DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2017年08月01日
トルネコが勇者役に抜擢されたという噂は、馬車界隈に瞬く間に広まりました。
「トルネコが勇者役を張れるなら、わしにだって出来そうなもんじゃ」
煎茶をすすりながらブライがぼやきました。
「まだ幼いから守らねばと思っていた勇者が実は私と同年代……いやはや複雑な心境ですな」
その傍らでライアンは苦笑いします。
「はっはっは! 皆さん、驚くのはまだ早いですよ。エッヘン、実はワタシ、次も勇者役として冒険するのです。あなた方を従えて!」
会話を聞いていたトルネコが彼らのもとへやって来て、立派なおなかを叩きながら豪語しました。
「なんじゃと? おぬしがわしらのリーダーとなるのかえ? 釈然とせんのう」
「まさか本当に中年勇者のお守をする羽目になろうとは……ところでトルネコ殿、そんな次のプレー記のタイトルは何ですかな?」
「えっと……タイトルはですねぇ」
トルネコは持っていた台本をペラペラとめくりました。
「ありました、これです」

掃き溜めに鶴(はきだめにつる)
むさくるしい所に似つかわしくない、すぐれたものや美しいものが現れるたとえ。(出典:三省堂 大辞林第三版)

「ちょいと待てい! 鶴、鶴枠は誰じゃ? わしか? わしじゃな?」
「……たしかにブライさんの頭はツル枠ですな」
「たわけ!」
「はっはっは! 忘れてもらっては困りますな。ワタシは勇者役。選ばれし勇者ですよ。鶴枠はどう考えてもワタシでしょう」
「フン、わしは知っておるぞ。おぬしは打撃枠としては中途半端な立ち位置じゃから仕方なく『余り物』として勇者枠にされたということをな! それを鶴とは思い上がりも甚だしいわ!」
「え、思い上がりですかねぇ? ワタシはこれでも『トルネコの大冒険シリーズ』主演、『ドラゴンクエスト8、9、10』出演、『シアトリズムドラゴンクエスト』出演、『ドラゴンクエストヒーローズ2』出演、『ドラゴンクエストライブスペクタクルツアー』出演、『ドラゴンクエストライバルズ』出演予定の超売れっ子なんですけどね。ブライさんは何か出演されてます? あ、ドラクエ9だけですか? でもあれはほぼ全員出演ですしねぇ」
顔を引きつらせながら噛みついてきたブライに対し、トルネコはニヤニヤと余裕の表情を見せました。
「ぐぬぬぬぬ……年寄りをバカにしよって」
「お二方、落ち着かれよ。誰が鶴でも良いではありませんか」
 2人の間に流れる不穏な空気を察知したライアンは、何とか話題を変えようと試みます。
「そういえば、さっきからずっと気になっていたのだが……」
ライアンはそう言うと後ろへ振り向きました。
「何故ミネア殿がここにおられるのだ?」
そう、トルネコ、ブライ、ライアンから少しだけ距離を置いた位置にミネアがぽつんと立っていたのです。
「え……何故って」
「そうじゃ、何故ここにおるんじゃ? おまえさんは前回のきらびやかな方のメンバーじゃろが! 冷やかしかえ?」
普段女性に優しいブライもトルネコにイヤミを言われてかなり気が立っているようです。
「いいえ、違います。姉に『残念だけどきらびやかな椅子は4脚しかないの。最後の一つはあたしがもらったぁ!』と言われて無理やり地味な箱の中に押し込められ(4章の冒頭ぐらい)、その隙間には種や木の実を押し込められましたが食べることも許されず……」
そこまで話すと、ミネアは手で顔を覆いました。
「気の毒に。それはさぞ辛かったであろう……」
純情野郎のライアンが思わず鼻をすすります。
「ということは、今回はミネアちゃんも入るんか? むさ苦しいオヤジ3人旅じゃないんじゃな? 4人なんじゃな!」
ブライは自分が怒っていたことも忘れ、瞬く間に上機嫌になりました。
「まあそういうわけです。みなさん、どうぞよろしく」
トルネコも何事もなかったかのようにリーダーらしく締めます。
「ところで、鶴枠は私ということでよろしいですね?
悲しんでいたはずのミネアもまた、何事もなかったかのようにさり気なくキッパリと断言します。
「「「はい。どうぞどうぞ!」」」
3人とも二つ返事で答えました。自ら掃き溜めの道を選んだようです。
(私、もしかしてこのパーティーではわがまま放題なのでは……)
ミネアはいけないことに気付いてしまったのでした。

   ◆◆◆

というわけで長い前置きになりましたが、プレー記第12弾はトルネコ、ライアン、ブライ、ミネア4人による冒険、タイトルは「掃き溜めに鶴」です。もうこのタイトルしか浮かびませんでした(笑)
今は「きらびやかな御一行様」の代わりとなる文句を探している最中です。こちらはなかなか浮かびません。


