DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2013年06月23日
 四天王戦つづき。今回はヘルバトラー戦&エビルプリースト戦です。

 まずはヘルバトラー。
 激しい炎&凍える吹雪のブレス系攻撃、イオナズン詠唱、打撃に雄叫びも駆使するオールラウンダーです。HP3300は四天王最高値。
 こちらの呪文はバギ系がよく効き、メラ系・ギラ系・イオ系は効きにくいとのこと。マーニャにとっては相性イマイチでしょうか。

 装備はブレス耐性重視でいきます。水の羽衣3人。はぐれメタルの盾をクリフトです。水の羽衣はイオ系の耐性もあるのでバッチリです。


 ヘルバトラー戦 1回目
 クリフト(31)−ミネア(30)−マーニャ(31)−ブライ(31)

 クリフトはいつもどおり「バッチリがんばれ→いのちだいじに」1ターン目スクルト。
 ミネアはフバーハ狙いで「バッチリがんばれ」……ところが、決してフバーハを唱えない。「いのちだいじに」でも唱えない。「おれにまかせろ」にしたら防御しだす始末。もしかしてブライのバイキルトと同じ??
 マーニャは選択の余地なく「ガンガンいこうぜ」でベギラゴン攻勢。ブライは「いのちだいじに」でヒャダインと祝福の杖回復。

 ヘルバトラーの激しい炎は耐性防具の効果で50〜60のダメージで済む。フバーハがあればさらに半分程度に減るのに……。最初の頃は雄叫びの頻度が高かったが、途中からブレスやイオナズンを多用してきた。その都度クリフトのベホマラーで回復。DSのクリフトはとにかくベホマラーを使いまくる。大抵はミネアよりクリフトの行動の方が早いので、ミネアは打撃に専念。与えるダメージは70前後。しかし、ベホマラーの使いすぎでクリフトMP枯渇。その傍らでひっそりと効きにくいベギラゴンを連発していたマーニャのMPも枯渇。
 敵の猛攻はなおも続き、これはヤバいかもと思いつつ戦況を見守る。回復面はミネアのベホマ、ブライの祝福の杖、マーニャが力の盾での自力回復。クリフトも奇跡の剣の雀の涙回復で、ピンチになりながらもどうにか凌ぐ。折を見てはミネアの打撃やブライのヒャダインでコツコツダメージを与え続け、最後は無事勝利。奇跡の剣ゲット。レベルアップは無し。
 マーニャの最大MP234とベギラゴンの消費MP10から考えても、30ターン程度はかかった計算。クリフトはベホマラーを最大13回しか唱えられないので、あの猛攻の中よく勝てたなと感心。でもフバーハを唱えないのはかなり不安。

クリフト
 スクルト+とにかくベホマラー。ベホマの存在を忘れている模様。

ブライ
 ヒャダイン+祝福の杖で攻守両面にわたり活躍。

マーニャ
 珍しくMPが枯渇。偶然持っていた力の盾が役に立った。打撃は貧弱。

ミネア
 クリフトのMPが切れるまでは打撃に専念。フバーハはどうなってるんですかね?


 約30ターンにもわたる激闘の末ヘルバトラーを撃破したクレバーカルテットは、祠を出ると疲れが出たのか、その場にとどまり、長めの休憩をとりました。
「炎だの吹雪だの吐きまくって、ホントむかつくヤツだったわ!」
「まったくです」
 そんな会話をするマーニャとクリフトの傍らで、ミネアは肩を落としてため息をつきました。そのまま辺りを見回すと、ブライが少し離れた場所で岩に腰を下ろし、葉巻をくゆらせているのが見えます。ミネアはゆっくりとブライの方へ歩いていきました。
「どうしたんじゃ? お前さん、煙は苦手じゃろ?」
 くゆらせるのを止めようとするブライを制止し、話を始めました。
「私はブライさんに『バイキルトを唱えろ』だの『空気』だの『空気抵抗』だのと、酷いことを散々言ってしまいましたが、私もフバーハを唱えないというオチでした。唱えたいのに唱えられない者の気持ちを思い知りました。大変申し訳ございません」
 ミネアは深々と頭を下げました。
「なんじゃ、そんなことかえ。わしゃすっかり忘れとったわ」
 ブライは穏やかな表情で引き続き葉巻をくゆらせます。
「私を責めないのですか?」
「かっかっか。反省しとるおなごを口汚く罵るような下衆な趣味は、持ち合わせておらんでの」
 3分の1ぐらいの長さになった葉巻を口から離すと、火は自然と消えていきました。それを携帯用の吸殻入れに収めます。
「ポイ捨て厳禁じゃ。闇の世界といえども、人としてマナーは守らんとな」
 冗談を言いつつブライは腰を上げ、ミネアに向き合いました。
「有名な格言があるじゃろ『仕様なのでしようがない』ってな」
 ――格言? そう思いつつもミネアは黙って話を聞きました。
「出来んモンは仕方ない。大事なのは自分らが出来る範囲で、いかに上手く立ち回るか、じゃ。それに、まだ戦いは残っておる。最後の最後にペロっと出せるかもしれんじゃろ。まあ、あまり気にせんことじゃ」
「ブライさん……」
 ミネアははにかみながら頷きました。
「やだー! おじいちゃんムダにカッコイイ!」
「ブライ様、そんなにカッコつけて、もしかして『ブライ×ミネア』などという超マイナーカップリングの布教を狙って……」
「どアホ! そんなわけあるかいっ!」
 ……とブライが言うのよりも早く、ミネアが恐ろしい形相で睨みつけてきたので、クリフトは慌てて口をつぐみました。
「とにかくじゃ、あの青二才も治療術には長けておるが、考えもせずベホマラーを連発して魔力を浪費しよる。みんなそれぞれ、一長一短あるということじゃ」
「そうですよ! マーニャさんだって全自動詠唱マシーンと化してますしね。頭を使う必要ゼロ! ほら、よく言うじゃないですか『詠唱だけならサルでも出来る』って」
「あんたにもメラミとベギラゴンを考えナシに自動詠唱してあげよっか?」
「いいっ?!」
 2人のやりとりにブライは声を上げて笑い、ミネアも、クリフトとマーニャもつられて笑い出しました。
「まあ、全自動でも何でも構わぬ。出来ることをしっかりと為し、最後の結界を破ろうぞ!」
 4人は気を引き締めなおして、残された北東の祠へと向かいました。


