DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2014年02月23日
2月15日に東京都八王子市・南大沢文化会館において野猿フィルハーモニー管弦楽団による「春のコンサート2014」が行われました。
「野猿フィルハーモニー管弦楽団」は南大沢〜多摩センター付近の大学出身者が発起人となり結成された市民オーケストラで、今回が記念すべき第1回のコンサートになるそうです。

前日14日の大雪の影響で交通機関のダイヤも乱れましたが、どうにか開始時間までに南大沢へ着くことができました。想像していたよりも立派な駅前にビックリ! もっと小さい駅だと思ってましたすみません。
会場の文化会館は公園の敷地内にある建物なのですが、当日は雪が積もって真っ白。雪かきによって作られた細い一本道を通り文化会館まで行くというかたちで、普段の公園のたたずまいは分からずじまいでした。

雪の南大沢文化会館


当日のプログラム

開演14:15(本来の開演は14:00 雪の影響により15分遅れて開始)
1.J.バーンズ/アルヴァマー序曲(オーケストラ編曲版)
2.E.H.グリーグ/組曲「ホルベアの時代から」
<15分休憩>
3.すぎやまこういち/交響組曲「ドラゴンクエストIV」導かれし者たち
4.E.W.エルガー/エニグマ変奏曲より”ニムロッド”(アンコール)
(公演時間:約2時間15分 全編MC無し)


今回はDQ以外の曲もありました。普段DQ以外のオーケストラを聴くことが殆どないので、予備知識は全然ありません。感想がとんちんかんだったらごめんなさい(´・ω・`)
それはともかく、DQ以外の演奏に馴染みが薄い身としては、DQと一緒に演奏がなされるということは新しい音楽に触れるチャンスになるので有難いことです。

1.アルヴァマー序曲
「序曲」の名にふさわしい爽快な曲です。大空を羽ばたいているかのようなイメージがありました。どこかで耳にしたことがある曲だったかも

2.組曲「ホルベアの時代から」
弦楽器のみで演奏された曲です。「サラバンド」「ガヴォット」など、ドラクエ的にもどこか馴染みのあるメロディもありました。

3.交響組曲「ドラゴンクエストIV」
「FC版からの曲+立ちはだかる難敵」という構成で、「ピサロ〜ピサロは征く」は無しでした。「海図を広げて→謎の城」の流れはFC版からのファン的に思わずニヤリ。さらに「王宮のメヌエット」のテンポがN響版を思わせる速さでこれまたニヤリ。個人的に速いテンポの方が好きなので嬉しかったです。
今回編成にハープが入っておらず、ハープのパートは無しだった(多分)のですが「なくて改めて気づく大切さ」というか、ハープは曲と曲のつなぎの部分に入ることも多いので、無いと「ん??」てなりますね(もちろんどの楽器が抜けてもそうでしょうけど)
他にもオーボエが1人のみ、ビオラが2人のみなど、楽器によって人数にバラつきがありました。
当日は雪の影響で会場に辿り着けない団員さんもいたそうです。せっかく練習を重ねてきたのに天候のせいで出られないのは悔しいですよね(´・ω・`)
ちなみに今回、個人的に一番印象に残ったのは「邪悪なるもの」でした。とてもカッコよかった!
コンサートによって「あの曲が良かった! この曲が良かった!」というのがあるので、やっぱり生鑑賞は良いのです(*´д`*)

4.エニグマ変奏曲より”ニムロッド”
今回のアンコール曲です。
アルヴァマー序曲が「空を飛ぶ」というイメージなら、こちらは「どこまでも続く大地を見渡す」という感じの雄大な曲でした。

全編にわたり指揮者さんのキレキレノリノリな動きによる指揮が印象に残っています。これまで行ったことのあるコンサートと比べると小規模な編成ではありましたが、それ故か、楽器ごとの音色がいつも以上によく分かったり、色々と発見もあったコンサートでした。

ポスター&アンコール

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

【イベント・コンサート DQ4コンサートの最新記事】
この記事へのコメント
2月15日には八王子でコンサートが開かれていたんですね!!
同日に、五反田でバレエ「ドラゴンクエスト」が開催されていて、そっちに行ってました!!

タギーさんと同じく、ドラクエ以外のクラシックコンサートをあまり知らずにいますが、東京メトロポリタンブラスクインテットのコンサートを聞きに行ったときに、半分は他のクラシックを聞かせてくれて、親しみやすくもクラシックに興味を持たせてくれました!というのを思い出しました!

ファミコン版に近いとかN響に近いとかハープがないのを気付くとか、
さすが、タギーさんでなければわからないほどの繊細な部分ですね!
そういうのに気付いたときって、なんか嬉しくなりますよね!
(でも、その嬉しさを共有できる人があまりいないんですよねー、マニアックすぎて。涙)

指揮者はすぎやま先生だったのですか?
Posted by かえさる at 2014年02月23日 15:49
かえさるさんはバレエ鑑賞だったんですね。大雪だったので移動が大変だったのでは??
バレエの公演の方もとても良かったみたいですね!
東京シティ・フィルのコンサートでバレエのチラシを見てトルネコっぽいキャラがいたので関心はあったのですが、結局は南大沢へ行きました。

すぎやま先生のコンサートでも二部構成のものが時々ありますね。ドラクエとまったく関係のないコンサートへはなかなか行くきっかけもつかめませんが、ドラクエ+他の曲目というのは良いきっかけになりますよね!

そうですね〜「思わず1人でニヤリ」なパターンが多いです(´・ω・`)

指揮者は違う方です。プログラムに詳しい説明は載っていないので楽団の方なのか、外部から招いた方なのかは分かりませんが。
Posted by タギー at 2014年02月23日 21:27
五反田のほうは大雪というか、雪溶けの浸水的な状況で大変でした。。。
八王子も同じ感じなのですかね?

バレエもすごくよくて、感動しました!
トルネコっぽいキャラは、トルネコではなく、ただの商人なのですが、やっぱりトルネコでした!(←意味不明)

ドラクエコンサートに行くと、いつもすぎやま先生が、「よかったら、この交響楽団のチケットをまた買ってね。」とお話してくれるので、たまには他の曲目に行こうか、と思って全然行っていないのですが^^;
でも、ドラクエ+他曲目というのは、いいですよね^^
Posted by かえさる at 2014年02月23日 21:36
浸水状態だと足元がぐちゃぐちゃで大変ですよね(´・ω・`)
八王子(南大沢)は駅前の人通りが多いところはやはりぐちゃぐちゃでしたけど、それ以外の場所は積もっている状態でした。1枚目の写真のような状態です。

トルネコさんは似ているけど別人のトルネコもどきさんだったんですね。なんか面白そうですね!
オーケストラのみならずバレエ公演まであるなんてさすがドラクエです。

すぎやま先生はいつも楽団の宣伝を怠らないですよね。本当は色んな公演を聴きに行ければ良いのでしょうけど、私も行ってません(´・ω・`)
もっと行動力が欲しいです…
Posted by タギー at 2014年02月24日 08:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。