DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2012年01月14日
 結界を守る四天王を打ち破り、いよいよデスピサロの宮殿へと足を踏み入れるクレバーカルテット。最終決戦も間近と迫ってまいりました。
 さて、最終決戦への道が開けたからといって闇雲に突き進まないのがクレバーカルテット。まずは宮殿内を探索し、有用なお宝をいただきます。
「これではクレバーカルテットというより盗っ人カルテットじゃのう。良心が痛むのう」
「わたくしもそう思います。ですので宝箱はスルーして進みましょうか」
「そうじゃのう。……おっ! 宝箱発見じゃ! インパスっ!」
「おじいちゃん……もう立派な盗賊よね」
 結局4人は小さなメダル、賢者の石、命の木の実、いかづちの杖と全てのお宝を回収し、一旦宮殿を脱出。その足でメダル王の城へ向かい、最後の4枚で幸せの帽子を手に入れました。
 幸せの帽子はブライに装備させます。2章のはじめの方からずっと被っていた皮の帽子とようやくお別れです。しかし、幸せの帽子はブライのドレスアップの為だけに手に入れたわけではありません。この帽子はデスピサロ戦の直前で本領を発揮します。

MP回復スポット

 上の写真はデスピサロの宮殿を抜ける直前の場所です。写真のような建物の外観にあたる場所にはエンカウントがありません。ここで幸せの帽子を被って歩き回れば時間はかかりますがデスピサロ戦を前に全員のMPを完全に回復出来るというわけです。もう何回もプレーしているゲームなのに、このことを知ったのはつい最近だったり(腹姉妹のときに知った。何十回も宮殿を抜けてる間に(笑))
 セコいですが背に腹はかえられません。これも世界平和のためです。

 これでお宝というお宝はほぼ全て手に入れたはずなので現在の種実在庫を洗い出し。

 いのちの木の実 9個(多分2個ミネアに使った)
 ふしぎな木の実 5個
 ちからの種 10個
(多分3個ミネアに使った)
 素早さの種 6個(多分4個ミネアに使った)
 ラックの種 2個

 とりあえず暫くは使わず様子見。状況によって使いたいと思います。


 それではデスピサロのもとへ。

デスピサロの宮殿
 上記のとおり、MPはいくらでも回復できるので普通に戦いながら進める。逃げを多用するよりはピンチも少ない。ザキを唱えるデビルプリンスにはマホトーン、魔封じの杖を駆使したり、強力魔法で一気に仕留めたりしてくれる。雑魚戦では本当に賢い。最も恐ろしいのは吹雪を吐くガーディアンか。恐ろしい敵こそ逃げずに戦った方が良さそう。逆にスモールグールやライバーンロードからは逃げる。鉄球魔人もスルー。さすがに全て戦うのは面倒だし。
 土偶戦士のフロアはトラマナを使って逃げ回る。
 とりあえずここで絶望的に詰まるということはない。


 以下デスピサロ攻略編。これまで素晴らしい優等生ぶりを発揮してきたマーニャ。しかしデスピサロ戦ではメラ系、ギラ系は効きづらく、イオ系は全く効かないなど、相性最悪。もったいない。仕方がないので賢者の石を持たせて回復面で貢献してもらおう。
 どうせ最初はザキ、メダパニ、ラリホー乱舞でMPを無駄に消費するので勝とうとは思わない。暫くは学習タイム。最終形態の対処は学習が済んでから考える。