<登場人物紹介>
勇者トルネコ:前回から引き続き登場。一応主役も、今回は完全に馬車組の一員としての面が強い。きらびやかな緊張感からの解放が良い方に働くのか否か、その辺が見どころかも?
戦士ライアン:攻撃自慢、体力自慢の王宮戦士。頼もしい先頭戦闘要員。低すぎる素早さを上手に生かしたい。
魔法使いブライ:吹雪&攻撃補助呪文のエキスパート。おバカな行動を見せた過去を払拭してバイキルト無双してほしいところ。
占い師ミネア:器用貧乏系万能タイプ。バギ系のほか唯一の回復・蘇生術の使い手で打撃もそれなりにこなす。ブレス耐性だけは優秀。低すぎる成長を種・木の実で補いたい。

現在絶賛DQ11プレー中&恐らくDQライバルズにも手を出す予定なので、開始はかなり先になると思います。2018年中には始められるかな……。


にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

2017年08月10日
8月5日(土)東京都江東区・ティアラこうとうで行われた「東京シティ・フィルのドラゴンクエスト 交響組曲『ドラゴンクエスト4 導かれし者たち』」に行ってきました。

完売御礼

会場の最寄駅は地下鉄住吉駅。東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄新宿線の停車駅です。東京にあまり馴染みのない者にとってはこの辺一帯は東京下町というイメージなのですが、果たして本当に下町と呼んでよいのか簡単に調べてみました。
下町の範囲については色々と考え方があるようですが、住吉のある江東区については、旧深川区にあたる箇所は下町と呼んでまず間違いないようです(江東区は昭和22年に旧深川区と旧城東区が合併して誕生)住吉は旧深川区内だったので下町でOKということになります。
ちなみにイベント等でお世話になることが多い東京ビッグサイト(当日午前中はこちらで開催のドラクエ夏祭りに行きました)も江東区ですが、ここも旧深川区に含まれるそうです。ただ、深川区が存在した当時はまだ埋め立てがなされていなかったので、下町と呼んでよいのかどうか分かりませんけど。

さて、今回は東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団(東京シティ・フィル)の演奏でしたが、こちらの楽団は以前より「東京シティ・フィルのドラゴンクエスト」と銘打って数多くのドラクエコンサートを行っています。DQ4のコンサートは2013年11月〜2014年3月にかけて5回行われました(山形・奈良橿原東京新宿神奈川横須賀長野岡谷)が、今回は2014年3月岡谷公演以来のDQ4コンサートです。あれからもう3年以上経ってたのか!?
東京シティ・フィル公演の指揮は井田勝大さんが行うことが多いのですが、今回の指揮は佐々木新平さん。すぎやま先生の出演はなしで、佐々木さんはトークも担当。

それでは当日の進行。

<当日の進行>

1.序曲
(MC1)メヌエットの話
2.王宮のメヌエット
3.勇者の仲間たち
(MC2)主に838861の話
4.街でのひととき
5.勇者の故郷〜馬車のマーチ
6.立ちはだかる難敵
<休憩>
(MC3)ドラクエ博士吉田さんとのトーク
7.恐怖の洞窟〜呪われし塔
8.エレジー〜不思議のほこら
(MC4)ホントはガス気球だよねな話
9.のどかな熱気球のたび
10.海図を広げて
(MC5)ピサロは威風堂々、謎の城のテンポのことなど
11.ピサロ〜ピサロは征く
12.謎の城
13.栄光への戦い
14.導かれし者たち−終曲−
アンコール
 結婚ワルツ(DQ5)
 序曲のマーチ(DQ6)

(公演時間:約2時間15分)


今回のコンマスは女性の方だったのですが、プログラムには「コンサートミストレス」と書かれていて、男女で名称違うんだ!と、勉強になりました。
ジプシー・ダンスとジプシーの旅のつなぎのソロ演奏が、個人的に情感たっぷりに感じられて良かったです。
その他に今回印象に残ったのは気球の木管四重奏のファゴットでした。
相変わらず演奏の良さを言葉で上手には表せないのがツラいところです。

MC1
最初にメヌエットについての解説(元々は農民の間で広まったがルイ14世の時代に宮廷に持ち込まれた音楽)から入ったので、「うわ! 超お堅い真面目な解説だ!」と内心思ったのですが、そこから「メヌエットというのは元々テンポの速い音楽だったのがルイ14世の加齢(と巨体化)によりどんどんテンポが遅くなった。DQ4の王宮のメヌエットもファミコン版はテンポが速くて、リメイク版では遅くなりましたね」と続いたので、この指揮者さんはかなりのDQプレーヤーだなと即座に評価が変わりました(笑)

MC2
カジノの話でも「838861枚は有名な技ですけど、リメイク版の移民の町のカジノで上の方にいた人物も『昔は838861枚を4Gで買ったもんだ』と言って、公式までもがネタにしてましたね!」と、これまたコアな話を披露。

