DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2010年07月06日
 いよいよ最終決戦。でもその前に。
 最初は取らないつもりでいた「バロンの角笛」をやはり取ることにした。棺桶はともかく、馬車はあれば何かと役に立つはず。

デスピサロの宮殿(デスキャッスル)において
 まずは賢者の石を取りに行く。
 土偶戦士とぶつかって戦闘。いきなりのラリホーマでアリーナが眠ってしまう。これはヤバい展開。さらに起きる間もなくザラキで死亡。クリフトのザオリクで蘇生したと思ったら、今度はそのクリフトがザラキの餌食になった。
 初見の敵だと男性陣はザキだのメダパニだの連発するので全然戦闘が進まない。
 なんとか戦闘を終わらせ、世界樹の葉でクリフトを蘇生させて先へ進む。幸いこの先は最初のエレベータのところまでエンカウントがなく、その後も2回エンカウントがあったのみだった。賢者の石を取って一旦脱出した。

 さて、いよいよデスピサロの元へ向かうことに。
 宮殿内の敵とは全部逃げることにするが、毎回逃げられるわけではなく、特に2回逃走に失敗すると死者が出ることがある。それがアリーナかブライだったら良いのだけれど、クリフトだと蘇生に困る。そして何故かクリフトが一番死にやすいという現実。1回だけなら世界樹の葉で蘇生できるが2回目となるとそれも出来ず、一旦退却しないといけなくなる。
 そこで、あえて宮殿内にはアリーナとブライの2人だけで潜入することにする。これならクリフトは絶対死なない。
 2人の蘇生、回復はクリフトが宮殿の外から行えば良いし、宮殿を抜けたらバロンの角笛で召喚して山に行けば良い。クリフトのMPの回復は魔法の聖水や祈りの指輪で行う。
 この作戦がなかなか有効だったようで、数度逃げ損なっても大抵アリーナは生き残るので全滅することはない。万一全滅したとしてもクリフトは生き残っているので復活後の蘇生も楽。
あとは実質一万ゴールドで購入しているのと同じ「祈りの指輪」が簡単に壊れないことを祈るくらいだ。

   ◆◆◆

 わしらはついに、デスピサロの元へとたどり着いた。
 デスピサロはすでに、あのヤサ男の風貌とは程遠い姿であった。
 長身のクリフトよりも遥かに上背があり、筋骨隆々の両腕に巨大な刀を1本ずつ持ち仁王立ちするその姿は、かつてアッテムト鉱山の奥深くで戦った地獄の帝王・エスタークと同じようだった。違ったのは皮膚の色ぐらいじゃ。

 デスピサロにはもはやかつての記憶すらも残されていないようじゃった。
「ぐはあああ……! 私はデスピサロ。魔族の王として目覚めたばかりだ。……私は何も思い出せぬ。……しかし何をやるべきかはわかっている。おまえたち人間どもを、根絶やしにしてくれるわっ!」
 これが、進化の秘法の、歪んだ進化のなれの果てなのか……。
「デスピサロ……憎しみに飲み込まれて歪んだ進化を遂げてしまったデスピサロ」
 哀れむような目で、姫様はデスピサロを見ていたが、しかしすぐに、戦う顔に戻った。
「そんなの間違っている! そんなものを使わなくても、わたしたちはあなたを倒してみせる! いくわよ、ブライ、クリフト!」
「うむ!」
「はい!」
 わしらの最後の戦いが、ついに始まった!

 ◆◆◆

デスピサロ戦 1回目
 初戦は学習タイム。作戦は「いのちだいじに」。
 やはり初戦だけあってザキとメダパニを連発する男性陣。
 ただしピンチになればブライは賢者の石を使うし、3ターン目くらいにはクリフトもスクルトを唱えてくれた。
 バルザック戦の時にあまりの使わなさに泣けてきたバイキルトも初戦から使用。ザキとメダパニは何度も戦っていればいずれ使わなくなるので、ここは目をつぶる。

 片腕を斬り飛ばし、第2形態へ。
 形態が変わるとザキとメダパニが復活する。これも今だけの我慢だ。
 クリフトのMPは温存しておきたいので馬車に引っ込める。回復が必要なときに召喚しよう。
 「いのちだいじに」だと何故かブライはマヒャドを唱えないが、「みんながんばれ」にすると唱えるようになる。

 両腕消失。第3形態。
 HPがピンチなときは「いのちだいじに」、そうでないときは「みんながんばれ」。この形態はザキが怖いけれど、今回は唱えてこなかった。しかし、スクルトを唱えるデスピサロ。ほらブライさん、そこでルカニですよ! と思ってもルカニは唱えず、打撃でダメージを与えることが難しくなる。ただ、ルカニは唱えなくてもマヒャドはよく唱えてくれるので、最後はマヒャドで頭を叩き潰した。恐るべきアイスハンマー。

 腹に顔が出てきて体が緑色になった第4形態。
 形態が変わったおかげでデスピサロのスクルト効果は消えていた。これは助かる。このあたりからブレス攻撃が出てくる。足の指から凍てつく波動も出してくる。
 作戦は「いのちだいじに」。全員がダメージを受けると賢者の石は使うものの、ベホマラーは唱えない。唱えてくれれば楽なのだけれども、でも乱発されるとMPが持たないか。この辺のさじ加減をAIに求めるのは酷かもしれない。

 立派な腕が生えた第5形態。
 攻撃力が大幅に上がって、ブライとアリーナが死んだ。クリフトが無事だったのはありがたい。ザオリクで二人蘇生。クリフトのMPがだいぶ減ってきた。しばらく「じゅもんせつやく」にする。

