DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2011年12月18日
 18回に及ぶ戦いの末、ブライがバイキルトの呪文を思い出し、ようやくバルザックから勝ちを拾ったバカルテt……じゃなかった、クレバーカルテット。
 ついに父の仇を討ち取って晴れやかな表情を見せるマーニャとミネア。それに対し、サントハイムを解放してもいまだ城の皆が戻らぬクリフトとブライの表情は晴れません。
 そんな2人を案じて心優しき姉妹は提案します。
「あのさ、空の上に行こっか?」
「天空にいるという竜の神に会えば、サントハイムの皆さんの行方も分かるかもしれません」
「マーニャさん、ミネアさん……」
「ほらっ、サランの町の立て札に書いてあったじゃん『天空セットを集めた方先着4名に天空へご招待。詳しくはスタンシアラ城まで!』ってさ」
「……へ? はて、そんなこと書いてあったかのう、クリフトや」
「なんか違ったような気もいたしますが」
「そうだっけ? あたし、サントハイム語の読み書き苦手だからねー」
「……(苦手なくせによくそうやって出鱈目なこと言えるわね)」
「ま、とにかくスタンシアラに行ってみましょ。行けば何かしら分かるでしょ」
 というわけで、一行は北の海に浮かぶ島国・スタンシアラへと向かうことになりました。

 さて、スタンシアラへやって来た4人はよく分からないまま城へと入り、先頭ミネアのまま国王に謁見することとなりました。

思いつく限りの冗談……
(字が読みづらいときは画像クリックすると拡大します)

強敵

 これは恐るべしスタンシアラ王! おそらく自分らでは100回戦っても彼には勝てないだろうと瞬時に悟った4人は、さっさとお笑い芸人パノンをスカウトしてスタンシアラ王を倒してもらいました。景品は天空の兜です。
 天空セットを揃えれば天空へ行けるのは確からしいですが、スタンシアラには兜しかない模様。でしたらもうここに用はありません。4人はさっさと城を出て、次の地へと向かいました。

   ◇◇◇

 さあ、前置きはここまでだ! いよいよ今回の本題。ガーデンブルグ攻略編です。
 ガーデンブルグに行く前にバトランドへ寄り、宝物庫のお宝だけ頂きました。ガーデンブルグに着いてからは速攻で台所の壷の中の小さなメダルと女王様の衣装部屋のすばやさの種を盗みます。その後別件で窃盗(未遂)の現行犯逮捕。もうこれは素直に服役するしかないと覚悟を決めたところ、女王様がチャンスをくれました。
「ブロンズの十字架を盗んだ犯人を見つけてくれば、小さなメダルとすばやさの種窃盗の件はなかったことにしてあげます。その代わり犯人を見つけるまではあなた方の馬車の中に入っているつづらのうち1つを預からせていただきます」
 ……女王様、ソレ、つづらじゃなくて棺桶です。
 さて、今回は棺桶人質OKなのでトルネコつづらを牢屋に入れておきます。

 洞窟攻略の前に「はぐれメタル鎧」を1着購入。ミネアに装備させます。天罰の杖ももう1本手に入れ、こちらはクリフトに持たせます。全員レベル1ずつ上昇しましたが、マーニャは23でイオラを覚えませんでした。残念。
 それではガーデンブルグ南東の洞窟に行ってみます。並びとレベル、ミネア(21)−マーニャ(23)−クリフト(22)−ブライ(21) マーニャが2番目なのはただ単にジプシーダンスを聴きたいから。


ガーデンブルグ南東の洞窟 1回目
 広いけれどエンカウント率は低めのこの洞窟、とりあえずお宝は無視して目的地へまっしぐら。ここでの難敵、マンルースターの協力強力火炎攻撃でマーニャがやられ、ベレスのベギラマ連発の前にブライが屈するも、いずれもザオラル一発蘇生。戦闘は戦ったり逃げたり。結構回復しなければならない場面も多く、回復組のMPが心配。だってこの2人、ボス戦でもザキとラリホーでMP浪費するし……。
 クリフトもミネアも残りMP50台でバコタの元へ到着。さあ、これから楽しい楽しいザキ&ラリホータイムが始まるヨ!

 バコタ戦は「みんながんばれ」スタート。予想に違わず、暫くはザキ&ラリホーマ連発の2人。はいはい、せいぜい頑張って唱えててちょうだい。でもマーニャがイオを唱えるのは解せない。単体の敵に何故イオ? 「ガンガンいこうぜ」でもイオ……。ブライは無難にヒャダルコを唱えるが、効いたり効かなかったり。
 そんなことをしているうちにバコタがスクルトを唱えるも、ここはマーニャが即座にルカニ。クリフトもすかさずマホトーンでバコタの呪文を封じ込める。この辺はお見事。でもその後はもう暫くザキラリホーのターン。
 バコタの力ため攻撃がマーニャを直撃して死亡。ミネアすかさずザオラルで蘇生。しかしながら回復組の残りMPは10台。ザキとラリホー唱えすぎですよ。
 ここにきて「ヤツの力ため攻撃は危険」と察知したのか、マーニャにスカラ+スクルトをかけるクリフト。やれば出来るじゃないか! マーニャ優遇なのは温かく見守ることにする。ヒャダルコ一辺倒だったブライもここでようやくクリフトにバイキルトを使う。一方ミネアはバギを連発。あの、確か天罰の杖を持たせていたと思うんですけど……。ブライ、次のターンにはミネアにもバイキルトをかけるが、ミネアが攻撃を繰り出す前にクリフトの打撃で戦闘終了。

