DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2015年12月28日
恐らく今年最後のプレー記記事です。
今回はキングレオ戦の詳細を載せます。決着戦のみ掲載。

◇戦闘開始時のHPとMP
 ゆんける HP111/111 MP51/51
 クリフト HP81/81 MP59/59
 マーニャ HP76/76 MP72/72
 ブライ  HP73/73 MP82/98

 キングレオ MAXHP400 MAXMP∞

◇敵の能力、耐性等
(耐性の表示 ◎=必ず効く ○=効きやすい △=効きにくい ×=全く効かない)
 キングレオ(1〜2回攻撃・毎ターン50程度の自動回復)
 打撃、ギラ、凍りつく息
 メラ・ヒャド・イオ系〇 ギラ・バギ・デイン系◎ マヌーサ・マホトーン△ ルカニ系◎ その他×

◇与・被ダメージの目安
 ☆キングレオ(守:80)への与ダメージ
  ゆんける(攻:99) 29前後(ルカニ後・49前後)
  ブライ(攻:33) 0〜1(16前後)
  クリフト(攻:58) 9前後(29前後)
  マーニャ(攻:31) 0〜1(15前後)
 ★キングレオ(攻:140)からの被ダメージ
  ゆんける(守:75) 51前後
  ブライ(守:60) 55前後
  クリフト(守:72) 52前後
  マーニャ(守:69) 52前後
(参考:はぐれメタル鎧装備のミネアの被ダメージ36前後←これでもクリフトは「スクルト不要」と判断する模様。ちなみにミネアの最大HPは87で、ダメージ幅が大きい方に振れても(36×1.125=40)打撃2回まで耐えられる計算。勇者は大きい方に振れる(51×1.125=57)と2回は耐えられない。他の3人は小さい方(0.875倍)に振れても2回は耐えられない。この辺がスクルトの基準と関係あるのだろうか?)

<1ターン目 いろいろやろうぜ>
ゆんける・打撃・32のダメージ
クリフト・薬草・マーニャ
キングレオ・凍りつく息・ゆ9 ク13 マ11 ブ9のダメージ
ブライ・ルカニ・成功
マーニャ・薬草・ブライ
ルカニを唱え幸先の良いスタート。必ず効くのに「いろいろやろうぜ」にしないと唱えないのが謎すぎる

<2ターン目 ガンガンいこうぜ>
ゆHP102/111 ク68/81 マ65/76 ブ73/73
キ400/400(以下、敵のHPは推定値)
ブライ・ヒャダルコ・40のダメージ
クリフト・マホトーン・失敗
マーニャ・ベギラマ・35のダメージ
ゆんける・打撃・44のダメージ
キングレオ・凍りつく息・ゆ10 ク9 マ10 ブ9のダメージ
キングレオ戦ではベギラマを差し置いてイオを唱えることが多いマーニャ。今回は何故かイオを唱えず。理由は不明

<3ターン目 いのちだいじに>
ゆHP92/111 ク59/81 マ55/76 ブ64/73
キ331/400
キングレオ・ギラ・ゆ12 ク12 マ12 ブ12のダメージ
キングレオ・打撃・ゆんけるに55のダメージ(25/111)
クリフト・スクルト・それぞれ守備力2倍
ゆんける・打撃・43のダメージ
マーニャ・薬草・ゆんける(25→57/111)
ブライ・打撃・18のダメージ
ここで「いのちだいじに」にしたのは回復のためではなく、クリフトにスクルトを使わせるため

<4ターン目 ガンガンいこうぜ>
ゆHP57/111 ク47/81 マ43/76 ブ52/73
キ320/400
ゆんける・ベホイミ・ゆんける(57→111/111)
ブライ・ヒャダルコ・43のダメージ
キングレオ・凍りつく息・ゆ10 ク11 マ9 ブ11のダメージ
キングレオ・凍りつく息・ゆ13 ク9 マ10 ブ13のダメージ
クリフト・マホトーン・成功
マーニャ・ベギラマ・31のダメージ

<5ターン目 いのちだいじに>
ゆHP88/111 ク27/81 マ24/76 ブ28/73
キ296/400
ゆんける・ベホイミ・ブライ(28→73/73)
ブライ・薬草・マーニャ(24→61/76)
クリフト・薬草・クリフト(27→62/81)
キングレオ・ギラ・無効
マーニャ・打撃・16のダメージ

<6ターン目 ガンガンいこうぜ>
ゆHP88/111 ク62/81 マ61/76 ブ73/73
キ328/400
キングレオ・打撃・マーニャに38のダメージ
キングレオ・凍りつく息・ゆ11 ク10 マ9 ブ9のダメージ
ゆんける・打撃・44のダメージ
クリフト・薬草・マーニャ(14→49/76)
ブライ・ヒャダルコ・37のダメージ
マーニャ・ベギラマ・33のダメージ

<7ターン目 ガンガンいこうぜ>
ゆHP77/111 ク52/81 マ49/76 ブ64/73
キ264/400
ゆんける・打撃・53のダメージ
ブライ・ヒャダルコ・45のダメージ
クリフト・打撃・27のダメージ
キングレオ・打撃・クリフトに35のダメージ
キングレオ・打撃・ゆんけるに29のダメージ
マーニャ・ベギラマ・30のダメージ
クリフトがマヌーサではなく打撃にいったのはこの時点でキングレオのHPが半分以上減っていた(166/400)からと思われる。