 足が生え変わった第6形態。
 作戦は「いのちだいじに」でほぼ固定。そうしないともはや回復が間に合わない。高熱のガス連発がきつい。ここでクリフトのMPが尽きてしまった。以降は持たせてある祝福の杖でなんとかするしかない。

 クリフトのMPが切れた中、迎えた最終形態。
 マホカンタの影響もあり毎ターンの自動回復100を超えるダメージを与えられず、激しい炎の連発になすすべもない。ここで力尽きる。
 まあ、学習させる上では最終形態までいけただけで御の字かもしれない。これで次回以降少しでも無駄呪文の詠唱が減ってくれればOKだ。


デスピサロ戦 2回目
 第1形態では無駄な呪文を唱えなくなったが、第2形態以降ではポツポツと唱える。もう少し学習させるようだ。
 しかし、1戦目と比べればMPの浪費はだいぶ抑えられている。クリフトの残りMP90で最終形態までいけた。
 それでもやはりデスピサロのブレス攻撃連発には耐えきれず、今回もここで全滅。対等に渡り合うにはレベルが低いのかも……ということで、ちょっとレベルを上げてみる。
 1つずつ上げて37、36、35。これでもまだ低いだろうけれど。


デスピサロ戦 3回目
 さすがに3度目ともなると無駄呪文は唱えなくなった。
 最初の数ターンを「いのちだいじに」にしてスクルトを唱えさせる。その後、「ガンガンいこうぜ」にしてクリフトはしばらく引っ込め、アリーナの打撃とブライのマヒャドでダメージを与える。(以降の戦いでもこの戦法を使う)
 ブライは相変わらず「いのちだいじに」だとマヒャドを唱えない。回復が必要なときにはクリフトを召喚。回復が終わったら馬車へ。を繰り返す。デスピサロが緑色になる頃からはブレス攻撃が多くなるのでクリフトも出ずっぱりになる。
 今回は手の生えた第5形態でのブレス連続攻撃がキツかった。第5形態はなんとか持ちこたえたものの、続く第6形態でクリフト死亡。クリフトが最初に死ぬのはまずい……世界樹の葉は使わないし。さらにアリーナも死んでブライだけで最終形態突入。勝てるわけない……当然全滅。
 レベルを上げたのに今までで一番冴えない戦いだった。ガッカリ。


デスピサロ戦 4回目
 戦いの前に馬車内にあった命の木の実をクリフトに1つ投入。彼には少しでも長生きしてもらわないと。

 そんなクリフトはベホマラーは相変わらず唱えないし、今回は「いのちだいじに」にしてもイマイチ回復もしてくれない。天罰の杖を振るったりしてるし。いい加減に天罰の杖は持たせるのをやめておくか。それでも第六形態までは無難にこなし、クリフトの残りMP88で最終形態。
 最終形態では毎ターン100を超えるダメージを与えたいところだが、アリーナのキラーピアスでの攻撃も通常だと100超えない。会心の一撃が一度でも出ると200を余裕で超えるが、そうそう頻繁には出ないし。(それでも2〜3ターンに一回は出ている)
 それでも今回は凍てつく波動が多かったこともありかなり粘った。自分に出来ることは神懸り的に会心の一撃が出ることを祈るだけ、というのが悲しい。
 ついに1ターンにブレス連発がきてクリフト死亡。こうなると後はガタガタと崩れてまたもや全滅。
クリフトも水の羽衣を装備出来ればな……。最終形態ではやはり耐性持ちのブライが強い。HPが1番低くても結構最後まで残っている。ブライが残ってもダメージ全然与えられないから仕方がないのだけれど。

 次はアリーナに炎の爪を装備させてみるべきか。
 アリーナ1人でコンスタントに100を超えるダメージを与えられればまた違うはず。

 5度目の挑戦の前に少しレベル上げ。
 クリフト、ザコ戦ながら初めて戦闘中にベホマラーを唱えた! これは一歩前進か?
 さらに、メタルの大群をミラーシールド駆使でうまい具合に倒す。(メタルキング1匹&はぐれメタル3匹)
 これでレベルは38、38、37に。
 よし! デスピサロ再戦だ!


デスピサロ戦 5回目
 今回はアリーナに炎の爪、クリフトにはぐれメタルの剣を装備させる。

 クリフトがデスピサロ戦で初めてベホマラーを唱えた。どうやら3人全員が満遍なくHPを減らしていないと(100前後)唱えないようだ。
 第4形態以降の高熱ガス連発に手を焼きつつも、クリフトMP75で最終形態。
 炎の爪装備のアリーナ、最終形態で与えられるダメージは60台……全然100に行かない。これならキラーピアスの2回合計のダメージと大して変わらない。
 またしても激しい炎と冷たく輝く息の超温度差攻撃の前に屈する。
 ダメだ、このままじゃ全然勝てる気しない。

 ちなみに、炎の爪を装備したアリーナの攻撃力は243。最終形態のデスピサロに与えるダメージは60強。ということは、キラーピアスを装備しての攻撃力が240程度になれば二回攻撃で約120のダメージを与えられるので自動回復分を超えることが出来る。そうすればデスピサロを倒せる可能性も高くなる。
 現在のアリーナのちからは183なので、あと50程度のちからが必要。今のところレベルが1上がるごとに8〜9のちから上昇なのでレベル45程度でキラーピアス装備の攻撃力が240前後に達するか?
 どうしよう? そこまで上げる? でも、そこまで上げると負けな気がする。なるべくならもう少し低いレベルで何とかしたい。他に方法はないだろうか?

 どうしようかと模索しつつ、次回へ続く。

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。