 ラスト、エビルプリースト戦。
 呪文攻撃が主体で、メラミ、バギクロス、マヒャドを唱えます。デフォルトでマホカンタ状態。切れるとかけ直し、切れた状態が続いたとしても呪文への耐性は高く、ギラ系とバギ系が辛うじて効く以外はほぼ全滅です。おともにスモールグール3匹。HPはヘルバトラーの約半分で1600。
 ブレス攻撃は一切ないので魔法耐性重視の装備品でいきます。姉妹はマジカルスカートとはぐれメタル鎧です。クリフトははぐれメタル鎧+ミラーシールドでさらに耐性UP。逆に水の羽衣しか選択肢がないブライは、羽衣にバギ系とヒャド系の耐性が備わっていないため厳しいでしょうか。ヒャド系が効かず、耐性もイマイチなブライは空気の予感。なので力の盾で自力回復してもらいましょう。
 マホカンタが効いている最中はやはり仕事がないマーニャには祝福の杖を持たせましょう。主なダメージ源はミネアの打撃になるでしょうか。バイキルトは唱えないんだろうな……と思いつつ、戦闘開始。


エビルプリースト戦 1回目
 祠への道中、ミネアのレベルが上がる。全員レベル31。
 エビルプリーストの小憎たらしい台詞を聞かされている最中に気付く……マーニャに祝福の杖渡すの忘れてたorz
 ブライが力の盾と祝福の杖両方所持。やり直すのも面倒なのでとりあえずそのまま進める。

 クリフト、1ターン目にスクルトを唱え、以降「いのちだいじに」といういつものパターン。打撃で与えるダメージは30前後。
 ミネアには極力攻撃して欲しいので「ガンガンいこうぜ」固定。いざとなったら「じゅもんつかうな」使用も辞さない。攻撃の威力は70前後。
 マーニャ、杖を持たせるのを忘れたので今回も「ガンガンいこうぜ」固定。まずはスモールグールをベギラゴンで片付けてもらった。エビルプリーストのマホカンタが切れたときもベギラゴンを唱えるが、効きは悪い。打撃は貧弱。
 ブライは「バッチリがんばれ」でダメ元でバイキルトを狙ってみる。最初はスモールグールにラリホーを使っていたが、スモールグール殲滅後……まさかのルカニ! マホカンタのかかったエビルプリーストにルカニ! しかも1回じゃない、3回くらい唱えた! 勿論跳ね返って自身の守備力ダダ下がり。挙句エビルプリーストの打撃を食らって一撃死とかアホか! 幸いクリフトのザオラルで一発蘇生となったが、ベホマラー係のクリフトに余計なMP使わせないでくれませんかね……。
 そのクリフト、誰かがちょっと傷つくと即ベホマラー。イヤ、そこはベホイミで良くね? と思っていてもベホマラー。まあ「常に全員のHPを満タンにすることで惨事を未然に防ぐ」と言えば聞こえはいいけど、乱発に見えなくもない。消費MPが18→10になっているからまだ良いものの。