クリフト 相変わらずのザキ。マホトーン、スカラ、スクルトはよくやった!
ブライ 影が薄いのはまともな行動をとっていた証。もう少し早くバイキルトを使ってくれていたら文句なしだった。
マーニャ 暫くイオを連発していたがその後はメラミに修正。安心と信頼のマーニャ。
ミネア ラリホー魔。ザオラルは助かりましたがバギじゃなくて天罰の杖を使ってください。

 今回もまたクレバーさとおバカさが同居する戦闘となった。1発勝利のときはこんなものかも。


 クリフトとミネアのMPがカスカスなのでお宝回収は後回しにして一旦退却。無罪放免になったうえ、あらゆる場所に侵入できる最後の鍵と天空の盾を手に入れました。ついでにトルネコつづらも返却。別にそのままでも良かったのですが……。
 窃盗を見逃してもらった直後に懲りずに炎の爪を頂いた一行はそそくさとガーデンブルグ城を後にしたのでした。

「さて、次はどこに行くかのう……」
「次にどこに行くかって……決まっているわ。滝の流れる洞窟にね!」
「ミ、ミネアさんの目の色が、変わった」
 というわけで、次は海鳴りの祠をすっ飛ばして滝の流れる洞窟に行くそうです。
「だからぁ、そんな石握り締めてたらお肌が干からびちゃうってばー」

 つづく


なまえLvHPMPそうび
クリフト2311987135925245奇跡の剣 魔法の法衣 鉄の盾 鉄兜
ブライ229512436715878毒蛾のナイフ 安らぎのローブ 鱗の盾 皮の帽子
マーニャ2310411241775077毒蛾のナイフ ピンクのレオタード 金の髪飾り
ミネア21117911071394035マグマの杖 はぐれメタル鎧 鉄の盾 金の髪飾り


<携帯閲覧用>
クリフト LV23 H119 M87 攻135 守92 早52 賢45
E奇跡の剣 E魔法の法衣 E鉄の盾 E鉄兜
ブライ LV22 H95 M124 攻36 守71 早58 賢78
E毒蛾のナイフ E安らぎのローブ Eうろこの盾 E皮の帽子
マーニャ LV23 H104 M112 攻41 守77 早50 賢77
E毒蛾のナイフ Eピンクのレオタード E金の髪飾り
ミネア LV21 H117 M91 攻107 守139 早40 賢35
Eマグマの杖 Eはぐれメタル鎧 E鉄の盾 E金の髪飾り

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

この記事へのコメント
客喰う柿!恐ろしい!っていうか、おもしろい!
それでもびくともしないスタンシアラ王がさすがです。ミネアの「くわっ」っていう表情が好きです。

別件で逮捕されて、本件を見逃してくれるっていう、絶妙のガーデンブルグ采配!服役覚悟なのに、要らないつづらを質草にするだけで勘弁してくれるという寛大さ。この国の法律が素敵です。

あれ?ミネアが先頭なだけではジプシーダンスは聞けないんでしたっけ?

バコタ成敗お疲れ様です。
バルザックの後のバコタは、クレバーじゃなくても十分でしたね(笑)。

次は滝の流れる洞窟ですね!地下4階が楽しみです!と思って、公式ガイドブックを見たら、地下4階は載っていないんですね。ある意味、隠しダンジョン?
Posted by かえさる at 2011年12月19日 12:40
「くわっ」なミネアはちょっと頑張って描いてみました!
密かにスタンシアラ王も頑張りました(笑)

今回は三部作のように物語を意識せず、ネタとして好き勝手に書いているのでところどころおかしなことになってます(^^;)でも結構楽しいです♪

ジプシーダンスは前2人を姉妹にしないと聴けないので普通にプレーしたら5章は仲間になりたての頃しか聴く機会がなさそうです。今回もそろそろ終わりかもしれません。

バコタは自動回復がない分戦いやすい相手でした。でも、ボス級との戦いを重ねれば重ねるほど「この人たちは本当にクレバーなのだろうか」と疑わしくなってしまいます(^^;)

そうなんです、何故か地下4階が伏せてあるんですよね。一本道なので隠すほどの大したフロアでもないんですが。
同じくラストが単純なつくりの女神像の洞窟も載ってないんですよね。「最後は凄いのかも!?」と錯覚させるための作戦なのか、単にページの都合なのか(笑)
Posted by タギー at 2011年12月19日 23:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。