DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2012年03月09日
 ガーデンブルグでの騒動を見事解決した益荒男四人衆。一行はガーデンブルグを後にして、再び大海原へと出航していった。船の上ではトルネコが手にした最後の鍵を揺らしながら、地図に目をやっていた。
「たしか、ブランカ城に最後の鍵のかかった宝物庫があったはず。あとハバリアの町の地下牢。あの壷の中が怪しいです。ワタシには分かる! あそこからは小さなメダルのにおいがする!」
「地下牢の壷って言ったら、便所だろ? そりゃあにおうよなー」
「便所すなわちトイレットですぞ!」
「ええ、それは知っているわ。でもわたし、トイレあさりなんてイヤよ」
「でしたら、いつも『出番がない、出番がない』と騒いでいるエンドールの用心棒と詩人に、金を支払って頼めば良いのではないですかな?」
「はっはっは! ライアンさん、それは名案ですなぁ」
 そんな冗談を言いながら、一行はブランカとハバリアで小さなメダル3枚を回収し、そのままメダル王の城へと向かった。ガーデンブルグ南東洞窟で拾った分も預け、集まったメダルは計6枚。2本目の奇跡の剣がトルネコの手に渡った。
「ワタシ、ここへ来るたびに向かいの洞窟が気になるんですよね。あそこは何なのですかね」
 トルネコの言うとおり、メダル王の城の小島から少々北へ進んだところに、船がそのまま入れそうな、海水の浸食した洞窟がある。
 城に隣接する宿屋で休憩しながらその話をしていると、近くに居合わせた男が話しかけてきた。
「この近くの洞窟には伝説の鎧が眠っているらしいな」
 伝説の鎧――それはもしや、天空の鎧では!
 一行は早速宿を出て、船で洞窟へと入っていった。


海鳴りの祠 1回目
 ライアン(20)−たけお(21)−アリーナ(20)−トルネコ(21)
 ここは棺桶も船内同行出来るので薬草は豊富に持ち込める。過去のプレー記を振り返ると、ここでの脅威であるドラゴンライダーは出るときと出ないときの差が激しい。出なければ1回で突破できるし、出れば出るほど一発突破は難しい。でもって、今回は残念ながら頻出のパターン。素早いドラゴンライダーはほぼ確実に先制してくる。天罰の杖も3回は当てないと倒せない。そんな状況では薬草などいくらあっても足らず、最初の小さなメダルを取ることすら出来ずに高熱ガスで焼かれてしまった。

 そろそろ薬草の回復量ではきつくなってきた。


海鳴りの祠 2回目
 ライアン(20)−たけお(21)−アリーナ(21)−トルネコ(22)
 またもドラゴンライダーがよく出るパターン。だんだん運が尽きてきているのか。1回目はまともに戦うも、薬草の消費が激しすぎる。まともに戦っていたら薬草が何枚あっても足らないので逃げ戦法。弱そうな敵だけを選りすぐって倒す。その様はとても益荒男とは言いがたい……。
 ドラゴンライダーはその後も何度か出てきたが、幸い全て一発逃走。まだまだ運は残っているぞ! 後半になるとややエンカウントも減り、全員生存のまま天空の鎧&小さなメダルのフロアへ。
「たけおさ〜ん、せめてリレミトぐらいは唱えてくださいよぉ〜」
「いや、ダメだ。オレ、辞書の読みすぎで呪文の唱え方すっかり忘れちまったぜ! 自慢じゃないが、オレの記憶容量は512キロバイトだ」
「わたしは自慢じゃないけど2メガビットもあるわよ! たけおには勝ってるわね」
 ――アリーナさん、違いますから! それたけおさんの半分ですから!
「あーもういいです。普通に帰りましょう。もう……デスルーラだろうがバシルーラだろうが何でも来いですよ。トホホ」

 帰りのエンカウントも凄まじかったが、逃走成功率も高かった。フェイスボールの毒の息で勇者以外毒に冒されるも、特に問題なし。今回は無事に生きて洞窟を脱出した。
 洞窟内で拾った2枚のメダルはメダル王に預ける。

たけお
 奇跡の剣を持つも低めの素早さが災いし、思うように打撃回復できず。

ライアン
 相手の攻撃を全て受け入れてから攻撃を繰り出す様はある意味益荒男だが……もう少し何とかならんのか。

アリーナ
 守備力が低く受けるダメージが大きい。会心の一撃発動率もまだそれほど高くない。本領発揮はもう少し先か。

トルネコ
 地味すぎて印象に残ってない。ということは、無駄行動は少ないのかも。薬草をわりとよく使ってくれるようだ。


 天空の鎧に身を包んだたけお。先ほど洞窟に鎧があると教えてくれた男が再び4人のそばへ寄ってきた。
「おお! これが伝説の鎧か……素晴らしい輝きだな。しかもこいつを装備できるとは……」
 男は鎧をしげしげと眺めながら感嘆の声を漏らした。
「ついでにもう1つ教えてやろう。ここからすぐ南に陸地が見えるだろう。その陸地を岩山沿いに歩き、少し内陸へ入ったところに立派な滝がある。その滝が実は洞窟の入口になっていてな、その洞窟には究極の剣が隠されているらしいぞ」
 随分と情報通な男だと、トルネコは感心した。それと同時に、武器商人として「究極の剣」に大きな関心がわいた。
「では次は、その滝の洞窟に行ってみましょうよ!」

