DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2015年11月14日
マーニャ、ミネア、オーリンの3人はキングレオ大臣を驚かせるための火薬を手に入れるため、ハバリアから西にあるというアッテムト鉱山へ行くことになりました。
途中、北側の岬に祠が建っていたので入ってみると、中にはシスターが1人。どうもここは「お告げ所」のようです。神のお告げがくだる聖なる祠なのだとか。
そこで出た「お告げ」はマーニャたちにとってはあまり喜ばしいものではありません。

暗黒の力によって守られている

バルザックは巨大な暗黒の力によって守られているというのです。
ただし、マーニャやミネアもまた、光輝くものに守られているようです。

光輝く力によって守られている

絶望こそが旅の始まり

絶望に打ちひしがれたそのときこそ、あなたたちの旅が始まるのです――この「絶望」が何を指しているのか、今はまだ分かるような分からないような(え?)……とりあえずまずはキングレオ城内の秘密を暴くことが先決。アッテムトへと急ぎましょう。

道中、相変わらずエンカウントが多いですがオーリンがいるので安心感が違います。見かけによらず強いうえに団体で出没する厄介な「エビルハムスター」はラリホーがよく効きます。これで相手の手数を減らしましょう。バギよりもラリホーで対処する方が受けるダメージは減ります。

西に進み、北西に突き出た半島を北上したところにアッテムトの町があります。入ってみると、音楽がエレジー。即座に「ここはアカン場所や!」と分かります。4章はキングレオの不気味感とアッテムトの絶望感が際立っています。
ここはまず、人々に話を聞いてみましょう。

<昼夜の情報>
・鉱山から変なガスが湧いて人がバタバタ倒れた
・お城から火薬づくりを禁止された。残りの火薬は鉱山内に残っている
・命が惜しかったら鉱山には入らない方がいい
・あの鉱山からはまだまだ金が出るはず……
・我が遺跡を荒らす者に災いあれ(夜のみ現れる火の玉)
・返事がない、ただの屍のようだ。しかしその手には手紙が握りしめられている……

今度2人で会いに行きます

ハバリアの宿屋(夜)で話を聞いた姉弟。彼女らの父親と思しき人物は既に白骨化していました。しかしその手には娘(姉)からの手紙がしっかりと握られていたのです。「今度2人で会いに行きます」という最後の一文を胸に、亡くなるその瞬間まで子どもたちを思い、頑張ってきたのでしょう。既に父が亡くなっていると知っていた姉の方は、実際にこの状況を目にしたのでしょうか……。
事情は違えど同じような境遇のマーニャとミネアは一体何を思ったか。ファミコン版なのでBボタンで心境を探るのは不可能です。プレーヤー各人の想像に委ねられます。

夜の教会

ここは教会の神父さんすら夜は倒れてしまうほどの毒ガスにあふれた町ですが、何故か2人の中年女性だけはゴホゴホ言わず普通に振る舞っています。頑強なんですかね?

鉱夫の1人が「あの鉱山からはまだまだ金が出るはず」と言っていることから、既に多少なりとも金が出ていると推測されます。リメイク版では「炭鉱」と表記されていたので、石炭を掘っているついでに金が出ないか探っているのだと思っていましたが、ファミコン版では「たんこう」という言葉は出てきません。どうもここは(埋蔵量の多寡は別として)金山であるようです。ガスが出るまでは豊かな町だった可能性もあります。
既にご存じとは思いますが、アッテムト鉱山は某所へと繋がっています。某所で居眠り中のあのお方も不完全ながら進化の秘法を用いていました。進化の秘法の完成に必要な黄金の腕輪と、金山と推定されるアッテムト鉱山。さらにはこの地方で以前から研究が進んでいた、鉄を金に変えようとする錬金術。その研究の過程で偶然発見されたという進化の秘法。どうも進化の秘法と金には大きな関係がありそうです。進化の秘法の完成には金、できればかなりの量の金が必要なのでしょうか。鉱山には金が埋蔵されているけれど、鉱山内にまばらに散っているので量的に足りない。でもあるとき誰かが鉱山で採掘した金を集めて純金製の腕輪を作ったとしたら……そんな想像もできますね。もちろん真実は分かりませんが。
5章に入ると店頭で見かける「金の髪飾り」は、あの値段(540G)と魔族側の無関心ぶりを考えると金メッキなのかもしれません(笑)
キングレオの魔法研究家(前回登場のA氏)が言う「若き乙女の魂」との関係はサッパリ分かりませんが、乙女の魂には金に通じる何かがあるのでしょうか? 進化の秘法はこれらから連想されるもの、富や色、栄華、いわゆる様々な「欲望」が糧となっているのか……。
その他にも、仮に黄金の腕輪がアッテムト鉱山の金で作られたとして、何故それがサントハイム地方のフレノールの町に渡ったのか、などなど、酒の肴になりそうなネタばかりです。あいにく私は酒は飲みませんがヽ( ´ー`)丿

