DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2012年01月02日
(前回のあらすじ)
 回復・防御系呪文フル回転のクリフト、バイキルト唱えない&ヒャダインを覚えたのにヒャダルコを連発する困ったじいさん、ベギラゴン・超空回りのマーニャ、空気を読まずにラリホーマを連発するミネアのクレバーカルテット。アッテムト鉱山から遠路はるばる地獄の帝王エスタークのもとへやって来るもなすすべなく敗れ去り、まさかの経験値稼ぎin王家の墓で越年することになってしまったのだった……。


 というわけで、年忘れ・王家の墓経験値稼ぎ大会に臨むカルテット。とりあえずの目標はクリフトのベホマラー修得。墓の中をグルグル回り、ようやくレベル30になったと思えば肝心のベホマラーを覚えず、リセットでやり直し。そんな余計なことをさせるなんて、皆さん余程お墓が好きなんですね。
 2回目で無事ベホマラーを覚え、再びエスターク神殿へと向かいます。ようやくお正月です。

「寝正月のエスターク、あけましておめでとう。今年こそヨロシクしてやるわ! 地獄に落ちろ!」
「マーニャちゃん、その挨拶怖いんじゃが……」


エスターク戦 5回目
 並び順 クリフト(30)−ミネア(27)−マーニャ(30)−ブライ(29)
 マーニャとブライには身かわしの服を着せる。ミネアは以後ずっとMPのある状態で挑戦。
 ブライは相変わらずヒャダルコを連発。「いのちだいじに」だとブライもマーニャも打撃攻撃になってしまう点すら変わらない。学習しろ! マーニャのベギラゴンも悲しいほどに効きづらい。粘ることは粘っているのだが自動回復分を全然超えていない。最後は僧侶組のMP切れ。ミネアさんラリホーマ唱えすぎですよ。ただ印象としては起きて息を吸い込むだの吹雪だのされるよりは寝ていてもらった方が良い気もする。クリフトもちゃんとベホマラーを唱えてくれるし。

 運が良ければ勝てそうとか、そういう気配は今のところまったくナシ。


 現在レベル29のブライ。レベル30になってもっとオトナなブライになればバイキルトを使うかも! という根拠の無い願望を抱き、再び王家の墓へ潜る。
 さて、レベル30になったブライに心境の変化はあったのか?

クリフト L31 H177 M119
ミネア  L28 H150 M121
マーニャ L31 H152 M177
ブライ  L30 H138 M161


エスターク戦 6回目
 今回はベギラゴンの通りが若干良く、数ターンの間今までよりも多くのダメージを与えられた。そしてついにブライがミネアにバイキルトを唱える! 来たー! という喜びも束の間、よりによって息を吸い込んでいたエスタークをラリホーマで眠らせたミネア。次のターン、パーティー全体に冷たく輝く息ばりの強烈攻撃炸裂でブライだけが生き残るというおバカ展開。あっという間に全滅。ミネア……。
 で、でも、バイキルトを唱えただけでも収穫だ! そう思うことにしよう。

 7戦目の前にミネアがレベルアップ。29になりフバーハを覚える。無いよりはあった方が良いけど、勝利の決め手にはならないと思われる。


エスターク戦 7回目
 ベギラゴンは全然効かず、バイキルトも使わない以前の展開に逆戻り。みんなのHPも随分と伸びてきたので粘ることは粘るけれど、ベギラゴンが効かない状況では自動回復分を超えるのは無理。またも僧侶組のMPが切れて万事休す。
 どうも相手にある程度ダメージを与えた状況でなければバイキルトを使わないようだ。前回使ったのはベギラゴンがよく通っていたからなのかもしれない。ギラ系よりメラ系の方が効きが良いみたいだし、そうなるとやはりメラゾーマの出番か。現在マーニャのレベルは32。次のレベルアップで覚えるので素直にメラゾーマを待つことに。


 またもや王家の墓で修行。ブライはメダパニを覚えて以来得意気になって唱えます。出来ればヒャダインを唱えて欲しいのですが。そしてマーニャ、レベル33になったのにメラゾーマ覚えず。はいはい、リセットリセット。すんなり覚えてくれませんかね。2回目で修得。
 でもって、ついでにブライもレベル32になりマヒャドを覚えました。さすがにここまで来れば勝てると思うのですが果たして?!


エスターク戦 8回目
 クリフト(32)−ミネア(30)−マーニャ(33)−ブライ(32)
 今度は素直にマヒャドを連発するブライ。もしかしてヒャダインのこと嫌いなのか?
「全体攻撃のヒャダインはわしの腰までよう冷やすんじゃよ……」
 マーニャもメラゾーマを連発。ベギラゴンに比べれば遥かに通りがよく、2人で300近いダメージを与える。これはスゴい!
 良いことは続くもので、今回はミネアのラリホーマも良い具合に決まる(眠らせた後すぐに起きると相手の攻撃が来ない。このパターンが続くと最強)
 数ターンたった時点でブライがミネアにバイキルトを唱える。やはりダメージが蓄積しないとバイキルトは唱えないようだ。ミネアもダメージが蓄積した相手にはラリホーマを唱えなくなるのでひたすら打撃。与えるダメージは130〜140程度。クリフトはスクルトや回復呪文に専念。
 凍てつく波動後もバイキルトやスクルトをかけ直すクレバーっぷり。マーニャが一度瀕死状態になったが、それ以外のピンチはほぼ皆無。誰も抜けることなく、全員のMPが100以上残るという、今までの苦労が嘘のような完璧な戦いぶりを発揮して見事勝利。

