DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2016年03月29日
2回の予定でおまけを載せます。

1回目は今回のプレー記の個人的テーマであった「通常のプレーにおいてミネアは実用に耐えられるのか」について書きます。
ミネアファンだったら彼女を使うのは当然なのでこんなの書く必要もないんですけど、無駄な文章を書くのが好きなんです(笑)

もう何度も書いているのでアレですが、私はDQ4発売当初からミネアファンだったわけではなく、ファンになったのは5年ほど前からで、DQ4歴が長い割にはまだまだ日の浅いミネアファンです。
このブログを始めて色々とプレー記を書いている最中にミネアファンになったので、転身後ごく普通のプレーをしたのは今回が初めてでした。
人数制限プレーのときは「使わざるを得ない」状態ですし、裏技乱舞プレーだと裏技でどうにでもなってしまいます。人数制限もなく、裏技も使わないような普通のプレーの場合、他の有能なメンツを押しのけて「成長が遅くて低い」という非常に残念な特徴を持つミネアを活躍させることが出来るのかには興味がありました。
なので今回、通常プレーを通してミネアは実用に耐えうるのか否かを検証することにしたわけです。
ちなみにファンになる以前、通常プレーでミネアをメインに使ったことは一度もありません。せいぜい5章のキングレオまで出して、以後馬車暮らしというパターンが殆どでした。

ではまず、ミネアのレベル1〜32の成長記録を載せます。今回レベルアップ時の数値の吟味はしていません。運任せです。
攻撃力と守備力は省略です。

L1 H18 M7 力4 早4 体9 賢6 運6

L2 H22(+4) M10(+3) 力5(+1) 早5(+1) 体11(+2) 賢8(+2) 運9(+3)
↓(ちからの種使用)
L2 H22 M10 力8(+3) 早5 体11 賢8 運9

L3 H24(+2) M14(+4) 力10(+2) 早7(+2) 体12(+1) 賢9(+1) 運13(+4)

L4 H28(+4) M18(+4) 力11(+1) 早9(+2) 体14(+2) 賢10(+1) 運15(+2)

L5 H31(+3) M21(+3) 力12(+1) 早11(+2) 体16(+2) 賢11(+1) 運18(+3)

L6 H35(+4) M25(+4) 力14(+2) 早12(+1) 体18(+2) 賢13(+2) 運20(+2)

L7 H38(+3) M30(+5) 力15(+1) 早14(+2) 体20(+2) 賢15(+2) 運21(+1)

L8 H39(+1) M33(+3) 力16(+1) 早16(+2) 体21(+1) 賢17(+2) 運23(+2)

L9 H43(+4) M36(+3) 力18(+2) 早18(+2) 体23(+2) 賢19(+2) 運25(+2)
↓(いのちの木の実使用)
L9 H47(+4) M36 力18 早18 体23 賢19 運25

L10 H51(+4) M41(+5) 力20(+2) 早19(+1) 体25(+2) 賢21(+2) 運28(+3)
↓(いのちの木の実、不思議な木の実使用)
L10 H56(+5) M44(+3) 力20 早19 体25 賢21 運28

(以下5章)

L11 H60(+4) M47(+3) 力21(+1) 早20(+1) 体27(+2) 賢23(+2) 運30(+2)
↓(いのちの木の実、ちからの種使用)
L11 H66(+6) M47 力22(+1) 早20 体27 賢23 運30

L12 H68(+2) M50(+3) 力23(+1) 早22(+2) 体28(+1) 賢25(+2) 運32(+2)

L13 H71(+3) M53(+3) 力25(+2) 早23(+1) 体30(+2) 賢27(+2) 運34(+2)

L14 H75(+4) M56(+3) 力27(+2) 早25(+2) 体32(+2) 賢28(+1) 運37(+3)

L15 H79(+4) M62(+6) 力29(+2) 早27(+2) 体34(+2) 賢29(+1) 運40(+3)
↓(ちからの種使用)
L15 H79 M62 力30(+1) 早27 体34 賢29 運40

L16 H82(+3) M65(+3) 力32(+2) 早29(+2) 体36(+2) 賢31(+2) 運42(+2)