デスピサロ戦 1回目
 クリフト(35)−ミネア(33)−マーニャ(35)−ブライ(35)
 HPが200を超えているのはクリフトのみ。3人は170台。
 2本の天罰の杖はクリフトとマーニャ。氷の刃もマーニャ。祝福の杖はブライ。賢者の石はマーニャ。
 各形態全てでザキ、ザラキ、メダパニ、ラリホー、ラリホーマをきっちり唱える3人。分かっていてもイライラする。
 第一形態。無駄呪文の唱えすぎで抜けるまで11ターンもかかった。途中でクリフト死亡。ミネアのザオラルで蘇生。打撃はバイキルト無しでクリフトが10程度、ミネアが40程度と相手の守備力はかなり高い。マーニャは割りと的確に賢者の石を使ってくれる。終盤、ミネアにバイキルトとスカラ、パーティー全体にスクルトがかかる。
 第二形態。相手の攻撃手段は打撃のみ。こちらはスクルトがかかっているので受けるダメージは少ない。メラゾーマが全て効く幸運もあり、無駄行動があったわりには3ターンで突破。
 第三形態。だんだん相手の守備力も低下しているらしく、バイキルトのかかったミネアの打撃で100超のダメージを与えられるようになる。ラリホー魔なので打撃をしてくれるまでが長いが。クリフトに負けじとデスピサロもザキを唱えるが不発。メラゾーマはそこそこ決まり、マヒャドも炸裂して8ターンで突破。
 第四形態。激しい炎や瞑想、凍てつく波動を使ってくる形態。相変わらず形態が変わると無駄行動に戻るので瞑想を2回も使われ長引く。ここで早くもブライのMP終了。マーニャも10を切る。フバーハのおかげで激しい炎の被害はそれほど大きくなかった。フバーハ持続、スクルトとバイキルトは効果切れという状態で第四形態は17ターンで終了。
 第五形態。立派な両腕が生えて一気に攻撃力が上がる形態。2ターン目のメラミでマーニャのMPも終了。これで魔法使い組が一気に空気化。回復要因へ。高熱ガスはフバーハで和らぐが打撃は痛い。クリフトが死に、ミネアのザオラル連続失敗でMP残り5。クリフトの蘇生は諦める。ミネアの打撃で50程度のダメージを与えられるのでブライとマーニャには回復に専念してもらい、攻撃はミネアにお任せ。ミネアも1回ベホイミを唱えてMP終了。それでも第五形態は18ターンでなんとか終了。
 第六形態。デスピサロの攻撃力がさらに上がる。ミネアに100超のダメージを与えて葬り去り、続けてマーニャ、ブライも餌食になる。4ターン目で全滅。

 予想通り無駄呪文乱舞の初戦だったが、それでも第六形態まで行けたのがむしろ予想外。ザキメダパニラリホーは効かないと学習してくれればMPはもっと長持ちするだろうから、それからが勝負。初戦でどこまで学習してくれたか、次が楽しみ。


デスピサロ戦 2回目
 ブライに天罰の杖を持たせる。一応天空の剣もブライに持たせる。クリフトも天罰の杖、マーニャは氷の刃。
 第一形態。無駄呪文を一切唱えなくなった。クリフトにいたってはスクルトを重ねがけしてくれる。何この学習効果、素晴らしい!! デスピサロから受けるダメージも激減し、回復頻度も減る。ミネアはバイキルトがかかっていないとバギクロスの方が良いと判断するようだ。運良くメラゾーマも効いて、第一形態を5ターンで突破。
 第二形態。前回3ターンで抜けてしまったため、学習しきれていないようだった。無駄呪文を連発するので「じゅもんせつやく」にして強制打撃。ある程度ダメージが蓄積すると無駄呪文を唱えなくなる。今回は7ターンで突破。恐らく学習は出来たはず。
 第三形態。ここでようやくミネアにバイキルトがかかる。相手のザキは飛んでこなかった。メラゾーマ百発百中で5ターン突破。無駄呪文は唱えなかった。
 第四形態。前回手を焼いたこの形態も学習効果はバッチリ。メラゾーマの効きは悪かったものの、マヒャドとミネアの打撃で5ターン突破。相手が一度も凍てつく波動を放たなかったため、スクルト、バイキルト、フバーハの効果は持続中。
 第五形態。一気に相手の攻撃力が上がるものの、スクルト効果で受けるダメージは10程度。マヒャドとメラゾーマが全て効き、わずか3ターンで突破。
 第六形態。前回はここで全滅したため学習できておらず、1ターン目に無駄呪文を放つ。作戦を「じゅもんせつやく」に変え、2ターンほど打撃攻撃させると無駄呪文はなりを潜め、まともに行動。相手からのダメージはクリフトで15程度、ミネアで40程度。ここも5ターンで突破。
 さて、いよいよ最終形態。
 残りMPはクリフト84、ミネア65、マーニャ8、ブライ22。僧侶組はともかく、魔法使い組がヤバい。でもそれ以前にデスピサロにかかったマホカンタをどうにかしないと。天空の剣をブライに持たせているのでブライ以外を馬車に引っ込めつつ「いろいろやろうぜ」で剣の使用を狙う。みんな外に出しておくとザキやラリホーが飛びそうで怖いので。
 しかしブライは全然剣を使わない。デスピサロもなかなか素早いので引っ込める前に攻撃を食らって死ぬこともしばしば。冷たく輝く息を連発されたりもして万事休す。結局何もすることが出来ず全滅。

