DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2017年05月03日
勇者さいきょの手を借りつつキングレオを一発で撃破した、トルネコ、アリーナ、クリフト、マーニャのきらびやかな御一行様。
華麗な勝利に1ヶ月以上酔いしれ(←プレーヤーが)、ようやく重い腰をあげてサントハイム城でのバルザック戦に臨みます。
とはいうものの、メラミ修得前での挑戦は早すぎる気もするので、素直にレベル上げします。1ヶ月以上放置していたせいで、どこの小さなメダルを取ったのかを忘れているので、船で色々まわりつつ経験値も稼ぎます。
全員1ずつレベルを上げ、マーニャは無事にメラミを修得。一方のクリフトはザキを覚えなかったですが、ザキは別にどうでもいいです(ちなみにザキ修得前に学習を済ませておけば修得後のムダ撃ちは一切ない)
トルネコの細やかな帳簿付けの賜物か、預金は現在30,000G以上あるので装備を整えます。
トルネコにはぐれメタル鎧、アリーナに身かわしの服、クリフトに魔法の法衣(バルザックのヒャダルコを軽減)を購入しました。マーニャはそのまま。

「ニセ勇者サマ、あたしは現ナマでもいいわよ!」
「マーニャさん、そんなことよりお父さんの敵討ちです! ワタシも協力しますから頑張りましょう!」

トルネコはマーニャの要求を華麗にスルーしつつ、天罰の杖を手に取ってバルザックのもとへと向かったのでした。

並び順とレベル、アリーナ18、トルネコ19、クリフト18、マーニャ19

バルザック戦 1回目
アリーナの与ダメージは25前後、トルネコ20前後、クリフト45前後、マーニャのメラミで70〜90程度。メラミは必中なのでマーニャが攻撃できれば自動回復分を余裕で超えられます……が、そう都合よくはいきません。
ヒャダルコを使われるとどうしても回復にまわりがち。「ガンガンいこうぜ」以外の作戦だとメラミもなかなか唱えてくれません。
3ターン目にトルネコ死亡、5ターン目にマーニャ死亡。ぶっちゃけマーニャがいないとほぼ勝ち目はありません。全滅。
ま、まあ、初戦は学習のターンですから!!


バルザック戦 2回目
初戦でマホトーンを連発していたクリフトですが、今回はマホトーンなし。早くも学習した模様。これならザキを覚えても唱えることはないでしょう。
とは言っても、相変わらずヒャダルコには歯が立たず、あえなく全滅。


多分今のレベルだと厳しいです。1つずつ上げましょう。
結果、全員の最大HPが100を超えました。
3度目の挑戦を前に、種も投入。トルネコにちからの種、クリフトに命の木の実、ちからの種、すばやさの種。命の木の実以外、すべて上昇値1とか嫌がらせですかね(´・ω・`)

アリーナ19、トルネコ20、クリフト19、マーニャ20

バルザック戦 3回目
作戦選択を誤り、2ターン目にアリーナ死亡。4ターン目にトルネコ、マーニャ死亡。ヒャダルコ多すぎるんですが! 魔法の法衣を着ているクリフトが生き残るケースが多いですが、クリフトの打撃ではほぼ50に届かないので勝てません。全滅。


さすがにきらびやかな御一行様でもバルザック戦はてこずるようです。
思い返せば、勇者不在でのバルザック戦は全て苦戦しています。サントハイム3人組のときが28回、腹姉妹9回、クレバカ(FC)18回と戦っています。逆に勇者がいるとほぼ一発勝利です。
何が違うのかというと、自分で操作できるのは勿論ですが、大きいのはマホステです。こいつでヒャダルコを封じてしまえるのです。しかもマホカンタと違い、かける相手を選べます。真っ先にミネアにかけて手厚く過保護することも、エスタークにかけてミネアのラリホー魔を封じることもできるのです(笑)
もしかしたら一番有能な呪文はベホマズンでもギガデインでもなく、マホステなのかも……。
だからといって「無い物ねだり」するわけにはいきません。百花繚乱、栄華を極めるきらびやかな御一行様が「無い物ねだり」など、プライドが許さないはずです!(多分)
というわけで、地道に……じゃなくてきらびやかに頑張っていきましょう。

バルザック戦 4回目
レベルはそのまま。序盤相手の攻撃が緩めで順調にダメージを与えます。トルネコが天罰の杖を使いだすとHP半減の合図。しかし徐々にヒャダルコが多くなり、形勢不利に。マーニャとトルネコ(メラミとバギマ)が死ぬと自動回復分突破が難しくなります。しかもアリーナは自分のHPがある程度減ると「ガンガンいこうぜ」でも頑なに身を守るのでほとんど攻撃してくれません。またも全滅。