MC3
東京シティ・フィルの公演ではお馴染みの「DQ博士」セカンドヴァイオリンの吉田さんも相変わらずのノリで、DQ11についてネタバレ回避の「ピー」音を交えて熱く語っていましたが、ピーばかりで何が何だかさっぱり分かりません。もちろん分かったら分かったで非常に困るのですが(笑)
あと吉田さんの3DS本体がマリオのヨッシー柄だったのが微笑ましかったです(多分「よしだ」と「ヨッシー」をかけてるw)

MC4
後半戦もコアなトークは続き、気球の曲。かなり長いこの曲がループするまでに世界を何周できるか、何回夜を迎えるか数えたという話や、曲名は「のどかな熱気球のたび」だけど、ガスの壷を手に入れてガスの力で浮いたわけなので、アレは熱気球じゃなくてガス気球ですよね……という鋭いツッコミも(笑)
ちなみにそのネタ、私も過去のプレー記(ラスト数行部分)で書いたので内心かなりウケました。

MC5
ラストはちょっと真面目に、ピサロの曲は「威風堂々」を彷彿とさせるという話と、謎の城も王宮のメヌエット同様、ファミコン版とリメイク版でかなり雰囲気、スピードの違う曲だという話でシメました。

東京シティ・フィルでは秋に天空シリーズセレクションのコンサートをするということで、アンコールはDQ5のED曲「結婚ワルツ」とDQ6のOP曲「序曲のマーチ」が選ばれました。

アンコール
(これ、両方とも曲名が違う気が……)

ちなみにアンコールの時の指揮・佐々木さんはスライムTシャツを着たり(本人曰く第一形態)、スライムの被り物を付けたり(同最終形態)やはり相当のドラクエファンでいらっしゃるようです(笑)さすがは国民的RPGですね!

プログラム
(残念ながらチラシを入手することはできず)

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

2017年08月13日
8月9日(水曜日)に東京池袋の東京芸術劇場で行われた「第31回ファミリークラシックコンサート ドラゴンクエストの世界」(交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて)に行ってきました。DQ11のコンサートはこれが初演となります。
ソフト発売から2週間あまり、まだクリアしていないという人も多いかと思います。私も15時間ぐらいしか進んでおらず、仲間もまだ全員揃っていません。高橋名人の教えを守り「ゲームは1日1時間」を実践しているわけです(単に目が疲れるから長時間できないだけですがw)
そういうわけで、曲名を書くだけでネタバレになってしまう時期なので書かないでおきます。

フラワースタンド1

フラワースタンド2

フラワースタンド3
(たくさんのフラワースタンド)

今回の演奏は東京都交響楽団(都響)指揮はすぎやまこういち先生(レベル86)です。すぎやま先生を拝見するたびに、あの年齢で現役バリバリで仕事をするなんて凄いなぁ……と感心してしまいます。私は60前後で隠居したいくらいですが「金がない」という理由でそうもいかないんだろうな……という暗い未来しか見えません。まるで占い師になった気分です(笑)
先生は最高齢ゲーム音楽作曲者というギネスを持っているそうですが、DQ11発売によりギネス更新となるようです。

コンサートは18:00ちょっと過ぎに始まり、アンコール込で20:00ちょっと過ぎに終わったので約2時間。他のコンサートとほぼ同じでしょうか。想像よりは時間がかからなかったという印象です。
ちょっとだけバレを書きますが、今回アンコールは1曲で、DQ11のサブタイトルと同じ曲名でした。てっきり本編(?)のラストに流れた曲がED曲かと思っていたのですが、果たしてゲーム内ではそれぞれどの場面で流れるのか?? 興味深いです。

先生の話で印象に残ったのは、ゲーム音楽は音楽であり記号(マーク)でもあるということ。音楽の雰囲気だけで「ここは街だな」とか「この敵は普段の敵より強そうだ」ということを示すことも大切なことで、いつもその辺も意識しながら作曲をしているとのことでした。
作中では過去作の曲が流れる場所もある(例えば特定の町で過去作品の町の音楽が流れることがあるらしい)とのことですが、それは堀井さんの意図があってのことらしいです。そういう意図を汲みながら進めてみるとまた面白いのではないかと話されてました。私自身まだそういう町にたどり着いていませんが、そのことを頭に置いて進めてみたいと思います。

都響による演奏は毎度のこと素晴らしく、たとえ進みが遅くて知らない曲が多くても存分に楽しむことができました。
今のところ今年中の11コンサートの開催はなさそうですが、来年以降、色んな場所で開催されるかもしれません。その頃には「これはこの場面の曲か」と、より楽しめるようになるかもしれませんね。

私は3DS版を買いましたが、すれ違い通信は非常に盛況でした。強いヨッチさんが大量に来てくれるので冒険の書回収だけは捗りますが、まだ主人公一行のレベルが低いので過去作の世界に行っても敵が強すぎて歯が立たない事態に……。暫くは本編の冒険を頑張らないと。

チラシ
(チラシ。実は今回、最前列席だったのでした! 指揮するすぎやま先生を間近で見ることができました)


にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