DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2012年04月03日
 結界を守る四天王を撃破した益荒男四人衆。残す敵はデスピサロのみ! 一行は最終決戦の舞台へと突入するのであった。

 というわけでデスピサロ戦。益荒男四人衆最終回。まずはデスピサロの宮殿突破編。

デスピサロの宮殿(デスキャッスル)
 突入の前に、まずは馬車内の道具整理。はぐれメタルの盾、静寂の玉など、もう使わない道具類を預ける。最終形態デスピサロの守備力を下げるために勇者に皆殺しの剣を持たせる。マホカンタを消す必要がないので不要にも思える天空の剣は、第三形態のスクルトを消すのには使えるのでアリーナに持たせておく。長らく馬車の肥やしだった星降る腕輪はトルネコに装備(天空の剣も腕輪も本当は勇者に持たせたいが道具欄に余裕がないため断念) 祝福の杖はライアン。アリーナとトルネコは力の盾。毒消し草や聖水なども売り払い、薬草タンク(=棺桶)を2個から3個に増量。山中で薬草タンクを活用したいので、バロンの角笛はライアン所持。

 宮殿ではまず賢者の石の取得を目指す。宮殿内の敵とその都度戦っていてはHPが削れて仕方ないので、逃げ回る作戦で。ところがこれが裏目に出て、デビルプリンスのベギラゴン連発、ガーディアンの吹雪地獄、とどめは鉄球魔人の鉄球に潰され、賢者の石に辿り着く前に全滅。

 気を取り直して2回目、今回も逃げ作戦。早々にトルネコがやられ、ライアンも土偶戦士のザラキを食らうも、勇者とアリーナ2人して逃げ回り、どうにか賢者の石を取る。賢者の石は外観部分にあるのでそのままキメラ脱出。賢者の石は勇者が持つ。

 いよいよデスピサロのもとへ向かうことになるが、賢者の石を取ったので作戦を変える。宮殿内の敵とは逃げずに戦い、勇者はひたすら賢者の石を振るう。こうすることで常に高めのHPを保つことが出来るようになる。以後宮殿で大きな被害を受けることは無くなった。回復しきれなかった分は山に登ってから薬草で回復。

 では以降デスピサロ戦。


デスピサロ戦 1回目
 宮殿内で世界樹の葉を使った為、勇者の道具欄が1つ空いた。天空の剣を持たせる。
 ライアン(30)−たけお(31)−トルネコ(31)−アリーナ(31)
 作戦「いのちだいじに」
 第一形態。与ダメージはライアン50程度、アリーナ35程度、トルネコ30程度。勇者はひたすら賢者の石を振っていた。アリーナ、会心の一撃3発。
 第二形態。相手の守備力が下がった模様。若干こちらの攻撃威力が増した。アリーナ、会心の一撃1発。
 第三形態。ザキが怖いこの形態だが、幸い唱えてくることはなかった。トルネコ、足払いに口封じと大活躍。会心の一撃ゼロ。
 第四形態。好調アリーナ、会心2発。激しい炎は1回にとどまり、無事終了。
 第五形態。再び打撃攻撃が痛くなる形態。勇者はひたすら賢者の石。高熱ガス連発と、攻撃はわりとヌルめ。アリーナの会心は1回。
 第六形態。受けるダメージが100を超える痛い形態。勇者は賢者の石を振る機械状態。アリーナの会心は2回。期待を裏切らない会心プリンセス。全員生存のまま最終形態へ。
 最終形態。勇者、皆殺しの剣を使う。相手の守備力を115下げた。これは誰か2人が攻撃すれば自動回復分(100)を余裕で超える数値。その後勇者は再び賢者マシーンになる予定が、つい欲を出して打撃をしたら、すかさず輝く息と打撃が飛んできた。トルネコ死亡。世界樹の葉は宮殿で使ってしまったので蘇生不可。さらに1ターンに連続ブレスが飛んできて勇者とアリーナも死亡。ライアン1人ではどうにもならない。全滅。ちなみにアリーナ、最終形態では会心の一撃1回発動。