 戦闘後クリフトのレベルが上がり33になったがザオリクは覚えなかった。皆さん物覚え悪いですよ。


 やはりこのパーティーではエスターク戦でのメラゾーマは必需品という感じです。運良くベギラゴンが通り続ければ或いは……とも思いますが、バルザック戦と違って長いダンジョンを通らないといけないので試す気が起きませんでした。ベギラゴン、ただでさえ影が薄い呪文なのに、こういうときに効かずにどうするんですか……。
「いや、マヒャドフライやブリザードマンの団体を相手にするには活躍するわよ」


クリフト 初戦のザキ連発以外はスクルトに回復に大活躍。縁の下の力持ち。

ブライ おバカその1。決着戦こそマヒャドにバイキルトに大活躍だったがそれまでが酷すぎた。反省してください。

マーニャ ベギラゴンの効かなさに泣いた。メラゾーマ修得後の活躍はさすが。不運だったけど行動自体はそれほど問題なし。

ミネア おバカその2。決着戦こそラリホーマが功を奏し強烈打撃が炸裂だったが、それ以前の息を吸い込んだエスタークを眠らせるラリホーマは最悪。空気を読んでください。


 やっとの思いで地獄の帝王エスタークを倒したクレバーカルテット。帰り道でガスの噴き出る壷を手に入れ、そのまま地上へと戻りました。恒例のお告げやら占いやらでガスの壷をリバーサイドの町の道具屋へと持って行き、4人は空飛ぶ乗り物・気球を手に入れたのです……が、そのときクリフトの顔が一瞬青ざめたことには誰も気が付かなかったのでした。

 つづく


なまえLvHPMPそうび
クリフト331931281401658559奇跡の剣 はぐれメタル鎧 鉄の盾 鉄兜
ブライ32156170688688108魔封じの杖 安らぎのローブ うろこの盾
皮の帽子
マーニャ3316619284948499マグマの杖 ピンクのレオタード 金の髪飾り
ミネア301591311961506259はぐれメタルの剣 はぐれメタル鎧 鉄の盾
金の髪飾り

<携帯閲覧用>
クリフト LV33 H193 M128 攻140 守165 早85 賢59
E奇跡の剣 Eはぐれメタル鎧 E鉄の盾 E鉄兜
ブライ LV32 H156 M170 攻68 守86 早88 賢108
E魔封じの杖 E安らぎのローブ Eうろこの盾 E皮の帽子
マーニャ LV33 H166 M192 攻84 守94 早84 賢99
Eマグマの杖 Eピンクのレオタード E金の髪飾り
ミネア LV30 H159 M131 攻196 守150 早62 賢59
Eはぐれメタルの剣 Eはぐれメタル鎧 E鉄の盾 E金の髪飾り

ミネアのHP最下位が見えてきました。ミネアが伸びていないというより他のメンバーの伸びが良いという印象。ブライが1度に10以上伸びたりするし、まだまだお若いですね。

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

この記事へのコメント
さりげなくクリフトの高所恐怖症を演出しているのがいいですね(笑)。

ブライは前山田健一氏がお嫌いなようで。。。

第8戦が、やたらクレバー!(笑)
真面目に行動してくれれば、途端に楽勝だったりしますよね(^-^;)AIの難しくもおもしろいところですね!

いくら接戦でも白熱戦でも粘り続けても、自動回復を上回らなければ絶対に勝てない、っていう不条理がありますよね(汗)。
自動回復って、毎ターン必ず100回復してるんですかね?例えば、1ターン目に150与えて、2ターン目に50与えた場合、エスタークは完全に回復してしまう感じですか?
Posted by かえさる at 2012年01月03日 15:38
クリフトの高所恐怖症ネタはこの後ちょこっと出てくる予定です♪

確かに「ブライ(マーニャに)勝ち目などありゃしねえ」と言われてしまっているので好きじゃないかもしれないですね(笑)同様に「最後薬草代わり」なミネアも嫌ってそうです。
ちなみに個人的にトルネコの歌が絵込みでツボでした!

この4人はクレバカの名前にピッタリ…クレバーとバカが同居して困ります。決めるときは美しく決めるんですけどねー(^^;)

自動回復は正確に計ったことはありませんが、多分毎ターン100ずつ回復しているのだと思います。1ターン目150、2ターン目50だと恐らく完全回復しちゃいますね。
回復分を超えるダメージを順調に与え続けていると突然行動が的確になってくる(特にブライとミネア)ので結構面白いです。
最初から的確な行動をするように仕向けることが出来るのか追究してみるのも面白いかもしれません。現状全然できていませんが(^^;)
Posted by タギー at 2012年01月03日 22:26
確かに!薬草代わり呼ばわりされてるミネアもヒャダイン嫌いかも(笑)。
そうすると、坊や呼ばわりされてるクリフトは、マーニャを嫌うのかヒャダインを嫌うのか?(笑)。
トルネコの歌、いろいろおもしろいですが、ネネの商売がアッサラームな件に笑いが(笑)。

話題が通じてよかったです(^-^)
Posted by かえさる at 2012年01月04日 14:24
前山田さんという名前は知らなかったのですが、ヒャダイン氏のことはその道のプロの人と言う点も含めて知っていたのでピンときました!

マーニャは何を言っても許されそうなイメージなので(笑)、マーニャはセーフかなと思います。
「恨むんならアッチのボウヤ(ヒャダイン氏)を恨むのね」で一蹴ですかね??

ネネさんは凄いです。その手腕もさることながら、夫から愛妻弁当を売りに出しとけと言われて表情を輝かせながら張り切るなんて人間が出来すぎてますね。脱帽です(笑)
Posted by タギー at 2012年01月04日 19:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。