DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2010年05月16日
一応、ココってDQ4特化型と銘打ったブログだし、DQ4について書こうかな…と思ったので書いてみます。書きたいことを全て書こうとすると多分収拾がつかなくなるので;ちょっと簡潔めに(…なってるかどうか怪しいけど)
えっと、基本的にFC版についてです。

DQ4は私が初めて本格的にプレーしたDQです。それまでDQは友人がプレーするのを見ていた程度だったし、興味もそれほどありませんでした。
DQ4も最初は借り物プレーでした(貸してくれとも言っていないのに勝手に貸してくれた友人に今では感謝(笑))。5章の途中くらいまでは淡々とプレーしていたのですが、ひょんなことから先頭のキャラによってフィールド音楽が変わることを知り、アリーナを先頭にして「おてんば姫の行進」が流れた瞬間にハマったという今考えても不思議な経緯でDQ4ファンになったのでした。「おてんば姫の行進」は2章で散々聴いていたはずなのですが、何故か5章で聴いて好きになったという…。というわけでアリーナ姫が一番のご贔屓なのも音楽の影響です。もちろんキャラ自体も好きですが。今はどうか知らないけど、「強いお姫様」って当時はかなり斬新だったはず。
音楽がきっかけでハマっただけのことはあり、DQ4音楽大好きです。CD(N響版)ももう何百回聴いたか分からない…。カセットテープだったら擦り切れてそうだ(笑)。2002年夏のコンサートに行かなかったことはちょっと後悔。

いまもなお一番人気であるDQ3の次の作品として発売されたDQ4ですが、当時の評判はあまり高くはなかったように記憶しています。ロト編じゃなくなったとか、自由度が少ないとか、戦闘時に細かい指示が出せないとか、その辺の不満をよく見かけた気が…。幸い私は大して気になりませんでしたが。
自身のDQ初プレーがIVだったのでロト編かどうかは全く関係なかったし、自由度に関してはIIIの後にIVをやると低く感じるという意味なのかな?やはりこれもIVが先だったので自由度があるかどうかは深く考えませんでした。5章で最後の鍵を取った直後って割りと色々なところを回れるし、あまり1本道って印象はないかも。
AI戦闘に関しても、自分自身面倒くさがりなこともあり、勇者の行動だけ決めればいいとか何てラクなんだ!と思うほど有り難いシステムです(笑)。6つの作戦の中から1つ指示を出せばそれに応じて戦ってくれるんですよ!勇者がいなければボタン一発ですよ!しかも学習してだんだん賢くなるし、その行動からキャラの個性も垣間見ることができるし、その様子を見てるだけで楽しいです。だから「めいれいさせろ」がなくても全然苦になりません。もっとも、DQ4の場合は1〜4章でそれぞれのキャラを操作出来たからこそ、5章の命令できないAI戦闘が生きるのかもしれませんが。
この辺は完全にその人の好みなんでしょうけど、私にはIVのシステムが合っていたということなのでしょうね。
そんな、発売当時の評判はイマイチだったDQ4ですが、近頃の作品別人気投票みたいなものを見てみるとIIIとVの二強でIVは3〜4番手というケースが多いみたいでそこそこの人気なんですね。VもSFC版発売当時はあまり評判良くなかったと記憶しているのですが…評価なんてどこでどう変わるか分からないんだなぁ、と。

