DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2011年05月03日
「皆さん、ちょっとお待ちください!!」

 天空への塔を探すべく、新たな目的地を定めたユンケル、ライアン、ルーシアにパノンはそう言い放った。
「パノン、どうしたんだい? そんな真面目な顔をして」
「ユンケルさん、あなたは大事なことをお忘れです!」
 そう言われるも、ユンケルには言葉の意味がよく分からなかった。
「ユンケルさん……あなたは……あなたは」
 ライアンとルーシアも思わずパノンを凝視する。

「あなたはまだ、天空の兜を、かぶっとりませんっっ!!!」

 4人の間に一瞬沈黙が流れた後、ユンケルは目をまん丸にさせた。
「あー!! そ、そういえば、そうだった……」
「そういえばすっかり忘れていましたが、パノン殿はスタンシアラ王を笑わせるべく、我々と共にしていたんでしたな」
「パノンさん、今のさり気ないギャグ、素晴らしい響きですわ!」
「す……素晴らしいですかっ!? ルーシアさん、ワタシと結婚しましょうか?」
「うふふ、それは構いませんが……」
「ええっ?! 構わない? 結婚してもけっこん(結構)なのですかっ?!」
「ただ、人間であるパノンさんと天空人のわたしが結婚したら多分天から雷が落ちますよ。パノンさんにだけ。そうしたら血痕が出来るかもしれませんわね。それでもよろしいですか?」
「いいっ?! 結婚後に血痕?! 雷落ちたら、ひサンダー(悲惨だー)! 遠慮しときますデス」
「うふふ、それは残念ですわ」
 ルーシアの言葉は、どこまでが本気なのだろうか……。
 2人のやりとりをユンケルとライアンは唖然として見ていたが、そんな彼らをよそにパノンはいつものにこやかな表情に戻り、軽やかに気球へと乗り込んだ。

   ◆◆◆

 まずはエンドールに行き支度を整えてから、ルーシアの戦いぶりを見るべくエンドールからスタンシアラまで船で向かってみた。ライアン−勇者−ルーシアの3人パーティー。
 ルーシアはルカナンがお好きなようで結構頻繁に使用。普通の打撃攻撃を時々。ルカナン後の攻撃なのでそこそこ効果がある。
 今回はマヌーサは使わず。海の敵はもはや雑魚なのでベホマを使う機会もなし。

 さて、いよいよスタンシアラに到着ですよ!

   ◆◆◆

 一行はスタンシアラ城に到着し、御触れを出している国王と相対した。
 果たしてパノンはこの国王を笑わせることが出来るのか……今までパノンの数々の微妙なギャグを目の当たりににしてきたユンケルはかなり不安だった。ルーシアはワクワクしながら、ライアンは固唾を飲んで、パノンを見守った。

「ほう、旅芸人のパノンと申すか。さあ、このわしを笑わせてみよ」
 ユンケルの鼓動が早まった。いったいパノンはどうやって国王を笑わせるつもりなのか、もし失敗すれば天空の兜は手に入らない。手に入らなければ、天空へは行けない。

「国王様、ワタクシはこれまで様々な地をまわり、人々を笑わせてきました。しかしある時、ワタクシは知ったのです。人々を笑わせることが出来るのは、ギャグを言ってから一時のみ。
 それは何故か……それは、今の世界が心から笑えるような状態ではないからです。人々は常に凶暴化した魔物に怯え、地獄の帝王に怯えながら暮らしているのです。
 こんな暗い世の中、一時の笑いを呼び起こすことも大切なことでしょう。しかし、本当に必要なのは心から笑えるような世の中にすることだと思うのです。
 今この場にワタクシを導いてくれた後ろの者たちには、忍び寄る魔物たちの影を払拭し、皆を心から笑わせることが出来る可能性を秘めています。ワタクシは暫くの間この者たちと共にし、地獄の帝王エスタークが斃れる様を見てきました。そして今、進化の秘法を用いこの世に誕生しようとしている第二のエスタークを封じる為、この者たちは天空へ行こうとしているのです。
 ですから王様、どうかこの者たちに天空の兜をお与えください。この者たちだったらきっと、皆が心から笑える世界へと導いてくれることでしょう。それは長きに渡って彼らと同行したワタクシが、この命を賭けて保証いたします」
 パノンは跪き、深々とこうべを垂れた。