   −続−


なまえLvHPそうび
たけお21141167172357322奇跡の剣 天空の鎧 天空の盾 天空の兜
ライアン21173172108168510ドラゴンキラー ドラゴンメイル ドラゴンシールド
鉄仮面
アリーナ2116115379787414炎の爪 身かわしの服 金の髪飾り
トルネコ22128155145446427奇跡の剣 はぐれメタル鎧 鉄の盾 鉄兜


<携帯閲覧用>
たけお LV21 H141 攻167 守172 早35 体73 賢22 
E奇跡の剣 E天空の鎧 E天空の盾 E天空の兜
ライアン LV21 H173 攻172 守108 早16 体85 賢10 
Eドラゴンキラー Eドラゴンメイル Eドラゴンシールド E鉄仮面
アリーナ LV21 H161 攻153 守79 早78 体74 賢14 
E炎の爪 E身かわしの服 E金の髪飾り
トルネコ LV22 H128 攻155 守145 早44 体64 賢27 
E奇跡の剣 Eはぐれメタル鎧 E鉄の盾 E鉄兜

 クレバカでは滝の流れる洞窟を先に行ったので参考表示は省略です。次回載せます。
 それにしてもトルネコの素早さと賢さが意外と優秀……。

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

この記事へのコメント
例によって、また大笑いしてしまいました。
トイレットのメダル回収の役割が回ってきそうだったけど、ロレンスコットの出番が無くて残念です。というか、このぐらいで十分です(笑)。

すずやなち先生の4コマの、
「姉さん、あそこがクサイ」「臭うわね」のモンバーバラ姉妹を思い出してしまいました。

予知夢の次は、トルネコの嗅覚でメダルを見つける、という発想も素敵です。

ドラゴンライダー2匹って、バルザックよりバコタより強いんじゃないですか?合計4回攻撃ですよね。。。
逃げに逃げ、選りすぐった敵としか戦わない益荒男。。。クレバカがクレバーだかどうだかわからなかったのと同じ感じでいいんですかね(笑)。

アリーナの容量が2メガビットというのがおかしくておかしくて。256KB!
たけおの容量に認証コードを持ってくるあたりが流石です。ドラクエ4は2MBぐらいありましたよね。
Posted by かえさる at 2012年03月12日 19:10
ロレンスコットをさり気なく登場させてみました。実際に雇ったかは不明です(笑)

そんなネタありましたよねー!
「あ そ こ に隠れているのかも!」「探してみれば?」なオチでしたっけ??

トルネコは「盗賊の鼻」を実装しているようです。お宝を盗むし、これでは商人だか盗賊だか分かりません(^^;)

海鳴りの祠の敵は全体的に強いですよね。魔法の鍵が手に入った時点で入れる洞窟ですが、その頃に入ったら瞬く間に燃やされそう(もしくはマヒャドで氷漬け)です。昔の作品はわりと「低レベルでもうっかり入れる怖い洞窟」が多かった気がします。

皆さん野生の勘が働いてイイカンジに逃げられているのかもしれないです。勇者とアリーナは「逃げるの反対」派。トルネコは「逃げるが勝ち。命あっての物種」派。ライアンが「ときには逃げることも必要です」派。いざとなったらライアンが勇者とアリーナを抱えて逃げるのかも……と想像してます(笑)

ドラクエ4の容量がまさに認証コードと同じ512KB(4Mbit)です。
この頃のゲームはすごいですね。フロッピー1枚に余裕で入る程度であれだけの物が出来るのかと感心してしまいます。フロッピー1枚でFC版4作全部入りますよね。
フロッピーディスク自体もう殆どお目にかけませんが……。
Posted by タギー at 2012年03月12日 20:11
ドラクエ4で512だったですかね?ドラクエ1が512ぐらいだと思ってました(汗)。もしかして、僕はアリーナと同じ勘違いをしていますか??

少ない容量であれだけの世界観とかゲームシステムを作り上げてきた先人達(堀井さんたち)は素晴らしいですよね。
「携帯電話の待ち受け画面よりも少ない容量しかない時代のゲームだったので」と堀井さんは言っていましたが、このことがどれほど素晴らしいことかを携帯電話ゲーム世代には通じなさそうで、ちょっと残念ではありますが・・・。
Posted by かえさる at 2012年03月13日 10:41
FC版4作をウィキペディアで調べてみましたが、

ドラクエ1 512kbit(64KB)
ドラクエ2 1Mbit(128KB)
ドラクエ3 2Mbit(256KB)
ドラクエ4 4Mbit(512KB)

みたいです。1の512キロビットから2倍、2倍、2倍と増えて、4で512キロバイトになったんですね。

本当に限られた容量の中でよくあれだけ素晴らしい作品が出来上がりましたよね。
カタカナを全文字用意できずに限られた文字の中で名前やメッセージを作ったり、3にいたってはタイトル画面を超簡素にして容量を確保したり、それこそ1バイトでも削れるところがないかと、心血を注いで作ったんでしょうね。
当時は全然そんなこと考えずにプレーしてましたけど、今思うとまさにロムカートリッジの中に製作者の英知が詰まっているのだと感動すら覚えます。
懐古厨と言われてしまうかもしれませんが(^^;)やっぱり昔の作品は素晴らしいです。
Posted by タギー at 2012年03月13日 20:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。