DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2010年07月13日
はぁい! あたしはマーニャ。モンバーバラの売れっ子ダンサー。
なんだかさあ、あたし、暫くの間すっごく狭い場所に押し込まれていた気がするんだけど……ううん、そんなのきっと気のせいよね! うん、そうだ、気のせいさ!
そんなことよりさ、今度の冒険はあたしと妹のミネアが主役なんだって。
その名も「どんな不可能も可能にしてしまう 可能姉妹!」……かのうしまいってどこかで聞いたことがあるようなないような。
「姉さん、姉さん、ちょっと待って! その情報はちょっと古いの」
え? 古いってどういうこと?
「最初は中の人も本当に5章を私たち2人だけで進めようとしていたみたいだけど、それだと自動回復のあるボスのところで行き詰まって挫けて投げ出しそうだと思ったみたいで、打撃系の助っ人を1人つけることになったのよ」
投げ出しそう……って、意気地ない中の人だねえ。どんな敵だってこのマーニャちゃんの炎の呪文で一瞬で燃やしちゃうのに!
で、その打撃系の助っ人って誰? アリーナかな? 女の子3人旅ってのも楽しそうよね。
「そうね、楽しそうよね。でもアリーナさんは長旅を終えたばかりだから今回はお休みしてもらうんだって」
長旅? あの子、知らないうちに長旅なんてしてたんだ。そっか、それは残念ね。
じゃあライアンかしら? 無口で無愛想だけど、まあ強いし、独身貴族だし、それなりに面白い旅にはなるかもね。
「ハッハッハ! マーニャさん。本命を最後に残しておくとはさすがですなぁ」
はあ? 誰かと思えばトルネコおじさんじゃない。何しに来たの? 何、本命って?
「何しに来たのとはご挨拶ですなぁ。助っ人ですよ、助っ人。ワタシが助っ人なんですよ」
はあそうですか。……って、えええ?? 今なんと?
「ですから、ワタシが打撃系助っ人。つまり、今度はあなたとミネアさんとこのワタシの3人で胸躍る冒険をするんですよ!」
「姉さん、そういうことなのよ」
そ、そんなひどい。よりによって妻子持ちのオジサンとだなんて……全然胸なんて躍らないわよ!
「まあまあ、そう言わないでくださいな。ほら、ワタシたちかつて低レベル貧弱装備で一緒に世界樹を登った仲じゃないですか! 仲良くしましょうヨ」
「そうよ姉さん! 3人で力を合わせて頑張りましょうよ! きっと楽しい旅になるわよ」
ミネア、あんた意外と前向きよね。ううう……分かったわよ、いいわよ、3人で戦うわよ。
で、タイトル。タイトルはどうするわけ? 可能姉妹はもうボツなんでしょ。
「タイトルは、『パラディンと美人姉妹』ですよ!」
……は? 美人姉妹は分かるけど、何、パラディンって?
「ハッハッハ、いやだなあ、とぼけちゃって。ワタシのことに決まってるじゃないですか。なんせ、戦闘中に仲間をかばうことが出来るのはこのワタシだけ。まさしくパラディンじゃないですか!」
ぷっ、冗談はそのおなかだけにしてよね。オジサンは「パラディン」っていうより「腹、でんっ!」って感じじゃない。
「やだ、姉さん! それ傑作!」
「……ミ、ミネアさん。そんなひどい」
ほらミネアも大喜びしてるんだし、タイトルは「腹でん! と美人姉妹」で決まりだね。
「うう……わかりました。ワタシはあなた方の笑顔が見られるのなら、喜んで腹でん! を名乗りましょうぞ。それでこそ、ワタシは真のパラディン」
ていうか、そもそもオジサンはパラディンじゃなくて商人でしょ。
「ちなみに略称ですが、本当は『聖姉妹』にするつもりでしたがワタシがパラディンではなくなったので『腹姉妹』に変えますから」
え? なにそのセンスのかけらもない略称。
「……微妙だけど、でも一目見て誰を指しているかはよく分かるから良いんじゃないかしら」
「そうでしょう? 腹丸出しの姉、と妹。って意味ですからね」
オジサン、ムカつく……。
まあ、もういいわ。それでその「腹姉妹」てのは、いつから始まるの? それまでにメイクを整えておかないとね。
「ええと、中の人がキーボードで『謎の城』を弾けるようになってからだそうよ」
何それ、曖昧すぎるんじゃない? もっと具体的に決めなさいよね。
「でも私の占いによれば、弾けようと弾けまいと、遅くとも8月11日には始めると出ているわ」
あ、分かった。8月11日って、DQ4発売日の2月11日からちょうど半年じゃない。きっと「発売20.5周年記念!」とか吹いて始める気なんでしょ。
「多分そうよね……。分かりやすいというかなんというか」
よし、そうと決まれば、誰と組むことになってもあたしはやってやるさ!
あたしは炎の女、情熱の女。どんな不可能なことだって可能にしてみせるんだからね!
***

というわけで、4回目のプレー記ではトルネコ、マーニャ、ミネアの3人で5章を進めることにしました。前回同様キャラクター制限プレーです。
今回も 打撃系+魔法使い系+僧侶系 なのでバランスはとれていますが、トルネコの気まぐれ行動と「スクルトないけどフバーハあり、ザオリクないけどメガザルあり」のミネアの呪文(と低すぎるHP)が難易度にどう左右するのか、その点が楽しみです。マーニャとブライの比較ではマーニャの方が良さそうだけど、これも実際戦ってみないと分からないのかな?
「勇者・ゆうしゃ」の4章開始時点の冒険の書を残してあるのでそれを使って始めようと思います。本当は3章から始めるべきなのですが、最初は本気で姉妹だけの冒険を……と思っていたのでこうなってしまいました。しかもその冒険の書、3章クリアレベルが6だったような。もうちょっと上げておけば良かった。5章3人旅は船を取った時点でのスタートにします。大灯台までは勇者&ホフマンとの4人で進める予定。
開始は上記のとおり遅くても8月11日頃には、と。奇跡的な早さで「謎の城」を弾けるようになればもっと早いでしょうが……それはないと思われ。

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

この記事へのコメント
次は腹姉妹ですか(笑)。
プレー記自体が、FCドラクエ4縛りなんですね(笑)。

縛り「縛りプレイ」プレイ、また楽しみにさせていただきます。
Posted by かえさる at 2010年07月14日 07:29
このブログ自体がDQ4縛り、プレー記がさらにFC版縛りになっています(笑)。
というわけで、また次回(以降)もFCDQ4になりますがどうぞよろしくお願いします!
Posted by タギー at 2010年07月14日 19:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。