SFCでリメイクとしてDQ1・2が出たときに「いつかIVも出してくれないかな〜」という淡い希望を持っていました。結局SFCではリメイクがIIIまで出て、何故か今度はGB(GBC)でまたI〜IIIまで出て、あぁ、ロト編はやっぱ凄いのね…と思いつつ、そのころはすっかり他のゲームにハマっていたのですが(…発売10周年とか完全スルーだったのが悔やまれる)、2001年にPSでIVのリメイクが出ると分かったときはさすがに心躍りました。ゲームショップで予約して、発売日に喜び勇んで買いに行って、翌日からの3連休でダーっとプレーして、「ちょっと会話システムは微妙…」とか「シンシアとロザリー、髪の毛ピンクなんだ…」とか「『おれにまかせろ』より『じゅもんせつやく』の方が…」とか思いつつも、やっぱりDQ4はハードが変わっても面白かったです。会話は…クリフトとブライが自分が思い描いていたキャラクターのイメージと違いすぎてショックだったのであまり多用しないようにしました(苦笑)。作戦は一人一人に指定できるのは良かったですけどね。マネマネがモシャスしたときの「もどき」の頭身が上がったのも嬉しかった(DSでは動きもあって更に良かった!)。
5章を終えて、さらに続きがあって、なんとピサロさんが仲間になるようですよ!と知ったときは更に心躍ったっけ。えええ?!あのピサロを動かせるのかっ??…と。で、いそいそとピサロを仲間にしに行って、魔界装備を揃えて、ピサロの能力を堪能しつつ、エビプリも撃破。ついに真のED!…と。でも、ここまで来て思ってしまったのです。「やっぱりDQ4は5章で終わってこそのDQ4だ」と。
6章の構想というのは以前からあったそうですが(その内容が現在の6章のものと同じかは分かりません)、全5章として出された作品を長年プレーしてきたので、勇者とピサロは相容れない、宿敵、永遠のライバル…というのが自分の中ですっかり出来上がってしまい、その2人が同じ馬車の中で共に過ごす…というのは考えられなくなっていました。
最初のうちは「あのピサロを動かせる」ことが凄く嬉しかったけれど、仲間にして進めて行くうちにやっぱりピサロは仲間というよりも永遠のライバルって感じだよなぁ…と思うようになり、それでいまだにFC版を起動させているわけです。
だからといって、別にリメイク版が嫌いなわけではありません。嫌いだったらトルネコに「はぐれメタルヘルム」を盗ませるために天空への塔へこもったり、全員をレベル99まで上げたり、スペシャル移民を手に入れるためだけにわざわざ幕張メッセに行ったりなんてしません(笑)。最後にみんなが幸せになれるという点ではリメイク版の方が良いと思うし、リメイク版が出てからIVの人気が上がったという話も聞くし、そうだとするなら、DQ4にとってもリメイク版が出て良かったのかもしれないし(笑)。
ただ、私にとってはFC版の方が好き…というだけです。FCで出た頃からあの6章があったら、今ほどDQ4にハマっていたか?と聞かれると、ちょっと分からないかも; せめてロザリーの復活のさせ方がもっと違う方法だったら…あるいはまた感じ方が違っていたかもしれないけれど。

最近では低めのレベルで攻略することを覚えたり(今更覚えたのかよ;)、耐性の大切さを知ったり(今更(略))して、イベントによって使うキャラを変える楽しみも出来ました。みんなに一長一短があって、「ここにはこういう敵が出てくるから○○より△△を連れて行った方がいいかな」と考えたりするのが面白いです(実際は誰を連れて行っても何とかなっちゃうけど)。キャラメイクも転職もない完全固定キャラだけど、だからこそキャラがとても立っていると思うし、だからこその楽しみ方もあると思います。
あと、DQ4は1周にかかる時間がそれほど長くないので(章立てだから短く感じる?)、1周を長くやり込むというより、ついつい何周もやっちゃうタイプのゲームかなとも思います。今回普通にプレーしたら次は低レベルでいってみよう、その次は装備制限でいってみようかな、次は勇者と○○の2人旅かな…とか、いっそ1人旅!とか、そんな感じ。

なんか予想通り、書いているうちにまとまりがなくなってきた感じですが; 発売から20年経った今でも、シリーズ唯一の章立て形式、勇者以外命令不可の戦闘(5章)、学習機能搭載。そして個性的な仲間たちと存在感際立った宿敵、ちょっぴり後味の悪い結末と、素晴らしい音楽の数々、そんな様々な要素を備えているDQ4が大好きです。4メガビットの中に製作者様の英知と私の文章などでは表現しきれない感動が詰まっている!…私にとってはまさに神ゲーなのです。
この作品がきっかけでお絵描き始めたり、4コママンガ描いたり、今更楽器演奏まで始めちゃったり、我ながら思わず苦笑い。あれこれ手を出して全て中途半端なのにも苦笑い。まさしくつまみ食いの美学(?)。

そのうち調子に乗ってキャラクターについても語っちゃうかも(笑)。
あと、もう少し経ったらまたプレー記も始めようっと♪

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

2010年05月20日
勇者

男性、女性、ゲームではどちらかを偏って使うということはなく、1ゲームごとに交替で選択。名前は男性・ゆんける(ユンケル)、女性・ろうやる(ローヤル)で固定。初プレーの時に家に大量にユンケルがあったのが元。そんな理由だけどすっかり愛着もわいているので他の名前には出来ない…。

