DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2015年12月07日
さて今回はAI戦闘になって初のボス戦、灯台タイガーと愉快な仲間たち戦の経過を詳しく載せます。各人の行動把握と自らのお粗末な戦闘指揮を顧みるために今後もボス戦は独立した記事にする予定です。

◇戦闘開始時のHPとMP
 ホフマン HP70/96
 ゆんける HP69/69 MP26/28
 ミネア HP68/68 MP37/50
 マーニャ HP45/45 MP21/50

 灯台タイガー MAXHP70 MAXMP9
 炎の戦士 MAXHP75 MAXMP8

◇敵の能力、耐性等
(耐性の表示 ◎=必ず効く ○=効きやすい △=効きにくい ×=全く効かない)
 灯台タイガー
 打撃、おたけび、ホイミ(最大3回)
 メラ・ギラ・イオ・バギ系◎ ニフラム× ラリホー系、ルカニ系○

 炎の戦士
 打撃、火の玉、ギラ(最大2回)
 メラ・ギラ系× イオ系△ バギ系◎ ニフラム△ ラリホー系○ ルカニ系◎

◇与・被ダメージの目安
 ☆灯台タイガー(守:83)への与ダメージ
  ゆんける(攻:71) 14前後
  マーニャ(攻:30) 0〜1
  ミネア(攻:56) 7前後
  ホフマン(攻:58) 8前後
 ☆炎の戦士(守:75)への与ダメージ
  ゆんける 16前後
  マーニャ 0〜1
  ミネア 9前後
  ホフマン 10前後
 ★灯台タイガー(攻:60)からの被ダメージ
  ゆんける(守:57) 15前後
  マーニャ(守:45) 18前後
  ミネア(守:65) 13前後
  ホフマン(守:47) 18前後
 ★炎の戦士(攻:70)からの被ダメージ
  ゆんける 20前後
  マーニャ 23前後
  ミネア 18前後
  ホフマン 23前後

ちなみに耐性やダメージ等のデータは戦闘後に調べました。終わってから調べても意味ないじゃん! って気もしますが。

それではスタートです。

<1ターン目 ガンガンいこうぜ>
炎の戦士A・火の玉・ホ8 ゆ6 ミ10 マ6のダメージ
ホフマン・灯台タイガーに8のダメージ
マーニャ・イオ・炎A17 灯24 炎B23のダメージ
灯台タイガー・おたけび・全員効かなかった
ゆんける・灯台タイガーに15のダメージ
炎の戦士B・火の玉・ホ6 ゆ9 ミ8 マ6のダメージ
ミネア・ラリホー・炎の戦士Aを眠らせた

<2ターン目 いのちだいじに>
ホHP56/96 ゆ54/69 ミ50/68 マ33/45
灯23/70 A58/75 B52/75(以下、敵のHPは推定値)
炎の戦士B・火の玉・ホ6 ゆ9 ミ6 マ6のダメージ
ホフマン・ちからため
ゆんける・灯台タイガーに16のダメージ
炎の戦士A・目を覚ました
灯台タイガー・ホイミ・灯台タイガー(回復量30と仮定)
マーニャ・薬草・ホフマン(50/96→87/96)
ミネア・炎の戦士Bに7のダメージ
このターンで何故「いのちだいじに」にしたのかイマイチ不明。変える必要はなかった気が……。マーニャの回復行動早すぎ!

<3ターン目 いのちだいじに>
ホHP87/96 ゆ45/69 ミ44/68 マ27/45
灯40/70 A58/75 B45/75
炎の戦士A・ホフマンに20のダメージ
ミネア・炎の戦士Bに7のダメージ
マーニャ・イオ・炎A無効 灯24 炎B17のダメージ
炎の戦士B・火の玉・ホ10 ゆ10 ミ9 マ8のダメージ
ゆんける・灯台タイガーに15のダメージ
灯台タイガー・ミネアに15のダメージ
ホフマン・灯台タイガーに18のダメージ
灯台タイガーをやっつけた!
ミネアが2回連続で炎の戦士Bに攻撃した時点でBの残りHPの方が低いであろうと推測していれば、5ターン目に勇者はBを攻撃したかも(とはいえリアルタイムでは前ターンのミネアの行動など覚えていない)

<4ターン目 いのちだいじに>
ホHP57/96 ゆ35/69 ミ20/68 マ19/45
灯0/70 A58/75 B21/75
炎の戦士B・火の玉・ホ6 ゆ10 ミ9 マ9のダメージ
炎の戦士A・火の玉・ホ9 ゆ6 ミ8 マ10のダメージ
マーニャはしんでしまった
ホフマン・ちからため
ミネア・薬草・ゆんける(19/69→58/69)
ゆんける・薬草・ミネア(3/68→42/68)
運が姉妹の明暗を分けた……って、運の良さはマーニャの方が高いはずだが(笑)
自分のHPが残り3にも関わらず勇者を先に回復したミネア。結果的にミネアのHPも回復できたが、彼女の行動を美談とすべきか、判断が悪いと評するべきか(それとも彼女の性格なのか)
ホイミより薬草の方が回復量が多い? ホイミ30強、薬草40弱という感じ。偶然?


