DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2017年07月28日
思いがけずデスピサロに苦戦を強いられているトルネコ、アリーナ、クリフト、マーニャのきらびやかな御一行様。「才能に溢れる人たちは逆境に弱い」とかありがちなパターンですが、御一行様に限ってそんなことはない!……といいなぁと思いつつ、足しげく山登りにいそしみます。

というわけで、DQ11発売前日にしてようやく最終回アップです。
前回3戦目まで載せましたが、いったい何回目で倒せたのか、それはズバリ……


デスピサロ戦 10回目
なんと! 予想外の二桁回数でした( ゚д゚)
レベルはアリーナ37、トルネコ38、クリフト37、マーニャ37
実はコレ、クレバカのクリア時の平均レベルを微妙に超えてます(クレバカ36.75、今回37.25)
正直ここまで手こずるとは思いませんでした。その最大の要因は「なかなか天空の剣を使ってくれなかった」これに尽きます。敗れ去った4〜9戦はこんな感じでした。

4回目:第五形態でクリフト死亡が影響し、第六形態で全滅
5回目:最終形態、アリーナが全然天空の剣を使わないまま全滅
6回目:天空の剣をトルネコに持たせるも、最終形態早々に死亡。蘇生も出来ず全滅
7回目:剣をアリーナに戻す。最終形態5ターン目でようやく使うも、その頃には壊滅状態。全滅
8回目:またもや壊滅状態になるまで剣を使わないアリーナ。全滅
9回目:剣を再びトルネコに持たせるも、やはり使ってくれず早々に死亡。そのまま全滅

今まで幾度となく驚異の良リアルラックを見せつけた御一行様でしたが、ここにきて見事に悪い方に振り切ってくれます(´・ω・`)デスピサロの凶悪ブレスコンボで壊滅とかもザラでした。ブレス耐性ナシはやはりキツい。
で、10回目で勝ったのですが、最後は幸運を引き寄せた感じです。
それでは決着戦を振り返ります。天空の剣はアリーナに持たせました。賢者の石はトルネコ、祝福の杖はマーニャ持ち。
並び順、アリーナ、トルネコ、クリフト、マーニャ。

<第一形態(3ターン)>
「いのちだいじに」にすると必ずスクルトを唱えるクリフトは優秀。アリーナは会心の一撃を1回お見舞いします。トルネコは無駄な指回しを披露するものの、会心の一撃も繰り出して批判を上手にかわします(笑)どの形態でもメラ系が通りにくい(強耐性)ですが、この形態での成功率は1/2でした。

<第二形態(3ターン)>
アリーナが2度の会心の一撃を繰り出す隣りでぼーっと見ていた勇者役トルネコ。無駄行動は数あれど、この「ぼーっとみている」が一番ムカつきます。それを最終戦で堂々実践するトルネコはある意味勇者ですな。
メラ系成功率はここでも1/2とわりと高め。

<第三形態(4ターン)>
この形態ではデスピサロがザキを使うことがあります。クリフトに直撃するのを避けたいので、クリフトを馬車に引っ込め、3人で戦います。
アリーナの会心の一撃は1回。トルネコ、またしてもぼーっと見る……。さすがに印象が悪くなると思ったのか、会心の一撃も出してその場を取り繕います(笑)
マーニャのメラ系成功率は3/3! 戦闘優等生の本領発揮か?
結局ザキは一度も飛んできませんでした。

<第四形態(2ターン)>
クリフトを戦場に戻し、再び4人態勢。
トルネコは気まぐれ行動を自粛し(まあ2ターンで終わったからかもしれないけど)真面目に攻撃。アリーナの会心の一撃は1回。メラ系成功率は2/2とここまで非常に順調。クリフトは戦況に応じて打撃か回復と、いたってマトモに行動しています。
相手が凍てつく波動を使ってこなかったのでスクルト効果持続のまま第五形態へ。

<第五形態(6ターン)>
ここからブレス攻撃が激しくなってきます。
アリーナの会心の一撃1回。トルネコ氏、まさかの3回目のぼーっと見る&大声で叫ぶ(これも無効行動)ただし賢者の石を使ってほしい局面ではキッチリと使ってくれるのでまだ少しは許せます。クリフトも適切な行動。今回はメラ系成功率は低く、1/5

<第六形態(5ターン)>
アリーナ、初めての会心ナシ。トルネコも気まぐれ行動自粛。相手の打撃も強くなってくるので、クリフトはキッチリと先頭のアリーナにスカラ。回復も怠りません。堅実すぎて却って目立たないパターン。
メラ系成功率2/3 全体的に短いターンで抜けられているのはメラゾーマ成功率の高さが原因かもしれません。メラゾーマが通るときのマーニャはきらびやかすぎる!

