DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2015年07月14日
さて、今回はいよいよデスピサロ戦です。
パーティーのレベル、勇者、ライアン、マーニャの3人はほぼ適正ですが、他の5人が30前後なのが少し気がかりです。ファミコン版の場合、マーニャはデスピサロとの相性も悪いので活躍できるかは微妙だし、ちょっと心許ないのですが、試してみないことには始まりません。とにかく一度挑戦してみましょう。

デスピサロの宮殿(デスキャッスル)は主力のライアン、勇者、マーニャ、ミネアで進めました。祈りの指輪も幸福の帽子も持っているのでMPは気にせず、戦闘もこなしながら進んでいきます。道中、ライアンとアリーナのレベルが上がりました。ライアン33、アリーナ29

デスピサロ戦の初戦は折角なのでNPCのお二人にも記念参戦してもらいましょう。但し死んだら蘇生せず、馬車に引っ込んでいただきます。

それではスタートです。

デスピサロ戦 1回目
勇者はまどろみの剣と天空の剣の二刀流+世界樹の葉2枚持参。
賢者の石はライアン、祝福の杖はマーニャが所持。

第一形態
ライアン、かおす、パノン、ホフマン
パノンとホフマンは0〜1のダメージしか与えられず、ハッキリ言って空気(当然か)
3ターン目に打撃の直撃を受けたパノンが一撃死で早くもアリーナと交代。そのアリーナも通常の打撃では2回分で10程度のダメージしか与えられない。完全な会心の一撃頼み。
かおすはまどろみの剣で25〜35、天空の剣で50〜60程度のダメージ。ドラゴンキラー装備のライアンも50〜60程度のダメージ。
11ターン目にようやくアリーナの会心の一撃が飛び出し、第一形態終了。
ホフマンはノーダメージで生存。

第二形態
ライアン、かおす、アリーナ、ホフマン
デスピサロの守備力が少し下がったため与えるダメージ量が増える。
アリーナは会心の一撃時130〜150程度のダメージ。この形態でも1回だけ出た。相変わらずホフマンに打撃が飛んでこない。運だけは良いようだ。
今のところ魔法職の皆さんが馬車の中なので無駄呪文を見ることもなく、ストレスフリー(笑)
5ターンで終了。

第三形態
ライアン、かおす、アリーナ、ホフマン→ブライ
奇跡的にまだ生存しているホフマンをここでお役御免にし、ブライを投入。いきなりヒャダルコを唱えた。ヒャダインを覚えているのに、じいさん相変わらずだな(但し次のターンからはヒャダインを使い始めた)
デスピサロの守備力が更に落ちて、アリーナでも40程度のダメージを与えられるようになる。会心の一撃は2回出た。幸いザキが飛んでくることもなく、4ターンで終了。初回にしては順調。

第四形態
ライアン、かおす、アリーナ、ブライ
デスピサロの守備力が若干上がり、与えられるダメージが減る。ヒャダインはよく決まり、まどろみ攻撃も炸裂。でも正直言うと、ブライにはヒャダインよりもバイキルトを唱えて欲しかったのに、全然唱えてくれなかった。
アリーナの会心の一撃はなかったものの、この形態も危なげなく5ターンで終了。
回復面については、ここまでは賢者の石とかおすの呪文で賄えている。

第五形態
ライアン、かおす、アリーナ、ブライ→クリフト
この形態からデスピサロの攻撃力が劇的アップなのでブライに代わりクリフトを投入も、いきなりザキ。まあ学習してないし仕方ないよね。途中からは持たせていた氷の刃を使いだす。ヒャド系なのでそこそこ効いた。
この形態ではなかなかまどろみ効果が発生しなかったが、クリフト投入のおかげで回復面は問題なし。但しスクルトは唱えなかった。
会心の一撃は1回。8ターンで終了。

