DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2013年05月21日
 錬金術師の秘密の研究室を見事みつけだし、魔法の鍵を手に入れたクレバーカルテット。次はいよいよ獅子退治へと向かいます。

「今回は様々な場所に小さなメダルが転がっていますね! さあ、まずは奇跡の剣を取りましょう! 攻撃と同時に体力が回復する、このわたくししか装備できない奇跡の剣を!
 クリフトは拳を握り締め、ミネアの方をチラチラ見ながらニヤリと笑いました。内心ムッとしたミネアも、しかしニヤリと笑い返します。
「リメイク版では仕様が変わったので現時点で奇跡の剣は取れません。残念でしたね……フフフ」
「おぬしら相変わらず仲がええのう。まあ取れんもんはしょうがないのう」
 ブライもふがふがと笑いました。
「ちょっとあんたたち、それ笑い事じゃないじゃん! ただでさえ某ヒゲピンクのせいで3人で戦うようなのに、どうすんのよ! あたしまだメラミなんか覚えてないわよ」
「あら姉さん、珍しく真面目ね。そうね……どうしましょうか?」
「どうすれば良いですかねぇ?」
「どうしようかのう……」
「仕方ない。まずは当たって砕けてやるか!」

 というわけで、何も下準備せずに1回戦ってみましょう。
 リメイクでは学習させる必要も無いので負けたらリセットします。蘇生代は馬鹿にならないのです。

 キングレオは打撃、ギラ、吹雪を使用し、必ず2回攻撃を行います。
「時々2回攻撃、ギラ、氷の息使用」のFC版よりだいぶ強化されています。自動回復はありませんが、HPはFC版の2倍以上あります。
 マホトーンは効きますが、魔法を封じると吹雪が多く飛んでくるようです。攻撃力も高めで、打撃も侮れません。
 勇者の扱いはFC版と同じ。某ヒゲピンクさんの陰謀により、生きた状態でパーティーにいないとキングレオと戦えません。つまり実質3人で戦うようです。
 とりあえず今回はブライを外します。

キングレオ戦 1回目
 勇者(7)−クリフト(14)−ミネア(15)−マーニャ(15)
 勇者は装備なし。道具は大切な羽根帽子のみ。戦闘中は防御ではなくひたすら羽根帽子を使うことにする。まあ、1ターン目で離脱だったけど。
 1ターン目、作戦・クリフト(いのちだいじに)、ミネア(いのちだいじに)、マーニャ(ガンガンいこうぜ)
 クリフトの打撃は10前後、ミネアの打撃は13前後、マーニャはベギラマ。クリフト、作戦を「バッチリがんばれ」に変えるとスカラを唱える(スクルトはまだ覚えていない)ベホイミ持ちのミネアは「いのちだいじに」固定。回復手段のないマーニャは「ガンガンいこうぜ」固定。
 キングレオはギラが多めという印象。打撃や吹雪を乱発されるよりは良い。3ターン目に吹雪+ギラが飛んできてパーティー壊滅状態。一番HPの高いマーニャは生き延びたものの、次のターンでおしまい。


 案の定全滅しました。現時点では勝てそうにもありません。もう少し戦力を底上げしましょう。

 というわけで、4人はハバリアの町で作戦会議を開くことにしました。
「会議の場所は酒場がいいわね!」
「却下。何もない地下牢の方が話し合いに集中できるわ」
「……普通に宿屋じゃダメなんじゃろか?」
「さすがはブライ様! 無駄に長生きしているわけではありませんね!」
「クリフトさんは本当に一言余計ですね。でも宿屋なら賛成です」
「まあ、地下牢よりはよっぽどいいわね」
 会議の場所は宿屋に決まった模様です。

 さて、宿の一室に集まったクレバーカルテット。ミネアは袋の中から産地直送のDS版公式ガイドブックを取り出しました。
「では始めましょう。現時点で私たちが取り得る手段は……」

