DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2010年03月28日
コナンベリーから船で南のミントスへ行く。途中の戦闘でトルネコのレベルがボコボコ上がってちょっと爽快だった。ミントス到着後、まずはブライを仲間にする。2章で発育の良かったブライは勇者に次ぐHPの高さとダントツのMPを誇っていた。早速ブライの旅人の服とトルネコの皮の鎧を交換。トルネコの皮の鎧装備は海を渡って終わってしまった…。
ブライは、1人でパデキアを探しに行ったアリーナのことをえらく心配している様子。一刻も早くソレッタに行こう…というわけで、特別な経験値稼ぎはせずにソレッタ直行。
道中、何度か敵と遭遇するも装備品が多少充実してきたこともあるのか、無難に戦闘をこなし夜にはソレッタに到着。宿屋で一泊し、一応情報収集。そんな中、こんな会話。

村人「誰か人でも探しているだか?そういえば、こないだアリーナっちゅう娘がゴツいのやらキザったらしいのやら、男を3人引き連れて来てたなや…」
ブ「な…なんと?!」
マ「ぶっ… ちょ、男3人って!あたしだってそんなに引き連れることなんて滅多にないのに…」
ミ「姉さん………」

というわけで、男3人引き連れた姫様に会うため…じゃなくて、パデキアの種を取るため洞窟へ直行。
この洞窟は大灯台のような脅威はそれほど感じない。ブライがヒャダルコ、マーニャがベギラマを覚えているのが大きいのだろう。
地下2階に下りると、なるほど、男3人と一緒にアリーナがいた。一体どこでどうやってスカウトしてきたのやら。

アリーナとブライの間にこんなやりとりがあったんじゃないかと勝手に想像。
ブ「姫様ーーーー」
ア「あっれー ブライじゃない!なんでこんなトコに来てるの?」
ブ「もう、わしは、姫様がパデキア捜索そっちのけで力試しに興じているのではないかと心配で心配で…つい」
ア「やーね、わたしがパデキアのことを忘れるわけないじゃない!早く種を見つけてクリフトの病気を治さないといけないんだから!…ん?あ!イエティだ!えい!」
ボカドカバキッ!
イエティ「ぎょええええええええ」
ア「あ!地獄の鎧もいた!そりゃ!」
ドコッ!ベキッ!
よろい「ぬわーーーーーっ」
男たち「おおお!アリーナ姫、惚れ惚れするような会心の一撃です!」
ア「もうこの棍棒、完璧にわたしの手に馴染んでるって感じだわ!…あ、えっと、ブライとはどこまでお話したんだっけ?」
ブ「…ですからパデキアを」
ア「あ!そうそう、パデキアの種でしょ。分かってるって、ちゃんと見つけて持って行くから、心配は無用よ!じゃあね♪ あ、コンジャラー!に が さ な い わ よ!」
そう言うとアリーナ達は行ってしまった。

マ「…なんか、種はあたしたちが取っておいたほうが良さそうじゃない?」
ろ「わたしもそう思う」
ブ「手数をかけますのう…」

アリーナと別れて、まずは不思議の木の実を取りつつパデキアの種を回収。同じフロアのもう一つの宝箱は確か人喰い箱だと思ったのでスルー。もう一撃死はゴメンだし。
続けて、この洞窟でのもう一つの目玉、安らぎのローブを取る。安らぎのローブはとりあえずミネアに装備させる。守備力一気に上昇。ミネアが装備していた絹のローブをマーニャに譲り、ついでにミネアの金の髪飾りとマーニャの皮の帽子を交換した。マーニャ、ついにふんどし踊り子の服卒業。最後にお金の宝箱を回収。敵との戦闘は最後の方こそMPがスカスカでちょっと長引いたけれど、死者は1人も出なかった。マーニャに魔法の聖水を使い、リレミトしてパデキアの洞窟攻略終了。今回はかなり楽な攻略だった。
クリア時のレベルは ろうやる:13 ミネア:13 ブライ:16 マーニャ:15
早速ソレッタで種を発芽させ、根っこを入手。ミントスへ飛んでブライ1人だけで宿屋に行ってみる。こうするといつもとちょっと違う会話になると最近知ったので。なるほど、確かに会話がちょっと違ってる。今まで知らなかったなぁ〜 新鮮。
これでアリーナ、クリフトも仲間になって残るはライアン1人となった。ホフマンともここでお別れだ。もしホフマンがいなかったらいまだに大灯台攻略中だったかもしれない。ありがとうホフマン、あなたのことは忘れない!

