DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2017年05月25日
ロザリーヒルの町でピサロナイトをサクサクッと倒したトルネコ、アリーナ、クリフト、マーニャのきらびやかな御一行様。次なる目的地はエンドール南西の岬にあるという王家の墓です。
装備品はしばらく新調できる物もありません。早速お墓に潜りましょう。

王家の墓 1回目
トルネコ(26)−アリーナ(25)−クリフト(24)−マーニャ(24)
基本的に「ガンガンいこうぜ」で進みます。ボス戦ではアレなザキも、ダンジョン攻略では頼りになる呪文となります。ここで出没する魔物は比較的ザキが効きやすく、ピコピコと気持ちよく決まってくれます(クリフトは現在レベル24ですがザラキはまだ覚えていません)
アリーナの会心率もかなり上がってきており、こちらも気持ちよく決まります。ガンガンいこうぜで薬草を使うクセは相変わらずですが、最近はマーニャにも使ってくれるようになりました(笑)徐々にチームワークが良くなっているのかもしれません。
マーニャは相変わらず判断が良く、相手に応じてメラミ、イオラ、天罰の杖を使い分け、瀕死の敵を打撃で仕留める場面もチラホラ。
トルネコもはぐれメタルに足払いを決めたり(はぐれメタルがどうやって転ぶのかは想像しにくいですがw)商人軍団を呼んだりと、こちらも大活躍。無駄な行動は殆どありませんでした。

はぐれメタルころぶ

はぐれメタルもがく
(足払いで転んだはぐれメタル)

ありがとう商人軍団
(良いところにやって来た商人軍団)


超安定のきらびやかな御一行様。変化の杖を始めとする全てのお宝を頂き、難なく攻略終了。
はぐれメタルを2匹倒すことができました。


引き続き魔神像攻略です。

魔神像 1回目
トルネコ(27)−アリーナ(27)−クリフト(26)−マーニャ(26)
エンカウント率が驚異的な高さですが、とりあえずは逃げずに戦っていきます。マーニャのMPは心配いらないのですが、クリフトは最大値が低い上にザキ系、回復系と呪文を使う場面が多いので(本当はザキ系は使ってくれなくて良いんだけど……)減りが早いです。そろそろ不思議な木の実を投入するようかも。
上へのぼり、一旦落下し、さらに上へ。お宝を回収しミミックを回避しつつどうにか頭頂部まであと一歩、というところでブリザードマンのザキが決まり、トルネコ死亡。ダントツで低い「うんのよさ」が本領を発揮しました。さらに、残りMP22のクリフトがザオラル(消費MP12)を試してみるも失敗。蘇生を諦め、以後は逃げまくって頭頂部に到着しました。
向こう岸へ着くことはできましたが、ここで終わらないのが魔神像攻略の怖いところです。何としてもデスパレスまでたどり着いてルーラフラグを付けないといけませんが、城までの道中もエンカウントが多く(平地が少ない)、ミニデーモンのメラミ連発でアリーナも死亡。クリフトとマーニャだけになりハラハラしましたが、どうにかデスパレス城に到着しました。
被害は出ましたが無事攻略終了です。

トルネコ
はぐれメタルに足払いを決めたりと王家の墓では大活躍も、魔神像でザキ被害に遭う。しかし今まで積み上げてきた信頼はこの程度では崩れませんよ!