<最終形態(7ターン)>
これまで幾度となく辛酸をなめさせられた最終形態。
アリーナ、10戦目にしてようやく1ターン目天空の剣キタ――(゚∀゚)――!!
アリーナの会心頻度とこれまでのメラゾーマ成功率の高さを考え、今回は「マーニャを1人にしてルカニ詠唱」作戦は見送ることに。
期待に応えるようにアリーナは3度の会心の一撃を繰り出し、マーニャのメラ系成功率も3/5
冷たく輝く息を食らって大ピンチとなったときに颯爽とベホマラーを唱えたクリフトもお見事。
そんな中でもわが道を行っていたトルネコ氏は「大声をあげる」「砂を投げる」「ぼーっと見る」と無駄行動のオンパレードでしたが……賢者の石はちゃんと使ってたし、一度も死ななかったし、別にいいです(投げやり)最後の最後に急激に評価を落とすトルネコやばい(笑)あなただけはこの後も冒険が続くんですよ! 息切れするのは早すぎます!
今回はデスピサロの攻撃の方もかなりヌルめで助かりました。攻撃機会14回のうち、半数の7回が凍てつく波動。激しい炎&冷たく輝く息が1回ずつのみというのはかなりのボーナスステージでした。
といった感じで、最後はマーニャがメラゾーマを決めて勝負を決めました。
全体のメラ系成功率は13/22(約60%)でした。

メラゾーマ炸裂

やっつけた!


合計30ターン。これはかなり短いターンでの決着だったと思います。
色々とてこずりましたが、最後だけは誰も死ぬことなく、きらびやかに決めてくれました。


トルネコ
最後の最後で気まぐれ行動でのムダ率100%!というトホホな結果に終わる。でもまあ、会心の一撃は2回出たし、賢者の石も使って欲しいところで使ってくれたので良かったんじゃないですかねヽ( ´ー`)丿たとえ最後がトホホでも、それまでの活躍ぶりは見事でした。次も頑張って!

アリーナ
全然天空の剣を使ってくれなくて正直ガッカリだったけど、ラストは一発で決めたし、会心の一撃もコンスタントに出してくれたので(決着戦では合計9発)終わり良ければ総て良し。猪突猛進タイプかと思いきや、意外と防御の多いお姫様でした。ここで死ぬことは許されないという跡取りとしての自覚があるのでしょうか。

クリフト
学習前のザラキー魔のことなんて忘れるほど、スクルト、ベホマ、ベホマラー、ザオリクと守りの面でしっかり働いてくれました。決着戦にとどまらず、デスピサロ戦全体における最大の功労者。やはり学習さえ済めば優秀です。「ボスにザラキwww」とか言う前に学習させれば良いと思うよ。

マーニャ
マホカンタを消せなかった関係で「全自動ドラゴラム詠唱機」の印象が強かったけど、決着戦では運を味方につけてメラゾーマをバンバン決めてくれました。決めるべきところでしっかりと決めるところはまさに優等生と言えるのでしょう。

トルネコ

アリーナ

クリフト

マーニャ


というわけで、今年1月から約半年間のきらびやかな大冒険も無事終了しました。世間一般で一軍、レギュラーと呼ばれる人たち(ただし勇者とトルネコは交換)で進めましたが、デスピサロまでは勇者ナシのわりに比較的スムーズだったように思います。実力もさることながら、リアルラックもかなり良かったです。実力があると運も味方に引き寄せるのでしょうか? デスピサロ戦ではその運を発揮できない場面もありましたが、もしもっと早い段階でスムーズに天空の剣を使ってくれていたら、もう少し早い決着になったかもしれません。
ブレス耐性に難のあるパーティーでしたが、早くて高い成長が補ってくれたという印象です。メンバー8人の中でレベルアップが早い上位4人が今回のトルネコ、アリーナ、クリフト、マーニャです。ステータスの伸びも良い(トルネコのHPが意外と低かったけど)ので種を誰に使うかで迷うほどでした(笑)
そのあたりも、一軍の一軍たる所以なのかもしれません。

次回は今回お道具箱枠だったライアン、ブライ、ミネアに、引き続き参戦のトルネコという、正真正銘(?)馬車組による冒険となりますが、とりあえず今回の御一行様のクリアレベルを目標に進めていくことになります。御一行様を超えられるという自信は正直無いです。一体どうなることやら……。


さいきょ
L33 H254 M144 力125 早55 体121 賢45 運67 Ex318,969

トルネコ
L38 H222 M0 力94 早67 体103 賢46 運44 攻194 守218 Ex423,404
奇跡の剣 はぐれメタル鎧 ちからの盾 はぐれメタルヘルム


