DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2011年04月20日
 変化の杖を手に入れてそのまま魔神像へと突入。ブリザードマン多発地帯ですよ。さてどうなることか?

魔神像 1回目
 1階の奥のフロアで勇者がレベルアップ。ベホマを覚えた。これは心強い! でもまだザオラルが来てないな。パノンはおろか、ライアンすらも死にやすいので早く覚えて欲しいところ。クリフト、ミネアはレベル20そこそこで覚えるけど、勇者は結構遅い。
 2階でブリザードマン×3という恐怖の団体に遭遇。先手を取られザラキで勇者とパノンがやられる。ライアンだけ残ってもダメクサいと思いながら戦闘続行。なおもザキを連発され、最後はライアンも食らってしまって全滅。ブリザードマン最悪。


魔神像 2回目
 今回はブリザードマンに遭遇することなく右手のフロアまで到着(魔神の金槌は今回無視)。ここでブリザードマン×4と遭遇。えええー? 一度に3匹は見たことあったけど、4匹同時に出ることがあるのか?? ブリザードマン4匹が並ぶ姿は脅威。背筋が凍りつきそう。
 とりあえず勇者は天空の盾を使っておいた。ザラキを跳ね返して自滅させたときは思わずニヤリ。この戦闘では被害が出ることなく無事勝利。
 ところがまたもやブリザードマン×4と戦闘。なんという嫌がらせ! 今回も天空の盾作戦でいったが相手も学習しているのか(?)ザラキは使わずザキばかり使ってきてライアンに炸裂。それでも「勇者は絶対呪文を食らわない」というのは物凄い安心感がある。確実に仕留めていって勝利。棺桶ライアンを引きずったまま頭頂部まで行き魔神像作動!
 魔神像は無事クリア。

 ただ、ここに限っては「家に着くまでが遠足」じゃないけど「デスパレスに着くまでが魔神像攻略」って感じなので、回復を怠らないようにしてフィールドを進む。道中森が多いのでエンカウント率高め。いくら10Gで蘇生できるとはいえ、ここまで来たらパノン生存のままデスパレスに着きたいところ。相手によって逃げる戦うを選びながら何とか切り抜け、勇者、パノン生存のままデスパレス到着。イベントを進める前にエンドールへ戻ってライアンを蘇生させた。

   ◆◆◆

 変化の杖を手に入れた一行は魔物たちの根城を目指すべく、これまで訪れたことのなかった岩山に囲まれた南の島へ足を踏み入れた。
 川の最上流に位置する謎の魔神像に潜入し、さらに内陸部へと降り立つと、その先には荘厳な雰囲気に包まれた城が見えてきた。
「あれが魔物たちの城のようですな」
 3人は近くの森へと入り、魔物の姿へと変身すべく杖を振るった。全身がみるみるうちに骸骨の魔物「死神」へと変わり、その右手にはしっかりと「まどろみの剣」が握られていた。
「うわ! ワタシたち、骨になっちゃいましたヨ!」
「そういえば死神ってまどろみの剣を持っていたよね。僕たちも全員持っているから、それで死神になったのか」
「魔物たちに我々死神が憑くわけですね。ククク」
「パノン、その格好と今の笑い方、結構マッチしているね。ククク」
「ユンケル殿、パノン殿、城へ入る前に我々の仮の名前を決めておきましょうぞ。ククク」
 まさかライアンまで真似するとは思わなかった為、パノンは嬉しくなりカクカクと骸骨踊りを披露した。
「名前ですね。確かに3人揃って『死神だ』という挨拶も変ですしね。……でも急にそう言われても、なかなか思い浮かばないな」
「ユンケルさん、こういうときは即決即断です。即興で作ってしまいましょう。まずユンケルさんはパーティーの要ですから、セボーネ。背骨ってことですヨ」
「ほう、なるほど。覚えやすいし良いですな」
「ライアンさんは腰をすえてパーティーを支えるお方ですからコツバン。で、ワタシは……」
「ナンコツとかいいんじゃないかな?」
「ああ、つまり、皆さんと比べると守備力が低くて軟らかいって意味ですネ。分かります」
 パノンはいつもどおりのにこやかな表情でそう答えたが、
「いや、それもあるけどそうじゃないよ。パノンはずっと僕とライアンさんのあいだでクッションみたいな役目をしていてくれたじゃないか。軟骨ってそういう役目をする骨だろう?」
「なんと!」
 パノンは驚いた。骸骨姿なので表情は変わらなかったが。
「僕がひねくれていてライアンさんとギクシャクしていたから、あなたはいつも完璧すぎないギャグで場の空気を和ませようとしてくれていた。その気遣いに、今はすごく感謝しています」
「そうだったのか。あの数々のぎゃぐはそなたの本気ではなかったのだな。その場の雰囲気でぎゃぐを使い分ける。そなたはまことの芸人なのかもしれぬな」
「皆さん褒めすぎですヨ」
 パノンは感激して、骸骨ながらも涙が出そうになった。
(でも、今までのギャグが本気ではない、というのは少し違うのですが……)
 それは言わず、心にしまっておいた。
 それと同時に、自分はそろそろこのパーティーでの役目を終えるべき時期なのかもしれないという思いも芽生え、一抹の寂しさを感じたのだった。
「さあ、名前も決まったことですし、お城へ入りましょう」