L17 H87(+5) M69(+4) 力34(+2) 早31(+2) 体38(+2) 賢33(+2) 運44(+2)

L18 H91(+4) M74(+5) 力36(+2) 早33(+2) 体40(+2) 賢35(+2) 運46(+2)

L19 H93(+2) M78(+4) 力38(+2) 早34(+1) 体41(+1) 賢37(+2) 運49(+3)
↓(いのちの木の実、ちからの種使用)
L19 H97(+4) M78 力40(+2) 早34 体41 賢37 運49

L20 H98(+1) M82(+4) 力42(+2) 早36(+2) 体42(+1) 賢38(+1) 運52(+3)
↓(ちからの種使用)
L20 H98 M82 力43(+1) 早36 体42 賢38 運52

L21 H100(+2) M85(+3) 力45(+2) 早38(+2) 体43(+1) 賢39(+1) 運55(+3)

L22 H104(+4) M89(+4) 力48(+3) 早40(+2) 体45(+2) 賢41(+2) 運58(+3)

L23 H109(+5) M93(+4) 力49(+1) 早41(+1) 体47(+2) 賢42(+1) 運60(+2)
↓(ちからの種2個使用)
L23 H109 M93 力51(+2) 早41 体47 賢42 運60

L24 H111(+2) M96(+3) 力53(+2) 早42(+1) 体48(+1) 賢43(+1) 運63(+3)

L25 H112(+1) M99(+3) 力54(+1) 早44(+2) 体49(+1) 賢45(+2) 運66(+3)

L26 H114(+2) M102(+3) 力55(+1) 早45(+1) 体50(+1) 賢48(+3) 運69(+3)
↓(いのちの木の実使用)
L26 H119(+5) M102 力55 早45 体50 賢48 運69

L27 H123(+4) M106(+4) 力57(+2) 早46(+1) 体52(+2) 賢51(+3) 運72(+3)

L28 H128(+5) M110(+4) 力59(+2) 早47(+1) 体54(+2) 賢54(+3) 運75(+3)
↓(ちからの種使用)
L28 H128 M110 力62(+3) 早47 体54 賢54 運75

L29 H134(+6) M115(+5) 力64(+2) 早48(+1) 体57(+3) 賢57(+3) 運77(+2)

L30 H138(+4) M119(+4) 力65(+1) 早49(+1) 体59(+2) 賢60(+3) 運80(+3)

L31 H141(+3) M122(+3) 力66(+1) 早50(+1) 体61(+2) 賢63(+3) 運83(+3)
↓(いのちの木の実、ちからの種使用)
L31 H146(+5) M122 力67(+1) 早50 体61 賢63 運83

L32 H150(+4) M127(+5) 力69(+2) 早51(+1) 体63(+2) 賢66(+3) 運86(+3)
↓(いのちの木の実、ちからの種使用)
L32 H155(+5) M127 力72(+3) 早51 体63 賢66 運86

木の実類の使用は、
いのちの木の実:7個(最大HP+34)
ちからの種:10個(ちから+17)
不思議な木の実:1個(最大MP+3)

いのちの木の実は5個、ちからの種は3個余りました(うち、いのちの木の実1個は戦闘後に拾いました)
途中取り逃しもあるかもしれませんが、いのちの木の実は通常11個、ちからの種は13個程度拾えるようです。

全くドーピングしなかった場合のクリア時点のステータスは下記になります。

L32 H121 M124 力55 早51 体63 賢66 運86

デスピサロ戦でこのHPはちょっと不安です(ブライでさえレベル32でHP138)
攻撃力は185になり、最終形態ルカナンなしの与ダメージは35前後。
ドーピング有で43前後なのでそこまで大きくは変わりません。
すばやさはいつもよりも低い方に振れてしまったようです。

成長記録を見ると分かりますが、ミネアは途中で成長が鈍るのではなく、成長がずっとほぼ一定です。他のキャラは途中から成長期に入ってHPなどが大きく上がるのですが、それがありません。一貫して同じ調子で数値が上がります。そういうわけで、他のメンツと比べると相対的に成長が鈍ると感じるのかもしれません。