 エビルプリーストは1ターンに1〜2回攻撃(FCは確か常時2回攻撃)で、1ターンに呪文連発というのも数度。こういうときはベホマラーが威力を発揮。杖と盾、両方を持ったブライは盾しか使わない。杖で仲間を回復する気ゼロ。とことん困ったじいさんだな。
 こちらも呪文耐性が高いので受けるダメージ(バギクロス・マヒャドの場合)、クリフトが25〜30、姉妹が30〜40。耐性のないブライだけ高めで50〜70。ブライのルカニ自滅以外はピンチにならない。
 ブライが「ルカニ好き」だと分かったので、マホカンタが切れた次のターンにルカニを唱えさせ、成功。以後、ミネアで100超、マーニャも50超のダメージを与えられた。
 ヘルバトラーの半分程度のHPということもあり、割と簡単に勝利。お宝とレベルアップはナシ。


クリフト
 ベホマラー大好きすぎて、長丁場になるだろうデスピサロ戦が不安になってきた。

ブライ
 ルカニが跳ね返って攻撃食らって一撃死とか、おバカすぎて泣けてきた。

マーニャ
 杖を忘れて暇だった。ルカニ後の打撃は結構おいしかった。

ミネア
 回復はクリフトに任せてノータッチ。ひたすら切り刻んだ。


 四天王戦を終えて分かったこと。
・クリフトはベホ魔ラーでMP浪費
・相手にマホカンタがかかっていても補助呪文を飛ばしまくる(攻撃呪文は唱えないっぽい)
・バイキルトとフバーハの唱え方をお忘れの模様

 これって結局マーニャが一番マトモなんじゃ。やっぱり彼女は優等生。
 ……こんなでデスピサロ戦大丈夫なんだろうか。


 黒幕エビルプリーストを見事倒し、ついに4つの結界を破ったクレバーカルテット。
 あまりにもお粗末な戦いぶりだったブライに、そこはかとなく冷ややかな視線が注がれます。しかし、誰一人としてブライを罵る者はいません。いや、正確には罵ることが出来ません。先程ミネアを優しく励ましたブライを、誰が罵倒することができましょうか。
 ブライはなるべく3人を見ないようにし、心の中で呟きました。

 ――わしの対応に死角はなかった!

 つづく



なまえLvHPMPそうび
クリフト3119613615119582100奇跡の剣 はぐれメタル鎧 ミラーシールド
鉄兜 女神の指輪
ブライ311772447911981119魔封じの杖 水の羽衣 うろこの盾 幸せの帽子
守りのルビー
マーニャ311872349215969116マグマの杖 マジカルスカート はぐれメタルの盾
金の髪飾り 網タイツ
ミネア311871342261536478はぐれメタルの剣 はぐれメタル鎧 鉄の盾
金の髪飾り 豪傑の腕輪


<携帯閲覧用>
 クリフト LV31 H196 M136 攻151 守195 早82 賢100
 E奇跡の剣 Eはぐれメタル鎧 Eミラーシールド E鉄兜 E女神の指輪
 ブライ LV31 H177 M244 攻79 守119 早81 賢119
 E魔封じの杖 E水の羽衣 Eうろこの盾 E幸せの帽子 E守りのルビー
 マーニャ LV31 H187 M234 攻92 守159 早69 賢116
 Eマグマの杖 Eマジカルスカート Eはぐれメタルの盾 E金の髪飾り E網タイツ
 ミネア LV31 H187 M134 攻226 守153 早64 賢78
 Eはぐれメタルの剣 Eはぐれメタル鎧 E鉄の盾 E金の髪飾り E豪傑の腕輪


(FC版四天王編終了時レベル ク35 ブ35 マ35 ミ33)

 まだまだ余裕でリード。ちょっと不安を抱えつつ、いよいよ最終決戦!

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

この記事へのコメント
有名な格言に見覚えが!!(笑)

ムダにかっこいいブライが素敵です。
葉巻をくゆらせるとか、なんてシブい設定!
しかも携帯用灰皿でエコなおじいさん!(笑)
そして、バイキルトを唱えなかったりルカニで自爆したりしたときのための対応に先見の明が。
死角なしですね(@_@)

激戦を制したようにも見えますが、ちょっとずつ気になる点が見えてきてますね。
しかも、学習済みAIだから、きっとこれ以上賢くはならないのでしょうね(涙)。
最終的には(めちゃめちゃ学習させたら)FC版のほうが賢くなる、とか。そんなことになるのでしょうか。。。



ボス敵がだいたい1発撃破になってますよね。
やっぱキングレオが一番強いんでしょうか(^^;)
Posted by かえさる at 2013年06月24日 12:30
本当はエビプリ戦まで終えてからミネアとのやりとりをする予定でしたが、エビプリ戦があまりにもお粗末で興ざめなので前倒ししました(^^;)

DS版は良い面も悪い面もわりとハッキリしているので作戦自体は立てやすいのですが、クリフトのベホマラー連発とミネアのフバーハ忘れという、防御面の欠点が気がかりです。
デスピサロ戦がどうなるのか、サッパリ分かりません。

今のところキングレオが一番苦戦しましたね。このまま「キングレオ最強」で終わったらちょっと寂しいですよね(´・ω・`)
Posted by タギー at 2013年06月24日 20:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。