   ◇◇◇

 魔物たちの城・デスパレスに3匹の死神が足を踏み入れた。城門のそばにいたベンガルはすぐに3匹に気付き、声をかける。
「ほう、今度は死神3名様ご来城か。お前たちも志願兵か?」
「はい、そうなんデスよ! ワタシたち、デスピサロ様のお力になりたいと思いまして、ゼヒ」
 パノン扮するナンコツがそそくさと前へ出た。
 こういうとき口の巧いパノンがいてくれるのは助かると、ユンケルとライアンは思った。
「最近多いんだよ、そういうの。こないだもやたらとムキムキで強いハンババが乗り込んできて、オレたちに片っ端から勝負を挑んできたっけ。血の気の多い野郎だったぜ。名前も変わっててな……たしか、もにょもと、だったかな?」
「おいおい、違うだろ、そんなもにょった名前じゃねーよ」
 少し離れた場所にいたアームライオンがこちらへとやって来て、ツッコミを入れる。
「モョモトだよ。あの、まれに女言葉になるオカマ疑惑のある奴だろ? 第一のスケサンに拾われていった」
「そうそいつ、モョモトだ。まあ、同じようなモンだ」
 魔物たちでもそんな他愛のない会話をするものなのかと、3人は少し微笑ましく思いつつも、黙って話を聞いていた。志願兵になって敵の中枢に近づくのも悪くはない。
「モョモトの話は置いといてと、で、お前たち3人も兵隊志願ってわけだな」
「幸か不幸か、配属先は決まったようなモンだな」
「そうだな。骨ってだけで決定だな。骨騎隊にな。幸というより、不幸かもな」
 アームライオンとベンガルはそんな話をしながら大笑いした。「こっきたい」とは、一体何だ? 3人は訳が分からず、うつろな顔を見合わせた。そんな3人の背後に、突然何かの影が現れた。後ろを向いてみると、そこにはもう1つ、うつろな顔があった。
「ゴホン。アムールさん、ベンさん。不幸とはどういうイミですか?」
 うつろな顔は羽根の付いた立派なつば広いの帽子を被り、骸骨でありながら髪まで生えていた。右手にはこれまた立派な槍を持っている。城内であるため馬にこそ乗っていないものの、正体はどうやらボーンナイトであるようだ。
「おおっと! これはこれは骨騎隊長どの、失礼いたした。お帰りでしたか」
 ベンガルがニヤニヤしながら頭を下げ、挨拶した。
「隊長どのにぴったりの志願者が来ましたよ」
 アームライオンもまたニヤニヤしながら言い、そそくさと持ち場へ帰っていった。
「うむ。死神が3匹。皆さん立派な骨格です。よろしい! たった今からあなた方は我が部隊『骨騎隊』の隊員です。光栄に思いなさい」
 隊長と呼ばれたボーンナイトは派手に人差し指を突き出し宣言した。言葉遣いこそ丁寧ではあるが、高慢な態度が見て取れる。
「わたくしの部隊は骸骨剣士、死霊の騎士、死神、ボーンナイトの部隊です。あなたがたの活躍を期待しておりますよ。フフン」
「隊長どの、早速我々を隊に加えてくださり、まこと光栄にございます。わたくしの名はコツバン、こちらはセボーネ、その隣りがナンコツ。粉骨砕身の覚悟で戦いますゆえ、どうぞ宜しくお願い致します」
 ライアン扮するコツバンが跪き、恭しく挨拶をした。王宮戦士だけあり、この手の振る舞いには慣れていた。
「うむ。よい心がけです。でもまあ、骨を粉にしすぎないようにすることです。そうそう、わたくしの名はビテーコツ。どうぞよろしく」
「ビテーコツ隊長さまですか! 素晴らしいお名前です!」
 ネーミングレベル、我々と一緒だし! しかも尾てい骨! と思いつつも、褒めることを忘れないパノン。もみ手をする手元からコツコツと骨がぶつかる音を鳴らしていた。
「素晴らしいだなんて、まあ、そんなことありますよ。それはさておき、あなたがたはここへ来たばかりなのでしょう。ならば城内をぐるりと回ってみると良いでしょう。わたくしは2階にいますから、見学が終わったら来るように。ではまた後ほど」
 ビテーコツは話を終えるとすたすたと歩いて奥の広間の方へと消えていった。
「あーあ、おまえら、死神だったばかりに不運だったな。あんな奴に引っかかっちまって」
 ベンガルはいまだ顔をニヤニヤさせていた。
「随分と変わった隊長さんデスね」
「見た感じ、それほど強そうにも思えぬが……」
「そう、あんまり強くないぜ。ただ運は良くてな。人員不足でたまたま派遣された先でたまたま大手柄をたてて、デスピサロ様に隊ごと作ってもらった運の強い奴よ。それ以来すっかり偉そうになってな、みんな良くは思ってないわな。まあ、おまえたちもさっさと凄い手柄でも立てて、余所の部隊に引き抜かれるのを待つこった。オレのオススメは第二部隊だな。あそこは隊長がえろい……じゃなかった、えらいイイ女なんだよ。ぐへへ」
 魔物基準の『いい女』と人間基準の『いい女』が同じなのかどうか若干の興味を抱きつつ、3人はベンガルと別れ、城内を回ってみることにした。

