DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2010年11月19日
3章で雇う人たち。
スコットは3回くらい雇った覚えがあるけど、ロレンスは初プレーの時に1度雇ったきりなのでNPCの中では一番影が薄いかも。宿屋の2階に引き篭もっているのが敗因だと思う。2章で「右手に鉄の爪ラララララ〜」って言ってたのロレンスだっけ? な具合でよく覚えていない。何の呪文を唱えるのかも覚えていない。そのくらい影薄。でもついさっき読んだ「知られざる伝説」のロレンスの話は良かった。これを読むと次は雇ってみようという気になるかも。果たして実際に雇うかどうかは別問題ですけど(笑)

スコットは犬がいると雇えなかったり、5章でミネアのお得意様(?)だったりでそこそこ影は濃い。銀の女神像を取るときに気が向けば雇うかな。雇えば壁として役に立つ。3章はトルネコの道具欄がキツキツで薬草なんて持ち歩く余裕がないので回復はしてあげられないけど(ビジネスライクなお付き合いです)、10Gで蘇生出来るから良いですね。
いじられ役みたいなイメージがあるのですが、これまたついさっき「知られざる伝説」を読んだらやっぱりトホホな役回りでした。……ああ、やっぱりこの人カモかも、と思った(笑)

スコットは兵士グラフィックですが、エンドール城下町にいる兵士グラのキャラはスコットよりももう1人の方がとても印象的。「見回りは楽じゃないな〜」と言う人。こっちが道具屋に行こうとすると大抵コイツが邪魔になる。しかも見回りの終点が酒場だし。「仕事中の一杯は格別だぜ」とか言ってるし。コイツはクビだな。
でも憎めないキャラクターでもあります。

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

2010年12月01日
オーリンはホイミンと並んで心の底から「なんて頼りになるんだ!」と思ったNPCです。旅に出たてのマーニャとミネアでは頼りなくて、ガクガクブルブルと震えながらコーミズ西の洞窟に潜ったものですが(4章の敵は不気味なものが多くて余計に怖かった)、彼が仲間になったときの安堵感はすごい! 力強くて体力があって、その頼りがいのある姿はまさに映画のジャイアン。まさしく生ける壁! (鍵を持っているっぽいのに)鍵をこじ開けるのがまた凄いです。
年齢は30代前半くらいでしょうか? DSの顔グラフィックだとあまり厳つくない顔ですね。FCの公式ガイドブックだとヤジロベー顔。「知られざる伝説」のオーリンが一番カッコイイかも。
4章の最後ではエレジーまで流れてかなりショックだったけど、5章で無事生存が確認されたときはマーニャ&ミネアのごとく嬉しかったです。ちゃっかり彼女までゲットしてるしな(笑)あの女の子とはその後どうなったんですかね? ……と思ったら、「知られざる伝説」によれば、夫婦になった模様です。関係ないけど姉妹の姿が彫られた黄金の腕輪のレプリカは欲しいと思った。
なんでフレノールに辿り着いたのかも結構謎です。女の子がサントハイム出身だったのかな??

師匠エドガンから見たオーリンはどんな弟子だったのだろう。
イメージとしては真面目で実直、怪力。魔力はないけどそれなりには賢い。でもずる賢さはなさそう。多分嘘も下手でしょう。いわゆるバカ真面目タイプ。信頼のおける弟子ではあったかもしれない。
でも技術の飲み込みは弟弟子のバルザックの方が実は早かったんじゃないかとか、そういうイメージもあります。
生真面目なオーリンにとってはバルザックに付けられた体の傷よりも、エドガンを守れなかったという心の傷の方がよっぽど深かったのかもしれない。洞窟の奥に人知れず篭って傷を癒していたのもそんな自責の念が強かったからなのでしょうか。
もう同じことは繰り返したくはないと思ったから、体を張って姉妹を逃がし、瀕死の重傷を負いながらも女の子を救ったのかもしれませんね。オーリンもまたパラディンですね。

オーリンという名前を聞いて真っ先に思い浮かんだのが王林(リンゴ)でしたが(笑)、とにかく頼りになるお兄さんでした。
マーニャやミネアにとっても、きっと頼れる(ちょっと年齢の離れた)お兄さんだったのかもしれませんね。「お兄さん」以上の感情も、もしかしたらあったのかもしれませんが。

