DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2012年03月28日
 いよいよデスピサロ待ち構える闇の世界へと足を踏み入れた益荒男四人衆。デスピサロの宮殿へ潜入するには4つの結界を破らなくてはならない。そのためには結界の守り人を倒す必要があるという。そこで一行は闇の世界を一周するように位置する、4つの祠へと向かうのだった。

 ついに旅も大詰め、結界四天王攻略編。アンドレアル、ギガデーモン、ヘルバトラー、エビルプリーストの順で戦う予定。
 次々に仲間を呼ぶアンドレアルは意外と苦手かもしれない。ギガデーモンはルカナンを唱えるが体力自慢パーティーなのでなんとかなるか。ヘルバトラーは呪文を封じた方が良いのか放置が良いのか微妙なところ。エビルプリーストは天空の盾やはぐれメタルの盾を使えば簡単そう。
 さて、実際はどうなるか。


アンドレアル戦 1回目
 希望の祠から目的地に着くまでに一苦労。逃げ損なって削れたHPを薬草でチマチマ回復するのは結構面倒。面倒なのでロクに回復もせずそのままアンドレアルに挑戦。
 ライアン(29)−たけお(30)−トルネコ(30)−アリーナ(30)
 作戦「いのちだいじに」固定。3ターンかけてやっと1匹倒したと思ったら、あっという間に仲間を呼ばれ、3匹に戻る。2匹目を倒すが、今度はなかなか仲間を呼んでこない。この隙にさっさと倒したいところだが、こちらも回復する機会が多く、なかなか集中攻撃は出来ない。祝福の杖を持ったライアンが回復係になっている。もたもたしているうちに仲間を呼ばれ、再び3匹に。3匹目、4匹目はスムーズに倒せたが、再び仲間を呼ばれ2匹に。非常に面倒くさい。ここはさすがに攻撃呪文が欲しい。それでもこちらも瀕死にはなっても死者は出ず、結局合計6匹倒して戦闘終了。おかげ様でライアンとアリーナレベルアップ。


ギガデーモン戦 1回目
 目的地に着く前に勇者死亡。世界樹の葉で蘇生。祠の中にあるバリア地帯もこのメンツだとかなり厄介。ボス戦よりそこまでの道中が大変。距離は短いのに……。
 相手はルカナンを唱えてくるので久々にはぐれメタルの盾出動。アリーナに持たせてみる。勇者は天空の盾、あと皆殺しの剣も持たせる。逆に相手の守備力を下げてやるぜ!
 ライアン(30)−たけお(30)−トルネコ(30)−アリーナ(31)
 1ターン目「いろいろやろうぜ」アリーナ、はぐれメタルの盾使わず。勇者はしっかり天空の盾。ライアンが瀕死になったので2ターン目は「いのちだいじに」で回復のターン。3ターン目で再び「いろいろやろうぜ」にするも、相変わらず盾を使わないアリーナ。面倒くさいので盾の使用を諦め、次ターン以降「いのちだいじに」固定。
 ルカナンを跳ね返したり、皆殺しの剣を使ったりでギガデーモンの守備力を0近くにまで下げる。ルカナンを防げなかったライアンとトルネコは死亡。ルカナンを防げた勇者も瀕死、はぐれメタルの盾を使う努力を全くしなかったアリーナはピンピン、という状態で勝利。益荒王女最強伝説。
 帰りもバリア地帯を通るのは嫌だったのでキメラの翼で脱出しようと思ったら、不思議な力で封じられた。ここルーラ駄目だったんだっけ?? 仕方ないので勇者に薬草を大量投入し、バリア地帯を通り抜けて祠脱出。せめてもの救いは不発だったキメラの翼が消えなかったことだ。
 すぐに地上へ戻り、世界樹でライアンとトルネコを蘇生させた。薬草、キメラの翼を補充、一応静寂の玉を引き取って再び闇の世界へ。


ヘルバトラー戦 1回目
 今回はエンカウント無しで祠に到着。これは全滅フラグかもしれん……という思いが頭をよぎる。
 イオナズンを唱えるヘルバトラーは静寂の玉が効く。ただし呪文を封じるとブレス攻撃が多くなる。呪文を封じるべきか否か迷ったが、とりあえず封じてみる方向で。ライアンはミラーシールド装備。力の盾を引っ込めたので祝福の杖もライアン。静寂の玉は勇者持ち。
 ライアン(30)−たけお(30)−トルネコ(30)−アリーナ(31)
 作戦「いのちだいじに」相手の呪文を2ターン目に封じる。激しい炎が1ターン目に来てからは2〜4ターン目と打撃1回攻撃が続く。その間こちらも攻撃。相手は守備力が高いらしく、1人60〜65程度のダメージしか与えられない。そしてこういうときには会心の一撃を出さないアリーナ。
 もたもたしているうちに2回目の激しい炎が来てアリーナ死亡。その後も続く激しい炎を何とか耐えてきたが、ついに1ターンに激しい炎連発という最悪の攻撃がきて殲滅されてしまった。久々の全滅。
 そういえばアリーナが死んだときに世界樹の葉を使うの忘れちゃったぜ!(使っても全滅だったと思うけど)