・パーティー編成をよく考える
・武器、防具類を充実させる
・小さなメダルを回収し、装飾品を手に入れる
・もう少しレベルを上げる

 まず、キングレオ戦に誰を連れて行くか。キングレオの攻撃能力を考えるとやはり僧侶2人+魔法使い1人が無難でしょうか。一撃で40前後のダメージを与えていた奇跡の剣が無いのはかなり痛手です。
 ブライとマーニャ、どちらを選ぶか。現在の最強呪文はヒャダルコとベギラマ。どちらもキングレオにはよく効くようです。より威力が高いのはヒャダルコ。ブライを連れて行きたいところですが、最大HPの低さがネック。マーニャより20ほど低いのです。いくら強い呪文を使えても、早々に離脱されてしまっては意味がありません。
 やはりここはマーニャの方が良いでしょうか。メラミを覚えれば文句なしでマーニャですが。
 ですのでクリフト、マーニャ、ミネアの3人でいきましょう。

 武器。マーニャは今のままで良いとして、僧侶組をどうするか。
 現在手に入る中で最も攻撃力が高いのは理力の杖ですが、一撃につきMPを3消費するため、回復呪文を多用する僧侶組に持たせるのは微妙です。持たせるなら1人だけにしておいた方が良いでしょうか。その場合、本当なら力の高いミネアに持たせたいところですが、現在ベホイミはミネアしか使えません。ミネアのMPを温存するなら、クリフトに持たせるべきかも。

 防具。現在の預金額とオジサンの遺産を合わせると45,000G程度。35,000Gのはぐれメタル鎧が1着買えます。リメイクのはぐれメタル鎧は攻撃呪文のダメージを2/3に軽減できます。魔法の法衣の強化版となりました。1着買っても10,000G余り、他の武具類を買えるので1着購入。4,400Gの魔法の法衣も1着購入。クリフトとミネアに配分。マーニャの防具は身かわしの服を買うか、モニカ姫のピンクのレオタードを着るか。ここはギャンブル好きのマーニャにあやかって身かわしの服の効果に賭けてみます。
 クリフトとミネアが装備している鉄の盾にはブレスを5ポイント軽減する力があります。雀の涙ほどの効果ですが、無いよりはマシかもしれません。残りHP1で踏みとどまった! なんてケースもあるかもしれないし。

 小さなメダル。現時点で取れるものを全て取ると、25枚の景品「マジカルスカート」まで貰えます。が、マジカルスカートを貰うには海鳴りの祠に入らないといけません。エンカウント率を考えればうっかり何とかなりそうですが、ひとまず保留。そこまでしなくても貰える15枚の「ちからの指輪」と20枚の「守りのルビー」を頂きます。理力の杖を装備する方にちからの指輪、マーニャはモニカ姫の網タイツ、残り1人が守りのルビーで良いかと。

 あまりレベルを上げ過ぎたくはないですが今のままでは無理、というわけで、もう少しレベルを上げましょう。クリフトがレベル14で覚えるはずのスクルトを覚えていません。スクルトを使えるようになれば、また戦況も変わってくるでしょう。まずはスクルト修得を目指します。
 それでダメなら、クリフトのベホイミ(LV16)→マーニャのメラミ(LV19)と徐々に上げていきましょう。

「ほう、キングレオの奴にはルカニもよく効くようじゃの。マーニャちゃんや、1ターン目は『バッチリがんばれ』でルカニを試してみるのも良さそうじゃな」
「オッケー!」


 作戦会議を終えた4人は、早速世界を巡り、武器防具の購入やメダル集めに奔走しました。相変わらず敵との遭遇は少なく、とっても安全な船旅です。
 途中立ち寄った砂漠のバザー跡地で宿屋の息子・ホフマンと再会。「ここで新しい町をつくるのです!」と息巻いています。
「父親の宿屋を継ぐんじゃなかったのかしら……」
 姉妹はそう思いましたが、空気を読んで口には出しません。うまくいけば色々とお宝が手に入るかもしれない! という下心もあったようです。
 町に名前をつけて欲しいと言われたので、そのまんま、「クレバーカルテット」と名付けました。文字数制限ピッタリ!
 さて、あちこちまわって欲しかったものはすんなりと手に入りましたが、戦闘が少ないためレベルは上がりません。仕方がないのでキングレオ近辺を歩き回り、戦闘を重ねます。だいたい思い通りに戦ってはくれますが、ザキの使い手・死霊使いを後回しにするのがちょっと怖かったです。
 無事に1つずつレベルが上がり、クリフトはスクルトを覚えました。
 さあ、いよいよキングレオとの本格的な戦闘です。