アリーナ
だいぶ会心率が上がってきた。こちらもミニデーモンに負けたくらいでは信頼は揺らがない。

クリフト
ザキ系が多めですが場合によってはスクルトも使ってくれるし、唯一の回復呪文使いなので頼りになります。

マーニャ
相変わらず相手によって攻撃手段を使い分ける。MPが豊富なので枯渇の心配もないし、安心して見ていられます。

さて、今回はもう少し続きます。ここ2回ほどお休みしていたデスパレス変身ネタです。

   ◆◆◆

魔物たちの城・デスパレスを前にしたきらびやかな御一行様。
トルネコはさきほど王家の墓で入手した変化の杖を手に取りました。
「こいつで魔物の姿に化けて城に潜入するというわけですな」
トルネコはまず、自身に杖を振るいました。するとその体はみるみるうちに真っ赤な巨デブへと姿を変えました。口からは緑色の舌がはみ出し、手には大きな棍棒を持っています。
「こいつはまた、たいそうな魔物になってしまいましたなぁ。何という魔物なんでしょうか?」
「今調べてみましょう」
クリフトはそう言うと、長い帽子の中から一冊の本を取り出しました。公式ガイドブックのようです。
「あんたの帽子、便利ね」
「ええと……あれ? FC版のガイドブックには載ってませんね。最終盤の魔物なのかもしれません」
帽子から今度はDS版のガイドブックを取り出します。
「あった! どうやら『鬼こんぼう』という魔物ですね。生息域は『闇の洞窟』と謳われています。FC版ガイドブックでいうところの『その他の地域』扱いの魔物です」
「ほう、なるほど。では次はアリーナさん」
アリーナに杖を振るうと、今度は鮮やかなピンク色の、ちょっとイカついクマへと姿を変えました。
「ピンクのクマ! もふもふでかわいい!」
アリーナは自分の体をポンポンとさわりながら、いつになくはしゃぎます。
(か……かわいい!? アレが??)
……とマーニャは思いましたが、口に出すのはやめました。高貴な人のセンスは独特なのかもしれません。
「ふむふむ、姫様が変身されたのは『ビースト』という魔物ですね。痛恨の一撃を繰り出す魔物ですか。こちらの生息域もやはり『その他の地域』ですね」

その他の地域
(ファミコン版公式ガイドブックより)

「これまた派手な色合いですなぁ」
次はクリフトに杖を振るいました。その姿は鮮やかな青い馬に跨った骸骨となりました。立派な槍と盾を持っています。骸骨ですが髪の毛が生えており、馬の色とお揃いの衣装を身につけています。
「ボーンナイトに似ていますが、馬の色が違いますね。……ええと『死神貴族』みたいですね。ザラキつながりということでしょうか。これまた『その他の地域』生息です」
「では最後はマーニャさん」
マーニャに杖を振るうと、カバのように大きな顔をしたコウモリに変身しました。全身紫色をしています。真っ青な羽根は体に比べて小さいですが、しっかりと宙に浮いています。
「これは『夜の帝王』ですね。ある意味マーニャさんにピッタリというか……。えっと、生息域は『ゴットサイド周辺』となってますね。こちらもかなり終盤に登場する魔物のようです」
こうして鬼こんぼう、ビースト、死神貴族、夜の帝王。鮮やかな赤、ピンク、青、紫というきらびやかな魔物パーティーが誕生しました。

きらびやかな魔物御一行様
(きらびやかな魔物御一行様。モンスター画像はDS版より)

「ねえ、ねえねえねえ! きらびやかなのはいいんだけど、なんかあたしだけ浮いてない!?」
「確かに浮いているわね、宙に」
嘆く帝王にビーストがいたって冷静に答えました。
「そういう意味じゃないし! あたしだけ明らかにマヌケヅラで弱そうじゃない! どうしていつもこんな損な役回りを……」
「はっはっは! 一時的に変身しただけですから、気にすることありませんよ。それに、名前からして夜は色々と強そうじゃありませんか、羨ましい限りですなぁ。ハッハッハー!」
「このオヤジ、燃やしてやろうか……」

こうしてきらびやかな魔物御一行様はデスパレスへと入っていきました。

御一行様が城門から中に入ると、入口のそばで立っていたベンガルがビックリ仰天しました。
「ぎょえー! あなた様方は『その他の地域』御生息の御一行様!」
(……あたしは違うケドね)
夜の帝王は心の中でツッコミました。
どうやらこのお城に住む魔物たちにとっては「その他の地域」に生息する魔物は上流階級、きらびやかに映るようです。少し離れた場所にいたアームライオンもやってきて、6つある手で揉み手をしています。
「遠路はるばるようこそおいでくださいました。さささ、どうぞどうぞ、さぞかしお疲れでしょう。お食事をご用意いたしますぜ」
慣れない言葉遣いに舌をかみそうになりながらも、ベンガルは御一行様を案内します。
(わたくしたち、随分と歓迎されてますね)
(変身した魔物のチョイスが良かったようですなぁ)

