DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2013年07月01日
 四天王までは順調だったものの、デスピサロ戦でつまずき中のクレバーカルテット。
「ちょっとミネア、フバーハをちゃんと唱えてよ!」
「クリフトさん、ベホマラーだけではなく状況をみてベホマも唱えてください!」
「ブライ様、わたくし豪傑の腕輪をはめたのですから、バイキルト唱えてくださいよ!」
「マーニャちゃんや、序盤でメラゾーマを使いすぎて肝心なときにガス欠なのはどうかと思うがの」
 4人の口から思わず愚痴がこぼれます。
「……まあ、こんなところで愚痴っても意味が無いがの」
「そうですね、わたくしたち、頭を使ってナンボですから」
「確かに、もっと中身のある議論をしなくては、いつまでもこのままですものね」
「あたしたちは不死鳥! 何度だって這い上がってみせるわ!」

 というわけで、気持ちを切り替えて3回目にいきます。レベル上げはしません。
 今回は賢者の石をマーニャ、祝福の杖をブライに持たせます。また、マーニャの装備をマジカルスカートのままにし、装備品のブレス耐性をゼロにしてみます。こうすることでフバーハを唱えるかどうか、検証してみましょう。
 勝ちにいくというより、検証回です。


デスピサロ戦 3回目
 道中ブライのレベル33へアップ。
 クリフト(33)−マーニャ(33)−ミネア(32)−ブライ(33)
 第一形態、効かないと思っていたルカニが効いた。クリフトは極力ベホマラーを唱えないように持っていく。第二形態でマーニャが痛恨の一撃を食らって死亡も、ザオリク蘇生。第三形態は無事に突破し、第四形態開始時点での残りMP、クリフト92、マーニャ150、ミネア138、ブライ123とまずまず。
 ブレスが始まる第四形態。ミネアはどうしてもフバーハを唱えない。その代わり会心の一撃は3回も出したけど、それはいいんだけど、フバーハお願いします。フバーハを唱えないとなると、無耐性装備のマーニャはキツい。
 第四形態はどうにか抜けて、MPはクリフト68、マーニャ90、ミネア122、ブライ62
 第五形態、1ターンに2回も激しい炎を吐いてきたデスピサロ。クレバカよりよっぽどクレバーなんですけど……。クリフト以外死亡し、全員ザオリクで蘇生させたためクリフトのMPはここで終了\(^o^)/
 賢者の石などでどうにか凌ぐも、なおも激しい炎を連発されて良いところなく終了。まったく勝てる気がしない。


 もうフバーハは諦めた方が良さそうです。
 暫くは修行します。まずは全員レベル35まで上げてみます。その程度では勝てる気もしませんが……。

 修行を終えて全員レベル35になりました。まだ覚えていない呪文はマーニャのイオナズンのみとなりました。覚えたところでどうにもならないでしょうが。ミネアはメガザルを覚えましたが、フバーハも唱えないのにAIが唱えるとは思えません。むしろ唱えたらネタの領域。

クリフト LV35 H230 M153
ブライ  LV35 H202 M267
マーニャ LV35 H214 M266
ミネア  LV35 H217 M150


デスピサロ戦 4回目
 第一、第二形態と1回ずつ痛恨の一撃が飛び出し、第三形態でザキ1回。3回ほどザオリクを唱えるハメに。
 第三形態はDS版では2回行動になっているのでかなりウザい。
 第四形態開始時点でのMPクリフト71、マーニャ153、ミネア130、ブライ122。相変わらず回復が全てベホマラーであるクリフトは浪費気味。今回は激しい炎の連発などはなかったので、賢者の石などを駆使しつつ、どうにか最終形態までは行った。残りMPクリフト8、マーニャ30、ミネア80、ブライ1。またまた勝てる気しない\(^o^)/
 案の定、クリフト、ブライ、ミネア、マーニャの順で儚く散る。4ターンで終わった……。


 他のボスは弱っちいのになんでデスピサロだけこんなに強いの? おかしい。バランスがおかしい! デスピサロを弱くしろとは言わないが、だったら他のボスをそれなりの強さにしてよ! あまりにスムーズだったから油断しちゃったじゃないか! ……と、思わず愚痴の1つも言いたくなるくらい勝てる気しません。

 ところで、命令させろアリで倒せるかどうか試してみました。
 フバーハを使ったら激しい炎が20〜30程度の被ダメージ。ルカニ+バイキルトでミネアが200超の与ダメージ。素晴らしい! 第三形態はマホカンタとはぐれメタルの盾(マホステ)で乗り切り、マーニャのMPは徹底温存。最終形態でメラゾーマ連発、ミネアは波動が来ようが来なかろうが毎ターンフバーハ、ブライは賢者の石。MPを回復する必要もなく、わりと余裕の勝利でした。もう勝った事にしてしまいたい(;´д`)