キングレオ戦 2回目
 理力の杖、ちからの指輪、はぐれメタル鎧はクリフト、魔法の法衣、守りのルビーはミネアで。
 勇者−クリフト(15)−マーニャ(16)−ミネア(16)
 1ターン目の作戦、クリフト&マーニャ(バッチリがんばれ)、ミネア(いのちだいじに)
 狙い通りスクルトとルカニを唱える。ミネアは会心の一撃で幸先の良いスタート。勇者も無事1ターン目離脱。
 ルカニ後の打撃、クリフトが45〜50、ミネアが30前後。マーニャはひたすらベギラマで35〜40程度のダメージ。
 吹雪もたまに飛んでくる分には堪えられるが、どうしても僧侶組は回復にかかりきりで、なかなか攻撃は出来ない。ダメージ源はほぼベギラマのみ。スクルトの効果が切れて、再びクリフトをバッチリがんばれにすると、何故か自分にスカラを唱える。HPの回復も自分優先な感じ。ミネアはマーニャ優先。愚痴ばかりだけど意外と姉想いなのね。
 徐々に吹雪の頻度も高くなっていき、結局全滅。蘇生費用節約のためリセット。こういうとき学習済AIって便利よね。

 ダメージ源がベギラマ、クリフト・ホイミ止まりなのはかなりキツイかも。正直勝てるイメージが湧かない。
 ヒャダルコなら少しは良くなるか? マーニャとブライをチェンジして、期待はせずに再戦。

キングレオ戦 3回目
 ブライ、身かわしの服と守りのルビー装備。ミネアは網タイツ。
 勇者−クリフト−ミネア−ブライ(15)
 1ターン目にスクルト&ルカニは変わらず。ヒャダルコはベギラマよりは多少ダメージが多いという程度。ブライはHPが低いので吹雪を食らうと立て直しが難しく、あっけなく離脱。僧侶組だけ残っても回復合戦にしかならない。最後はクリフトのみが残り、高い守備力のおかげで暫くは粘るが、相手にロクにダメージを与えられずに終わり。

 現時点で「運が良ければ勝てるかも」という次元にすら無い状態。正直クリフトがベホイミを覚えただけでは無理そう……という印象です。マーニャのメラミまで行ってしまいそうな予感。

 暫くは修行して、レベルを上げてから再戦の予定。

 つづく

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

この記事へのコメント
さすがレオ様は強いですね(--;)
自分の日記を振り返ってみたら、レオ様を倒したのはカイン、クリフト、ミネア、マーニャでレベル17のときでした。しかもミネアとマーニャは死んでしまってました(^o^:)
(なんか、偶然にもパーティーが同じ。汗)
のうきんが闘えなくて、パーティーレベルが低いとなると、かなり難しい戦いになりそうですね。。。

クレバカのルール上、キングレオ戦が最も苦労しそうですよね。トリオで闘わないといけないのがツラそうです(涙)。

Posted by かえさる at 2013年05月22日 09:48
リメイクのキングレオは強いですね。FCのときは1回で終わったのに(´・ω・`)
4人でもレベル17だと、3人ならやっぱりメラミあった方が良さそうですね。
キングレオ〜バルザックは姉妹を連れて行きたくなりますよね。

FC版ではバルザックで苦戦しましたが、今回はバルザックの方が楽になるのか…その辺どうなるのかも楽しみです。
Posted by タギー at 2013年05月22日 20:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。