DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2010年04月07日
今回は魔神像潜入。メンバーは王家の墓留守番組だったライアン、ミネア、マーニャにフル出動の勇者。ミネアに若干の不安を感じるものの、とりあえず行ってみることに。攻略中にマーニャのレベルが上がってイオラを覚えてくれたら嬉しいかな。変化の杖は忘れずにライアンに持たせておく。

ろうやる(23) H158 M91 攻120 守143 破邪の剣 天空の鎧 天空の盾
ライアン(20) H183 M0 攻209 守97 はぐれメタル剣 鋼鉄鎧 ドラゴンシールド 鉄仮面
ミネア(20) H82 M81 攻99 守65 マグマの杖 安らぎのローブ うろこの盾 羽根帽子
マーニャ(22) H103 M103 攻32 守46 ブーメラン 絹のローブ 金の髪飾り

青字は借り物装備。
並び順は ライアン、勇者、マーニャ、ミネア。

魔神像 1回目
入ってすぐ、降り階段の奥の宝箱を取ろうとしたところで、団体で現れたミニデーモンのメラミでミネアが焼かれた。ちょっ……死ぬの早すぎ。もう、引き返すの面倒!(え?) 宝を回収したいし、そのまま進める。
魔神像の宝箱もメダルだの、種だの、小銭だの…どうでもいいのばっかりだな。
3階に着いたあたりから恐怖のブリザードマンが出始める。ためしにアストロンを唱えてみると、どうやら奴らはザラキとザキを1回ずつしか唱えられないらしい。以降は氷の息ばかりだった。そうなればあとは炎の女・マーニャが焼いていくだけだ(笑)。しかし、ブリザードマンが1匹、他のヤツと一緒に現れたときに油断してアストロンを怠ったらザキでライアンが死んでしまった。ぬおーーー、しまったーーー。ミネアが早々にやられたのでザオラルも出来ず、とりあえず棺2つを引きずって全滅も覚悟しつつさらに先に進むことにした。
4階か5階か忘れたけど階段の奥にある宝箱はミミックだと判明しているので無視。回復役が勇者だけになるとホイミが出来ずベホイミになるのでMPがすぐに減る。でもHPは常に満タンにしておかないと守備力が低いのですぐに死ぬ(特にマーニャ)。薬草なんかとっくに使い切った。まったく困ったもんだ…。MP温存のため以降の敵はよほどショボいのでない限り全て逃げた。
像の目の部分、左目から飛び降りると魔神の金槌を取ることが出来るが、そんな呪いの武器を取っている余裕なぞないわ!ということで、無視して右目から飛び降りた。敵から逃げつつ、HP回復しつつ、魔法の聖水使いつつ、ようやく最上階到達。うお、なんとか勇者とマーニャでここまで来られたよ。レバーで像を動かして、向こう岸に到着。
さぁて、ここからもうひとヤマあるよ。薬草ゼロ、魔法の聖水残り1、勇者残りMP10台、マーニャも10台の状態でなんとかデスパレスまで着かないとルーラフラグがつかないから、もう一回魔神像からやり直しになっちゃうよ!さらに出来たらルーラ1回分のMPも残しておきたいところだ。
棺を2つ引きずって恐る恐るフィールドを歩く。ムカつくことに、地形は森だの山だのばかりでエンカウント率高め。何度か敵が出たけれど、当然逃げまくり。回り込まれても勇者が狙われる分にはまぁ大丈夫。とにかく逃げて逃げて逃げて、最後の魔法の聖水も惜しみなく使って、どうにか 勇者HP92・MP15、マーニャHP107・MP14 でデスパレス城到着。
これで魔神像も1発クリア確定。

城に入ってからは変化の杖を使って情報収集。この時点ではインパス持ちのブライがいないので宝物庫は無視。あ、デスパレスは「人様」じゃなくて「魔族様」の城なので宝箱は貰うことにする。敵の戦力を削ぐのも立派な作戦なのだ(笑)。もっとも、装備品は勇者とライアンしか扱えない風神の盾しか手に入らないんだけど…。もっと軽めの装備品欲しいのにな。
そして、コンジャラー系のカッコして魔族会議に参加。勇者・ろうやる、恐らくデスピサロを見るのはこれが初めて。

マ「(あいつがデスピサロなんだ、わりとイイ男じゃない…って、今はそれどころじゃないわね。ろうやる、ヤツが仇だってのは分かってるけど、今はヤツと戦うわけにはいかないからね。悔しいとは思うけど、今は我慢よ)」
ろ「(…わかってる……わかってるわ)」

会議の内容は…まぁ、今更ここに書くまでもないけど、とにかく次はエスタークに会うためにアッテムトへレッツゴー!ってやつ。
会議終了後、さらに情報収集を進めていると…

魔族「それにしても、サントハイム王も憐れだったな。自分たち人間がエスターク様の復活を手助けすると夢で知って、アッテムトでの穴掘りを止めさせようとした為、闇の力で消されたのであろう…」
ろ「え……消され…た?」
マ「それは、死んだってことなのか?」
魔族「さぁな、オレはそこまでは知らん。まぁ死んでようが生きてようが、いずれ人間は滅びるんだ。どっちでも大差ないやな」
マ「そ、それもそうだな。…邪魔したな」