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

2010年12月18日
「信じる心」という名前のアイテムがあることに驚いたし(しかも宝石!)、それを見ただけで心が洗われちゃったことにも驚いた……そのことがとっても印象に残っているキャラ。
FC版ではミントスの宿屋の番頭で終えるのにリメイク版では一つの街のヌシ様になってしまった、とても出世したNPC。親父さんの宿屋の跡は継ぐのかな?
戦力的には、時期が時期だったのでかなり役に立ちました。砂漠越え〜大灯台までパーティーの先頭でした。100近いHPと比較的頻度の高い会心の一撃が頼れる人です。力もためますが、たいていそのターンのうちに戦闘が終わるという……。
FC版ではアリーナ、クリフトが仲間になるまで一緒に行動してくれたのに、リメイク版ではミントスに着いた時点でお別れ。でもパデキアの洞窟に彼を連れていったことがあったかどうか、実はよく覚えてません。最近人数制限プレーばかりやってるし; どうだったっけなぁ……。パデキアイベントあたりまで来ちゃうといなくても大丈夫かな、という感じなのかも。
棺桶に入っていてもお別れの時には突然生き返るのがちょっと怖いです。突然生き返ったうえに「突然ですが皆さん」と突然会話が始まるので余計怖いです(笑)

移民の町、PS版ではプレミアムバザーを作っただけで挫折しましたが、ミステリータワーになったときの反応が面白いみたいですね。作ってみれば良かった。ミネアの反応を見るのも兼ねて(こんなところで暮らしたいとか言うらしい……怖っ)。
DSでは城一択だけど、サントハイム領にもう一つ城が出来ちゃったのはブライならずとも複雑な心境でした。

パーティーに馬車を残してくれたホフマンは、世界を救った影の功労者なのかもしれません。
さらに、ファミコンの性能上パーティーが5人以上いると画面がチラついて困る、という事態を解決に導いた功労者とも言えるのかも?(笑)
NPCの話が充実している「知られざる伝説」によれば、パトリシアは実は天空城に住んでいた悪戯好きの竜の子どもだったらしい。マスタードラゴンの怒りを買って馬にされたようです。マスドラさんの逆鱗に触れると恐ろしいこと満載ですね。
馬車の馬、確か6のファルシオンも特別な馬だったと思うのですが、もっとも特別だった馬は多分8の馬ですよね。

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

2011年01月02日
お正月はお笑い芸人の活躍する機会も多い……というわけで、新年最初はパノンから。

パーティーにいる期間の変動幅がもっとも大きいNPC。
仲間にして3分と経たずに別れる場合もあればミントス〜ゴットサイドの長丁場を共にする場合もある人。私の場合は殆どが前者でしたが、今度のプレー記では後者に近くなるのでその能力をバッチリ堪能できそうです。
能力値にはあまり期待出来ないけれど、素晴らしい武器を装備。ミントス〜ゴットサイドをどうやって乗り切っていくのかが今から楽しみです。

お笑い芸人としてのパノン。モンバーバラで披露していたネタ(おはなしっ! っていうアレ)には正直閉口したけど、普段はもっとスゴいネタを披露していたに違いない! ……と思いたいところ。
やはり彼はスタンシアラ王との会話で本領発揮。どんなにくだらないネタで笑わせるつもりなんだか……と思っていたらいきなり「私に王様を笑わせることは出来ません」で始まってビックリ。でもその後が素晴らしかった。王様をも唸らせた名言は世界を渡り歩いてきた経験から醸し出されたのでしょうか? ちょっと惚れました(笑)
リメイク版ではあちこち連れ回すと色々とご当地ギャグを繰り出すみたいですが、毎回3分お別れコースなので試したことがありません。「ソレッタだけに嵐がそれった! ……干ばつはそれなかったけど」あたりは言いそうか?
ちなみに「ミネアさんは今ひとつつかみねーあ」は知ってます。

