DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2011年01月02日
お正月はお笑い芸人の活躍する機会も多い……というわけで、新年最初はパノンから。

パーティーにいる期間の変動幅がもっとも大きいNPC。
仲間にして3分と経たずに別れる場合もあればミントス〜ゴットサイドの長丁場を共にする場合もある人。私の場合は殆どが前者でしたが、今度のプレー記では後者に近くなるのでその能力をバッチリ堪能できそうです。
能力値にはあまり期待出来ないけれど、素晴らしい武器を装備。ミントス〜ゴットサイドをどうやって乗り切っていくのかが今から楽しみです。

お笑い芸人としてのパノン。モンバーバラで披露していたネタ(おはなしっ! っていうアレ)には正直閉口したけど、普段はもっとスゴいネタを披露していたに違いない! ……と思いたいところ。
やはり彼はスタンシアラ王との会話で本領発揮。どんなにくだらないネタで笑わせるつもりなんだか……と思っていたらいきなり「私に王様を笑わせることは出来ません」で始まってビックリ。でもその後が素晴らしかった。王様をも唸らせた名言は世界を渡り歩いてきた経験から醸し出されたのでしょうか? ちょっと惚れました(笑)
リメイク版ではあちこち連れ回すと色々とご当地ギャグを繰り出すみたいですが、毎回3分お別れコースなので試したことがありません。「ソレッタだけに嵐がそれった! ……干ばつはそれなかったけど」あたりは言いそうか?
ちなみに「ミネアさんは今ひとつつかみねーあ」は知ってます。

キャラ名のギャグって結構ありそうですね。
ライアン
 そっちに行ったら、いあん(いやん)!
アリーナ
 天井を蹴破るなんてそんなことありーな?!
クリフト
 クリフトの愛車はフォークリフト(え?)
ブライ
 頭髪が全部抜け落ちるか、かろうじて残るのか、今まさにブライ(クライ)マックスを迎えています!
 おあーっと、凄い突風が頭部を襲う! ブライの髪、あぶらい(危ない)!
トルネコ
 トルネコの前を通る猫
マーニャ
 マーニャのソレはふんどし? 「まあにゃ(まあな)」
ミネア
 ミネア、そういや見ねーあ(コレ前にも書いたな……)
勇者
 これは勇者への融資や

「それは古井戸での言葉とみなしてよろしいのですかな? でしたら正しくは(略)」
「わたしが蹴破ったのは壁なのだけど。天井を蹴破るには足腰をさらに鍛え(略)」
「わたくしには愛する車などございません! わたくしが愛するのは(略)」
「何故わしのだけそんなに長いんじゃ! しかもハゲネタじゃと? たわけ!」
「ワタシのダジャレの方が1億万倍面白いですなぁ」
「ふんどしじゃないし! そんなこと言うヤツはメラで燃やしてイオで飛ばす!」
「トルネコさん、1億万というのはちょっと変です! それを言うなら1億×1万で(略)」
「……ゆうしって、何?」

……って、コレってパノンの記事だったはずだけど。

さてさて、NPCのサイドストーリーが充実している「知られざる伝説」を見てみますと、「パノン」というのは大昔から代々「どんな苦しいときも笑いを忘れてはいけない」という意志を受け継いできたお笑い芸人の称号のようなものらしいです。初代はゴットサイドの堅物神官で、彼の名前がパノンだったためその名前が代々受け継がれたというわけです。
なぜ堅物神官がお笑いの道に?……というのも文中に書かれていました。簡単に書くと遺跡の発掘によって「笑いは大切」という古代人のメッセージを受け取ったから……といったところです。現在(DQ4)のパノンは年齢40代くらいだそうです。
確かDQ6、9にもパノンって出てきましたよね(或いは他の作品にも?)。どの時代、どの世界においても「笑い」という手段で世界を救おうとしているパノンが存在しているということですね。良い話です。

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

2011年01月07日
トルネコ、マーニャ、ミネア プレー記のときの絵です。
こちらはいろいろ描いて載せましたので二分割。

まずはプレー記で既に載せている再録編。
(画像クリックで拡大表示します)



記念撮影?
初めてデスピサロを倒した直後、3人無事合流しエンドールで撮ったらしい一枚。
撮影者不明(笑) 何故か筆ペンで描いてしまった為異様に線が太い。
今となっては描き直したい1枚ですが、そのまま掲載。



盗賊トルネコと助手ミネア
アンクルホーンから「命の木の実」を盗むべく世界樹に登った際の1枚。
ミネアは祝福の杖を装備してひたすら敵を叩いてました(敵のHP回復)
トルネコ&ミネア会心の笑顔(?)でも腹の中は黒そう……。