 やはり最終形態はかなり厳しい。誰に天空の剣を使わせるかよく考えた方が良さそう。あとはもう少しMPを温存して最終形態を迎えられるようにしたい。次回以降は第二形態や第六形態での無駄行動もなくなるだろうから、作戦を使い分けてMPを温存していきたいところ。それにしても1回目と2回目でこうも行動が変わるとは。学習効果恐るべし!

 2回目でかなり学習し最終形態にも行くことができたので、最終形態対策を練ってみる。
 まず天空の剣はミネアに持たせることにした。ラリホーが怖いが、耐性持ちだし眠ればダメージも減るのでなんとかなるかも。
 まずはどうにかしてミネアに天空の剣を使わせ、その後マーニャかブライだけを外に出してルカニでデスピサロの守備力をゼロにする作戦を取ることにする。そうすればクリフトだって結構ダメージを与えられるようになるだろうし、僧侶組の打撃とブライのマヒャドで自動回復分を大きく超えられるはず。うまくいくかは分からないが……。


デスピサロ戦 3回目
 宮殿内でマーニャのレベル36へ。HP180。イオナズンは覚えなかった。またか。
 第一形態。スクルトの重ねがけを狙うが、スクルト+ミネアへスカラだった。MPを節約したいので「じゅもんせつやく」で打撃中心の攻撃態勢をとる。途中一度マーニャが死んだが問題なく蘇生。後半は天罰の杖や氷の刃も使ってくれた。ミネアにバイキルトもかかり12ターンで突破。
 第二形態。引き続き打撃メインの作戦。クリフトにバイキルトを唱えた以外はまったく呪文を使わず、5ターンで突破。
 第三形態。デスピサロがザキを使ってくるので早く突破したい。ガンガンいこうぜ解禁。ザキでミネアが死んだり、甘い息でブライ以外眠ってしまったりしたが5ターンで突破。
 第四形態。開始時点でミネアが眠っていたのでフバーハが遅れる。瞑想が厄介なので早く抜けたかったがメラゾーマの通りが悪く、てこずってしまう。凍てつく波動がきてバイキルトとスクルトは消滅。フバーハのみ残った状態で7ターンで終了。
 第五形態。「いのちだいじに」にしてスクルトを唱えさせる。ブライにバイキルトを唱えて欲しいがマヒャドメインでなかなか唱えず、ミネアもバイキルトがかかっていないとバギクロスがメインになる。暫く辛抱してようやくバイキルトを唱えてくれた。スクルト1回だけでは受けるダメージも大きく、こまめに作戦を変更する。誰も死ぬことはなく6ターンで突破。
 第六形態。ここでもバッチリ学習済み。クリフト、2度目のスクルトを唱える。フバーハもかかっているので相手の攻撃もそれほど怖くない。「じゅもんせつやく」にして攻撃呪文を使わせないように進める。天罰の杖や氷の刃を駆使して5ターンで突破。
 最終形態。残りMP、クリフト63、ミネア89、マーニャ95、ブライ65。よしよし、前回とは見違えるくらいにMPが残っている! ……が、相変わらずデスピサロに先手を取られて行動を起こす前に態勢が崩れる。ミネアに天空の剣を使わせようとする前にやられてしまった。最後ブライだけ残ってもどうすることも出来ず、またもここで全滅。