 第六形態までは全く危なげない。最終形態は運次第といったところか。アリーナの会心発動率はなかなか。頼もしい限り。
 お告げを聞くと、全員あと1万ほどでレベルが上がるそうなので架け橋の塔部分で修行。たけお、レベル32で覚えるはずのベホマズンを覚えず。いっそ覚えないまま終わってしまえと思ったが。


デスピサロ戦 2回目
 今回は世界樹の葉を消費しなかったため、天空の剣はアリーナ。各種回復アイテムを持たせている勇者が少しでも生きながらえるように順番変更。
 ライアン(31)−アリーナ(33)−たけお(32)−トルネコ(33)
 第一〜第六形態は問題なく突破。アリーナの会心回数だけ書いておく。第一:1回、第二:0回、第三:1回、第四:2回、第五:2回、第六:3回。今回も大活躍。
 最終形態。トルネコ、いきなりコケ会心。皆殺しルカナンは3ターン目に決まる。HPが怪しかったので4ターン目に世界樹の雫を使用。アリーナの瀕死状態を救う。ところが今回はブレスが多い。瀕死のライアンをトルネコがかばったりもしたが、輝く息には耐えられない。今回も全滅。
 ブレスを連発されると賢者の石の回復量では間に合わない。必要なのは多分リアルラック。


デスピサロ戦 3回目
 回復する対象を任意に選べる祝福の杖を、素早いトルネコに持たせる。ライアンには力の盾。道中で勇者とライアンのレベルが上がる。ついに目の毒・ベホマズンを覚えてしまった。
 ライアン(32)−アリーナ(33)−たけお(33)−トルネコ(33)
 第三形態でスクルトを唱えられ、「いろいろやろうぜ」にしてもアリーナがなかなか天空の剣を使わずてこずったが、ライアンの打撃とトルネコの天罰バギマで突破。今回も第六形態まで無難に突破。アリーナの会心の一撃は第六形態までに6回。身かわしの服回避が2回ほど。トルネコに無駄行動が多かった。ぼーっと見てたり、砂かけしたり。
 最終形態。皆殺しの剣は2ターン目で成功。アリーナは会心の一撃を2回繰り出した。トルネコは商人軍団召喚。今回は凍てつく波動が非常に多い。激しい炎を1回吐いただけ。輝く息はゼロ。まさにリアルラックに恵まれた今回、最後はライアンが会心の一撃を決める。誰も死ぬことなく、世界樹の雫も使うことなく、あっけない勝利だった。


たけお
 ひたすら賢者の石を振る。たまに皆殺しの剣を振るようにプログラミングされていたようだ。512KBクオリティー。

ライアン
 豊富なHPで相手の攻撃を受け止め、強烈な一撃をお見舞いというスタイルを貫き通した。最後は渋く会心の一撃で決める。

アリーナ
 ほぼ確実に先手を取り、デスピサロ戦3戦で合計30発の会心の一撃を繰り出した。防御面では華麗な身かわしを披露。見る者を魅了する戦いぶり。

トルネコ
 コケ会心、商人召喚、足払いといった有用行動と、ぼーっと砂かけしつつ不思議な踊りなどの無駄行動が見事に融合し、独自のワールドを演出した。3回で勝ったし、全然問題ないですよ。