 城の中を歩きつつ、パノンはずっとユンケルの方を見ていた。あのビテーコツに会って以来、ずっと無言だっただからだ。無表情な骸骨姿ではその心情をうかがい知ることも難しかったが、いつもと少し様子が違うような気がした。
 そんなユンケルが、やっと口を開いた。
「あの隊長の声……聞き覚えがあるんだ」
「へ? そうだったんですか? どこかで会ったことがあるとか」
「うーん……会ったこと、あるのかな」
 ユンケルは下顎に手をカツンと当てて、必死に思い出そうとしていた。
 そんなとき、どこかから慌てたような声が聞こえてきた。
「おーい、大変だー! デスピサロ様が急遽戻られることになったんだ! 緊急会議を開かれるらしいぞ! 2階の会議室に集まれー」
「なんと、これは思ったよりも早く、デスピサロと接触できますな」
「2階に行ってみよう!」

   ◇◇◇

 2階の大会議室に着くと、中は既に数多くの魔物で席を埋められていた。3人はようやく開いている席を見つけて腰をかけた。
 会議開催の報を受けてからここに着くまでに、ユンケルはライアンとある約束を交わした。

『ユンケル殿、まずはデスピサロの話を聞いてみましょう。敵の根城で、魔物たちに囲まれた中で勝負を仕掛けるのは明らかに無謀。積もる思いはありましょうが、ここはじっと堪えて、まずは相手の言葉に耳を傾けるのです。敵の思惑を知り、行動すればいずれ必ず、再び相まみえるときが来ます』
『ええ、分かっています。デスピサロにはロザリーの気持ちも伝えないといけないから、ここで闇雲に斬りかかることはしません。ただ、冷静に奴の話を聞いていられるかは分かりませんが』
『話は私とパノン殿とでしっかりと聞いておきましょう』
『はい、よろしくお願いします』


 程なくして、会議室にデスピサロが現れ、演台に立った。
「諸君、よくぞ集まった」
 その姿はイムルでの夢と同じ、優男風の出で立ちだった。声も、あの時あの場所で聞いたのと、同じ声。

『デスピサロさまぁ! ゆ、勇者を! 勇者を仕留めました!!』
『うむ、よくぞでかした! 貴様には褒美を取らそう。それでは皆のもの、引き上げじゃあ!』

 ――声。

『デスピサロさまぁ! ゆ、勇者を! 勇者を仕留めました!!』
 
 !!
 思い出した! この声だ!
 あの隊長の声は、この声と一緒だったんだ!

『ただ運は良くてな。人員不足でたまたま派遣された先でたまたま大手柄をたてて、デスピサロ様に隊ごと作ってもらった運の強い奴よ』

 たまたま立てた大手柄というのは、シンシアを……。奴が、あのボーンナイトが、シンシアを手にかけた本人だったのか!
 頭にカーッと血が上り、ユンケルは顔を上げた。

 ――その瞬間、デスピサロと目が合った。
 デスピサロは無言で、きつい目つきでジッとユンケルの方を見た。

 し、しまった……この殺気を読まれてしまったのか?