このレベルでもまだ足りないという印象ですが、マーニャの装備をピンクのレオタードから身かわしの服に替えてもう一度挑戦してみます。

「マーニャさんには身かわしの服を購入しましたので現ナマ支給はナシです! はっはっは」
「あっそ」

バルザック戦 5回目
今回からトルネコを先頭にして、クリフトのスクルトを期待します(アリーナが先頭だと彼女にスカラをかける)……が、結局トルネコにスカラをかけて終わりでした。クリフトのスクルト基準はイマイチ分かりません(ちなみにクリフトが最後に残ると、すぐさま自分にスカラをかけるw)
ただしトルネコにスカラがかかるとバルザックの打撃がほぼ無効になるので(アリーナだとそうはいかない)トルネコを先頭にする方が良さそうです。
まあ、トルネコへの打撃が無効になっただけで勝てるほど世の中は甘くなく、またしてもクリフトが最後に残る展開に。クリフトはスカラ、魔法の法衣、ベホイミと守りが万全なので無駄に粘ります。強制的に全滅させるべく「じゅもんつかうな」にすれば薬草を使いまくるし、「いろいろやろうぜ」にすると魔法の聖水を使う始末。貴重品を浪費して全滅。


まだまだ勝てる気配がないので、さらにもう1つずつレベルを上げます。レベルアップ後、いのちの木の実とちからの種を1個ずつクリフトへ。どうもタネ類は僧侶系が食べる運命にあるようです(笑)

トルネコ21、アリーナ20、クリフト20、マーニャ21

バルザック戦 6回目
序盤は攻撃緩めのありがたいパターン。メラミも連発できて3ターン目ですでにHP半減。しかしその3ターン目にヒャダルコ連発がきて、マーニャの残りHP8。4ターン目は当然「いのちだいじに」にしたのですが、先攻のアリーナはクリフト(HP40台)に薬草、2番手のクリフトがまさかの打撃! 3番手のマーニャがヤケクソのメラミ、不運にもトルネコの前にバルザックの行動となり、氷の息でマーニャ死亡\(^o^)/
失意のなか迎えた5ターン目。先攻のクリフトがアリーナ(HP30台)にベホイミ……4ターン目との行動の違いは一体どういうことなの?? と、もやもやしているうちに2番手のアリーナが会心の一撃、次のトルネコの一撃で戦闘終了となりました。

結局は6戦目で勝つことができたので、なかなか良い結果だったとは思います。さすがはきらびやかな御一行様です……が、何かすっっっごくモヤっとするー('A`)

戦闘後、マーニャ以外全員レベルアップ。クリフトがザオラルを覚えたので即座にマーニャを蘇生し、宝物庫のお宝を取って今回は終了。


トルネコ
今回はちからため、ダジャレを披露。今のところボス戦でのムダ行動が極めて少なく、かなり優秀。最後はトドメをさして「勇者感」を演出

アリーナ
まだ会心連発とはいかないものの、要所でしっかりと繰り出す。積極的すぎるほど身を守ることもしばしば。猪突猛進タイプと見せかけ、実は意外と慎重派?

クリフト
魔法の法衣の影響か生き残り率が高かった。1人残った後の粘り腰も見事(笑)瀕死のマーニャをスルーしたのは解せぬ……。

マーニャ
メラミ連発も回復してもらえない不運に見舞われ、経験値を逃す。瀕死ながらもメラミを繰り出す行為にヤケクソ感が漂っていた(気がする)


「はっはっは! マーニャさん。不慮の事故はありましたがお父さんの仇は討てましたし、クリフトさんがザオラルを覚えて経費節減にもなりましたし、良かったですなぁー」
「ははは、不慮の事故はありましたけど、本当に良かったですね!」
 トルネコにつられてクリフトも笑いました。
「あんたが言うなっ!」
(余談ですがミネアはマーニャを優先的に回復するタイプです。今回は「親族とアカの他人」の違いを見せつけられたような気がしますw)


さいきょ
L19 H141 M59 力54 早35 体67 賢21 運29

トルネコ
L22 H115 M0 力53 早37 体62 賢23 運17 攻98 守141
破邪の剣 はぐれメタル鎧 鉄の盾 鉄兜


アリーナ
L21 H144 M0 力93 早72 体77 賢18 運70 攻131 守76
鉄の爪 身かわしの服 金の髪飾り


クリフト
L21 H115 M82 力38 早42 体57 賢39 運56 攻138 守87
奇跡の剣 魔法の法衣 鉄の盾 鉄兜


マーニャ
L21 H114 M105 力14 早39 体57 賢70 運65 攻38 守59
毒蛾のナイフ 身かわしの服 金の髪飾り


現在のタネ在庫、
いのちの木の実 1個
ふしぎな木の実 1個
ちからの種 3個
すばやさの種 2個
ラックの種 0個


つづく


にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

この記事へのコメント
やはりバルザックは苦戦するものですね。
とはいえ、本物勇者が、トルネコとの差を見せつける場面がここなのかもしれないですね。
マホステというのが、頭脳戦のための呪文ですしね。

6戦目にしての勝利でしたが、今ひとつクレバーさが発揮できなかったところでしょうか。でも、そんなときに限って勝利できたりするのが、またドラクエの難しくも面白いところですよね。
勝因と敗因が、どうもピンとこないときってありますよね。
Posted by かえさる at 2017年05月03日 23:41
バルザックは手ごわいですよね。何度やってもこの時期のヒャダルコ連発はツライものがあります。

完璧すぎないAIがときにもどかしくもあり、可愛らしくも感じるといったところでしょうか(笑)
今回の消化不良気味の勝利も、ある意味人間くさいのかもしれません。
それをコンピュータが演出するんですから、やっぱりFC版のAIは凄いです。
Posted by タギー at 2017年05月04日 10:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。