それはさておき、火薬はどうやら鉱山の中にあるようですが「命が惜しければ鉱山には入るな」とも。命は惜しいけど火薬は欲しい。ここは覚悟を決めて鉱山内に入るしかないようです。が、その前に、現在所持金が1,000Gを超えているので一旦ハバリアへ戻って装備を整えます。ミネアにモーニングスターとうろこの盾を購入。これで4章の最強装備になりました。マーニャの方は鉱山攻略でお金が貯まったら整えることにします。

それではアッテムト鉱山へと向かいますが、内部でいくつかアイテムが手に入るかもしれません。道具欄が切迫してきたのでここでいのちの木の実を1個、ミネアに投入。上昇値は4(最低値)でしたが、今回は吟味しないと決めたので甘んじて受け入れることに(´・ω・`)

マーニャ
L9 H34 M38 力5 早18 体23 賢21 運29

L10 H36 M42 力5 早20 体24 賢26 運32 攻19 守32 リレミト
いばらの鞭 皮のドレス 羽根帽子


ミネア
L8 H39 M33 力16 早16 体21 賢17 運23

L9 H43 M36 力18 早18 体23 賢19 運25
↓(いのちの木の実使用)
L9 H47 M36 力18 早18 体23 賢19 運25 攻51 守54
モーニングスター 鉄の鎧 うろこの盾 羽根帽子


オーリン
H95 力54 早18 攻82 守43
鉄の槍 青銅の鎧 うろこの盾 皮の帽子


アッテムト鉱山

戦闘をこなしながら進むことにします。モーニングスター装備のミネアの打撃は15前後のダメージとまあまあ。時にはラリホーやバギも使っていきます。メインはもちろんオーリンの打撃です。マーニャはギラを使いますが、リレミト分のMP(8)は残すようにします。入り口近くの不思議な木の実と、地下1階奥の銀のタロットを手に入れつつ地下2階へ。
ちなみにこのダンジョンでのお宝取り分はマーニャが銀のタロットでミネアが不思議な木の実のようです。え? 普通逆じゃないかって? 仕方ないです、マーニャが決めたことですから。年長者には逆らえません。
当然ながらマーニャにタロットカードは扱えませんので、恩を着せつつミネアに譲ります。銀のタロットの売価は375G。売価は買価の3/4ですから店で買えると仮定すると375×4/3で買価500G。これでマーニャの貸しは908Gになりました。え? 普通は売価を採用しないかって? 仕方ないです、マーニャが法律です。
さて、借金をして(?)銀のタロットを手に入れたミネアは早速カードを引いてみました。

塔のカードを引いた!

わお! いきなりソレかよ! みんなして大ダメージを受けますが、幸い命に別状はないようです。無駄な回復でMPを浪費しつつ、さらに進みます。
またもやタロットを引くミネア。マーニャへの腹いせなのでしょうか。

引いてはいけないカードを引いてしまった!

オーリンとばっちり
(血も凍るような寒さがミネアを襲ったのに逝ったのはオーリン´;ω;`)

しかしオーリンがとばっちりを受けてしまいました。前回プレー記(いろいろやりすぎ)のマーニャに続き、今回はオーリンを葬ったミネア。今度オーリンをメイド喫茶にでも連れて行ってあげるようですネ! それとも酒場の2階かな?
ちなみに、塔のカードの場合「とうの カードをひいた!」と表示されますが、引いてはいけないカードの場合は「ひいてしまった!」となります。細かいところにこだわりを感じます。