第六形態
ライアン、かおす、アリーナ、クリフト
なんと! デスピサロがずっと眠っていたため誰も1ダメージも受けずに終了。最後のターンに念のためスクルトを唱えておいたクリフトが素敵。会心の一撃2回。4ターン終了。

最終形態
ライアン、かおす、アリーナ→マーニャ→アリーナ、クリフト→ミネア
1ターン目にいきなり「冷たく輝く息&激しい炎」というひどい組み合わせでクリフト死亡。蘇生はせず、フバーハ持ちのミネア投入。
以降、10回ものブレス攻撃(うち「1ターン中に連続ブレス」が2回)が飛んできたが、うち9回はフバーハで守られ高熱ガスレベルに引き下げる。死者もゼロ。フバーハ神! ミネアの打撃攻撃は与ダメージ35〜45程度でまあまあ。
デスピサロの守備力が上がり、アリーナの通常打撃が再びショボくなる(15程度)。会心の一撃にかけるか、時々しか当たらないメラゾーマにかけるか……などと考えて途中でマーニャを投入するも、結局メラ系は全部無効。
最後に再びアリーナを投入すると、会心の一撃を3ターン連続で発動。1ターン目でクリフトが死んだ以外は誰も死ぬこともなく、20ターンで終了。通算57ターン。
残念ながらトルネコを投入する機会はなかった。



というわけで、予想外の一発クリアでした。
もっとも、まどろみの剣があったからこその一発クリアだったとは思いますが。
個人的に嬉しかったのは虚弱体質のミネアが予想以上に戦力になったことです(笑)今後に希望が持てました。ライアンの安定感(HPとか攻撃順とか)も半端ないです。

ちなみに天空城に戻ると、ホフマンが消えてました(((゚Д゚))) パノンは居たんですけど。
でもって、ガチムチ天女姿のルーシアが無事持ち場に戻っていました。
だからきっと、ホフマンは消えたのではなく、パノンに姿を変えたのだと思います。かつてのルーシアのように(笑)

ホフマンいない
ホフマンが消えたΣ( ̄□ ̄lll)

ガチムチルーシア
懐かしい姿(ちょっと見づらいですが)

※デスピサロ戦でNPCが死んだ場合、戦闘後、マスタードラゴンは蘇生してくれません。つまりパノンが死んだままの状態で天空城へ戻ったため「ホフマンが化けた」だと本当は辻褄が合わないのですが、ここでは目をつぶります(笑)

「お、おれ、いきなり地面が崩れそうになって『もうダメだー! マジでチビるっす! 死ぬっす!』と思って必死に何かにしがみ付いたら、パノンさんの姿になってたっす! どうも変化の杖にしがみ付いてたみたいっす!」
「あーら、そうだったの。じゃあボウヤはこれからは『チビり芸人』として生きていくワケね」
「ホフマンが芸人かぁ。ねえ、もし劇場に出演することが決まったらわたしに教えてね。絶対観に行くから!」

……とまあ、こんな感じで。

最終ステータス・かおす 最終ステータス・ライアン
左から、かおす、ライアン

最終ステータス・アリーナ 最終ステータス・ブライ
アリーナ、ブライ

最終ステータス・クリフト 最終ステータス・トルネコ
クリフト、トルネコ

最終ステータス・マーニャ 最終ステータス・ミネア
マーニャとミネア


感動のエンディングは画像でお楽しみください。
シンシアとの再会シーンはこれまでに3回書いているのでこれ以上新しいネタが浮かびませんでした(´・ω・`)
言葉で語るよりも画像の方が何倍も感動することでしょう。
思い切りネタバレ写真ですが、ファミコン版をやっていない人はそもそもこんなトコ来ないだろうと見越して載せました(笑)