   ◇◇◇

 ライアンの会心の一撃を受けたデスピサロは崩れるように地面に両膝を着いた。膝から伸びた角状の突起物が地面にぶつかり、根元から折れて宙を舞った。全身緑色だったその体は徐々に色素が抜け灰のようになってゆく。デスピサロの敗北は、もう誰の目にも明らかだった。
 4人はそんなデスピサロの前に並んで立ち、たけおが半歩、前に出た。
「デスピサロ、お前は人間を滅ぼすことでロザリーを守ろうとした。そのためにお前はロザリーに護衛を付けて、彼女のもとを離れて世界中を駆け回っていた……」
 たけおは目を閉じ、一つ大きく呼吸をした。そしてまた、目を開く。
「でも、それじゃダメだったんだ! お前が本当にロザリーのことを大切に想っていたのなら、ロザリーの身を守ることを、他のヤツに任せちゃいけなかったんだぜ!
 ……だから、あっちでロザリーと再会したら、今度はずっと、ロザリーのそばにいて守ってやれよな!」
 たけおが言い終わると同時に、4人顔を見合わせ力強く頷いた。益荒男たちは各々の武器を前に掲げ、交わらせた。同時にたけおの奇跡の剣が激しい光を放つ。それはまるで、4人の想い……最後の最後まで手を止めず戦い抜くことでデスピサロの魂を救わんとするその想いが剣に宿ったかのようだった。
 たけおは光り輝く奇跡の剣を頭上に掲げた。
「これが、滅びゆくお前に捧げる、オレたちの……挽歌だぜ!」
 そしてたけおは、その剣をデスピサロへと振り下ろしたのだった。

「さあ、戦いは終わった。地上に戻ろうぜ……」

   ◇◇◇

いつものアレ

 まずはいつもの1枚から。

 というわけで益荒男四人衆、無事にクリアです。平均レベル32.75。まったくもって予想外です! 見立てが甘かったと反省せざるをえない……。
 クレバカには負けるだろうと思っていたのに、今までで一番低いレベルでのクリアでした。

たけお最終パラメータ  ライアン最終パラメータ

アリーナ最終パラメータ  トルネコ最終パラメータ

 結局戦いにおいて大切なのは魔力より体力、知力より腕力だと知り、大変勉強になりました。

 はぐれメタルの盾はキングレオ〜バコタまでがピークでした。もう少し見せ場があるかと思ったけど、これも見立て違い。まどろみの剣禁止は大正解。OKだったらヌルすぎたかも。
 魔法効果のある道具を駆使することで弱点を補うようなプレーを想像していたのですが、結局はゴリ押しでどうにでもなった感じです。
 それほど苦戦はしなかったけれどひたすら面倒、というのが今回受けた印象でした。全体攻撃の手段に乏しく戦闘が長引き、いつまでたっても回復手段が薬草メイン、移動はその都度キメラの翼を購入……非常に面倒でした。苦戦と言える苦戦はハッキリ言ってバコタ戦と滝の流れる洞窟攻略ぐらいだったかも。
 作戦は「呪文つかうな(通常時)」と「いのちだいじに(ボス戦)」しか使いませんでした。こまめに作戦を変えて対処する面白さは皆無、勇者は打撃マシーンor賢者の石マシーンと化していたので、もう一度やってみたいという思いはあまりないです。アリーナの会心連発は爽快で良かったですが。
 多分勇者ナシの3人プレーだったら一気に難易度が跳ね上がるのではないかと思うのですが、今回見立て違いが多すぎたこともあり自信はないです。面倒そうで試す気も起きません。

 というわけで、攻略の面白さではクレバカの方が圧倒的に上ですかね。柔と剛の二部作・クレバカと益荒男、いろんな面で対照的でした。


益荒男勇者・たけお
 賢者の石を取るまでは打撃一辺倒、取ってからは回復一辺倒だった極端すぎる勇者様。天真爛漫すぎて、とても「滅ぼされた村の唯一の生き残り」には見えなかったかも。セリフを書くのはとても楽しかったぜ。

益荒男戦士・ライアン
 高いHPで常に先頭に立ち、敵の攻撃を全て受け止めてから高い威力の攻撃を繰り出す様はまさに益荒男。覚悟を決めて呪いの防具を着込む姿も益荒男だった。マトモに見えて天然ボケ気味。

益荒王女・アリーナ
 紙のような装備でも怯むことなく、誰よりも早く、誰よりも手数多く、誰よりも会心の一撃を多く繰り出す。「男の中の男」と言っても過言ではないほど勇猛果敢な王女様だった。ボケとツッコミ融合型(本人に自覚ナシ)

