DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2017年08月10日
8月5日(土)東京都江東区・ティアラこうとうで行われた「東京シティ・フィルのドラゴンクエスト 交響組曲『ドラゴンクエスト4 導かれし者たち』」に行ってきました。

完売御礼

会場の最寄駅は地下鉄住吉駅。東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄新宿線の停車駅です。東京にあまり馴染みのない者にとってはこの辺一帯は東京下町というイメージなのですが、果たして本当に下町と呼んでよいのか簡単に調べてみました。
下町の範囲については色々と考え方があるようですが、住吉のある江東区については、旧深川区にあたる箇所は下町と呼んでまず間違いないようです(江東区は昭和22年に旧深川区と旧城東区が合併して誕生)住吉は旧深川区内だったので下町でOKということになります。
ちなみにイベント等でお世話になることが多い東京ビッグサイト(当日午前中はこちらで開催のドラクエ夏祭りに行きました)も江東区ですが、ここも旧深川区に含まれるそうです。ただ、深川区が存在した当時はまだ埋め立てがなされていなかったので、下町と呼んでよいのかどうか分かりませんけど。

さて、今回は東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団(東京シティ・フィル)の演奏でしたが、こちらの楽団は以前より「東京シティ・フィルのドラゴンクエスト」と銘打って数多くのドラクエコンサートを行っています。DQ4のコンサートは2013年11月〜2014年3月にかけて5回行われました(山形・奈良橿原東京新宿神奈川横須賀長野岡谷)が、今回は2014年3月岡谷公演以来のDQ4コンサートです。あれからもう3年以上経ってたのか!?
東京シティ・フィル公演の指揮は井田勝大さんが行うことが多いのですが、今回の指揮は佐々木新平さん。すぎやま先生の出演はなしで、佐々木さんはトークも担当。

それでは当日の進行。

<当日の進行>

1.序曲
(MC1)メヌエットの話
2.王宮のメヌエット
3.勇者の仲間たち
(MC2)主に838861の話
4.街でのひととき
5.勇者の故郷〜馬車のマーチ
6.立ちはだかる難敵
<休憩>
(MC3)ドラクエ博士吉田さんとのトーク
7.恐怖の洞窟〜呪われし塔
8.エレジー〜不思議のほこら
(MC4)ホントはガス気球だよねな話
9.のどかな熱気球のたび
10.海図を広げて
(MC5)ピサロは威風堂々、謎の城のテンポのことなど
11.ピサロ〜ピサロは征く
12.謎の城
13.栄光への戦い
14.導かれし者たち−終曲−
アンコール
 結婚ワルツ(DQ5)
 序曲のマーチ(DQ6)

(公演時間:約2時間15分)


今回のコンマスは女性の方だったのですが、プログラムには「コンサートミストレス」と書かれていて、男女で名称違うんだ!と、勉強になりました。
ジプシー・ダンスとジプシーの旅のつなぎのソロ演奏が、個人的に情感たっぷりに感じられて良かったです。
その他に今回印象に残ったのは気球の木管四重奏のファゴットでした。
相変わらず演奏の良さを言葉で上手には表せないのがツラいところです。

MC1
最初にメヌエットについての解説(元々は農民の間で広まったがルイ14世の時代に宮廷に持ち込まれた音楽)から入ったので、「うわ! 超お堅い真面目な解説だ!」と内心思ったのですが、そこから「メヌエットというのは元々テンポの速い音楽だったのがルイ14世の加齢(と巨体化)によりどんどんテンポが遅くなった。DQ4の王宮のメヌエットもファミコン版はテンポが速くて、リメイク版では遅くなりましたね」と続いたので、この指揮者さんはかなりのDQプレーヤーだなと即座に評価が変わりました(笑)

MC2
カジノの話でも「838861枚は有名な技ですけど、リメイク版の移民の町のカジノで上の方にいた人物も『昔は838861枚を4Gで買ったもんだ』と言って、公式までもがネタにしてましたね!」と、これまたコアな話を披露。

MC3
東京シティ・フィルの公演ではお馴染みの「DQ博士」セカンドヴァイオリンの吉田さんも相変わらずのノリで、DQ11についてネタバレ回避の「ピー」音を交えて熱く語っていましたが、ピーばかりで何が何だかさっぱり分かりません。もちろん分かったら分かったで非常に困るのですが(笑)
あと吉田さんの3DS本体がマリオのヨッシー柄だったのが微笑ましかったです(多分「よしだ」と「ヨッシー」をかけてるw)