レベル32というのは、馬車が切り離されるダンジョン(パデキア洞窟以降8ヶ所)に全て連れて行っての数値です。皆勤はミネアだけです(勇者が6ヶ所、他が3〜4ヶ所程度)
さらに王家の墓ではぐれメタルを6匹倒して経験値を稼いでいます。

で、今回のミネアは普通に使えるレベルでした。
勇者が優先して回復してあげたりとか、要所でマホステを使ったりとか、多少(?)世話は焼きましたけど、それに応えてくれた形でしょうか。
ちからを優先的に上げたので打撃も最後まで本職にちょっと劣る程度の水準でこなしていました。HPが低くて困ったという場面も殆どなかったです。
つまり、全てのダンジョンに連れて行き、種でHPとちからを上げ、装備品も良いものを与えれば、それに応えて働いてくれます。
というわけで、通常プレーでも十分実用には耐えられたことが分かりました! めでたしめでたし!

……けど、それは贔屓しすぎだろうと言われると否定はできません(笑)
そこまで世話を焼けば使えるのは分かったけど、もうちょっと適度な手間で何とかならんのか? その辺のところも気になりますよね? 私も気になります(笑)
ソレを実際に調査するとなると次回以降のプレーになりますが、今回のプレーからある程度探ることも可能なはずです。ちょっと検証してみましょう。

まず、全部のダンジョンに連れて行かなくても大丈夫か?
デスピサロ戦で使うことを考えると、その時点でフバーハ修得は必須です。ヘルバトラー戦でも使えると尚良いです。バギクロスは贅沢品(?)なので我慢します。
フバーハを覚えるのはレベル29。必要経験値は221,131(最速のトルネコは12万チョイでレベル29になる。10万も違うじゃねーか!)
今回のプレーでクリア時にこの数値を若干上回っているのはブライでした(241,066)つまり、ブライのような経過をたどると、ヘルバトラー戦を迎えるあたりでレベル29になると考えられます。

今回のブライはどのぐらい出番があったのか。
馬車が切り離される洞窟へは3ヶ所連れて行きました。パデキアの洞窟、滝の流れる洞窟、王家の墓。たったこれだけです。
つまりその程度の出番でもレベル29に達する可能性があるわけです。まあ、どのダンジョンに潜らせるかは多少考えた方が良いと思いますが。
王家の墓だとはぐれメタルも多く現れますし、墓好き設定にも合うので(笑)王家の墓は含めたいところです(はぐれメタルを全然倒せなかったり、バルザック等のボス戦を死んだ状態で終えると厳しい)
1人だけレベル20台じゃなぁ……という場合はプラス1、2ヶ所連れて行きましょう。そうすればレベル30でデスピサロ戦も可能……なはず。

次、低すぎるHP問題。木の実をあげないとレベル32でもHP120台前半です。それが30となると110台中盤〜後半程度に落ちます。運が悪いとレベル29で100チョイなんてこともあります。木の実ナシはかなりキツいです。
デスピサロ最終形態で考えてみると、運が悪いと耐えられない攻撃も色々とありますが、せめて打撃一発ぐらいは耐えたいところです。これが耐えられる程度のHPがあれば(水の羽衣装備+フバーハ有りでの)冷たく輝く息連発にも耐えられ、生存率もグンと上がります。
それにはどの程度のHPが必要なのか。今回のレベル29でのすばやさ(48)を基準に、装備品によるのですが、まず水の羽衣は必須で、はぐれメタルヘルム(取れるなら盾でも良いです)を回せるなら130。水の羽衣+金の髪飾り+鉄の盾という紙装甲の場合でも140あれば何とかなると思います。

今回、レベル29のときのHPはいのちの木の実5個使用で134でした(レベル30で138)これならはぐれメタルヘルムを回せば大丈夫なレベルです。あと1〜2個食べさせて140台に乗せればなお安心。
どういうペースで木の実を与えればよいのかは、マーニャのHPを参考にしました。マーニャのHPを大きく下回るようなときには積極的に木の実を使った方が良いです。