益荒男武器屋・トルネコ
 いつも心にツッコミを、でも時にボケも忘れない、パーティー1の常識人で苦労人。賢さは最後までトップを争い、素早さはアリーナに次ぐ高さ。軽やかメタボ。いざとなったら仲間をかばうその様はやはり益荒男だった。

   ◇◇◇

 デスピサロを倒した益荒男たちはそれぞれの故郷へ戻ることになった。
 気球に乗り込むと、アリーナがずっと携行していた棺から男2人、むっくりと起きだした。
「はて、おかしいのう。わしゃあモンバーバラで占ってもらっていたはずじゃが……」
「……ハッ?! ここは酒場の2階ではないのですか??」
 2人ともまだ寝ぼけ気味であるようだ。本当はあと2つ手弱女な棺があるのだが、大人の都合でなかったことにしておく。
 とにかく、アリーナの予知夢の通り、2人は蘇ったようである。

 アリーナをサントハイムへ、トルネコをエンドールへ、ライアンをバトランドへ送り届け、たけおは1人、廃墟のままの故郷の村へと降り立った。

「まあ、分かっちゃいたけど、あのときのままだな……」
 辺りを見回しながら歩くたけおは、ある場所で立ち止まった。

『おお、たけおか! 今日はそなたにライデインの呪文を教えようぞ! しかし、その様子では腹が減っているな。よし! 授業はメシを食ってからじゃ!』

 あの日の、懐かしい老人の声が蘇る……。
「じっちゃん、オレ、じっちゃんに色んな呪文を教わったけどさ、結局何も使わなかったな」
 かつての師匠の家の跡地に立ち、そう呟いた。
「でもオレ、呪文は使わなかったけど、こっそりと勉強は続けてたんだぜ! ベホマズンまでは覚えたんだ! あと3つ、今練習中なんだ。だからじっちゃんの教えは絶対ムダじゃなかったんだぜ!」
 たけおはそのまま、今度はかつて花畑があった場所へ進んだ。
「みんなありがとう! みんながオレを守り育ててくれたおかげで、エスタークもデスピサロも倒すことができたぜ! いい仲間にも出会えたしな!」
 たけおは空に向かって思い切り叫んだ。
「もう勇者は卒業だな。てことは、晴れて無職だぜ! これからどうすっかな……」
 バトランドかサントハイムに行って、兵士にでもしてもらうかな。トルネコにお願いして、エンドールで職でも見つけるかな……たけおは今後の身の振り方について少し考えたが、すぐに飽きてしまった。
「とりあえず勇者卒業記念に、久々に呪文でも唱えてみっか。まだ練習中の呪文だけどな……いくぜ」
 そう言うと、大きく手を広げ、とある呪文の詠唱を始めた。

「パルプンテ!」

 パルプンテ……パルプンテ……パルプンテ……

 何が起こるか分からない謎の呪文・パルプンテ。
 しかし唱えた呪文はただのこだまとなり、辺りに空しく響いた。
「ちぇっ、やっぱまだ覚えきってねーからな、失敗しちまったぜ……」
 ところが、そう呟いた次の瞬間、空から何かが落ちてくるのが分かった。たけおは落ちてきたものを手を伸ばして掴む。
「わお、焼き芋だぜ!」
 そう、それはたけおが一時期「食いたい食いたい」と騒いでいた焼き芋だった。
「……今更かよ。うーん、さすがに今は食おうっていう気分じゃねーな」
 と、思わず苦笑いしたそのとき――
「たけお、食べないの? だったらその焼き芋、わたしがもらってもいい?」
 たけおの背後から、とても懐かしい少女の声が聞こえた。
 ――まさか、この声は!?
 声の聞こえた方へ、たけおはゆっくりと振り返る。