エンディング
美しい天空城

サントハイム城 バトランド城
アリーナたちとの別れ。ライアンとの別れ。

エンドール城下町
家族再会。トルネコとお別れ

コーミズの村 モンバーバラ劇場
お墓参り。劇場で姉妹とお別れ

山奥の村 再会
故郷の村にて。シンシアとの再会

大団円
大団円

コピーライト The End


今回の勇者かおすは天然系を目指したのですが、天然は最初の方だけだった気がします。結構サッパリした(素っ気ない)勇者だったような。2回目のときの女勇者ろうやると比べると淡々としたタイプかも。
ただ、意識的にホフマンと仲良しにしてみました。カップリングというわけではありませんが。今のところは「お友達」ぐらいの感覚。
ホフマンの口調はいつの間にか「〇〇っす」になってしまいました。なんでこうなったのか、自分にもさっぱり分かんないっす! でもまさか最後まで連れて行けるとは思っていませんでした。チビりキャラにしちゃってごめんなさい。
ルーシアに関しては……これまた「ごめんなさい」としか言いようが(^^;)途中からオヤジになった挙句皮肉屋という、ウザい人になってしまいました。多分パーティーがひ弱なうちに仲間にしてしまったからいけないんです。最初にガチムチ扱いしたからひねくれちゃったんだ(笑)
「こんなのルーシアじゃねぇよ(#゚Д゚)」と怒られてしまいそうです(´・ω・`)
でも悪い人ではないと思います。ただちょっと天真爛漫なだけです。ミネアのことも別に嫌いなわけじゃないと思います。ただ張り合っているだけです(笑)

そして今回は色々と裏技を使ってプレーしました。特に透明気球が強烈で、イベント順がバラバラになってしまいました。キングレオ、バルザック、エスタークは飛ばそうと思えば飛ばせたのですが、さすがにそれは心苦しいので戦うことにしました。
NPC関連もこんなに色々と裏技があるとは知らなかったです。新しい発見の連続でした。

色々と新鮮ではありましたが、こういうプレーは稀にやるから良いのであって毎回やるべきことでもないなと感じています。
ただ、姉妹2人だけでバルザックと戦えたのは燃えました。これはまたやってみたいかも……。

   ***

次回は秋ごろ、「25周年記念」と銘打って普通のプレーをする予定です。次がちょうど10回目なので、もしかしたらこれを一つの区切りにするかもしれません。しない可能性もありますが(笑)
何故秋にスタートかというと、私自身、DQ4のソフトを買ったのが1990年の秋だったからです。秋は私にとっての25周年記念なのです。

今回いかにも「いろいろやりすぎ・最終回」のような雰囲気ですが、すみません、まだ終わりません。
あと2回ぐらい続く予定です。

 −つづく−



かおす
L33 H239 M139 攻188 守181 力128 早104(52) 体125 賢42 運63 Ex331,366
装備:まどろみの剣、天空の鎧、天空の盾、天空の兜 星降る腕輪

ライアン
L33 H341 M0 攻235 守145 力145 早0 体180 賢13 運30 Ex276,083
装備:ドラゴンキラー、魔神の鎧、風神の盾、鉄仮面
※呪いのため素早さ0。本来の数値は確認できず。

アリーナ
L29 H246 M0 攻133 守103 力128 早126 体122 賢18 運111 Ex150,097
装備:キラーピアス、身かわしの服、金の髪飾り

クリフト
L28 H150 M109 攻137 守184 力37 早57 体75 賢51 運71 Ex148,146
装備:奇跡の剣、はぐれメタル鎧、ミラーシールド、鉄兜

ブライ
L28 H133 M148 攻63 守148 力13 早64 体67 賢102 運100 Ex160,967
装備:魔封じの杖 水の羽衣 はぐれメタルの盾 幸福の帽子

トルネコ
L31 H177 M0 攻177 守151 力77 早57 体92 賢40 運29 Ex170,346
装備:奇跡の剣 はぐれメタル鎧 鉄の盾 鉄兜

マーニャ
L34 H147 M205 攻87 守154 力24 早83 体83 賢106 運134 Ex302,331
装備:マグマの杖、水の羽衣、はぐれメタルの盾、金の髪飾り

