣を手にしたミネア。
トルネコに勧められて手に取り、その感触にご満悦。以後はぐれメタルの剣は戦いが終わるまでずっとミネアの相棒となる。背後のバラクーダのセリフは多分「ギョギョッ!?」
基本、武器を描くのは面倒なのですが、はぐれメタルの剣を描くのは楽しいです。



ラスト。
スケサンを描いたわけですし、やっぱりこっちも描くべきだろう! ということで描いた1枚。

ミネア隊長
デスパレス第二遊撃部隊隊長・キラーアーマーのミネア。
デスパレス編での語りがミネアだったのでミネアという名前になっちゃった人。
しかも最初は男性の予定だったのに結局は女性になった。
鎧兜はクリーニング中(笑)
剣は皆殺しの剣にしました。ピサロ同様、魔族なので呪われません。
一応顔立ちがミネアに似ていて、違うのは耳が尖っているのと、瞳が赤いのと、牙を覗かせている点……という設定にしたと思ったのでそのようにしてみたつもり。目つきは若干鋭い感じで。
スケサンとはきっと良いライバル。仲が良いかどうかはこれから考えます(笑)

ミネア同士剣を交えている絵に憧れましたが全然描ける自信がありません。いつか描けるようになったら描いてみたいです。

次回プレー記は「三人旅三部作の三作目」と銘打ったので違う隊長さんを登場させたいところですけど、どうなるんだろう? そのときの思いつき次第かな……。

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