 こうして益荒男たちの戦いは、ひとまず終わりを告げたのだった。

   −完−


なまえLVHPMPEx
たけお33214151134561154367234183308,182
奇跡の剣 天空の鎧 天空の盾 天空の兜
ライアン323190145(24)1512023245147252,801
奇跡の剣 魔神の鎧 風神の盾 鉄仮面
アリーナ33266016016412621128165122264,687
キラーピアス 身かわしの服 金の髪飾り
トルネコ3319608263984329182182228,705
奇跡の剣 はぐれメタル鎧 力の盾 鉄兜
ライアンの素早さは呪われていない場合の数値

<携帯閲覧用>
たけお LV33 H214 M151 力134 速56 体115 賢43 運67 攻234 守183 Ex308,182
E奇跡の剣 E天空の鎧 E天空の盾 E天空の兜
ライアン LV32 H319 M0 力145 速(24) 体151 賢20 運23 攻245 守147 Ex252,801
E奇跡の剣 E魔神の鎧 E風神の盾 E鉄仮面
アリーナ LV33 H266 M0 力160 速164 体126 賢21 運128 攻165 守122 Ex264,687
Eキラーピアス E身かわしの服 E金の髪飾り
トルネコ LV33 H196 M0 力82 速63 体98 賢43 運29 攻182 守182 Ex228,705
E奇跡の剣 Eはぐれメタル鎧 E力の盾 E鉄兜
ライアンの素早さは呪われていない場合の数値

(クレバカ 5章クリア時 ク37、ブ37、マ38、ミ35)

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

この記事へのコメント
おつかれさまでした!
益荒男はちょっと強すぎましたかね(汗)。
呪文ナシというのは、結構大変だと思っていたのですが、むしろ低レベルクリアできているのに驚きです。どうせ呪文覚えないから、レベル上げがあまり必要なかったですかね・・・。

たけおがギガショックにならなくて済みましたね!
最後のテラショックな呪文は成功しているのか失敗しているのか。こだまなのか焼き芋なのか、それとも。
今回も、素敵なエンディングをありがとうございます(^-^)

デスピサロ戦で、AIよりもAIらしい行動のたけおが、なんだか不憫です。もっと知的な戦略戦を考えての勇者導入だったですよね(^^;)たけお以外の3益荒男が想定外に強かったですね。
トルネコのHPって、こんなものでしたっけ。成長期はもっと後でしたっけ。

デスピサロにトドメを刺すときの、4人の武器を合わせるときに、キラーピアスだけ浮いてるような気がして、こっそり笑ってしまいました。

毎回、読み終える度に、満足感とともにサザエさんシンドロームにかかってしまいます(汗)。
楽しいお話もここで終わりか、と。

だいぶやり尽くした感もありそうですが、また連載されるとしたら、また読ませていただきます!
Posted by かえさる at 2012年04月03日 22:15
あまりのスムーズさに驚きました。
ある程度のHPと攻撃力さえあれば何とかなるようです。パラメータの伸びもとても良かったですし。
エンディングを迎える頃には余裕でパルプンテを覚えているだろうと思っていたのですが、まさかギガデインすら覚えずに終わるとは……。

今回全編通して勇者が半オート戦闘でしたが(笑)それでも自由に操れる勇者は便利でした。勇者の代わりに他の誰かだったら全然違う展開だったかも。これだけ早くクリアできたのはやはり勇者のおかげかもしれません。
デスピサロ戦だけ勇者の代わりにドランを入れてみればその辺が分かるかもしれないですね。ドランなら真の「益荒男四人衆」です(笑)

トルネコのHP成長期はもっと後に来るようです。レベル30台だとまだまだひよっこですね。大器晩成型。

私も書いていてキラーピアスはどう交わるんだろうと思ってました。きっと柄の部分と交わってるとか何とか思いつつそのままにしてしまいました(^^;)
ナイスツッコミありがとうございます(笑)

さすがにネタ切れなので、暫くはプレー記はお休みの予定です。突然何かが閃かない限りは。

今回もたくさんのコメントありがとうございました! とても励みになりました。
かえさるさんの3の冒険日記も続きを楽しみにしてますね!
Posted by タギー at 2012年04月04日 20:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。