DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2010年06月04日
 わしはサントハイム王家に仕える魔法使いのブライと申す者じゃ。
 今わしは王女のアリーナ様、若き神官のクリフトとともに消えてしまったサントハイム城の人々の手がかりを探す旅をしておるのじゃが、港町コナンベリーから船でミントスへと渡ったところでクリフトが病気を患ってしまってのう。ミントスから南東、ソレッタの国で栽培されているパデキアの根を煎じて飲ませると、どんな病気でもたちどころに治ってしまうらしいということで、その話を聞いたアリーナ姫様はたった1人でソレッタへと向かってしまわれたのじゃ。わしもついて行こうと思ったのじゃが、姫様にクリフトの看病を任されてしもうてな。
 あぁ、心配じゃ……世間知らずの姫様を1人で行かせてしもうた。もし姫様の身に何かがあったら、わしはどうすれば良いのじゃ。そう思い悩んでいるわしの前に勇者と名乗る若者が現れてな、姫様探しを協力してくれると言ってくださったのじゃ。わしは早速ミントスの宿の者にクリフトのことをお願いして、勇者殿の馬車へと向かったのじゃが、そこでわしはとんでもないものを目にしてしまったのじゃ!

「な、なんと、これは……」
 馬車の中には人はおらず、代わりに棺が4つ、無造作に置かれておった。
 1つは数ヶ所に翠玉のような宝玉が埋め込まれ、やたらと煌びやかで派手な棺。
 1つは派手な棺と同様宝玉が埋め込まれておるが、シックで比較的地味めな棺。
 1つは横幅と厚みが他の棺の2倍はあろうかという大きな棺。
 1つはごくごく普通の薄紫色の棺。側面には何故か「信じるってすばらしい」と彫られておったが。

 これは一体どういうことかと、勇者殿に尋ねてみようと思った刹那、外から激しい音が聞こえてきおったのじゃ! わしは吃驚して馬車の外に飛び出してみたのじゃが、外には棺が1つとエビルハムスターが3匹。

「て、敵か! ヒャダルコォ!!」
 わしはヒャダルコを唱えて何とかモンスターを撃退し、おそるおそる棺を調べてみた。すると、棺の中には先ほどまでわしと喋っておった勇者殿の姿があったのじゃ。まさか死んでしまわれたのじゃろうか……。
 そしてさらに、勇者殿の上には紙切れが一枚置かれてあり、その紙には何かが書かれておった。なになに?

*********************
このプレー記のルールは……

・第五章、ミントス以降 アリーナ、クリフト、ブライの3人だけで冒険
・他のキャラは棺桶。NPCは生存状態でも可、ただし戦闘参加不可
・ストーリー上、勇者がいないと進行しない場面では勇者同行可。ただし、戦闘参加不可
・ガーデンブルグでの棺桶人質不可(サントハイムの3人から1人選ぶこと)
・透明気球、8逃げ、カジノコイン安価購入等の裏技使用不可

……でお願いします。僕らの棺には保冷機能が付いているので腐敗の心配はありません。

ゆうしゃ  
*********************


 これはつまり……姫様と合流するまではわし1人で何とかしろということなのじゃろうか?

 これが、わしらの旅の、第2幕のはじまりだったのじゃ。

   ◆◆◆

 このプレー記のお題は「5章(ミントス以降)でもサントハイム3人組で冒険!」です。
 まぁ、バランスのとれているパーティーですし、それほど難しくもないと思いますが、果たしてどんな旅になることか?
 ちなみに、今回の勇者は男性。名前はそのまま「ゆうしゃ」。活躍の機会がないのにいつもの名前を付けるのは忍びなかったので。

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。