勇者は(FC版・5章で)唯一細かい戦闘指示を出せるキャラなので非常に頼りになります。だからこそ攻撃がスカったり回復が重複したりもありますが、それはご愛嬌ということで。
便利なアイテム(賢者の石、世界樹系アイテム、時の砂等)は細かく指示を出せる勇者に持たせたいと思っているけどアイテム欄が全然足らないというジレンマ…。
もし勇者が唱えられる呪文が1つだけだったら何選ぶ?と言われたらベホマズンを選ぶだろうな…というほどベホマズン便利。でも心情的にはモシャスか??ある意味シンシアを偲ぶための呪文。「命令させろ」があるリメイク版では確かにいらない子かもしれないけど、無駄呪文でもいいから残して欲しかった…。

DQは主人公が喋らないので性格は想像するしかないわけですが、あんなひどい目に遭っても明るい…というタイプなのか、それとも、どこか影があるようなタイプなのか、どっちかなぁ…と日々考え中(?)。ツンデレじいさんのような「ぶっきらぼう」なイメージはあまりないかも。
混乱したときに「ぼくちゃん(orあたし)スライム」とか言うあたり根は明るいのかもしれない。
だから5章最初の方はちょっと影があるイメージで、だんだんみんなと打ち解けて元の明るい性格に…といった感じかな、ということで最近は落ち着きつつあります。年齢は小説版同様、アリーナと同い年で最年少かな?…でも、アリーナの方が若そうな感じも。公式設定は5章開始時点で17歳。

旅をする目的は世界を救うためではなく、村のみんなの仇を討つためだと思う。だから勇者様とか言われて崇められると困惑しそう。ピサロは絶対に倒さないといけない相手、世界のためではなく、自分を守って死んでいった人たちのために。
敵討ちを果たした結果、世界も救った…って感じがする。

5章ラストはシンシア復活説とか勇者が見た幻説とか様々あるけど…私は、予備知識が何もなかった20年前の初プレー時に何も疑わずに「あ、生き返ったんだ!」と思った覚えがあるので復活派なのかもしれない。でも幻説完全否定派でもないな。それはそれでありだと思う。それこそ、プレーヤーの数だけ答えがあるんだろうな。
どうせ復活するならシンシアだけでなく村のみんなも復活するといいな。きっとEDのあの後にみんなもぞろぞろと登場したのかもしれない…と想像してみたり。

…と、ここまでは男女ともに抱くイメージは同じなのですが、リメイク版の6章になるとちょっと違うところも。
リメイク版はPSでは男勇者、DSでは女勇者で1回ずつ、6章の最後までいきました。
男勇者のPS版、6章で男勇者とピサロが一つ馬車の中で行動するのにとっても抵抗がありました。結果、エビプリを1度倒した時点でやめました。
女勇者のDS版、6章で女勇者とピサロが一つ馬車の中で行動するのに男勇者のときほどは抵抗はありませんでした。結果、全キャラ・レベル99にしました。
この違いはシンシアと勇者が異性か同性かの違いなのかな…?(え?据え置き機と携帯機の違いだって??(笑))

でも、前回も書いたとおり、基本は5章で終了推進派です。

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

2010年05月23日
ライアン

ピンクの鎧とリッパな口髭がトレードマークのニヒルなおじさん。30代後半くらい? 元祖魔物使い? でもホイミンとコンビで出てくるとホイミンの方が目立っちゃうのがツラいところ(笑)。
リメイク版の会話システムではどうか分からないけど、すごく真面目でお堅そうなイメージ。勇者を守るべく旅に出て、いつも勇者一行より一歩先を行ってしまっているのに合流すればレベルが低かったり、城に戻れば兵士に「相変わらずノロマだな」と言われてしまうお茶目な一面も(?)。
普段は無口だけどいざというときに若い人たちに的確なアドバイスをくれそう。わりと一人でいることが多そうな感じ。一人で黙々と武器の手入れとか、そんな姿が一番絵になりそうなキャラクターかな。年が近そうなトルネコとは時々雑談を交わしたりするのだろうか?
勇者との初対面時に「ぬおーー」とか叫んだりして意外と熱い人かもしれない。情には厚そうだ。
FC版のイラストって良く見ると足が(ガッチリした上半身に比べて)細いうえに若干短いのね…。でも背は高そう。190cm近くありそうなイメージ。
ピンクの兜を外すとオールバックリーゼント…かなと最近思うようになった。昔は角刈りだと思ってた。
オールバック