<8ターン目 いのちだいじに>
ゆHP48/111 ク17/81 マ49/76 ブ64/73
キ159/400
ブライ・打撃・16のダメージ
マーニャ・打撃・15のダメージ
ゆんける・ベホイミ・ゆんける(48→111/111)
クリフト・薬草・クリフト(17→48/81)
キングレオ・凍りつく息・ゆ9 ク10 マ11 ブ11のダメージ
「いのちだいじに」にすると途端に打撃に走る魔法使いコンビ(´・ω・`)
ホイミ使いのクリフトだが薬草があるうちはそちらを優先する模様


<9ターン目 いのちだいじに>
ゆHP102/111 ク38/81 マ38/76 ブ53/73
キ178/400
クリフト・打撃・32のダメージ
ゆんける・打撃・48のダメージ
キングレオ・凍りつく息・ゆ9 ク13 マ10 ブ11のダメージ
ブライ・打撃・14のダメージ
マーニャ・打撃・13のダメージ
意外と好戦的なクリフト(笑)「いのちだいじに」の意味がなかった。

<10ターン目 ガンガンいこうぜ>
ゆHP93/111 ク25/81 マ28/76 ブ42/73
キ121/400
ブライ・ヒャダルコ・35のダメージ
マーニャ・ベギラマ・38のダメージ
ゆんける・打撃・46のダメージ(キングレオの推定残りHP2)
キングレオ・凍りつく息・ゆ12 ク12 マ12 ブ11のダメージ
キングレオ・打撃・ゆんけるに36のダメージ
(ゆHP45/111 ク13/81 マ16/76 ブ31/73)
クリフト・打撃・30のダメージ
キングレオをやっつけた!
そろそろ倒せるかなと思い「ガンガンいこうぜ」に変更。珍しく勘が当たった(笑)
クリフトは回復よりもキングレオの殲滅を優先。ある意味当然の判断か。多分「いのちだいじに」だとしても攻撃を優先させたと思う(リメイクだとこういうケースでも回復を優先させることが多い)
ヒャダルコとベギラマでは平均してヒャダルコの方がダメージ量が多いようだ。


<戦闘終了>


ゆんける
今回は特別不満はありません。及第点。

ブライ
1ターン目ルカニはGJ! ヒャダルコも優秀なダメージソース。「いのちだいじに」だと打撃になってしまうのが難点だがルカニも決まってるし、まあいいか。

クリフト
スクルトにマホトーン、守りの面で活躍。最後の行動判断もGOOD!

マーニャ
最初からベギラマ選択だったのは〇 ブライ同様「いのちだいじに」だと打撃になるのが玉にキズ。


と、こんな感じのキングレオ戦でした。前回11ターンかかったとかマーニャがイオを唱えて云々とか書いてしまいましたが誤りだったので訂正しておきました。
次回の掲載はバルザック戦の予定。キングレオと違い補助系が全く効かないのでキツい戦いになりそうです。


つづく


にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

この記事へのコメント
今回はみんな素晴らしい活躍ですね!
ゆんけるはAIじゃないのに評価の対象になっているのが地味に可笑しいです。

見ていると、わりと危険な状態でも攻めに行っていて、それでうまくいっているのが、やはり見切っているなと思わされます。ゆんけるはいい仕事していると思いました。
最後のターンもトドメの勝負に行っていて、ターンの最後にやっとクリフトが仕留められたという状況なら(普通の人なら)肝を冷やすところですが、何か冷静さを感じてしまいますね。笑

薬草は平均的に35回復しているようですが、ちょっとホイミよりもいいということですかね?ホイミは、約30とよく表記されてますよね。
Tのときは、明確に薬草のほうが回復が大きかったんですけどね。

ダメージの振れ幅が上下12.5%だというのは初めて知りました!100ダメージだと13ずれる(最大と最小は25〜26違う)と思うと、運要素もやっぱり大きいですね。後の作品では、弱点を突いても1.2倍程度だということもあるので、振れ幅で1.125はバカにできないですね。
Posted by かえさる at 2015年12月29日 10:55
勇者は作戦指示、自身の行動が適切だったかを主に評価しています。
もっとも自分の行動を自分で評価するので客観的とはいえませんが(笑)

今回の勇者は自分とブライのHPを優先的に回復するような行動をしました。
なるべく大きなダメージを与えられる者を優先回復しています。
あとの2人は誰かがなんとかしてくれるだろう、みたいな(^^;)
クリフトがマヌーサではなく打撃攻撃をしたのは相手のHPが結構減っているという目安になっています。

見た感じだと薬草の回復量の方が多いように思えますが、単なる偶然なのかどうか??
薬草もなかなか侮れませんね。

FC版はだいぶ解析がなされているようで、ネット上には役立つ資料がたくさんあります。
そのおかげでこの先もまだ色々と楽しめそうです(笑)
本当にありがたいことです。
Posted by タギー at 2015年12月29日 20:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。