ミネア
L31 H133 M120 攻198 守177 力68 早53 体61 賢57 運89 Ex299,828
装備:はぐれメタルの剣、水の羽衣、はぐれメタルの盾、はぐれメタルヘルム

パノン(中の人ホフマン)
Lチビり芸人 H85 M24 攻88 守53 力28 早38
装備:まどろみの剣 身かわしの服 木の帽子

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

この記事へのコメント
天女パノンと空気ホフマンが記念参加して、しかも、アリーナの攻撃も空気みたいなのに(会心あるから、たまに強いですが)、その上レベルも低いのに、1発で撃破するとは思っていませんでした!
それもこれも、タギーさんのアイテム配分や馬車ワークの妙ですよね、きっと。
過去のノウハウの蓄積は、やはり発揮されてるのだと思いました。
もしかしたら、可能性としては、パノンのまどろみがマグレヒットすることもあり得るかもなんですよね。(そんなミラクルは起きないのだと思いますが)

クリア時のステータスを見ると、かおすでも経験値はたったの33万なんですか?
腹姉妹のときの経験値は、その20倍や30倍はあったような記憶ですが、どうでしたっけ?とにかく、今回は攻略の面ではスムーズでしたね!

しかし、ここに来てホフマンがパノンになってしまうというアクシデント(←?)ですか(笑)
死んだはずのルーシアが生き返って持ち場に戻り、生きてたはずのホフマンが死体のパノンになってしまったとは。。。
1人生きてて、1人死んでるというのは、ある意味帳尻はあってますね。

生きてるホフマンが死んでるパノンに乗り移ったわけじゃなくて、変化の杖で姿を変えたという設定ですね。(バグに辻褄を合わせようとするのもすごいです。笑)

と、すると、ホフマン(の姿の人物)はこの世界には1人も存在しなくて、パノン(の姿の人物)は2人存在する、ということなんですね、きっと。
チビリ芸人としてデビューしたものの、モノマネ芸人(本物もモンバーバラにいるんですよね)に成り下がってしまいそうですね(笑)
Posted by かえさる at 2015年07月14日 15:29
本当に、まさか1回で終わるとは思いませんでした。過去の経験が生きていた、だと嬉しいのですが、どうなんでしょう??
デスピサロ戦はデジカメの動画撮影機能で撮影したのですが、改めて見てみると、結構運が良かったみたいです。ブレスがバンバン飛んでくるのにことごとくフバーハで軽減されたり。ミネアファンになる前はそもそもミネアを外に出すことがなかったので(笑)フバーハの有難さもよく分からなかったのですが、あの呪文は本当凄いですね。

パノンも多分1ダメージを与えることはできるはずなので、運が良ければそれで眠ってしまうこともあるとは思いますが、低すぎるHPがネックです(^^;)最後列だったら良かったのかな……。

腹姉妹のときはクリアレベルがトルネコで72でしたからね。確認してみたら340万でした。ゼロ1つ違います(((゚Д゚)))
アレはもう少し早くクリア出来なかったものかと、今でも思います。ミネアを吟味して、マーニャにルカニを使わせれば或いはとも思うのですが、いつかは試してみたいです。

ホフマンは何処に行っちゃったんでしょうね?
多分ED世界を巡る裏技を使えばミントスの宿屋にいそうな気もしますが(笑)
パノンが残って天女ルーシアもいるという状態は(話の上で)非常に困るので、苦し紛れにホフマンが変身したことにしました。
多分、超恐ろしい化け物を前にチビるどころかショック死してしまった可能性もありますね。それが一番辻褄が合うような(笑)

本物のパノンは一度別れてしまうとモンバーバラでも会うことはできません(劇場の演目がダンスに戻ってしまう)
一体どこに行ってしまったんでしょうね??
逆に言うと、チビり芸人には千載一遇のチャンスとも(笑)
Posted by タギー at 2015年07月14日 22:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。