戦力的には、5章では最後に低いレベルで合流することが多いし、素早さが低いからザコ戦ではイマイチ使い勝手が良くない。良くないから馬車でいいや…となると主力と差が開いてますます馬車の悪循環に。そこをちょっと我慢して時々洞窟に連れて行ってあげたりすれば(HP高いし、守備力は豊富な装備品でどうにでもなるのでそんなに苦労はしない)、レベルの上がりは早いのでそれほど差も広がらないみたい。最近分かった。
ザコ戦では使い勝手がイマイチ良くないけれど、エスタークやデスピサロなど、一人を相手にするボス戦では逆に使い勝手が良い。HP高いし、奇跡の剣を持たせれば自動回復もあるし、ブレス耐性のある防具も装備できるし。バイキルトとの相性も抜群!…ブライが唱えてくれればの話だけど(笑)。素早さが0になってしまう魔神の鎧もライアンにとってはあまりマイナスになる要素でもない。逆に耐性面で優秀。だから鎧を装備すると盾の耐性が消えるバグは凄くもったいなかったなぁ。これが生きていたらドラゴンシールドを装備させて、アリーナとの使い分けももっと楽しめたかもしれないのに。
敵のブレス攻撃のダメージを最小限に食い止めて最後に強烈な一撃を食らわせるライアンか、食らうとダメージが大きいけれどその前に必殺の一撃を食らわせる可能性もあるアリーナか、どっちを選ぼう?…とか、考えるだけでワクワクしません?

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

2010年05月28日
アリーナ

ご贔屓キャラ♪「おてんば姫の行進」と素晴らしいまでの会心連発っぷりに惚れる。
お姫様=さらわれる というイメージが強かったし(ピーチ姫とか魔界村のプリンセスとか)、戦いに加わるとしても後方から魔法で支援、体力少ない(ムーンブルグ王女とか)って感じだったので打撃系でHPも高い、呪文は使えないというのはかなり斬新に映った。最近のお姫様事情をよく知らないので今でも珍しいのかどうかは分からないけど。

魔法の盛んな国(導きの書・ワールドガイドより)の王女として生まれながら全く魔力がない…というのは結構な引け目を感じそうだけど、「だったら自分は自分が出来ることを頑張る」と思っちゃうタイプかも。その「自分が出来ること」というのが武術だったわけで、幸いそちらに天性の才能があった、と。体を動かすのが大好き鍛錬マニア。確かにいわゆる「脳筋」なところもあるかもしれん…でもサイヤ人まではいかないと思うんだ(希望)。戦いではパワフルだけど普段のちょっとしたしぐさに王女の気品が感じられる…とかそんな感じだといいな!FC版の絵を見る限りきっとUVケアだって怠ってないはずだ!(笑)
自分がいずれ国を治める人間になるという自覚はしっかり持ってそう。「生涯武闘家!」ではなく、ある時期がきたらスパッと切り替えて国の統治に専念するんじゃないかと(お忍びで…とかはあるかも)。
城の壁を蹴破って外に出たり、パデキアの話を聞いてすっ飛んでいったりと、非常に行動的、積極的で無鉄砲なところもあるけど、頭の回転は早そう。戦いにおいては特に色々と機転がきいて判断力もある感じ。でも勉強とかは嫌いなんだろうな…(やれば出来るけどやらないので出来ないタイプ)。鍵を持っているのにわざわざ扉を蹴破る(リメイク版パデキア洞窟)のはちょっと違うような。その辺はもっとスマートに振舞うと思うんだけど。
マーニャあたりに冗談で出鱈目を吹き込まれても「えーそうなんだ!」と鵜呑みにして素直に納得してそう。やっぱお姫様だし、世間のことには疎いんだろうな。見ず知らずの男3人と一緒に洞窟に行ったりしてるし…。クリフトが知ったら病状の激烈悪化、間違いなし!ブライの寿命は既に若干縮んでそうだ。