アリーナ
L37 H291 M0 力188 早206 体156 賢28 運139 攻193 守143 Ex423,862
キラーピアス 身かわしの服 金の髪飾り


クリフト
L37 H243 M153 力65 早104 体114 賢63 運109 攻165 守208 Ex436,599
奇跡の剣 はぐれメタル鎧 ミラーシールド 鉄兜


マーニャ
L37 H199 M232 力24 早94 体104 賢119 運136 攻87 守103 Ex437,191
マグマの杖 水の羽衣 しあわせの帽子



現在のタネ在庫
完食御礼

   ◆◆◆

無事に戦いを終えたトルネコ、アリーナ、クリフト、マーニャのきらびやかな御一行様はそれぞれの故郷へ帰ることになりました。
「マーニャさん、以前にドレスを着てみたいとおっしゃってましたな」
トルネコは何かの入った袋をマーニャに差し出しました。
「あのドレス、結局誰も着ずに終わりましたからな、良かったらどうぞ」
「えー! ニセ勇者サマ、いいの? ありがとう〜」
マーニャは大喜びで袋を受け取りました。

エンドールでトルネコと別れ、気球に乗り込んだマーニャは早速袋を開けてみました。中にはきらびやかなドレスが入っていました。
「わお! 本物の光のドレスだわ! あのオジサンのことだから皮のドレスなんじゃないかって、ちょっと疑ってたけど」
マーニャは光のドレスを着て踊る姿を想像し顔をほころばせましたが、袋に中に紙切れが1枚入っていることに気が付きました。
「なにこれ……請求書 マーニャ様 6,600G!? ちょっと待ってよ、このドレス拾い物でしょ? 拾い物にお金取るの? ……あのオヤジ」
マーニャの笑顔は一瞬にして怒りに変わりました。
「こんなの送り返してやる! 8日以内に着払いでね! 石でも詰めて重量増やして160サイズにしてやろうかしら。キー!」
発想がちょっとセコいですが、マーニャはドレスを引きちぎりたくなる衝動を抑え、きれいにたたみ、袋に戻しました。
「きらびやかとか言ってもさ、みんな財布のヒモはやたらと固かったわよね(アリーナは財布自体持ってなかったけど)。結局お金持ちをパトロンにする夢は儚く消えたわけね……」
マーニャは深いため息をつきます。
「やっぱりさ、あたしがタカれる……じゃなかった、頼れるのはあの子しかいないわね。あのとき(4章冒頭)姉妹喧嘩をしたこと、謝んなきゃ」
そう呟き、マーニャは故郷モンバーバラへと帰っていきました。

しかし姉妹喧嘩は次回も繰り返され、今度は自身がお道具箱枠になることなど、今の彼女には知る由もなかったのです。

おしまい


にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

この記事へのコメント
おめでとうございます!
ドラクエ11の発売日に合わせてプレー記を仕上げるあたりがさすがです!

10戦目での勝利ということで、大苦戦でしたね。
最初の予想通り、天空の剣を使えば勝てる、という作戦が実行に実るまでには時間がかかったものの、作戦自体は正しかったということですね。

クレバカのクリアレベルを越えてしまったということは、
アリーナ + トルネコ < ブライ + ミネア
という不等式が成り立ってしまいそうですね。
(でも、相性とリアルラックが絡むので、もはやなんとも言えないところかもしれませんが)

最後の最後に、トルネコがトルネコらしく行動し、しかしそれで勝ってしまったというのが、やはり運命の綾のようなところがありますね。

しかし、クリフトの活躍ぶりは、やはり学習の成果を見せつけられる思いです。
学習後のプレイヤーが学習前のクリフトに文句を言うなんてナンセンスですね(笑)
Posted by かえさる at 2017年07月29日 03:26
クリアしたのは27日だったのですが、その前日の時点で11発売前のクリアはムリかも…と半分諦めて、「倒せません\(^o^)/」という記事の下書きまでしたんですけど(笑)無事倒せました。
今までの勇者ナシのプレー記では皆さんわりとすぐ天空の剣を使ってくれたのですが、今回は非常にてこずりました。この辺は本当に運ですね。
クレバカと今回で両方とも同じような運だったとしたら、多分今回の方が低レベルでクリア出来たのではという印象です。向こうはルカニを決めないと難しいでしょうし。

トルネコはDQミュージアムのジオラマで岩陰に隠れてましたし、きっとデスピサロ戦に出すとテンパってしまうのかも(笑)
でも全体的には活躍してくれたと思います。

勇者がいるとデスピサロにも一発で勝てることが多いので、クリフトはどうしても学習前の「ボスにザキ」の印象が強くなるのかもしれないですね。ちょっと損しているかも。
Posted by タギー at 2017年07月29日 10:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。