DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2013年11月20日
11月17日(日曜日)に奈良県橿原市・かしはら万葉ホールで行われた「交響組曲ドラゴンクエスト4」オーケストラコンサートへ行ってきました。
(指揮:井田勝大、演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、主催:橿原市)

かしはら万葉ホール かしはら万葉ポスター

同じ近畿地方でも京都や大阪はわりと行きますが、奈良へ行くのは中学の修学旅行以来。下車駅の大和八木は京都からも名古屋からも1本で行くことが出来るので乗り換えの煩わしさはありませんが、駅からホールまで歩いて25分かかったのでさすがに疲れました。
ラブリーホールも河内長野駅から遠いと思っていたけど、まだまだかわいい方だった……(´・ω・`)
ちなみに今回は都合により、行きは京都経由、帰りは名古屋経由というルートで行きました。


今回の進行(公演時間 約2時間5分)

1.序曲
(MC)トランペットによる「レベルアップ」の効果音演奏
2.王宮のメヌエット
3.勇者の仲間たち
(MC)お気に入りはジプシー・ダンス
4.街でのひととき
(MC)カジノで入り浸るも格闘場でスッてばかり
5.勇者の故郷〜馬車のマーチ
6.立ちはだかる難敵

休憩〜東京シティ・フィルが誇る「ドラクエ仙人(ただし10はやってない)」とのトーク

7.恐怖の洞窟〜呪われし塔
8.エレジー〜不思議のほこら
(MC)「のどかな熱気球のたび」は木管4人にお任せします
9.のどかな熱気球のたび
10.海図を広げて
(MC)フルートによる「あやかしの笛」演奏。ドラクエ仙人による「謎の城」解説
11.ピサロ〜ピサロは征く
12.謎の城
(MC)いよいよ最終盤です。ご清聴ありがとうございました!
13.栄光への戦い
14.導かれし者たち−終曲−

アンコール 序曲(DQ4・ループなし)


演奏のテンポは少しゆっくりめという感じ。
最近CDなどで木管楽器に注意して聴くようにしていたためか、主旋律に登場することの多いオーボエ、フルートが強く印象に残りました。美しい音色でした。

曲の合間にちょこちょことトークが入ったのですが、今回の指揮者である井田さんは、現在DQ4(DS)初プレー中でエンディングはまだ迎えていないそうです。17日の時点でガーデンブルグを終えてロザリーヒルに辿り着いたのだとか。
前日16日には山形でもDQ4コンサートがありましたが、両日鑑賞するために東京シティ・フィルと同様、山形→奈良と移動した人もいたそうです。これはすごい! ちょっと羨ましい。

トランペットによる「レベルアップ」の効果音、フルートによる「あやかしの笛」の音色演奏など、トークの合間に思わずニヤリな演出も入りました。

プレー中につき4についてはまだ未知の部分も多いとのことで、トークには時折東京シティ・フィルが誇る「ドラクエ仙人」の第二ヴァイオリン奏者・吉田さんも参加し、独特の口調でまろやかにDQ4を語りました。指揮者未知の領域である「謎の城」についてのゆる〜い説明とホイミンの「ふよふよ感」を表した脱力感満載の仕草が忘れられない……(*´д`*)

謎の城もさることながら、井田さんにとっては気球も未知の領域……ということで、「のどかな熱気球のたび」の1周目、木管4人のみで演奏する部分は予想外の「指揮なし」
4人だけで呼吸を合わせて演奏する姿は今回最も印象に残る場面でした。指揮者が壇から降りることで、客席中央からだと指揮者に隠れがちな木管4人の姿がよく見えました。
素人耳でもクラリネット、ファゴットの音色がよく分かるこの曲は最近ではお気に入りです。

個人的心残りは「時間を気にしすぎた」こと。帰りの特急の時間のこともあり、終了が遅くなると困るな……と思いながら聴いていたので、聴くことに集中しきれませんでした。
東京シティ・フィルのDQ4コンサートはあと3回あり、いずれも関東甲信開催なので、そちらでは時間を気にせずに聴けそうです(ラストの長野は行くかどうか未定ですが)

東京&神奈川が1月開催、長野が3月開催。その頃には井田さんもDQ4をクリアしているのでしょうか? その辺もコンサートの中で聞けるかも。ドラクエ仙人の再登場にも期待です!


そんな感じで久〜しぶりの奈良日帰りは大変ではありましたが、DQ4生演奏を聴けたし、京都&奈良のお弁当を食べられたし、近鉄特急にも乗れたし、今回も大満足です。

近鉄特急 せんとくん
(近鉄京都駅にて。 左:近鉄特急 右:京都まで出張のせんとくん)

再び橿原に行くことがあるのかどうかは分かりませんが、一生のうち一度も行くことのない場所の方がはるかに多いと思います。そう考えるとたったの一度でも訪れることが出来たことは、紛れもなく「その地に縁があった」のかなと感じます。
高崎、河内長野、橿原あたりはコンサートがなければ行くこともなかったと思う(河内長野、橿原にいたっては市名自体ほとんど知らなかった)ので、まさしくドラクエが取り持った縁ですよね。そう考えると感慨深いです。

1月の新宿・横須賀は初めての地ではありませんが、3月に行くとすれば、長野県岡谷市は初めての場所になります。
普段なかなか行く機会がない場所へ行けるというのもドラクエコンサートの良いところなのかもしれません。


かしはら万葉チラシ
かしはら万葉チラシ

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