DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2011年06月13日
三人旅三部作が終わってもぬけの殻かと思いきや、実は前々からやってみたいものがあったので、それをやります。

同じゲームのプレー記6回目とか、マンネリもいいところかもしれませんが、好きなので仕方ないのです(^^;)
物語っぽいものは今回は付けません。アレは三部作限定ということで、今回はプレー記録にちょっとした小ネタをはさむ程度になる予定。

さて、そんな今回のメンツは小ネタに事欠きそうにない以下の方々です。

   ◆◆◆

「ブライ様大変です! わたくしたち、姫様を差し置いて旅に出ることになってしまいました!」
「な、なんと?! それは、わしとおぬしの2人旅ということか? つまらぬ……実につまらぬ! 何を好き好んで男2人旅などせねばならぬのじゃ!」
「違います! 2人旅ではありません。そもそもわたくしたちだけで自動回復持ちのボスを倒せると思いますか? ザキが決まれば倒せますが……そ、それはともかく、2人ではなく4人です!」
「4人……まさかとは思うが、わし、おぬし、ライアン、トルネコとかいうムサい旅じゃなかろうな?」
「……あたしとしては、そうしてもらった方が良かったんだけどね。まったく、オジサンの次はおじいちゃんと一緒に旅とか、どういうことよ」
「ちょっと姉さん、そういうことは思っていても口に出しては駄目よ。それに今回はクリフトさんだっていらっしゃるのだから、この前のよりは幾分マシじゃない!」
「ふがっ!? 4人旅というのはもしや……」
「そうです。ブライ様、マーニャさん、ミネアさん、わたくしの4人旅です」
「そうかそうか。しかしなんじゃ、むしろおぬしが邪魔じゃな。わしとマーニャちゃん、ミネアちゃんの3人旅が良いのう」
「ブライ様、そんなひどい」
「ちょっと、冗談じゃないわよ! 3人旅はもう懲り懲りなんだからね!」
「そうか。残念じゃのう。それにしてもこれは血圧が上がりそうじゃわい!」
「おじいちゃん、ヨダレ出てる」

   ◆◆◆

というわけで、次回はクリフト、ブライ、マーニャ、ミネアによる呪文スペシャリスト4人旅です。
勇者&ライアンでは味わえなかった作戦をこまめに変える楽しみを堪能したいと思います。
心強い打撃系がいない今回、果たしてどんな戦いになるんだろう??

登場人物紹介

神官クリフト
回復・蘇生のエキスパート。
そこそこのHPとそこそこの攻撃力も持ち合わせ大活躍!(の予定)
途中から死神を飼いだす。愛剣は奇跡の剣。
生かすも殺すもクリフト次第?
ザラキー魔

魔法使いブライ
パーティーの老一点。
冷やしちゃいけない神経痛持ちなのに吹雪を操るちょっと無茶なおじいちゃん。
非力だけど光速。自分にバイキルト使っちゃうよ!
愛杖はほんわか温かマグマの杖。
メダパニー魔

踊り子マーニャ
パーティーのお色気担当。
火遊び大好き、カジノも大好き、お金や男とかも好き。妹にたかるのも好き。
素早い動きと豊富な魔力で爆発炎上!
愛する武器は磨き抜かれた己の肉体だそうです。
メラゾー魔

占い師ミネア
なんでもそこそここなす器用(貧乏)な人。
虚弱体質なのに力持ち。ちょっとのろま。
木の実と種と薄暗くてじめじめ洞窟に佇むのが大好き。
愛犬ペスタ。愛剣はぐれメタルの剣。水晶球は身体の一部(かもしれない)。
ラリホー魔

   ◆◆◆

「で、タイトルは何なのさ」
「ええとですね、今回は賢さの高い4人の旅というわけで『クレバー・カルテット』なのだそうです」
「うむ、そのまんまじゃが、悪くはないのう」
「これ、略すと『クレバカ』じゃない。『賢い4人組』のはずなのに略すと馬鹿が付くなんて凄いわ! 面白いですね!」
「ど、どの辺が凄いんじゃろか??」
「或いは『くれ、馬鹿』って罵声を浴びせるタカリっぽいですよね。随分感じ悪いですよね〜。ははは」
「……あんたたち、ソレのどこがどう面白いわけ?!」

クレバー・カルテット


ちなみにいつ始めるかはまだ決めてません。そのうち。

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

この記事へのコメント
おおー!!
前作が終わったばかりで、読者として燃え尽きていましたが、早くも次回作予告ですね!!

クレバカ、楽しくなりそうですね。
ピサロナイトとエビルプリーストが怖いですが、こまめな作戦でなんのその!ってなったらいいですね(^o^;)

ザラキー魔、メダパニー魔、メラゾー魔、ラリホー魔のマ法使いたち。このパーティ、強いのか弱いのか。

今後も楽しませていただきますm(_ _)m
Posted by かえさる at 2011年06月13日 21:10
懲りずにまたやることになりました(笑)

そうなんですよね、呪文を封じてくるor跳ね返してくる敵が厄介です。
デスピサロの最終形態も誰に天空の剣を使わせるべきなのか、実は今から悩んでいます(早っ)

ザコ敵は爽快に蹴散らしてくれそうなので心配ないですが、ボス戦で真価が問われるパーティーですね。そのクレバーさを見せつけて欲しいところです!

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします!
Posted by タギー at 2011年06月14日 08:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。