ベンガルに案内された先は、地下一階の食堂でした。御一行様を見るなり、周りの魔物たちからどよめきが沸き起こります。
「いやあ、運が良かったです。今日のメニューは に ん げ ん の ス ー プ なんですぜ。『その他の地域』だと人間もほとんどいないでしょう? こいつぁ貴重品ですぜ。まだしばらく時間がかかると思うんで、それまで酒でも一杯やっててくだせえ。つまみを用意させますんで」

にんげんのスープだよ

その言葉を聞いた瞬間、御一行様は凍りつきました。

(ど、どどど、どうすんのよ!)
(人間のスープだなんて……神よ、この者たちに天罰を!)
(ここは派手に戦って、魔物たちを懲らしめてやりましょう!)
(アリーナさん、さすがに今それはまずいです)
(ちょっと、ニセ勇者サマ、あんたリーダーでしょ! なんとかしてよ)
(そ、そんなぁ……)
夜の帝王にはっぱをかけられた鬼こんぼうは、しぶしぶ一歩前に出ました。
「い、いやあ、せっかくですが、実はこちらへ来る前にリバーサイドで名物の川エビのかき揚げを食べましてな、ワタシたち、お腹いっぱいなのです。いやはや、申し訳ない」
「またまた、遠慮しちゃってー。川エビって、あの糸くずみてえなエビでしょう? そんな糸くずの寄せ集めみたいな揚げ物じゃあ、ダンナの腹にはたまらないでしょうさ。今すぐにつまみのフライでも持ってこさせますよー。糸くずよりよっぽどウマいですぜ!」
(いやあああああああ! フライって何のフライよおおお)
(もう、これは腹を括って食べるしか……)
(トルネコさん、なんということを!)
(やっぱりここは戦うしかないわ!)
……と、そんなとき、
「たいへんだー! デスピサロ様が予定より早く、もう間もなく戻られるみたいだぞ。会議だ! 会議室に集合だ!」
上の階からミニデーモンが慌てて降りてきました。周りにいた魔物たちは食事そっちのけで急ぎ上の階へと向かいます。
「ベ、ベンガルさん、ワタシたちもその会議に参加して良いですかな?」
「当然ですぜ! ぜひデスピサロ様のお力になってくだせえ」
(よ、よかったぁ)
御一行様はホッと胸をなでおろしたのでした。


さいきょ
L20 H148 M65 力60 早37 体70 賢23 運32

トルネコ
L28 H143 M0 力74 早45 体76 賢31 運28 攻204 守145
はぐれメタルの剣 はぐれメタル鎧 鉄の盾 鉄兜


アリーナ
L27 H199 M0 力134 早114 体105 賢23 運94 攻139 守97
キラーピアス 身かわしの服 金の髪飾り


クリフト
L27 H152 M103 力42 早57 体73 賢46 運72 攻142 守151
奇跡の剣 はぐれメタル鎧 鉄の盾 鉄兜


マーニャ
L27 H141 M153 力18 早54 体74 賢104 運94 攻81 守70
マグマの杖 身かわしの服 しあわせの帽子


馬車切り離しのダンジョンばかりなので、さいきょのレベルが置いてきぼりです。

現在のタネ在庫、
いのちの木の実 2個
ふしぎな木の実 2個
ちからの種 5個
すばやさの種 6個
ラックの種 0個


そろそろ種を使っていかないと……。
ラックの種って湖の塔以外に拾える場所あるのかな、っていうくらい見かけない。

つづく


にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

この記事へのコメント
『その他の地域』御生息の御一行様に笑ってしまいました。
魔物の中でもエリート集団ですね(笑)

