DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2016年09月24日
DQH2熱は落ち着き、夏のイベントも無事終わったところで、久々にDQ4プレー記の予告を打っておこうと思います。

10回まで進めてきたプレー記、以降はどうしようと考えていたのですが、どうにか案がまとまってきました。一応二部作の予定です。このブログもあとプレー記2本分は延命されることになります(笑)

   ◇◇◇

突然ですが導かれし者たち8人は2種類に分別できます。

馬車の外を歩む者、と
馬車の中で過ごす者、です(笑)

いわゆる1軍と2軍です。
誰が1軍で誰が2軍かなんて、当然プレーヤーによって違います。全員まんべんなく使うという人も勿論いるでしょう。
……が、ネット等、色々と見て回ると「このメンツが人気っぽい」というのは大体分かります。「主にルックス、次に性能」で決まっているような雰囲気。

先日まで東京渋谷で「ドラゴンクエストミュージアム」が開催されていました。
その中に天空シリーズの世界をジオラマで表現しているコーナーがあり、DQ4では全5章の名場面が再現されていましたが、デスピサロ戦を再現したジオラマにおいて、デスピサロと戦っているのは勇者、アリーナ、クリフト、マーニャです(トルネコもいるが岩陰に隠れている設定^^;)

一軍のみなさん
(アリーナが見えづらいので別角度から拡大)

バランス型パーティー(勇者含む打撃系2人+僧侶系+魔法使い系)で見た場合、どうも世間的に勇者、アリーナ、クリフト、マーニャが1軍と見る向きが多いようです。某氏のトルネコの歌でもそうです。

勇者+打撃枠:勇者、ライアン、アリーナ、トルネコ
勇者は自分の分身だし、自在に操作できるし、縛りプレーでもない限り使わない理由がない! ルックス面もOK。
あとの1枠はかわいいお姫様なのに会心連発。ルックス、性能申し分なしのアリーナ。ライアンもなかなか優秀だけど……見た目がピサロやテリーだったらまた違ったかもね(笑)トルネコはまあ、お察しください。

僧侶枠:クリフト、ミネア
ほぼ同年代の美男美女で競合するという、本来なら激しい火花が散りそうな悩ましい枠も、FC版の場合は性能面(成長面)でクリフトが優位。

魔法使い枠:ブライ、マーニャ
こちらは圧倒的にルックスで選ばれる枠。性能面はトントンもマーニャ優位。ブライがククールばりのイケメンプレイボーイだったら大地を揺るがす派閥争いが勃発した、かどうかは不明。

そんな感じで、勇者、アリーナ、クリフト、マーニャに落ち着くようです(推定)

というわけで、今回の2部作では1回目に1軍4人による冒険、2回目に馬車組4人による冒険のプレー記を……と言いたいところなのですが、結局のところ勇者がいる方のパーティーが圧倒的に有利だと思いませんか?
ぶっちゃけ、勇者さえいればどんなメンツでもどうにかなるのです。呪文を制限してもどうにかなります(益荒男四人衆で実証された感がある)
不人気のオヤジ3人(私は好きだよ!)だって勇者がくっつけば何ら問題ないのです。つまり1軍と呼ばれる人が凄いというよりも、多分勇者が凄いのです!!

ですから、当ブログのプレー記ではイマイチ出番が少ない勇者さんが実は偉大な存在であることを認識するために、金銭面では圧倒的な貢献度を誇るものの戦闘面ではちょっと微妙な立ち位置のトルネコを勇者枠に置き、

1回目(通算11回目) トルネコ、アリーナ、クリフト、マーニャ
2回目(通算12回目) トルネコ、ライアン、ブライ、ミネア


こういう編成にするとどうなるのかを試す2部作にします。これでもやはり1軍組の方が優位なのか、同等なのか、実は劣るのか?
勇者の凄さを認識するためのプレー記なのに勇者の出番が全く無いのは不憫なので、キングレオ戦、天空への塔攻略編のみ出動させ空気化を防ぐことにします(それでも十分に空気な気もするが……)

   ◇◇◇

11回目の今回は、勇者役のトルネコ、アリーナ、クリフト、マーニャという華やかなメンツによる冒険です。タイトルは「百花繚乱」とかにしときますね。

※百花繚乱(ひゃっかりょうらん):いろいろの花が咲き乱れること。転じて、秀でた人物が多く出て、すぐれた立派な業績が一時期にたくさん現れること。(出典:新明解四字熟語辞典)

<登場人物紹介>
勇者トルネコ:ひょんなことから勇者役に抜擢される。気まぐれ行動がハマれば百花繚乱の名に恥じない活躍を見せようが、スベった場合、途端に肩身が狭くなる胃痛のしそうなポジション。
王女アリーナ:お城の壁も軽々蹴破る怪力王女。攻撃面は神、守備面は紙。モットーは「やられる前にやる!」
神官クリフト:防御、回復、蘇生のスペシャリスト。打撃も「そこそこ」を微妙に下回る程度にはこなす。ザキ系連発はもはや「ご愛嬌」の領域。ブレス以外の守りは万全。
踊り子マーニャ:爆発炎上系呪文が得意な戦闘優等生。クレバーニングダンサー(今思いついた) 炎系の耐性が強い相手にどう立ち回るかが課題。

そういえば、ここで初めて「クリフトとブライ」「マーニャとミネア」の鉄板コンビが割れることになります。これは貴重な二部作だ!(笑)

開始時期は未定ですが、27周年までには始めたいです。


にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

この記事へのコメント
クレバーニング!なんかカッコいいですね!

なるほど、勇者役をトルネコがやって、トルネコ役は芋洗い坂係長に任せるわけですね(笑)
でも、これはなかなか興味深いプレー記になりそうですね。

1軍と2軍は、そう言われると、確かに1軍のほうが人気がありそうですが、実力的にはそこそこ拮抗しているようにも思えますね。
アリーナ>ライアンというのも、ルックスの話であって、実力差がそうであるとも言えないですし、マーニャとブライは、むしろブライのほうが知的戦略向きですし、クリフトのほうが使いやすい気はするものの、ミネアとの劇的な性能の差はHPぐらいのものですし(世界樹の葉と賢者の石があれば、ザオリクとベホマラーがなくてもなんとかなりそうですし)。
一番大きな差は、勇者>>トルネコですよね(笑)
それが、どちらともトルネコになるわけですから、これは1軍と2軍は、いい勝負になりそうな気がしますね。

今回もプレー記が待ち遠しいです(^o^)/
Posted by かえさる at 2016年09月25日 03:35
トルネコ役は場合によっては我善導さんになるようです(笑)

アリーナとマーニャは特にザコ戦で強みを発揮するタイプかなと思います。ボスのような長期戦になってくるとライアン、ブライが若干優位かも。
通常、場面によってメンバーを入れ替えれば良いのですが、メンバーを固定にするとその辺に制限が出てくるので、どういう違いが生じるのかは興味深いところです。
僧侶組に関してはHPの伸びや成長スピードではミネアがかなり不利ですが、それ以外の面ではあまり差がない……とは思うので、こちらもやってみてのお楽しみですね。

個人的にはミネアとヒゲオヤジ3人がどう絡むのかが今から楽しみです(笑)
Posted by タギー at 2016年09月25日 09:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。