DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2015年02月05日
 コーミズ西の洞窟で静寂の玉を手に入れた勇者かおす一行は、謎の乗り物に乗り込み、新たなる地へと向かった。
 謎の乗り物は無色透明であり、周りに何もない海の上に存在している。それに乗ると、なぜか乗員までが透明になってしまうのである。透明でありながら、まれに地上に影が映ることもある。なんとも不思議な乗り物であった。

謎の影

「むはは、この体まで透明になるということは、女風呂ものぞき放題ですなぁ」
 トルネコが言った。透明なので表情は分からなかったが、どうも鼻息だけは荒いようである。
「それいいっスねぇ。ウチの宿にも女湯ありますよ! おれが後を継いだら混浴にしようかなとか思ってるんスけどね」
 ホフマンも続く。やはりその鼻息は荒い。
「かおすちゃん、あのオジサンとボウヤ、オフロに入りたいみたいだから、海に突き落としちゃおうか」
「わぁ、海はとっても広いし、気持ち良さそうね! でも、海のお風呂って、ちょっと冷たくないかなぁ」
「これだけお日様が照っているのですもの、きっと表面は温かいですわ!」
「そうか! じゃあホフマンはわたしがお風呂に突き落とすから、重たいトルネコさんの方はガチムチのルーシアにお願いするね!」
「ガ……ガチムチではありませんわ! せめて細マッチョぐらいにしてくださいな!」
「……かおすさんもルーシアさんも、だいぶ『天然』みたいですね」
 現在主力である女性陣の会話に、トルネコとホフマンは震え上がり、すぐさま息を殺した。

 そんな他愛のないやりとりをしつつ、一行は、恐らく女湯が大盛況であろうガーデンブルグの城へと向かったのであった。

   ◆◆◆

というわけで、ここから2回の予定でガーデンブルグ編です。今回は窃盗犯として捕まりますが、バコタ退治には行きません。

通じてません
(いいえ、まだ道は通じていません。嬉しいような残念なような?)

まずは3人で捕まりに行きます。ルーシア−ミネア−ホフマンです。2番目と3番目は逆でも良いです。ミネアのポジションはマーニャでもトルネコでも(勇者以外なら)OKです。
このメンバーで捕まると、ミネアが人質になり、城を出るまでルーシアとホフマンの2人だけで行動することができます(通常NPCだけでは動けない)ちょっとした小ワザです。
今回は試していませんが、同様に「棺桶−勇者&NPC以外の生存者」にすると生存者が人質となり棺桶単体で移動できるようです。

NPCデート

   ◆◆◆

 ホフマンは大いに浮かれていた。ルーシアと2人きりで歩くこの瞬間、ホフマンはまさに青春を謳歌していた! 馬車を提供後しばらく続いた女性3人に自分1人という構図も良かったが、1対1は彼にとってまた格別であった。
「ルーシアさん、おれたち、周りから見たらどう映ってるんスかね?」
 照れくさそうに口にしたホフマンの質問にルーシアは一瞬あっ気にとられた。
 しかし、
「どう映るか、ですか? それはもう『仮釈放された窃盗犯』に他ならないのではないですか?」
 出した答えはまったくもって身もふたもないものであった。
「いや、そういう意味じゃなくてですね、その……つまり、アレです。まあ、いわゆる『恋人同士』に見えなくもないのかなぁ……なんちゃって! うぇっふぇっふぇえ! 言っちまったい!」
 ホフマンは自分が容疑者であることも忘れてすっかり舞い上がっているようだ。
「恋人、ですか……。確かに、男女が一対で行動していますし、そのように認識される可能性も微粒子レベルで存在するかもしれませんわね」
「そうっすか! 認識されてるんなら微粒子レベルでも微生物レベルでも大歓迎っす! ミジンコ上等っす!」
 限りなく否定に近い返事であったが、ホフマンはまったく意に介さなかった。
「スギ花粉でもH5N1型でもPM2.5でもよろしいんですの?」
「なんだかよくわからないけど、よろしいっす!」
「ホフマンさんって意外と命知らずですね。天空人と恋人同士になった場合、エンドールコロシアム838,861個分レベルの確率で天から雷が落ちますけど、それでもよろしいんですの?」
 いよいよ相手をするのが面倒になったのか、ルーシアは切り札を持ち出した。
「いいっ?! じ、辞退させていただきます!」
 天然を装いつつ、もしかしたら腹黒いかもしれないルーシアなのであった。

   ◆◆◆

さて、これからが今回の本題です。
人質を残して向かうのは、再び世界樹です。今回はてっぺんまでは行かず、葉っぱを1枚引っこ抜いてくるだけです。とはいえ、敵が強くこちらが弱いことには変わりないので、運が悪いと全滅しますが。
何とか葉っぱを取れたら即脱出し、ガーデンブルグへ戻ります。
葉っぱを人質に渡し(人質交換で一度パーティーに戻してから葉っぱを渡し、再び収監という手順)再度世界樹で葉っぱを入手。
そうです。本来なら一度に1枚しか取れない世界樹の葉ですが、ガーデンブルグに人質のいる期間だけは、パーティーから切り離される人質に葉っぱを渡すことで最大9枚持つことが出来るのです(人質が8枚所持+パーティーで1枚所持の合計9枚)

無類の葉っぱ好き

世界樹の葉9枚は宝の持ち腐れかもしれませんが、透明気球利用時のみ出来る小ワザです。
せっかくなので試してみたのでした。

次回バコタ編です。

 −つづく−

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

この記事へのコメント
今回は小ワザが多いですね!
いろいろと斬新な小ワザだったりして、おもしろいです。
「言っちまったい!」なホフマンと、ガチムチ細マッチョのルーシアの、NPC2人だけで歩くこともできたなんて、はじめて知りました!

ちなみに、通常だと、ガーデンブルグ時点でのNPCの可能性は、誰がいるんでしたっけ?パノンでしたっけ?
パノン1人にすることもできるということですか?

ホフマンに雷を落とされてしまっては。。。
「人間だけじゃなくて天空人も信じられないっ!」になりそうですね。

このタイミングで世界樹の葉を確保しておく手がありましたか。(って、普通はないんですよね)
9枚あれば、ブラックマージとの持久戦にも勝てそうですね(笑)。
Posted by かえさる at 2015年02月05日 21:20
通常だとガーデンブルグ時点ではパノンしか同行し得ないです。
もちろんパノン1人移動も可能だと思います。捕まるときに「パノン−勇者以外の誰か」の2人でいれば出来るのではないかと。

人間も天空人も信じられないけど「しんじるこころ」があるので無理やり信じ(させられ)ちゃう!って感じでしょうか(笑)

ブラックマージは一体どうやって葉っぱを何枚も取ったんだって感じですよね。
仲間が投獄でもされてたんですかね??(笑)
Posted by タギー at 2015年02月06日 08:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。