さて、思いがけずに最大の戦力を失ってしまったマーニャたちは逃げるようにして最深部を目指します。さすがにもう怖くてタロットは引けません。

逃げ回って、どうにか地下3階へたどり着きました。このフロアでは2人の鉱夫がなおも鉱山を掘り進めています。「金が出るまでは頑張るんだ」と言っていますが、金は既に出ていたのではないのでしょうか? 鉱夫たちの話が微妙に食い違っています。「今よりもさらに多くの金を掘り当てたい!」という意味なのかもしれません。とりあえず今は彼らに付き合っている場合ではありません。さっさと火薬壷を取って鉱山を脱出しましょう。

火薬壷を手に入れた

リレミトで脱出後10Gでオーリンを蘇生させ、ハバリアへ。1,200G以上貯まったのでマーニャの装備を揃えます。まずは防具屋で毛皮のコートを購入。武器はいつもなら毒蛾のナイフにするのですが、今回は鉄の扇を選択。ちからが5から全然上がってないし、どっちを選んでも大差ないはずです。毒蛾のナイフにしてもどうせバルザックはマヒしませんし、それならビジュアルを重視しましょう。ビジュアルは脳内で再生します。

またも無駄に長くなってしまったので今回はここまで。4回で終わらなかった……。

マーニャ
L10 H36 M42 力5 早20 体24 賢26 運32 攻27 守40
鉄の扇 毛皮のコート 羽根帽子


ミネア
L9 H47 M36 力18 早18 体23 賢19 運25

L10 H51 M41 力20 早19 体25 賢21 運28 攻53 守54 キアリク
モーニングスター 鉄の鎧 うろこの盾 羽根帽子


オーリン
H95 力54 早18 攻82 守43
鉄の槍 青銅の鎧 うろこの盾 皮の帽子


つづく


にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

この記事へのコメント
普通(先々を知らない人)はマーニャに木の実を使うであろう状況でも、先を知ってしまえば、(現段階ではあえてHPに差がつく感じで)ミネアに使うしかないですよね(笑)
この段階で、あの低HPのミネアは想像できないです。

進化の秘法と金が密接な関係を持っているという説には納得です。そうか、そう考えれば錬金術を研究している最中に進化の秘法を見つけてしまったことにも辻褄が合います。
もしかすると、エドガン氏の錬金術は成功していたのかもしれないですね。すでに金を作れていたから、こんなことになっていたのかも、とも思えます。
とはいえ、エスタークの時代にも進化の秘法があったので、エドガンが秘法の開発の第一人者というわけでもないのでしょうが。
でも、金と乙女の関連性はよくわかりませんね。ブロンド美女ってことでしょうか??
沈黙は金、というミントス在住の次期ホフマンの師匠の格言は置いておくとして(おじいさんなので。笑)

ところで、5章でミネアが仲間になるときの占いって、今思えば、お告げ所のシスターの受け売りだったんですね。
ホントに占いできるのかどうか、心配になってきました。
(タロットの占いではろくなカード引かないですし。笑)
スコット、大丈夫か?
Posted by かえさる at 2015年11月15日 09:53
どうもマーニャはレベル10を超えてくるとHPの成長が良くなるようです。で、ミネアは成長が鈍るというより高度成長期が無いようです。ずっと同じような成長を続けるので高度成長期があるキャラ(ミネア以外全員´・ω・`)と差がつくみたいです。
(厳密にいうとミネアはレベル50前後に短い期間、HPが高成長する期間があります。クリアレベルをとっくに超えているので余り意味がないですが)

コーミズ村のおじいさんの話によるとエドガンは結局金に変えることは出来ず、その代わりに進化の秘法を発見したとされていますが、詳しくはどんな状況だったんでしょうね? バルザックが何を狙ってエドガンの弟子になったのかも気になります。
ブロンド美女!(笑) だからマーニャとミネアはお呼びじゃなかったのか!!
でもDS版のCMで出ていた実写ミネアは何故か金髪だったのでヤバいですね(笑)

沈黙は金なり。導かれし皆さんはFC版では基本的に無口で沈黙状態なので魔物たちに襲われまくってますね。もしかしたら何かしらの関連性があるのかも??

スコットやばいですね。完全にカモかも。
「良くない運勢が出ていますが大丈夫、この(火薬)壷を10万Gで買えば運気上昇間違いなし!」とか言われてそう……。
Posted by タギー at 2015年11月15日 14:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。