ピンクでもふもふでかわいい、とアリーナが思ったとしても、マーニャがそう思わないのは当然ですよね。なんたって、仇のバルザックですからね。一方、トルネコのほうも赤バルザックになっているので、マーニャとしては、本人が夜の帝王になった以外にもいろいろと不満のあるパーティでありあそうです(笑)

危うく人間のスープを飲まされそうになったり、フライ(人間の!?)を食べさせられそうになったりと、恐ろしすぎます(笑)
(マヒャドフライのフライだったとしても食べたくないですが。笑)


ところで、転んでもがいているはぐれメタルって、どうなっているんでしょう。
亀のようにひっくり返って身動き取れない状態を想像してしまうのですが、1、2ターンで自力で復活することを考えると、そうでもないのでしょうかね。
Posted by かえさる at 2017年05月26日 18:47
たしかにビーストも鬼こんぼうもバルザックの色違いでしたね(指摘されて気づきました^^;)
これはマーニャは色々と複雑な心境かもしれません。

フライは一体何を揚げたものなんでしょうね?
怖いのであまり深く考えないようにして書いてました(笑)
あ、でもマヒャドフライは私も一瞬候補にあがりました。それはそれでイヤですが。
人間側の視点で見ると暴れ牛鳥あたりは美味しそうですよね。

ゲーム内で実際に「献立は人間のスープだよ」と出てきますが、あれって既に作ってあるってことなんですかね??想像するとかなり怖いです。

転んでもがくはぐれメタル、どうやって体勢を立て直すんでしょうね?
そもそもあの魔物は液状なのか固形なのか?
もし液状だとしたらもがいているうちに(ひっくり返って戻るのではなく)自然と頭が上に来るのかな…とか思うんですけど、どうなんでしょう?
Posted by タギー at 2017年05月26日 20:40
はぐれメタルの生態は謎すぎますよね。
液状で、自然と頭が上に来るというのもあり得ますね(キン肉マンに出てくるジャンクマンみたく、裏にも表にもなれるということですね)
ドラクエ10をやると、はぐれメタルに攻撃すると「キンッ!」という金属音がするので、硬いようなイメージなのですが、液体金属で金属音が鳴るという特殊な形状である可能性も否定はできません。

重さに関しても謎ですよね。あれだけ守備力が高いのだから、相当に重いような気もしますが、素早い身のこなしは質量が小さいことを思わせますし、もし重くて速いのであれば、相当な物理攻撃力を持っていてよさそうですが、それほどの攻撃力でもないですし。(高速で高質量で体当たりをされれば、大金槌で殴られたのと同じでありそうです)
はぐれメタルの剣は、重いのか軽いのか。そもそも、素材がはぐれメタルであるのかどうか。
想像だけが膨らみます。


ところで、人間のスープはもう出来上がっているんですかね!怖すぎます!
願わくば、「だけど材料が揃ってないから、生きのいいのを1人2人捕まえてきてくれ」ぐらいのタイミングであってほしいものです。(牢屋に何人もいるから、そんなわけではないでしょうが)
Posted by かえさる at 2017年05月27日 17:32
メタルスライムやメタルキングは固体っぽいですけど、はぐれメタルだけは明らかにとろけてる感じですもんね(笑)不思議な生き物です。
自分の意思で自由に硬くなったり柔らかくなったり出来るんでしょうか。

はぐれメタルの剣は個人的にははぐれメタル製だと思っています。その方がロマンがあるというか(笑)
クリフトとミネアが装備できるくらいなので比較的軽量な気もしますが、どうなんでしょうね?
完全一品モノ(剣とリメイク版の盾)ははぐれメタル製、量産品は「はぐれメタル並みに硬いです」を売りにした製品かなと勝手に想像しています。
その辺色々と想像するのも楽しいです。
人間のスープについてはあまり色々想像したくはないですが(^^;)
Posted by タギー at 2017年05月27日 21:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。