 うーん、第六形態まではほぼ思い通りに戦えるけど、強烈ブレス連発の最終形態がキツすぎる。最初にマホカンタを解かないといけないのもかなり厄介。どうしたものか……。

 とりあえずザキ、メダパニ、ラリホーは効かないと学んでくれたみたいなので前編はここまで。次は最終形態攻略編ですね。すんなりいけば後編。いかなければ中編になる予定(汗)
 でも第六形態までは本当によく戦ってくれて正直オドロキ。とても感動した! さすがはクレバカ! あと一息だクレバカ! 頑張れ!

 つづく



 以下、初戦のおバカな戦いぶりを記録したオマケです。無駄に長いので気が向いたらご覧ください。ポメラ役に立ちすぎ(笑)


<おまけ・バカルテット編>

第一形態
1ターン目 「いのちだいじに」
 マ・打撃、ク・ザキ、ブ・打撃、ミ・ラリホーマ。
2ターン目
 ク・マヌーサ、ミ・クリフトにベホマ、ブ・メダパニ、マ・打撃。
3ターン目
 ブ・メダパニ、ク・マヌーサ、マ・打撃、ミ・ラリホー。
4ターン目「ガンガンいこうぜ」
 マ・メラゾーマ(有効)、ク・ザラキ、ブ・ミネアに祝福の杖、ミ・ラリホーマ。
5ターン目「みんながんばれ」
 ブ・メダパニ、マ・メラゾーマ(無効)、ミ・ラリホーマ、クリフト死亡。
6ターン目「いのちだいじに」
 ブ・ブライに祝福の杖、ミ・クリフトにザオラル(成功)、マ・メラミ(無効)
7ターン目
 ブ・ミネアに祝福の杖、ク・マーニャにベホマ、マ・賢者の石、ミ・打撃。
8ターン目「みんながんばれ」
 ク・ミネアにスカラ、ブ・メダパニ、マ・メラゾーマ(無効)、ミ・バギクロス(有効)
9ターン目
 ク・打撃、マ・メラゾーマ(有効)、ブ・マヒャド(有効)、ミ・バギクロス(無効)
10ターン目「いのちだいじに」
 ブ・ミネアにバイキルト、ク・スクルト、マ・賢者の石、ミ・打撃。
11ターン目「ガンガンいこうぜ」
 マ・メラゾーマ(有効) 第一形態終了。

第二形態
1ターン目(通算12ターン目)「ガンガンいこうぜ」
 ブ・マヒャド(無効)、マ・メラゾーマ(有効)、ミ・ラリホー、ク・ザキ。
2ターン目
 ブ・メダパニ、マ・メラゾーマ(有効)、ク・ザキ、ミ・打撃。
3ターン目
 ブ・マヒャド(有効)、マ・メラゾーマ(有効)、ク・ザキ、ミ・打撃 第二形態終了。

第三形態
1ターン目(15ターン目)
 ク・ザラキ、マ・魔封じの杖、ブ・メダパニ、ミ・ラリホー
2ターン目「みんながんばれ」
 ク・ザキ、マ・魔封じの杖、ミ・ラリホー、ブ・メダパニ
3ターン目「じゅもんせつやく」
 ブ・打撃、ク・マホトーン、マ・魔封じの杖、ミ・打撃。
4ターン目「いのちだいじに」
 ブ・クリフトに祝福の杖、ク・打撃、ミ・打撃、マ・打撃。
 デスピサロがスクルトを唱える。
5ターン目「ガンガンいこうぜ」
 ク・打撃、ブ・マヒャド(有効)、マ・メラゾーマ(有効)、ミ・打撃
 デスピサロの甘い息でクリフトとミネアが眠る。
6ターン目
 ブ・マヒャド(有効)、マ・メラゾーマ(無効)、ク・ミ・睡眠中。
7ターン目
 ブ・マヒャド(有効)、マ・メラゾーマ(有効)、ク・ミ・睡眠中
8ターン目
 ク・起きる、ブ・マヒャド(有効) 第三形態終了。

