DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2015年06月04日
ホフマンとアリーナ&クリフトの同居作戦にあえなく失敗した勇者かおす一行は、とりあえず先に天空への塔を上ることになった。
「な、なんスか、天空って?! おれそんな話聞いてないっす!」
 ホフマンはすっかりうろたえていた。
「うん、だって今初めて話したんだもん。ホフマンをビックリさせようと思ってたの!」
 かおすはにっこりと笑った。
「そ、そうなんスか?」
 その笑顔にホフマンも思わず表情が緩んだが、すぐに首をブンブンと横に振った。
「おれ、絶対場違いっす! 戦力的に空気だし、天空に行く資格なんてないっす!」
「大丈夫ですわ。もっと資格のなさそうなトルネコさんだって、無装備でのうのうとしているくらいですもの」
「ルーシアさんだとは分かっていても、オヤジ顔のオヤジ声で言われるとかなりムカつきますな」
「それにホフマンさんはまだ、ミネアさんより最大HPも高いですし、資格十分ですわ!」
「いちいち私のHPを引き合いに出さないでください」
 変化の杖で半永久的にパノンの姿となったルーシアは相変わらず天真爛漫であった。
「ルーシアちゃん、どうせならもっと若くてイイオトコに化ければよかったのに〜。例えばおじいちゃんの仲間のボウヤとか」
「……宿屋に丸投げしてきたクリフトめは大丈夫じゃろうか。心配じゃのう」
 ブライは不意に同僚のことを思い出し、表情を曇らせた。
 
 しかしそのつぶやきに、誰も言葉を返すことはないのであった……。

   ◆◆◆

というわけで、パデキアの根っこを持ちながら病気を治してあげないのは心苦しいですが、ホフマンを天空に連れて行くチャンスを逃すわけにもいきません。ここは速やかに天空を目指しましょう。一番高レベルなのがマーニャの24という少し心もとない一行ですが、逃げまくればなんとかなるはずです。
いつもそれでなんとかなっているので。


天空への塔 1回目

ライアン(22)−かおす(23)−マーニャ(24)−ミネア(21)のレベル上位4人で進める。
以前大量にむしり取った葉っぱと祈りの指輪を多めに持っていく。ミネアがザオラルを覚えているので多少心強い。ただ、そのミネアが一番死にやすいんだけど。
この塔、公式ガイドブックにはほぼ外観しか載っていない。いつもは迷いながら適当に進むのだが(いまだに構造を覚えていない´・ω・`)、低レベルの今回はそれが命取りになりかねない。
実は昔、方眼ノートにマップを書いて何処と何処が繋がっているのかを全部書き込んだことがある。なので今回は素直にそれを活用。ありがとう、25年前の私(笑)

天空への塔詳細マップ
(「導きの書」のノートに書いた天空への塔のマップ。1990年作成)

エンカウントはそれなりにあったが、なぜかよく逃げられる(ちなみに外観部分はエンカウントがない)逃げそこなっても攻撃を受けるのはHPの高い勇者とライアンばかりだったので大した被害もない(被ダメージも思ったほど高くなかった)ビーストの強烈痛恨の一撃もライアンがガッチリ受け止めた。さすが漢である。
ビースト×1、夜の帝王×1が出たときだけ戦ってみたけど、普通に勝てた。
今回は迷うことなく進めたからということもあるだろうけど、被害ゼロで頂上へ。そのかわりお宝は完全無視。小さなメダルがあったはずだから必要なら後で取りに行く。不思議なボレロはいらないかな。

天空への塔最上階

筋斗雲もどき

天空城
(一発で天空へ。塔を上る最中、徐々に空の青が濃くなるのが凝っている)

天空城へ着いたらまずはあのお方に会わなければ!と、世界樹のしずく栽培場へ。これ常識よね(笑)
次にマスドラさんに会って天空の剣を強化。経験値もゲット。レベルが低いので2〜3ぐらいアップするかと思ったら、1つも上がらなかった(´・ω・`) チッ、しけてやがる。
ちなみに、もしかしたら所定の場所にルーシア(元のガチムチルーシア)がいるかなと思ったけど、いませんでした。いたらいたで話の辻褄が合わなくなって困るんですが。
ルーシアがいないということは、ドランが仲間になることもないと思います。

ガチムチルーシアいない

1回城を出て、ホフマンとパノンを馬車から出して再び入城!
ホフマンとパノン、ついに天空へ! 購入25年にして初めての光景です。

パノンとホフマン、天空へ
(感動の光景)

   ◆◆◆

「どっひゃーー! く、雲の上を歩いてるっす! 下に落ちたらヤバイっすよー! おれ、チビっちゃいそっす!」
 ホフマンはどさくさにまぎれてかおすにしがみ付きながら、青い顔をしてブルブルと震えていた。
「まあ! ホフマンさんがお漏らししたら地上に雨が降りますわね」
「黄金の雨かなー」
「そういう品のない話はやめてください」
 好き勝手に話すルーシアとかおすを、ミネアが間髪入れずにたしなめた。