 ユンケルはないはずの唾を、ないはずの喉で飲み込んだ。ないはずの心臓が激しく鳴り響いた気がした。隣りのライアンは腰に下げた剣に密かに手を添え、じっと成り行きを見守った。

 目を合わせたまま、永遠とも思えるような時間が流れた。
 これからどうなる? どうすればいい?
 頭の中にグルグルとそんな思いを巡らせた。

「――諸君、とにかくアッテムトだ。アッテムトへ急ぐように。私は一足先に向かうことにする」
 ところが、暫くの沈黙の後、デスピサロは再び何事もなかったかのように話を始めたのだ。
 そして彼はルーラの呪文を使い会議室を飛び立っていってしまった。

 助かった……。

 ユンケルはとりあえずの難を逃れ、ホッと胸をなでおろしたのだった。

   ◇◇◇

 会議でのデスピサロの指示もあり、3人は今、炭鉱の町・アッテムトへと来ていた。
 炭鉱の町とはいえ、それは既に昔の話。今ではもう毒ガスにまみれ、半ば廃墟と化した町だった。
 この町のシンボルでもある炭鉱のずっとずっと奥深くに地獄の帝王エスタークの神殿があり、あろうことかそれを人間が掘り当ててしまったというのだ。
 多くの魔物がこの町を訪れ、炭鉱へと潜っていった。エスタークをデスパレス城へ迎え入れる為に。
 そしてユンケルたちもそんな魔物たちの一員として、死神の姿で炭鉱までやって来たのだった。
「でもまさか、あの弱そうな隊長が、ユンケルさんの大切な人の命を奪った本人だったとは、オドロキです」
「すみません、僕の不注意で危うくデスピサロにばれてしまうところでした」
「いやいや、ここは素直に結果オーライと喜んでおきましょうぞ」
「そうですネ! ここはスパッと気持ちを切り替えて地獄の帝王に取り憑いて、やっつけちゃいましょう!」

 死神に姿を変えたユンケル、ライアン、パノンの3人は、帝王征伐を目指すべく、毒ガスの立ちこめるアッテムト炭鉱の中を一歩一歩進んでいくのであった。


なまえLvHPMPそうび
ゆんける2719612019618265奇跡の剣 天空の鎧 天空の盾 鉄仮面
ライアン24217023017918はぐれメタル剣 はぐれメタル鎧 風神の盾 鉄仮面
パノン8524885338まどろみの剣 身かわしの服 木の帽子

<携帯閲覧用>
ゆんける LV27 H196 M120 攻196 守182 早65
奇跡の剣 天空の鎧 天空の盾 鉄仮面
ライアン LV24 H217 M0 攻230 守179 早18
はぐれメタルの剣 はぐれメタル鎧 風神の盾 鉄仮面
パノン LV? H85 M24 攻88 守53 早38
まどろみの剣 身かわしの服 木の帽子

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

この記事へのコメント
毎回、デスパレスのイベントに笑わされてしまいます。モョモトと、ここで繋がってるんですね(笑)。ということは、第二部隊の体調はミネア隊長?

まどろみの剣を持ってたから死神になったり、ガイコツになってからの3人のやりとりがおもしろかったり、あちらこちらで笑ってしまいました。
ナンコツのギャグはちゃんと本気だった、というのも吹き出しそうになったり(笑)。

さて、シンシアの仇はボーンナイトだったとは。そして、シンシア殺しで出世しているとは。これはゆんけるは冷静ではいられませんね。

回想シーンの描き方が秀逸ですね!見習いたいです(^o^)!
Posted by かえさる at 2011年04月21日 14:03
デスパレスの場面、楽しんでいただけて何よりです! どうもありがとうございます(^▽^)
私もこの場面は毎回楽しみながら書いています(笑)

モョモトは今回限定、名前のみの登場ですが、謎の商人、謎の姉妹と登場したので、どこかでアリーナをにおわせたいと思っていました。クリフト、ブライがいませんが。

はい!第二の隊長は前回登場のキラーアーマーのミネア隊長です。
これで三大隊長が揃いました(笑)

シンシアを手にかけた者=デスパレスでの隊長役 というのだけは始める前に決めていました。当初は死神貴族の予定だったのでその辺は少し変わってしまいました。

ゲームの方も佳境に入ってきました。
まだまだ未熟ですが、いい話のネタが浮かべばいいなぁと思っています。

どうもありがとうございました!
Posted by タギー at 2011年04月21日 20:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。