第四形態
1ターン目(23ターン目)「いのちだいじに」
 マ・賢者の石、ブ・メダパニ、ク・ザキ、ミ・起きる
2ターン目「じゅもんせつやく」
 ブ・メダパニ、ク・ザキ(こいつら作戦無視)、マ・打撃、ミ・打撃。
 デスピサロ激しい炎を吐く
3ターン目「いのちだいじに」
 ク・ベホマ、ミ・ベホマ、マ・メラミ(有効)、ブ・メダパニ
4ターン目
 マ・賢者の石、ク・打撃、ブ・打撃、ミ・フバーハ。
5ターン目「ガンガンいこうぜ」
 ク・ザラキ、マ・メラゾーマ(無効)、ブ・メダパニ、ミ・ラリホー。
6ターン目「いのちだいじに」
 マ・賢者の石、ブ・メダパニ、ク・打撃、ミ・打撃。
7ターン目「みんながんばれ」
 ブ・マヒャド(無効)、デスピサロ瞑想、ク・ザラキ、マ・メラゾーマ(無効)、ミ・ラリホー
8ターン目「じゅもんせつやく」
 デスピサロ凍てつく波動
 全員打撃攻撃
9ターン目
 全員打撃攻撃
10ターン目「いのちだいじに」
 マ・メラミ(有効)、ク・打撃、ミ・フバーハ、ブ・マーニャに祝福の杖。
11ターン目「みんながんばれ」
 ブ・マヒャド(有効)、マ・メラゾーマ(無効)、ク・打撃、ミ・バギクロス(無効)
12ターン目
 ク・打撃、マ・メラゾーマ(無効)、ミ・バギクロス(無効)、ブ・ミネアにバイキルト。
13ターン目「いのちだいじに」
 マ・賢者の石、ブ・打撃、ク・天罰の杖(有効)、ミ・打撃
 デスピサロ瞑想
14ターン目「ガンガンいこうぜ」
 ブ・マヒャド(有効)MP終了、マ・メラゾーマ(無効)、ク・打撃、ミ・打撃。
15ターン目
 マ・メラゾーマ(無効)、3人打撃。デスピサロ凍てつく波動。
16ターン目
 マ・メラゾーマ(有効)、ミ・フバーハ、ブ・打撃、ク・天罰の杖(無効)
17ターン目
 ブ・打撃、マ・メラゾーマ(有効) 第四形態終了。

第五形態
1ターン目(40ターン目)
 ブ・打撃、ク・ザラキ、ミ・ラリホーマ、マ・賢者の石。
2ターン目「いのちだいじに」
 ブ・クリフトに祝福の杖、ク・ザキ、ミ・ラリホーマ、マ・メラミ(有効)MP終了
3ターン目
 ク・ザキ、ミ・ラリホー、ブ・打撃、マ・打撃。
4ターン目
 マ・賢者の石、ブ・クリフトに祝福の杖、ク・ザキ、ミ・ラリホーマ。
5ターン目「じゅもんつかうな」
 全員打撃。クリフト死亡。
6ターン目「いのちだいじに」
 ミ・ザオラル失敗、ブ・ミネアに祝福の杖、マ・打撃。
7ターン目
 ブ・ミネアに祝福の杖、ミ・ザオラル失敗で残りMP5、マ・打撃。
8ターン目
 ブ・マーニャに祝福の杖、姉妹は打撃。
9ターン目
 マ・賢者の石、ブ・ミネアに祝福の杖、ミ・打撃。
10ターン目
 全員打撃攻撃
11ターン目
 ブ・ミネアに祝福の杖、ミ・打撃、マ・氷の刃。
12ターン目
 ブ・マーニャに祝福の杖、ミ・打撃、マ・氷の刃。
13ターン目
 ブ・ミネアに祝福の杖、マ・賢者の石、ミ・打撃。
14ターン目
 ブ・打撃、ミ・打撃、マ・氷の刃。
15ターン目
 ブ・打撃、マ・氷の刃、ミ・ミネアにベホイミでMP終了。
16ターン目
 マ・氷の刃、ブ・打撃、ミ・打撃。
17ターン目
 ブ・打撃、マ・氷の刃、ミ・打撃。
18ターン目
 ブ・ブライに祝福の杖、マ・賢者の石、ミ・打撃 第五形態終了