私は趣味でちからも積極的に上げていますが、そちらは必須ではありません。武器もはぐれメタルの剣が必須というわけではありません。但し他の武器を装備させると打撃攻撃は期待できません。回復係と割り切るならそれでも良いと思います。幸いバギ系はエスターク以外のボスには通るので、攻撃はそちらで対処できます(ミネアはMPも低めですがバギ系はコスパが良いのでMPが足りずに困るという場面は少ないです。どうせバギマ止まりでしょうし(笑))

というわけで、今回のプレーをベースに考えれば、いのちの木の実で補強さえすればそこそこの出番でも実用に耐えられるような気はします。最大HP140、フバーハ、水の羽衣装備。この辺を押さえておけば、ショボい武器、金の髪飾り+鉄の盾でもデスピサロ戦で何とか使えるのではないかと踏んでいます(でも最終形態以外は無理に出さない方がいいかも(笑))
実際どうなのかは、いずれ試してみたいです。

いのちの木の実ナシでどうにかしたいならレベルアップ時の数値吟味しかないです(もはや「適度な手間」とは言い難いでしょうが)
28回のレベルアップで全てHP+4ならレベル29でピッタリ130。まあどうにかなるんじゃね? ってレベルです。
ちなみに吟味して育てた「クレバーカルテット」ではレベル28でHP150でした。クリアまでに木の実を2個あげています。28の時点で何個あげたのかは覚えてませんが、2個あげたとしても12を引いて138です。レベル29でHP140超も十分可能です(ときどきHPが5以上上がる場合もあるのです)

「木の実も吟味もヤダ」って場合は……「馬車の中で回復係」というある意味もっとも楽で実用的な使い方をオススメしておきますね(あれ?)

……って感じで、お外で適度に活躍させたいのならいのちの木の実を使うこと(もしくは数値の吟味)が前提となるので、やはり他のキャラと比べると少し使いづらいとは思います。ただHPとちからを上げると意外と活躍してくれる、とだけ付け加えておきます。弱っちいはずなのに粘って攻撃、回復、フバーハに奮闘する姿を見るとちょっとジーンときます。ミネアに転んだのもそれが原因の1つですしね。やっぱり、種や木の実は積極的に使うべきだと思いますよ。預り所の肥やしなんてとんでもない!

次回、そんな手塩にかけたミネアがフィニッシュを決めた感動のデスピサロ戦(学習後バージョン)をお届けします。おじいちゃんもトルネコもマーニャもドランも、みんな大活躍(?)だよ!


にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

この記事へのコメント
なるほど、こうして見ると、ミネアは一応ずっと平均的に上がっているんですね。
敵の強さのほうが、平均的ではないので使いどころ難しくなるというわけでしたか。

トルネコとミネアで、レベル29になる経験値が倍近く違うんですね。はぐれメタル10匹分も違うとは。。。

初プレイのときは、もっとレベル上げをするだろうから、もう少し高いレベルとステータスになる気がするので、そうすればちょっとは耐えれるようになるのかもですね。
HP120でボス戦は、怖すぎます。

原作かリメイクか、だんだん記憶が定かではなくなってきましたが、レベル40程度だと、ライアンHP400、勇者350、アリーナ280、トルネコ300、クリフト240、ブライ200、マーニャ220、ミネア220(木の実を使うと250ぐらいあったような)、といったざっくりとした記憶です。
アリーナ以外は、記憶違いだったみたいです(^^;)
Posted by かえさる at 2016年03月30日 13:52
トルネコとミネア、一般的には鉄板の馬車組と見られていますが(笑)トルネコは留守番三昧でもそれほどレベルで後れをとることはないですが、ミネアは悲惨なことになりますね。どうしてこうなったんでしょう??
レベル29時点でミネアの次に経験値が必要なのは勇者なのですが、それでもミネアより約45,000も少ない数値で済みます(^^;)

レベル40だとどのくらいの数値なんですかね?普段あまりそこまでやらないのでよく分からないですが、ミネアのHP220ってかなり多いですね。リメイク版の数値でしょうか?
Posted by タギー at 2016年03月30日 20:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。