 ヘルバトラーのブレス攻撃はかなりキツい。いよいよ魔神の鎧の出番っぽい。
「幾多の逆境、困難を乗り越えてこそ真の益荒男ですぞ!」
 益荒王宮の戦士・ライアンはピンク色のはぐれメタルの鎧を脱ぎ捨て、ピンクのペンキ塗りたての魔神の鎧を身につけた!
「まあ、20そこそこしかない素早さが0になるだけの話だしな」
「たけおさん、それを言ってはいけません!」
「なんでわざわざピンクに塗装するのかしら……」
「アリーナさん、それも言ってはいけません!」


ヘルバトラー戦 2回目
 今回も呪文を封じてみる。静寂の玉が決まったのが5ターン目という遅さ。その間イオナズンを全く唱えず、封じた途端に使ってきたヘルバトラーがステキ。今回は激しい炎よりも威力の低い吹雪を連発してくるありがたい展開。アリーナも会心の一撃を繰り出し、そこそこ優位に戦いを進める。魔神の鎧のブレス軽減効果は侮れない。元々HPの高いライアンの安定度上昇。久々に飛んできた激しい炎にライアン以外ピンチとなるも、最後はトルネコのコケ会心が決まって勝利。コケ会心でやられるヘルバトラーがステキ。4本目の奇跡の剣をゲット。4本もいらないです。売却予定。


 4つの結界のうちの3つを破った益荒男たちは、最後の祠へと歩みを進めた。
「なあ、この祠って北東の祠だよな?」
 そう、最後の祠は闇の世界の北東に位置する祠である。
「デスピサロに左遷されたエビプリってやつ、ここの警備担当じゃね?」
「おお! そう言えばそうですなぁ。たけおさん、記憶力いいですね。ワタシゃ感動しました」
「まあオレも今やパーティー1の賢さを誇るわけだしな」
 たけおはそう言うと、何故かアリーナの方を見て誇らしげに笑った。
「く……悔しい」
 唇を噛むアリーナをトルネコが苦笑いしながらなだめると、素早さゼロのライアンがようやく一行に追い付いた。遅っ!
 4人は塔のような祠を上っていった。最上階には人間の姿をした男が立派な椅子に座っており、たけおたちに気付くなりニヤリと笑った。そして何かを言おうとしたが、
「オマエだな! 左遷されたエビプリってのは」
 それよりも早くに、相変わらず空気を読まないたけおが言い放った。男は椅子から滑り落ちそうになったが、何とか堪えて立ち上がり、その姿を人間から魔族のものへと変えた。
「ふざけるな! 何が『左遷されたエビプリ』だ! 私の名はエビルプリーストだ」
「エビルプリーストだから『エビプリ』なのね。デスピサロって結構お茶目なのね」
 ……デスピサロ様、私の知らないところでそんな風に呼んでいたのですか。
 エビルプリーストはちょっとショックだった。しかしすぐに気を取り直し、話を始めた。
「ククク、おまえたちは勘違いをしている。私は左遷されたのではない。私こそ、デスピサロ様を真の魔族の王へと覚醒させた張本人なのだ! 人間への憎しみは、進化の秘法をより完璧なものへと変えた。もはや誰もデスピサロ様を止められはせぬ!!」
 派手な身振り手振りを交えて、そう力説する。
「……サッパリ意味が分からねーな。なんでエビプリがデスピサロを覚醒させたんだ?」
「エビプリがあまりに無能だから、デスピサロが怒り狂って覚醒しちゃったって意味なんじゃない?」
 しかしそんなエビルプリーストの力説も、たけおとアリーナにはあまり通じていないようだ。
「なんでそうなるんだ! 人の話をちゃんと聞け! このうつけ者め!」
「お漬物?」
「アリーナ、辞書、辞書。ていうか、オマエって人なのか? 魔族じゃねーの?」
「ぐぬぬ……」
 エビルプリーストにイライラが募る様が見て取れた。トルネコはさすがにエビルプリーストが少し気の毒に思えてきた。
 そうこうしている間に、素早さゼロのライアンがようやく最上階へ辿り着いた。
「おお、こやつが噂に名高い左遷された海老ぷりですか。あまり美味そうには見えませんな」
「ええい! どいつもこいつも、黙れ黙れ! 冥土の土産に教えてやる。人間どもにロザリーをさらわせたのはこの私なのだ!!」
 たけおたち3人のあまりにふざけた反応に激昂するエビルプリーストは、目を血走らせながら叫んだ。
「な、なんですって! つまりアナタが黒幕だったというのですか?!」
「そう! そうなのだ! 私が黒幕なのだ!」
 トルネコのまともな反応にエビルプリーストは嬉しくて思わず涙が出そうになるが、早速たけおたちが水を差す。
「トルネコ、それ違くね? こいつ、左遷されたのが悔しくて嘘ついてんじゃね? さらわせたんじゃなくて、さらわれたんだろ?」
「きっとそうよ! 無能呼ばわりされるのがイヤで自分が黒幕だってことにしようとしているのよ。『黒幕な自分カッコイイ』って思い込むことで悔しさを紛らわせようとしているのね。かわいそうな人」
「左遷とは辛いこと。私も王宮で働いているゆえ、その気持ちはよく分かる。だが嘘は感心できませんな」
 トルネコに話が通じても、3人には全く通じなかった。相手が悪かったようだ。
「もういい! おまえたちの相手をしていたらうつけが伝染る! 二度とそんな口を叩けないように、そのハラワタを食らい尽くしてくれるわ!!」
「それなんてバラモス?」