第六形態
1ターン目(58ターン目)
 デスピサロの攻撃でミネア死亡。ブ・マ・打撃。
2ターン目
 ブ・打撃、マ・賢者の石。
3ターン目
 デスピサロの攻撃でマーニャ死亡。ブ・打撃。
4ターン目(通算61ターン目)
 デスピサロの攻撃でブライ死亡。全滅。

 クリフト、ブライ、ミネアがいかに無駄にMPを消費しているのかが分かります。これだもの、マーニャがマトモに見えるわけだ。結構良いところで賢者の石を使ってくれているし。メラ系の効きが悪いことだけが悔やまれます。


にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

この記事へのコメント
おまけレポートがすごいです!
ポメラが役に立つこともあるでしょうが、タギーさんの地道な努力あってのことですね!

思いどおりにいかない部分もままあるのに、初戦から最終形態に辿り着けるのが驚きです。その後もコンスタントに最終形態までいっていますし。平均HPが200以下で戦えるのがすごいですね。ライアンとか、この時点で400ぐらいありそうですし。すばらしいです、クレバカ!

タギーさんのクレバーな作戦変更もお見事です(^o^)このシリーズも長いだけあって、さすが手慣れておられますね。

デスキャッスルの最後の通路はエンカウントないんですね。初めて知りました!幸せの帽子最大の見せ場だったんですね!

4はいかずちの杖の出番が遅いですよね。天罰もマグマも氷の刃も入手した後でのいかずち。しかも、隠し通路を通らないといけないという。ドラクエ2でのネームバリューのおかげで成り立っているんですかねぇ。売っても安いですよね、確か。
Posted by かえさる at 2012年01月14日 21:32
もう最後だし、どうせならおバカな戦いぶりを記録しておくか、という軽い気持ちで載せてみました。録画用の機器があれば楽に正確に出来るのですが、そんなものはないのでターンごとに記憶して早打ち……。おかげで脳トレになって私も少しはクレバーになれますかね(笑)
気力があれば決着戦も載せてみたいです。

初戦はあまりのバカっぷりに第一形態すら超えられないんじゃ……と思っていましたが、想像を超えて頑張ってくれました。
学習を済ませた彼らなら第六形態までに全滅する姿を想像できないくらい凄いです(第三形態でクリフト、ミネアと立て続けにザキを食らわない限りは)
このメンバーはこまめに作戦を変えるとそれに応えてくれるので面白いです。

デスピサロによく効く呪文はヒャド系、バギ系、デイン系なのでギラ系のいかづちの杖があそこで手に入っても殆ど使い道がないです(^^;)せめて「いかづち」の名の通り、ライデインの効果だったら喜んで取りに行くのですが(笑)
リメイク版だと最後の鍵が手に入った時点で1本取れますが、やはり使ったことはなかったです。まさにネームバリューさまさまですね。
ちなみにFCDQ4のいかづちの杖は売値15000Gみたいです。私もロクな値段じゃなかったはずと思っていたので意外でした。こうなってくると、これは換金用の杖と割り切った方が良さそうですね(笑)
船が手に入った時点で入手でき、最大32本取れてそこそこの値段(3000G台)で売れる天罰の杖がDQ4では最強の魔法武器かなと思います。
マグマの杖は攻略本にはイオラの効果となっていますが、実際はイオの効果っぽいですし。
Posted by タギー at 2012年01月15日 11:41
ターンごとに早打ち、ですよね(^-^;)
カーソル速度を一番遅くしてたら、もしかして1行ずつ止まってくれたりしますかねぇ。
でも、脳トレでクレバ化のほうがいいですね!

