DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2014年04月04日
3月29日(土曜日)
長野県岡谷市・カノラホールで行われた『東京シティ・フィルのドラゴンクエスト 交響組曲「ドラゴンクエストIV」導かれし者たち』オーケストラコンサートへ行ってきました。
(指揮:井田勝大、演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団)

岡谷市は長野県のほぼ中央、諏訪湖の西側に位置します。JR東日本の中央本線が通っており、岡谷駅は「特急あずさ」停車駅でもあります。新宿から約2時間半です。

岡谷駅 岡谷駅スタンプ

ホームにスタンプがあったので押してみました。驚いたのは標高。さすがは長野県だと実感。

駅からカノラホールまでは徒歩15分程度。比較的平坦な道のりのためそれほど遠くは感じません。
駅を出てすぐの場所に「ララオカヤ」、徒歩5分程度の場所に「イフルプラザ」という商業施設がありますが、正直賑わっているとは言いがたかったです。ララオカヤはかなり閑散としていました。
付近には全国的にあるようなスーパー、デパートなどはありません(以前は出店していたそうです)が、むしろ通りに小規模の商店がずらっと並んでいて、(地元の老舗がメインテナントの)イルフプラザを含め、地元のお店が奮闘している街……というのが第一印象でした。
また、岡谷市は「うなぎのまち」と謳っており、うなぎ(や川魚)のお店が数多くあります。せっかくなのでうなぎと鯉を食べてきました。どちらも美味しかったです(*´д`*)
カノラホールでは「カノラ・パートナーショップ」プロジェクトというものがあり、提携するホール周辺の飲食店で対象公演のチケット半券を提示すると特別なサービスを受けることが出来ます。今回の公演も対象だったので、しっかり恩恵にあずかってきました!
……と、そんな面からも岡谷市と地元商店の奮闘ぶりがうかがえます。

では前置きはこのくらいにして、当日の進行を。


1.序曲
(MC)春の息吹を感じる岡谷に導かれてやって来ました!
2.王宮のメヌエット
3.勇者の仲間たち
(MC)王宮のメヌエットは弦楽器のみながらとても荘厳です
4.街でのひととき
(MC)4はクリア出来ましたが、カジノにはつい入り浸ってしまい格闘場でスッてばかりでした
5.勇者の故郷〜馬車のマーチ
6.立ちはだかる難敵

休憩〜東京シティフィルが誇る「ドラクエ博士(10はじめました!)」とのトーク。今回のお題は「さくせん」

7.恐怖の洞窟〜呪われし塔
8.エレジー〜不思議のほこら
(MC)印象に残っているダンジョンは1章の一番最初の洞窟(古井戸の底)です
9.のどかな熱気球のたび
10.海図を広げて
(MC)リメイク版「あやかしの笛」演奏。博士による、「ネタばれしない程度に」と言いつつ6章のことが盛大にバレてるピサロ解説
11.ピサロ〜ピサロは征く
12.謎の城
(MC)ご清聴ありがとうございました!
13.栄光への戦い
14.導かれし者たち−終曲−

アンコール 序曲(DQ4・ループなし)

公演時間:約2時間


進行はこれまでの公演と同じで、話の内容に若干の違いがありました。
まずは、橿原でも新宿・横須賀でもガーデンブルグあたりで足踏みしていた指揮・井田さん、ついにDQ4クリアしたそうです。おめでとうございます! 正直間に合わないんじゃないかと思っていましたごめんなさい。

新宿での「ライアン29歳」発言にはビックリでしたが、さらに今回「アリーナ19歳、クリフト17歳」という超衝撃発言も。アリーナ年上説なんて斬新すぎる。この設定は一体どこで仕入れたのだろうか……。かなり謎。

毎回おなじみの第二ヴァイオリン奏者・吉田さんは今回は仙人ではなく、博士でした。新宿公演でも話題にのぼった、すぎやま先生と「Wすれちがい」を達成したというホルン奏者さんが仙人に認定されていました。
そんな博士とのトーク、今回のお題は「さくせん」 
さくせんについての思い出を色々語っていましたが、つまり何が一番言いたかったかというと「リメイク版で女性勇者にすると作戦名が女言葉になってビックリ!」だそうです。
ちなみに、博士といえば脱力系ホイミンの仕草が定番でしたが、今回はそれはナシ。何故か代わりに井田さんがやっていました。脱力感はゼロでむしろかわいらしかったんですけど。