MC4
後半戦もコアなトークは続き、気球の曲。かなり長いこの曲がループするまでに世界を何周できるか、何回夜を迎えるか数えたという話や、曲名は「のどかな熱気球のたび」だけど、ガスの壷を手に入れてガスの力で浮いたわけなので、アレは熱気球じゃなくてガス気球ですよね……という鋭いツッコミも(笑)
ちなみにそのネタ、私も過去のプレー記(ラスト数行部分)で書いたので内心かなりウケました。

MC5
ラストはちょっと真面目に、ピサロの曲は「威風堂々」を彷彿とさせるという話と、謎の城も王宮のメヌエット同様、ファミコン版とリメイク版でかなり雰囲気、スピードの違う曲だという話でシメました。

東京シティ・フィルでは秋に天空シリーズセレクションのコンサートをするということで、アンコールはDQ5のED曲「結婚ワルツ」とDQ6のOP曲「序曲のマーチ」が選ばれました。

アンコール
(これ、両方とも曲名が違う気が……)

ちなみにアンコールの時の指揮・佐々木さんはスライムTシャツを着たり(本人曰く第一形態)、スライムの被り物を付けたり(同最終形態)やはり相当のドラクエファンでいらっしゃるようです(笑)さすがは国民的RPGですね!

プログラム
(残念ながらチラシを入手することはできず)

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

【イベント・コンサート DQ4コンサートの最新記事】
この記事へのコメント
最近コンサートに行ってないので、こういう記事を見ると、また行きたくなりますね!

アンコール曲は、「結婚ワルツ」と「序曲」が正しいですかね?
とはいえ、6の序曲と4の序曲って、区別つくんでしたっけ(笑)

指揮者さんのDQフリークぶりが嬉しくなりますね!ドラクエ曲のリメイクの歴史と、ルイ14世の加齢と体格の歴史を両方知っている人って、他にいるんですかね(笑)
そう思いながら、笑いが止まらずニヤニヤしてしまいました。
移民の町で838861ネタを話す町人がいるなんて、全然知りませんでした!
(でも、こういうネタを、作品内に取り込むのって、個人的にはあまり好きではありません。DQヒーローズで、クリフトがザラキが全然効かずにザラキーマを使うという演出も、あまり好きではないぐらいで。。。クリフトは、ザラキはよく効くと思ってるはずです!!少なくとも、効かないと思って使っているわけではないはずです!!)
Posted by かえさる at 2017年08月11日 03:41
6の序曲は「序曲のマーチ」というタイトルです。4が「序曲」、5と6が「序曲のマーチ」ですね。なので4と5&6は聴くと違いが分かりますが、5と6はどうなんでしょうね??凄い人は聴いただけで全作品の序曲の区別が付くらしいですが(*_*)

佐々木さんの話は音楽家&ゲーマー視点の蘊蓄が色々とためになって、聞いていて面白かったです。

PS版の方の移民の町ではどうだったか分かりませんが、DS版の移民の町最終形態のカジノにいるおじさんがそんな話をしていました。
DQH(とバトルロード)のザラキーマの演出はクリフト好きの方には不評みたいですね。公式がアレをネタにしちゃっているのが、クリフトにはちょっと気の毒かなと思います。
そもそもザラキーマだって息の根を止める呪文なのに、DQH等では普通にダメージを与える呪文になっているのもおかしな話です。
れっきとした聖職者なのだからザラキ系とは切り離して、何か専用の神々しい技を考えてあげれば良かったのに(ククールは神々しい路線ですよね)
Posted by タギー at 2017年08月11日 13:11
序曲のマーチ、でしたか!
交響組曲CDボックスを持っていますが、序曲集では連続して序曲ばかりを聞くことになるんですが、なかなか区別がつきません。1と9は明確に分かりやすいですが、5,6,7,8あたりは、どれがどれだかわからないですね(^^;)

ククールよりも、クリフトのほうが聖職者っぽいんですけどね。ククールは生臭ですし(笑)
4コマ漫画とかでネタになるのは好きなのですが、本家というのは、キャラクターたちにとっては神にも等しい存在で、その神が自分が創造したキャラクターをぞんざいに扱うことに、抵抗を感じてしまいます。
まるで、親が子をディスってるように見えて、
「あなたがその設定にしたんでしょーが!」
と思ってしまいます。
Posted by かえさる at 2017年08月12日 14:43
そういえば場面ごとのCD集が出てましたね。確か5〜8は全部マーチ調の序曲だったはずなので、区別するのは難しそうですね。9以降は一気に分かりやすくなりますけど(笑)

「親が子をディスってる」ってのは言い得て妙ですね。公式ならむしろフォローして欲しいですよね。クリフトはいかに戦闘を早く終わらせるかを考えてあのような行動をしているわけですし。
公式はクリフトだけやたらとザキやら高所恐怖症やら姫ストーカーやらを強調して出してきますよね。どういうことなんでしょう??
Posted by タギー at 2017年08月12日 20:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。