<5ターン目 ガンガンいこうぜ>
ホHP42/96 ゆ58/69 ミ42/68 マ0/45
灯0/70 A58/75 B21/75
炎の戦士B・ギラ・ホ12 ゆ17 ミ10のダメージ
炎の戦士A・ミネアに20のダメージ
ホフマン・炎の戦士Aに18のダメージ
ゆんける・炎の戦士Aに14のダメージ
ミネア・ホイミ・ミネア(12/68→46/68)
問題の(?)5ターン目。観察不足で勇者は炎の戦士Aを攻撃してしまう。ホフマンはランダム行動なので仕方なし

<6ターン目 ガンガンいこうぜ>
ホHP30/96 ゆ41/69 ミ46/68 マ0/45
灯0/70 A26/75 B21/75
炎の戦士B・ホフマンに22のダメージ
炎の戦士A・火の玉・ホ8 ゆ6 ミ6のダメージ
ホフマンはしんでしまった
ゆんける・炎の戦士Bに16のダメージ
ミネア・ラリホー・炎の戦士Aを眠らせた
5ターン目の勇者の行動が適切だったらこのターンで確実にBを倒せた。それはともかく、ミネアは炎の戦士Bにトドメを刺せたはずだが何故かAにラリホー

<7ターン目 ガンガンいこうぜ>
ホHP0/96 ゆ35/69 ミ40/68 マ0/45
灯0/70 A26/75 B5/75
炎の戦士B・火の玉・ゆ9 ミ7のダメージ
炎の戦士A・眠っている
ミネア・バギ・炎の戦士Bに11のダメージ
炎の戦士Bをやっつけた!
ゆんける・炎の戦士B死亡につき空振り

<8ターン目 いのちだいじに>
ホHP0/96 ゆ26/69 ミ33/68 マ0/45
灯0/70 A26/75 B0/75
炎の戦士A・眠っている
ミネア・ホイミ・ゆんける(26/69→59/69)
ゆんける・炎の戦士Aに18のダメージ
炎の戦士Aが眠っているのに作戦を「いのちだいじに」にするなんてダメすぎる。変えなきゃミネア次第で戦闘終了だったかも

<9ターン目 いのちだいじに>
ホHP0/96 ゆ59/69 ミ33/68 マ0/45
灯0/70 A8/75 B0/75
炎の戦士A・目を覚ました
ゆんける・炎の戦士Aに17のダメージ
炎の戦士Aをやっつけた!

<戦闘終了>


ゆんける
プレーヤーの冴えなさを反映して、冴えない戦いぶりを披露。4ターン目の「ミネアに薬草」だけは好プレーと自賛してみる。

マーニャ
途中離脱も、炎の戦士にも効果があるイオは貴重なダメージソースだった。ホフマンへの素早すぎる回復対応は謎。

ミネア
打撃、バギ、ラリホー、ホイミ、薬草とバラエティ豊かな行動を披露したが、判断が微妙な場面も。瀕死の自分より勇者を回復するという行動は評価が難しい。

ホフマン
離脱するまで壁役として活躍。「ちからため」による攻撃も侮れない。NPCなので行動に不満はナシ。


と、こんな感じの戦闘でした。こうやって振り返ると結構お粗末な戦いぶりです。もっと上手に立ち回っていれば1〜2ターン程度短縮できたかもしれません。
どうも私はすぐに「いのちだいじに」にしたがるチキンのようなので(今回4ターン目以外は「ガンガンいこうぜ」でも良かったはず)、もっとしっかりと戦況を把握して適切な作戦指示と行動が出来ればと思います。今後の課題です。


つづく


にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

この記事へのコメント
まず戦闘突入の時点で(見落としなのか計画なのか?)ホフマンのHPが減ってるんですね(笑)

こうして見ると、文字だけでも、いろいろと面白いです。(譜面だけで将棋を指しているみたいですね)
1ターンごとのタギーさんの考察が面白いです。

確かに5ターン目の勇者の行動は、合理的に考えると悪い手ということになってしまいますが、(普通は)敵の残りHPがわからないので(2ターン前のミネアの行動を覚えておくのも難しいです)、こういう手を打つのも普通ですよね。(リアルタイムで計算しているわけではないんですよね)
終盤のいのちだいじににしても、残りHPがわからない以上、やむを得ませんね。(ミネアは敵のHPを知っているのだろうけど)
あるいは乱数が、次のターンはミスることまで見抜いていたとかのクレバーすぎる理由があったりすると面白いです。(もっとも、それが見抜けるならラリホーが失敗したりはしないはずですが。ザラキの無駄打ちとかも)

1ターン目にいい形でスタートしたものの、中盤で隙を見せると流れを奪われ、終盤になってまた巻き返すシーソーゲーム展開にドラマ性を感じました。9ターン目での勝利が、ちょうど野球で9回の攻防を制してサヨナラ勝ちしたようにも思えます。(だから8イニング目にミネアはトドメを刺さなかったんだ、と好意的解釈をすることにします。笑)
Posted by かえさる at 2015年12月08日 15:29
ホフマンは「まあ70あればいいか」と思って回復させませんでした。代わりに2ターン目でマーニャが回復してくれましたが。
今思えば最初から満タンにしておけば2ターン目のマーニャはイオを唱えていたかもしれませんね(^^;)

やはりメモしながら進めでもしない限り、細かく把握するのは難しいですよね(難しくない人もいるかもしれませんが)
でも記録を取りながらだと時間ばかりかかるので今後もそれはやらないと思います。
観察力や記憶力が向上するように努力するしかないです(`・ω・´)

9回サヨナラ……なるほど!ミネアはそこまで考えて行動していたわけですね(笑)
打撃で十分倒せただろう炎の戦士Bにバギでとどめを刺すあたり、ミネアは85%地味でありながらスタンドプレーが好きなのかもしれません(?)
意外な一面を発見した気分です。今後も注意深く観察してみようと思います!
Posted by タギー at 2015年12月08日 23:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。