攻撃面ではキラーピアスという「鬼に金棒、姫にキラピ」と形容できるほどの素晴らしい武器と会心連発特性で言うことナシだけど、防御面ではFC版だとブレス耐性のある防具を一切装備できないし、838861を使うと最終的に守備力が一番低い人になってかなり不安。昔は「もっといい防具を着られればいいのになぁ…」とも思ったけど、今では弱点があるからこそ美しい!と思うようになった。完全無欠じゃつまらないし、それこそライアンの出番なくなっちゃうし。
誰よりも軽装なのに誰よりも真っ先に敵に接近して戦うなんて勇敢すぎる。
ちなみに、FC版ではいつも装備させているのは「光のドレス」。お姫様にはドレス。例え動きにくそうでもドレス。ベホマやスクルトを跳ね返してもドレス。
ところがリメイク版では天使のレオタードのあまりに優秀な耐性に屈する。DS版ですれちがい通信を使って5章の早いうちに移民の町を最大規模にしたら、案の定ライアンの出番はなくなった…。やっぱライアンのためにも、姫にはドレス。身かわしの服でもいいけど。

ローレシアのもょもと王子と戦ったら白熱しそうだ。

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

2010年06月03日
クリフト

神官学校を首席で卒業したエリート。お城やサランの町の女性に大人気。冷静沈着、しっかり者で頼れるお兄さん。主君であるアリーナ姫への想いは胸に秘め、日々みんなの役に立つ………というのがFC時代に勝手に抱いたイメージだったのだけど、リメイク版のサントハイム教会にアリーナの「隠し撮り」ブロマイドがあったのはとっても衝撃的だった…隠し撮りだよ? さらに会話システムで(もちろん真面目なものもあったけど)「姫様姫様ブツブツブツブツ……」系統の独り言をたびたび目にし…以来、会話ボタンに触れる頻度は激減しましたとさ。しかし…あれだけクリフトがブツブツと姫様への思いを呟いているのに当の姫様はそのことに気づいている気配もなく、思考がサイヤ人くさい…っていうのもある意味凄いな。
リメイク版では特に強い人を求めている傾向のあるアリーナなだけにIVの世界にもょもと王子並みの強い王子がいたらクリフトピンチ?そういえばIVの世界って王子が少ないよね。
ああ、でも2人にはお城暮らし〜長旅の間に培った強い弱いを超越した信頼関係もあるだろうし、最終的にどう落ち着くのか、選択肢がいろいろあって考えるのは楽しいかもしれない。
年齢はアリーナより4〜5歳上くらいかな。ミネアよりも2〜3歳上でマーニャとは同じか1つ下くらい。背は高くて、パーティー内ではライアンに次ぐくらいというイメージ。

なんとなく水泳が得意そう(なんでまた水泳なんだろう…と思ったのだけど、どうやら小説版の海鳴りの祠の場面から勝手に妄想したらしい)。あの神官服を着ていてもすいすい泳げて、(運動系では)水泳だけはアリーナも勝てない…みたいな。一つくらい姫に勝てる運動系特技があると何となくいいかんじ。
あと、人を褒めるのが上手そう。ゴマすりとかじゃなくて、心の底から、本心で、真心込めて褒める、アリーナだけでなく誰に対しても。

クリフトは「はぐれメタルシリーズ」を全て装備できたりと、わりと重装備も可能だけど、ブレス耐性のある装備品は一切装備できなかったのね。つまり姫と一緒に出していると二人そろって大ダメージを受けると。これは…仲間♪仲間♪と喜ぶべきか悲しむべきか(笑)。せめて魔法の法衣を着た方がいいのか??
838861を使ったときはメタルシリーズで統一。そうでないときは(まず盾を取れないので)ミラーシールドを装備。でもミラーシールドの方が便利だと思う。ついでに言うと武器も奇跡の剣の方がいいような…。

戦闘では…確かにザキ魔。イライラ通り越して微笑ましく(というか呆れて思わず苦笑い)すら感じるくらいにザキ魔(笑)。でも(そのうち)学習はしてくれるし、回復すべきときはしてくれるから全然OK。まぁ、「あばたもえくぼ」ってやつですな。ザオリクも問題なく使ってくれる。ウチのロムでも姫様優先回復の模様。他の回復呪文と比べるとベホマラーの使用頻度は若干低めかも。後ろにクリフトが控えてくれるから姫はケガを恐れず思いっきり戦える…というシチュエーションが良いと思うんだ。
詠唱基準がイマイチよく分からないのがスクルト。さっぱり使ってくれねーと思っていたらさりげなく唱えてみたりとか。アリーナにだけスカラ唱えたりとか。守備力が低いと唱えるのかな?謎。
打撃面では、はぐれメタルの剣装備なだけあってそれなりにこなしてくれる感じ。
ザキ魔のクリフトだけど、敵からザキ系呪文を受けると効いちゃう率が高い気が…。よほど死神に好かれているのだろうか…ククク。

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