エビルプリースト戦 1回目
 勇者は天空の盾、ライアンにミラーシールド、アリーナに光のドレス、トルネコにはぐれメタルの盾。これでどれだけ相手の呪文を凌げるか。相手のマホカンタは消す必要がないので天空の剣は馬車の肥やし。
 オマケのスモールグール3匹は打撃だと分裂するのが厄介かも。
 ライアン(30)−たけお(30)−トルネコ(30)−アリーナ(31)
 作戦「いのちだいじに」勇者は1ターン目に天空の盾。はぐれメタルの盾は「いろいろやろうぜ」にしなくても使う場合があるので暫く様子を見てみる。まずはスモールグールの殲滅を目指すが、案の定分裂しまくりでなかなか減らない。スモールグールは意外と攻撃力が高く、結構ダメージを食らう。
 エビルプリーストは呪文を連発。光のドレス、お約束のごとく全然呪文を跳ね返さない。アリーナ、バギクロスで刻まれ早々に離脱。世界樹の葉はまだ使わないでおく。「いのちだいじに」でははぐれメタルの盾を使う気配がないが、回復もさせないといけないので「いろいろやろうぜ」に変えづらい。ライアン装備のミラーシールドは相手にダメージを与えられるものの、呪文を軽減する効果はないので(本当はあるらしいが、バグのせいで無効)ライアンもかなりのダメージを受け、瀕死状態。そんなときに飛んできたスモールグールの攻撃をトルネコがかばった。大男ライアンをかばうトルネコ……益荒男すぎる。
 そんな益荒男トルネコもバギクロスに沈むが、ここでようやくスムーズに打撃攻撃が決まり、スモールグールを殲滅。マホカンタのかかった勇者さえ残ればそのうち勝つと思うが、せっかく世界樹の葉があるのでアリーナ、トルネコのどちらかを蘇生しよう。奇跡の剣装備、はぐれメタルの盾持ち、さっきかばってくれた……というわけで、今回はトルネコを蘇生。トルネコと入れ替わるようにライアンがやられるが、どうしようもないので放置。
 トルネコ蘇生後「いろいろやろうぜ」にすると、3ターン目ではぐれメタルの盾を使用。あとは「いのちだいじに」に戻してひたすら攻撃。トルネコはこんな地底の世界に商人軍団を召喚。エビルプリーストをボコボコにしてやった。戦闘終了。