ろ「サントハイム王が消されたって……そんな」
マ「今の話はアリーナには黙っていた方が良さそうね。いくらなんでもこれはショックだわ」
ろ「うん……アリーナをここに連れてこなくて良かったわ」
マ「もう特にここに用はないわね…。アッテムトって言ってたから、一旦ハバリアでみんなと合流しようか」
ろ「うん」

というわけで、ストーリー的にはこの後ハバリアで合流してアッテムトへ…となるのだけど、ゲーム的にはエンドールに行って貯金といらないアイテムを預ける作業(笑)。魔法の聖水を浪費してしまったのでカジノで引き換え。お金に換算すると1つ600Gか…結構高いなぁ。
あと、もうパノンの出番がなさそうなので(エスタークのトコへ連れて行くのは大変そうだし)スタンシアラに連れて行って天空の兜ゲット。これで天空防具が揃って、勇者、ますます充実の守備力に!
さらにブライを連れてもう一度デスパレスに行き風神の盾回収。またもやライアンの装備が充実…。装備的には勇者とライアンの二強だな。
パノンとは最後はあっけなくお別れしたけど、彼は本当に役に立った。彼がいなかったらキングレオ、バルザックは倒せなかった。下手したら未だにバルザックと戦っていたかも。本当にありがとう!ホフマンと違ってもうどこかで会うということが出来ないのが少し寂しい。
最後にオマケでアッテムトのルーラフラグを付けておく。

これらの作業を終えてから、ようやくハバリアへ…というところで今回は終了。

ろうやる(24) H169 M95 攻128 守174 破邪の剣 天空の鎧 天空の盾 天空の兜
ライアン(21) H200 M0 攻213 守118 はぐれメタルの剣 鋼鉄の鎧 風神の盾 鉄仮面
アリーナ(24) H195 M0 攻134 守68 くさり鎌 絹のローブ 羽根帽子
クリフト(24) H102 M91 攻102 守42 マグマの杖 皮の鎧 うろこの盾
ブライ(24) H122 M134 攻19 守43 ひのきの棒 皮の鎧 皮の帽子
トルネコ(23) H134 M0 攻67 守27 銅の剣 旅人の服
ミネア(20) H82 M81 攻57 守50 銀のタロット 安らぎのローブ
マーニャ(23) H107 M111 攻33 守47 ブーメラン 絹のローブ 金の髪飾り

こんなレベルでエスターク神殿なんて今まで行ったことないよ…(いつもレベル30前後…これはこれで高すぎかも;)。激しく不安。


以下、またもやオマケ。ハバリアで合流後のやりとり。

マ「ねえ、クリフト、ブライ。アリーナは一緒じゃないの?」
ク「姫様は今、イメージトレーニングをするとかで港の方へ行かれております」
マ「そう、なら丁度いいわね。実は、サントハイムの王様についてなんだけど、あんたたち2人には言っておこうと思ってさ」
ブ「陛下について…?」
ろ「デスパレス城で魔物から聞いた話なのですが…、実は………」
ブ「な、なんと、陛下が…闇の力で…」
ク「消されたかもしれないですって??」
マ「この話、アリーナには言わないでよね」
ブ「と、当然じゃわい」
ろ「…あ!アリーナが戻ってきたわ」

ア「あれ?4人で深刻な顔してどうしたの」
ろ「え?深刻?そうかな…全然そんなことないわよ。ところでイメージトレーニングの方はどうだったの?」
ア「それが、港で海を眺めていたおじいさんが昔コロシアムで戦ったことがあるって聞いて、それですっかり話が盛り上がっちゃって…結局トレーニングはできなかったの」
マ「あぁ、そういえば、前にも港にそんなじいさんがいたわね」
ア「まだ武術大会を連覇した人はいないから、連覇目指して頑張れって言われちゃった。トレーニングは出来なかったけど、おかげで良い刺激になったわ!」
ブ「そ、それは何よりでしたな(れ、連覇とは、また大会に参加するおつもりなのじゃろうか…)」
ア「………蘇った地獄の帝王。以前、お父様のお声が出なくなったときに見ていたという夢とほぼ合致しているわ…だから、エスタークを倒せば、何か手がかりが掴めるかもしれない!なんとしても勝たなきゃ!」
ク「そ、そうですね、絶対、勝ちましょう」

………手がかり、か。
でも、地獄の帝王に勝って得られる手がかりとは……一体どのようなものなのだろう。
希望なのか絶望なのか…
本当に国王陛下は闇の力によって消されてしまったのですか?
いつか、姫様はそのことを知ってしまうのですか?
知ってしまったら、姫様は………
おお、神よ!どうか、どうかサントハイムの皆さんを…お助けください。


次回、いよいよエスターク神殿へ!
(終わり方がイマイチだったかな…;)

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