ここでちょっと装備品の調整。トルネコの旅人の服とクリフトの布の服を交換。どんどん退化するトルネコの装備。でも何も装備してないわけじゃないし、灯台で会った頃よりはマシか。
預かり所に1本残っていた銅の剣をクリフトに持たせ、ミネアの皮の帽子をクリフトに譲った。

預かり所立ち寄りのためにエンドールに行ったついでに結婚式見学をしてから船でハバリアへ向かう。そんな船の中での会話。
ア「モニカ姫がボンモールのリック王子と結婚したなんて今まで全然知らなかったわ」
ミ「なんでも、リック王子とモニカ姫はだいぶ前から密かに交際を続けていたらしいですよ」
ア「へぇ〜 そうだったんだ」
ク「リック王子はアリーナ様に感謝しないといけませんね。もし姫様が武術大会に出場されなかったら…」
ブ「今頃新郎はあのベロリンマンとかいう奴だったかもしれんからのう」
ア「でも、そういうことだったらリック王子も武術大会に出ればよかったのに」
ト「いやぁ、あの王子様には何度かお会いしたことがありますが、武術ってガラではなかったですな。むしろ教育係のご婦人の方が…」
ア「たとえ戦うのが苦手でも、好きな人のためだったら死に物狂いで頑張らなきゃ!ね、クリフト」
ク「…え?…えっ?? な、なんでいきなり私に…」
ア「ん?特に深い意味はないんだけど。じゃあブライに振ることにするわ。ね、ブライ」
ブ「そうですな。チャンスがあるならしっかりモノにせねばなりませんな。クリフトもそのことはよく覚えておくことじゃ」
ク「で、ですから、何故私に…」
マ「あんたたち、楽しすぎ」
ア「? …とにかく、死に物狂いになった人って結構手ごわいのよ。弱そうだからって油断すると負けることだってあるんだから」
ろ「じゃあ、もしリック王子が武術大会に出て、アリーナと戦うことになったら…」
ア「そうね…やっぱりちょっと戦いにくいとは思うけど、でも、そのときは…敬意を持って全力で倒しにいくわ!(ニヤリ)」

――エンドールコロシアム
リック「(ブルブル)うぅ…」
モニカ「リック、どうしたの?身震いなんかして」
リック「なんか…急に悪寒が」


ハバリア到着後宿泊し、キングレオ経由でコーミズに向かった。外のメンバーはアリーナ、勇者、ブライ、マーニャ。作戦「ガンガンいこうぜ」の火力押し切り型。会心の一撃、ヒャダルコ、ベギラマで敵を殲滅するのはなかなか爽快だ。ただ、作戦を「ガンガンいこうぜ」にすると、何故かアリーナが薬草をよく使う。誰にでも、ちょっとしかダメージを受けてなくても使う。なんでだ??専属回復係(クリフト)が馬車にいるからなのか??
コーミズでタダ泊した後、魔法の鍵を取りに西の洞窟へ。この洞窟は馬車ごと入れるのでありがたい。このままサクサククリアだ!と思っていたら、炎の戦士の集団の前に勇者が焼死。勇者がいないのは色々不安なので一旦脱出。ハバリアで勇者を蘇生させて再び洞窟へ。2回目は早めの回復を心がけて進めることにする。外メンバーもマーニャの代わりにミネアにした。炎の戦士の集団にはニフラムも使うことに(そこそこ消せる)。今までニフラムなんて殆ど使わなかったけれど、わりと便利なんだな、これ。今回は誰も死ぬこともなく無事魔法の鍵を入手し、リレミトで脱出。洞窟攻略を終えたところで今回は終了。
次回はいよいよキングレオ戦。どんなメンバーがいいかな。

ろうやる(Lv14) H93 M40 攻62 守46 Eくさりがま Eはがねのよろい
アリーナ(17) H113 M0 攻74 守43 Eこんぼう Eきぬのローブ Eはねぼうし
クリフト(16) H58 M64 攻42 守22 Eどうのつるぎ Eたびびとのふく Eかわのぼうし
ブライ(17) H80 M102 攻14 守33 Eひのきのぼう Eかわのよろい
トルネコ(13) H78 M0 攻42 守16 Eどうのつるぎ Eぬののふく
ミネア(14) H63 M61 攻45 守45 Eぎんのタロット Eやすらぎのローブ
マーニャ(16) H64 M67 攻31 守39 Eブーメラン Eきぬのローブ Eきんのかみかざり

トルネコのレベルがいつのまにか13まで上がってた。そして何故かHPの伸びが良いブライ…。

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