 でも命令アリで勝った事にするわけにもいかないので、この戦闘をヒントに攻略法を探っていきましょう。

 最終形態はデスピサロに回復手段がないため、HP2100はメラゾーマ約11〜13発で削れます。フバーハは期待出来ないので他の3人は回復に徹し、マーニャだけの攻撃でもマホカンタ持続分含め15〜18ターン程度持ちこたえれば倒せるはずです。
 賢者の石をブライ、祝福の杖をほぼ間違いなくMPが枯渇するクリフトに持たせ、MP余り気味のミネアは魔法回復。最終形態開始時にマーニャのMPが150程度余るように持っていければなんとかなる……かも。
 デスピサロにルカニがかかっていればマーニャでも打撃で50程度のダメージを与えられるので、第六形態までは打撃メインでいってみます。
 ただその場合、各形態の戦闘は長引くのでやはりある程度レベルは上げるようかもしれませんが、とりあえず今のレベル帯で試してみます。


デスピサロ戦 5回目
 レベルは35のまま。並びも同じ。賢者の石をブライ、祝福の杖をクリフトへ。クリフトの装飾品を疾風のバンダナにする。
 マーニャは基本「じゅもんつかうな」で、なるべく早く抜けたい第三形態のみ「ガンガンいこうぜ」も選択。ブライが回復で忙しいときはルカニ係。但しMPを使いすぎないように。
 クリフトもスクルトのターン以外は「じゅもんつかうな」がメイン。祝福の杖で回復させる。逆にMP余り気味のミネアは「いのちだいじに」「バッチリがんばれ」あたりで適度にベホマを使わせる。ブライもほぼ「いのちだいじに」固定で賢者の石を振る係。
 痛恨の一撃は一度もナシ。第三形態のザキはミネアが食らっただけで特に問題なし。
 第四形態開始時の残りMP、クリフト114、マーニャ212、ミネア120、ブライ133で良い感じ。
 第四〜第六形態もマーニャのMP極力温存、回復は積極的に行い、最終形態。開始時のMP、クリフト58、マーニャ170、ミネア70、ブライ17。
 今までで一番イイ! もうルカニはどうでもいいのでブライは回復係、クリフトは凍てつく波動を誘発させるためにスクルト係、ミネアも打撃は捨てて回復係。マーニャのみガンガンいこうぜ。回復手段を持っていないのでひたすらメラゾーマを撃ってくれるはず。
 まずはデスピサロのマホカンタが切れるまでひたすら耐える。最初のうちはクリフトがよくスクルトを使ってくれたので凍てつく波動誘発。相手の手数を減らせた。
 マホカンタは3ターンほどで効果が切れたのでここからはマーニャの出番。ひたすらメラゾーマ連発。
 ただデスピサロの攻撃はかなり強く、クリフトも回復にまわりがちでスクルトを使えなくなってくる。そうなると凍てつく波動も使ってこないのでブレス攻撃も多くなる悪循環。クリフトのMPが切れてマーニャが死んだときはダメかと思ったけど、ミネアのザオラルで一発蘇生。半分のHPを祝福の杖で即回復。普段は行動順が遅いのに回復行動のときだけは早く行動するミネアがステキ。
 しかしそのミネアがやられ、直後にマーニャもリタイアで万事休す。MPスカスカの男2人ではどうにもならず全滅。
 結局メラゾーマは5回ほどしか撃てなかったけど、今までで一番の善戦。


 というわけで、この戦法なら多分イケる! しばらくこれで戦ってみようと思います。
 何度か戦ってダメだったらレベル上げ→何度か戦ってダメだったらレベル上げ……という感じでいってみます。種や木の実を使ってもいいし。
 上げるレベルは下一桁0、3、5、8でいこう。35→38→40→43→45……という具合です。どのレベル帯で倒せるか……。

 戦法が固まったので、次回決着戦を載せて最終回となります。

 つづく


にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

この記事へのコメント
割りとイイ感じで戦えるようになってきてますね!
最終形態に行くまでに、ここまでMPを残せるのがスゴイです。
肉弾戦も意外と戦えて、魔道師メンバーとは思えないですよね。
プレイヤーとキャラクターの意思疎通ができてきているかのようです(驚)。

でも、レベル35というのは決して高いものではなく、普通にプレイしててもクリアできないこともありそうです。
縛りプレイでこのレベルだというのは、やっぱり研ぎ澄まされた作戦の賜物なのだと思いました^^
FC版のときは、このときどのくらいのレベルだったんでしたっけ?
Posted by かえさる at 2013年07月01日 20:45
デスピサロはルカニが効きやすいので打撃でもかなりのダメージを与えられます。
これでバイキルトも使ってくれるともっと良いのですが(´・ω・`)
マニュアル戦闘ほどの意思疎通は出来ませんが(笑)徐々にマトモになってきました!

DS版初プレーのときは勇者レベル36でクリアした(という記録が残っていた)ので、
今回人数&作戦制限のわりにはなかなか良い感じですね。
まだクリアしたわけではないですけど(;´д`)

ちなみにFC版クレバカのクリア時レベルは
クリフト&ブライ37、マーニャ38、ミネア35
平均36.75 でした。
Posted by タギー at 2013年07月02日 08:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。