無事4をクリアし、気球の音楽も見事聴くことが出来た井田さんでしたが、気球は前回までと同様、途中まで指揮は無しでした。

今回も様々な効果音を演奏。トランペットによるレベルアップ効果音。「戦闘」ではフルートによる呪文の効果音も飛び出しました。横須賀であったコントラバスによる呪いの音楽は今回はナシ。毎回あったフルートによる「あやかしの笛」の効果音は横須賀まではファミコン版の高さでしたが、今回はクラリネットも交えてリメイク版の低い音色でした。

最後は定番のアンコール曲「序曲」(ループなし)に、井田さんへの花束贈呈で公演は終了。時間はほぼピッタリの2時間。

こうして昨年11月に山形でスタートした東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団によるDQ4のコンサートツアーは無事、全5公演を終了したのでした。

4に限らず今まで何度かDQのコンサートを聴きましたが、複数回聴いた楽団は京都市交響楽団(2年あいだがあいて2回)、日本センチュリー交響楽団(2年連続で2回)の2つ。半年と経たない間に同じ楽団を4回というのは今回が初めてで、さすがにそうなると団員さんの顔も覚えて馴染み深くなりますね。特に「のどかな熱気球のたび」で主役を張る木管4人が印象深くて、曲が終わった後に井田さんに促されて立ち上がり、拍手を受けたときの表情が素敵でした。同時に、もう東京シティ・フィルがDQ4を演奏することはないんだろうなと思うと寂しいです。
(来年1月に新宿でDQ5のコンサートを開催する模様)
同様に、岡谷を訪れる機会ももうないかもしれないなと思うと、やっぱりちょっと寂しいです。足を運んだ4公演の中では一番のどかな場所でしたが、一方通行の道に地元商店が並ぶ景色や美味しかった川魚など、思い出に残る町となりました。心残りは翌30日が雨で諏訪湖まで足を運ぶことが出来なかったことです。車窓から見るだけにとどまりました。


残念ながら初回の山形公演には行けませんでしたが、
晩秋なのに汗ばんだ駅徒歩25分。25分間の景色が今となっては懐かしい橿原公演。
東新宿。スクウェアエニックスのお膝元でもある新宿公演はさすがの満員御礼。
真冬の海に浮かぶ軍艦に圧倒された横須賀公演は唯一の上階席からの鑑賞。
春の息吹のみならず地元商店の奮闘を感じることができた岡谷公演。

橿原・新宿・横須賀・岡谷

短い期間に5回もDQ4のコンサートを開催してくださった東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団と会場の各自治体に感謝しつつ「東京シティフィルのドラゴンクエスト」鑑賞記を締めたいと思います。


カノラチラシ
(カノラチラシ&プログラム)

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

【イベント・コンサート DQ4コンサートの最新記事】
この記事へのコメント
長野の東京シティフィル行きたかったです!
けど、その10日ほど前の京都の東京メトロポリタンのコンサートに行ったので、長野のほうは諦めました。。。涙
今回もよい公演だったんですね^^


アリーナが、まさかのクリフトより年上設定にビックリです!
ライアン29歳にも驚きですが、
1章と5章の時間差は、いったいどのくらいあるのでしょうかね。
ライアンが王宮戦士を辞めた後に、各大陸を回って勇者探しをしていたのを考えると、5年ぐらい経っていても不思議はないですし、一方で、リメイク版には序章があって、序章と5章の時間差はほとんどなさそうなので、1ヶ月差ぐらいかな、とも想像したり。

でも、タギーさんでも知らない情報源というのは、いったいどこなのだろう??
はじめて聞く設定にビックリです!


それにしても、
東京フィルは、半年弱の間に、5回もドラクエ4コンサートを開いているというのも驚きです!
Posted by かえさる at 2014年04月04日 12:59
今年も5月の河内長野、八王子、夏の京都、東京など、コンサートが続きますね。どこに行ってどれを断念するか……悩ましいです。

年齢設定はゲーム内では勇者17歳以外は明らかになっていないと思うのですが、井田さん独自の設定なのか、どこかで出回っている信憑性の高い設定なのか、謎ですね(´д`;)
スマホ版で出てくる設定だったりして??

小説では1章〜5章とだいぶ年数が経っていたように思いましたが、ゲームではイムルの宿屋のププルが1章〜5章で成長しているように思えないことを考えると、さほど時間は経っていないように思えます。

東京シティ・フィルは2013年1月ごろに一度DQ3のコンサートも開催したみたいですが、4を5回はビックリ&大感謝です。
来年は1月にDQ5をやるそうです。複数回開催なのかはまだ分かりませんが。
Posted by タギー at 2014年04月04日 22:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。