キャラ名のギャグって結構ありそうですね。
ライアン
 そっちに行ったら、いあん(いやん)!
アリーナ
 天井を蹴破るなんてそんなことありーな?!
クリフト
 クリフトの愛車はフォークリフト(え?)
ブライ
 頭髪が全部抜け落ちるか、かろうじて残るのか、今まさにブライ(クライ)マックスを迎えています!
 おあーっと、凄い突風が頭部を襲う! ブライの髪、あぶらい(危ない)!
トルネコ
 トルネコの前を通る猫
マーニャ
 マーニャのソレはふんどし? 「まあにゃ(まあな)」
ミネア
 ミネア、そういや見ねーあ(コレ前にも書いたな……)
勇者
 これは勇者への融資や

「それは古井戸での言葉とみなしてよろしいのですかな? でしたら正しくは(略)」
「わたしが蹴破ったのは壁なのだけど。天井を蹴破るには足腰をさらに鍛え(略)」
「わたくしには愛する車などございません! わたくしが愛するのは(略)」
「何故わしのだけそんなに長いんじゃ! しかもハゲネタじゃと? たわけ!」
「ワタシのダジャレの方が1億万倍面白いですなぁ」
「ふんどしじゃないし! そんなこと言うヤツはメラで燃やしてイオで飛ばす!」
「トルネコさん、1億万というのはちょっと変です! それを言うなら1億×1万で(略)」
「……ゆうしって、何?」

……って、コレってパノンの記事だったはずだけど。

さてさて、NPCのサイドストーリーが充実している「知られざる伝説」を見てみますと、「パノン」というのは大昔から代々「どんな苦しいときも笑いを忘れてはいけない」という意志を受け継いできたお笑い芸人の称号のようなものらしいです。初代はゴットサイドの堅物神官で、彼の名前がパノンだったためその名前が代々受け継がれたというわけです。
なぜ堅物神官がお笑いの道に?……というのも文中に書かれていました。簡単に書くと遺跡の発掘によって「笑いは大切」という古代人のメッセージを受け取ったから……といったところです。現在(DQ4)のパノンは年齢40代くらいだそうです。
確かDQ6、9にもパノンって出てきましたよね(或いは他の作品にも?)。どの時代、どの世界においても「笑い」という手段で世界を救おうとしているパノンが存在しているということですね。良い話です。

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

2011年01月12日
ルーシアはFCでもリメイクでも殆ど使ったことがありません。とりあえずおっちょこちょいだという印象が強いです。リメイクだとさらに天然系なのだとか。
FC版公式ガイドブックの羽付きヘルメットを被っているルーシアの絵が結構好き。
能力を見てみると水の羽衣を着ていたりベホマを使えたりと結構優秀なんですね。攻撃力・守備力は若干低いかもしれないけれどHP・MPはなかなかのようです。
次のプレー記では若干の出番がある予定なので(世界樹〜天空への塔)、どんな戦いを見せてくれるのか楽しみです!

竜の子ども・ドランはFC版ではそこそこ使ったことがあります。痛恨という名の会心の一撃がかなり出てくれる印象。使うのはほぼデスピサロ戦のみなのですが、これは有り難いです。でもブレス攻撃はしてくれなくていいんだけど。
馬車から出た最初のターンが必ず「様子を見る」になってしまうのが残念。HP258は初めてデスピサロに挑戦するレベル帯では結構優秀。攻撃力195は中堅レベルか?
次のプレー記では闇の洞窟からの出番となるので、長い洞窟、四天王とどんな戦いを見せてくれるのか、これまた楽しみ!

恒例の「知られざる伝説」では、パトリシアの話の続きのようになっていました。
馬(パトリシア)にされたチビ竜があらかた食べてしまった栽培室の世界樹の葉。残ったのは1枚半。その残りを今度はドランが燃やしてしまって栽培係(ミニデーモン?)カンカン。本当はマスタードラゴンの許可なく地上に降りてはいけない竜の養育係のルーシアが世界樹の葉を集めるべく世界樹へと降り立つ。
全てを見通しているマスタードラゴンには勝手に下りたことがバレバレだったけれど、お咎めはなし。
つまり、マスタードラゴンは人間の男性や竜の子どもには容赦ないですが、天空人の女性にはかなり甘いようです。分かりやすいお方ですね(笑)

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