作戦司令のし甲斐のあるカルテットですよね。ライアンとかトルネコは作戦変更があまり関係なさそうですし(アイテムとかは使うんですかね)。

いかづちの杖(ファミコン版は「いかずち」じゃなくて「いかづち」でしたね)の売値、そんなに高かったんですね!ちょっとビックリしました!これは換金すべし、ですね(汗)。

ホントだ!マグマの杖はイオラと攻略本に書いてますね。イオですよね。

天罰の杖、ファーストプレイではなかなか勇気が出ずに交換できませんでした。はぐれメタルヘルムの20枚、っていうのが気になると、1枚たりとも使えないという小心だったので(汗)。
今となっては、メダル王と会ったら、即天罰ですよね(^-^)
Posted by かえさる at 2012年01月15日 22:13
早打ちなのとあまりクレバーではないポメラの変換機能により読み返すとかなりおかしいことになってます。「ミネアに倍着ると」とか(^^;)
仰るとおり、カーソルを一番遅くすると一行ずつ止まります。ブレスなどの効果音と文字表示のズレ具合が面白いですが、あまりに遅すぎて逆に疲れます(笑)
もしクレバーになれたら誰かとトレードして欲しいです。「呪文を使えない人はいりません」と言われそうですが、「粘土ではぐれメタルの剣を作れます」と言ったらミネアに雇ってもらえますかね??(無理)

FCのAIはわりとアイテムを使ってくれます。皆殺しの剣を使ったときは結構驚きました。
「いろいろやろうぜ」限定で使用するアイテムも多いみたいです(天空シリーズや世界樹の葉、雫など)

そうなんです、「いかづち」なんですよね。PCだと「いかづち」は「雷」に変換出来ないのですが、たった今辞書を見たら「いかずち:かみなり。『厳(いか)つ霊(ち)』の意」と載っていました。きっとFC版は古風な表現なんですね。また1つクレバーになった気分(笑)

天罰の杖はミネア好きに目覚めるまでずっと彼女の最強武器として君臨してました。ずっと馬車に入れていたので(^^;)
Posted by タギー at 2012年01月16日 08:13
バイキルト。うちのポメラでは「場生きると」でした(汗)。パソコンのほうは一発変換できるんですけどね。
クレバーになったら、パーティーに入れるんじゃないですか?(笑)クリフト(35)−マーニャ(35)−ブライ(35)−タギー(?)みたいなカルテットで(笑)。はぐれメタルの剣もぜひ装備してください(^-^) 粘土とアレとありますし(笑)。

いかづち、勉強になりました!ファミコン版のほうが、容量の都合で「づ」がカットされているかと思いましたが、大丈夫でしたね。
ご存知かどうか、ポートピア連続殺人事件で、「おこずかい」とかあるので、「づ」がカットされているのかと思っていたら、「たからづか」は表示されてて、堀井さんの誤植の疑いが・・・。
Posted by かえさる at 2012年01月16日 13:32
「場生きると」ってなんかカッコイイですね! 「倍着ると」だと着膨れしそうで微妙です(^^;)

あ!ミネアのかわりにパーティーに入れてもらえるんですね……なんか「私が外されるなんて……」と背後から斬りつけられそうで怖いですが、こっちも粘土なはぐれメタルの剣&キーホルダーなはぐれメタルの剣の二刀流で応戦したいと思います(笑)

「おこずかい」と聞いてしまうと、いかづちの杖も単なる誤植だったのではないかという疑惑が……(^^;)
Posted by タギー at 2012年01月16日 19:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。