 ルーシアにとっては久しぶりの天空城である。彼女は城では竜の子どもの世話をする仕事をしていた。
「そういえば、ドランは元気にしていますかしら」
 ルーシアの足は自然と竜の飼育場の方へと向かっていた。

 飼育場にはいかにもヤンチャそうな竜の子どもが動き回っている。
「ドランがいましたわ! ドラン! 元気そうでよかったですわ!」
「グゴッ?!(なんだこのオヤジはっ?!)」
 いきなり駆け寄って抱き付いてきたルーシア(姿はパノン)に、ドランと呼ばれる仔竜は思わずたじろいた。
「ドラン、良い子にしてましたか? おいたしたらお仕置きですからね、ダメですわよ」
「グゴ、グゴゴーン。グ! グゴー(なんでこのオヤジ、ルーシアちゃんみたいな話し方してるんだよぉ。超きめぇ! 怖いよママー)」
「あらまあ、そんなに喜んでもらえると嬉しいですわ」
「すごーい、ルーシアってこの子の言葉が分かるの? よく喜んでるって分かるね」
 ルーシアとドランのやりとりにかおすは興味津々のようだ。
「言葉が分かるわけではありませんが、喜んでいることは分かりますわ! だって、わたしとドランの仲ですもの! ねぇ、ドラン」
「……あたしにはビビっているようにしか見えないんだけど」
「そんなことありませんわ! それより、よいですかドラン。わたしはもう少しだけお留守にしますけど、必ず帰ってきますから、それまで良い子にしてるんですわよ!」
 マーニャのツッコミを即座に遮り、ルーシアはドランにしばしの別れを告げるのであった。
「グゴーン、グゴー。グゴグゴ……(このオヤジ、マジでルーシアちゃんなのかよ。どうしてこうなった……)」

 −つづく−



かおす
L23 H170 M85 攻185 守174
装備:天空の剣、天空の鎧、天空の盾、天空の兜 星降る腕輪

ライアン
L22 H187 M0 攻188 守128
装備:奇跡の剣、ドラゴンメイル、風神の盾、鉄仮面

ブライ
L15 H68 M85 攻31 守111
装備:毒蛾のナイフ 安らぎのローブ はぐれメタルの盾 皮の帽子

トルネコ
L19 H106 M0 攻44 守17
装備:なし

マーニャ
L24 H104 M130 攻41 守139
装備:毒蛾のナイフ、光のドレス、はぐれメタルの盾、金の髪飾り

ミネア
L21 H88 M82 攻182 守133
装備:はぐれメタルの剣、水の羽衣、はぐれメタルの盾、金の髪飾り

ホフマン
Lきれいな空気 H96 M0 攻58 守47
装備:鉄の槍、青銅の鎧、うろこの盾、皮の帽子

パノン(中の人ルーシア)
L天女芸人 H85 M24 攻88 守53
装備:まどろみの剣 身かわしの服 木の帽子

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

この記事へのコメント
ここにきて25年前の導きの書が役に立つとは!(笑)
すごい!
と思って、自分の導きの所を引っ張り出してみたところ、
字が汚くて読めませんでしたorz
(まるでリック王子です)

25年前の自分は、
小さなメダルの位置を記録していたようなのですが、
まだ29枚しか見つけていない時期だったみたいです。
(あと1、2枚ありましたよね?)

ドランと天女芸人の噛み合わなさ具合がおもしろいです!
ところで、
ストーリー上の(タギーさんの)仲間はルーシアだけど、システム上の仲間はパノンなんですよね。
しかし、ルーシアは天空上に戻っていないとなると、
いったいどうなってるのでしょう??
「これは奇怪な!」by ブライ

もう、フラグがどうとか議論できる状況を逸脱しているような気もしますが、
パノンが仲間になったときに分身して、
うち1人が天空の兜と引き換えに去って行って、
もうひとり残っているのがパノンだけどルーシアという設定(タギーさん設定)になっていて、
しかしガチムチルーシアのほうはすでに消えていて、
天空上にも戻っていないとなると・・・?
また世界樹にいるとか・・・?

今の状況はどうなっているのでしょう??
(真面目に議論できる状況かどうかわかりませんが)
Posted by かえさる at 2015年06月04日 22:06
小さなメダルは全部で32枚です。
道端に落ちているタイプのメダルは見つけにくいですよね。

本物のルーシアは、恐らく文字通り消滅したのだと思います(^^;)
多分プレー中にどこかで登場するということはないでしょう。
デスピサロを倒して天空城に戻ったときに果たしているかどうか?って感じでしょうか。

消滅したのがルーシアではなくパノンの場合、その前に天空の兜を取っていないと天空への塔へ入れずに詰んでしまいます。
NPCどころか、導かれし者たちが消滅してしまうという恐ろしい裏技まであるようです(((゚Д゚)))

というわけで、天女な姿のルーシアとはED前で会えるかどうか、だと思います。
本当はもう少し長くガチムチルーシアを使ってみたかったのですが、パノンより先に仲間にしてしまったのが失敗でした。
Posted by タギー at 2015年06月05日 08:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。