たけお
 静寂の玉を使ったり、天空の盾を使ったり、世界樹の葉をすり潰したり、久しぶりに戦闘中に道具を使った。幸い新しい呪文は覚えなかった。

ライアン
 最近はすっかり祝福の杖係。地味すぎて目立っていない。トルネコにかばわれた。

アリーナ
 5回戦って会心の一撃1回のみ。守備面が貧弱なだけにこの結果は寂しい。最終戦に期待。

トルネコ
 コケたり、かばったり、商人軍団呼んだり大活躍。最終戦もその調子で頼みますよ。


「呪文を跳ね返されると手も足も出ないなんて、やっぱりコイツは無能だったな」
 たけおは力なく地面に横たわるエビルプリーストを見下ろした。
「ぐぐぐ……ここまでの作戦は完璧だったのに。まさか、まさかこんなうつけ者どもにやられるとは一生の不覚。く、口惜しや……これでは死んでも死にきれぬ、この恨み、どう晴らしてくれようか……うぅ、ぐふっ」
 エビルプリーストはドロドロと湧き出る恨みつらみを吐き出しながら息絶えた。
 さすがにこれは無念だったろうと、トルネコはほんの少しだけエビルプリーストに同情してしまったが、もし彼の言ったことが本当なら、彼はロザリーを死に追いやった張本人。これ以上の情けは無用である。
「さあたけおさん、これで結界は全て消えましたね。行きましょう、最終決戦の舞台へ!」
「おう!」
 一行はいよいよデスピサロの宮殿へと足を踏み入れるのであった。

   −続−


なまえLvHPそうび
たけお312002221805110740奇跡の剣 天空の鎧 天空の盾 天空の兜
ライアン30287234146(22)13418奇跡の剣 魔神の鎧 風神の盾 鉄仮面
アリーナ3124815511314611720キラーピアス 身かわしの服 金の髪飾り
トルネコ31179179180599240奇跡の剣 はぐれメタル鎧 力の盾 鉄兜
ライアンの素早さは呪われていない場合の数値

<携帯閲覧用>
たけお LV31 H200 攻222 守180 早51 体107 賢40 
E奇跡の剣 E天空の鎧 E天空の盾 E天空の兜
ライアン LV30 H287 攻234 守146 早(22) 体134 賢18 
E奇跡の剣 E魔神の鎧 E風神の盾 E鉄仮面
アリーナ LV31 H248 攻155 守113 早146 体117 賢20 
Eキラーピアス E身かわしの服 E金の髪飾り
トルネコ LV31 H179 攻179 守180 早59 体92 賢40 
E奇跡の剣 Eはぐれメタル鎧 E力の盾 E鉄兜
ライアンの素早さは呪われていない場合の数値

(クレバカ 四天王撃破時 ク35、ブ35、マ35、ミ33)

 四天王戦後、デスパレスに忍び込み風神の盾取得。
 ついにクレバカよりも遥かに早くここまで来ました。多分このまま逃げ切れるのではないかと思うのですが……。

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

この記事へのコメント
トルネコの益荒男っぷりに、久しぶりに感動です!

さすがのエビプリも、この人達にかかったらひとたまりもありませんね(いろんな意味で)。

それなんてバラモス?に爆笑です!
ご存知かどうか、ニコ動のフルボイスポートピアに似たような表現があって、思い出し笑いが追加されてしまいました(笑)。
Posted by かえさる at 2012年03月29日 10:58
今回唯一マトモ(?)なトルネコが活躍してくれると結構嬉しいです。

プレー記も7回目になるので、いつもは憎らしいエビプリを今回はちょっと不憫な人にしてみました。この3人ある意味最強かも……と思ったり(笑)

フルボイスポートピアというのは知らなかったので検索してみました。「火曜フルボイス劇場」というやつでしょうか? あまりに面白くてつい一気に見てしまいました。ところどころにドラクエネタがありましたね!
あとボスの属性が面白すぎる……ウホッ
Posted by タギー at 2012年03月29日 21:25
それですそれです!
一気見してしまいますよね!
原作よりも秀逸っていう(笑)。もちろん原作ありきのアレンジなのですが(汗)。

ところで、ご連絡は届いてますか?
Posted by かえさる at 2012年03月29日 21:50
全編にわたってよく面白いネタが思い浮かびますよね〜。繋ぎもいろいろと上手ですし。
普段実況などの声入り動画はあまり見ないのですが、あれは面白かったです。むしろ声あっての作品ですね。
Posted by タギー at 2012年03月30日 07:49
繋ぎも、BGMも、小ネタも秀逸ですよね!
実況プレイは見られませんか。
フルボイスドラクエ3やフルボイスドラクエ2もおもしろかったですよ。ただ、ポートピアに比べると、めっちゃめちゃ長いです。
Posted by かえさる at 2012年03月30日 09:05
ドラクエのフルボイスもあるんですか!
確かに長そうですね(^^;)でも機会があれば覗いてみたいと思います。
もし4でそれがあったら「ライアンですが馬車の〜」テイストになりそうで怖いです(笑)
Posted by タギー at 2012年03月30日 22:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。