 スタンシアラ王も、ユンケルも、ライアンも、ルーシアも、ただただパノンの話を聞き入った。
「むむむ……天晴れじゃ! パノンとやら、よくぞこのわしの心を見抜いた! わしはこんな暗い世の中、芸人でも呼び集めれば少しは明るくなるかと思い、この御触れを出した。しかし、人々が心から笑えるようにするにはそれだけではダメだということは薄々感じておった。
 相分かった! わしはこの者たちに天空の兜を託し、その行く末を見守ることにしよう。さあ、持って行くが良い」
 ユンケルは国王が差し出した天空の兜を手に取り、跪いた。
「ありがとうございます。僕たちは必ずや天空へ上り、皆が心から笑える世界にしたいと思います」
 ユンケルの瞳には涙が光っていた。
「パノン殿、本当に素晴らしい……見事なぎゃぐでしたぞ!」
 ライアンは髭に隠れた唇を噛み締めながら涙を堪えた。
「いやだライアンさん、今のはギャグではありませんわ。それにしてもパノンさん、ステキです……ぽっ」
 ルーシアもキラキラと瞳を輝かせた。

 パノンはきっと、いつものあのつかみ所のない言動の裏で絶えず頭を回転させていたんだ。周りの雰囲気、状況を見極めて、絶えず機転を利かせていたんだ。
 それこそが、伝説の旅芸人の、伝説たる所以だったんだ!

   ◇◇◇

「さてさて、これでワタシの役目も終わりですネ。とても寂しいですが、これでお別れです」
「パノン……この先も一緒にいることは無理なのか?」
「ははは、ワタシに戦いは不向き。この先ご一緒しても足手まといになるだけです。ならばワタシは自分に出来ることをいたしましょう。たとえ一時の笑いでも、ときに人を元気にすることも出来ます。笑いは良質の薬と同じ。それも旅で学んだことなんですヨ」
「そうか……わかった。パノン、今までどうもありがとう。どうか元気でね」
「旅先でのぎゃぐの成功を祈っておりますぞ」
「せっかく良いお友達になれたのに残念ですわ。またどこかでお会いしましょうね!」
 パノンは3人と順々に握手を交わした。
「皆さんなら絶対、世界中のみんなが心から笑える日をもたらしてくれると信じていますヨ!
 ワタシは気ままな旅芸人。ワタシにシアターはいりません。人が集まればそこが舞台! ワタシも旅先から皆さんのご無事を祈っています。それではごきげんよう!」
 そう言うと懐からキメラの翼を1枚取り出し、天に放ったのだった。

   ◇◇◇

 こうしてパノンは旅立っていった。
「パノンとは随分長い間一緒だったから、寂しくなるな」
 ユンケルは呟き、視線を落とした。
 視線の先に1枚の布切れがあるのを見つけて、手を伸ばす。それには滲んだ文字で何か書かれていた。


 ワタシ、新しい旅先でユンケルさんとの旅の話をしようと思うのです。
 様々な武勇伝を語って、で、最後はこうシメるんですよ

 これが勇者の雄姿や!!

 ってね!
 そんなワタシをどこかで見かけたら、盛大にツッコミを入れてくださいネ。
 その日が来るまで、しばしの間、サヨウナラ。

 パノン


「さあ、浅瀬に囲まれたあの場所へ行こう!」
 ユンケルは高らかに宣言し、布切れをそっと懐に忍ばせた。


なまえLvHPMPそうび
ゆんける3323516423619173奇跡の剣 天空の鎧 天空の盾 天空の兜
ライアン32320028018225はぐれメタル剣 はぐれメタル鎧 風神の盾 鉄仮面
ルーシア156180958180理力の杖 水の羽衣

<携帯閲覧用>
ゆんける LV33 H235 M164 攻236 守191 早73
奇跡の剣 天空の鎧 天空の盾 天空の兜
ライアン LV32 H320 M0 攻280 守182 早25
はぐれメタルの剣 はぐれメタル鎧 風神の盾 鉄仮面
ルーシア LV? H156 M180 攻95 守81 早80
理力の杖 水の羽衣

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

この記事へのコメント
パノンの勇姿、しかと見届けました!
ゲームにはない、補完された台詞回し、お見事です!
ライアンが、いまだにぎゃぐが何なのかをわかっていないところに笑ってしまいました。

ルーシアと結婚したらマスタードラゴンにサンダーされてしまうんですよね。残念、パノン!
Posted by かえさる at 2011年05月03日 12:48
パノンとは長い間一緒だったのでつい最後に力が入ってしまいました。プレー中も別れるときはちょっと寂しかったです。

ライアンは意外とボケの才能があるのかもしれません(笑)

ルーシアがFCとリメイクで随分イメージが違うのでどういう風にしようかと思っていたのですが、こういう風になってしまいました(^^;)
出番が天空城までなのが寂しいです。今回初めての女性キャラなのに……。
ドランとじゃ会話になりませんよね(汗)
Posted by タギー at 2011年05月03日 20:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。