強盗団の悪戦苦闘
今度は「力の種」を欲しくなった一行(ていうかミネア)
ドラゴンライダーから種をくすねるべく、海鳴りの祠へ。構図が失敗くさい一枚。
ミネアさん必死ですね。
祝福の杖からはオキシドールが出るようです。



トルネコはぼーっとみている
疲れる種集めの息抜きに闇の洞窟で経験値&お金稼ぎ、な一枚。
種集めの時は呪文も使わせてもらえず、イライラが募った(?)マーニャも、ここでは思う存分呪文使えますよ! ということでイオナズン。ミネアは右手にはぐれメタルの剣、左手からバギクロス(ときどきラリホー)
種集めに疲れたトルネコさんはちょっとお休み。



トルネコはつまずいてころんだ
海鳴りの祠に飽きたのでエスターク神殿まで出向いてドラゴンライダー探し。
しかし、せっかくドラゴンライダーと遭遇しても気まぐれトルネコは盗みを働かず、コケて会心を出しちゃう始末。本当は素手で戦わせているのに転ぶと武器が当たっちゃうのはご愛嬌。
ちなみに種集め時には勇者を蘇生させて敵に祝福の杖を振るってました。
ふんどしな勇者と新手の嫌がらせ方法を編み出したミネアまで描いてしまった、つい出来心で……な一枚。
きっとオジサンはこの後マーニャに「危ないじゃない! くどくど」と説教を食らったことでしょう。



フル装備
カジノでは殆ど遊ばずに貯めきったコイン5万枚。ついにはぐれメタルの盾と交換し、ミネアに装備。これではぐれメタルシリーズフルコンプな1枚。戦国武将になれそうですね。華奢な占い師なのによくこんな装備できますね。混乱したときに脱ぐのも大変そうですね。

つづく。

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

2011年01月07日
こちらはプレー記には載せなかった絵を載せます。カッコ良く書くと「描き下ろし」ってやつ?(笑)
(画像クリックで拡大表示します)

各人メインで1枚ずつ+α



まずはトルネコ。トルネコといえばコレ!

オジサン、かばう!
まだパラディンだった頃(笑)、かばうを連発してくれたトルネコの雄姿。ミネアよりマーニャをかばうことが多かったのでかばわれる役はマーニャに。敵はギガデーモン。こいつ強かったよな……。



続いてマーニャ。マーニャといえば炎の呪文!

凄いメラゾーマ
ミネアのメガザルで復活したマーニャの放つメラゾーマは、まるでミネアが得意にしていた真空呪文と融合したかのような呪文だった、という架空設定の場面。
自分の技量でこのシチュエーションを絵にするのは無謀! と思いつつ描いた1枚。
無謀だとは思ったけど描きたかったのです、どうしても。
呪文の名前は……メラクロスかバギゾーマか? ことによるとメラムーチョ?



ミネア。「ミネアといえばメガザル」な印象も強いですが、それだと切ない絵になりそうなので、あえてこちらに。

相棒との邂逅
滝の流れる洞窟・最深部にて、最強の剣を手にしたミネア。
トルネコに勧められて手に取り、その感触にご満悦。以後はぐれメタルの剣は戦いが終わるまでずっとミネアの相棒となる。背後のバラクーダのセリフは多分「ギョギョッ!?」
基本、武器を描くのは面倒なのですが、はぐれメタルの剣を描くのは楽しいです。



ラスト。
スケサンを描いたわけですし、やっぱりこっちも描くべきだろう! ということで描いた1枚。

ミネア隊長
デスパレス第二遊撃部隊隊長・キラーアーマーのミネア。
デスパレス編での語りがミネアだったのでミネアという名前になっちゃった人。
しかも最初は男性の予定だったのに結局は女性になった。
鎧兜はクリーニング中(笑)
剣は皆殺しの剣にしました。ピサロ同様、魔族なので呪われません。
一応顔立ちがミネアに似ていて、違うのは耳が尖っているのと、瞳が赤いのと、牙を覗かせている点……という設定にしたと思ったのでそのようにしてみたつもり。目つきは若干鋭い感じで。
スケサンとはきっと良いライバル。仲が良いかどうかはこれから考えます(笑)

ミネア同士剣を交えている絵に憧れましたが全然描ける自信がありません。いつか描けるようになったら描いてみたいです。

次回プレー記は「三人旅三部作の三作目」と銘打ったので違う隊長さんを登場させたいところですけど、どうなるんだろう? そのときの思いつき次第かな……。

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

2011年01月12日
ルーシアはFCでもリメイクでも殆ど使ったことがありません。とりあえずおっちょこちょいだという印象が強いです。リメイクだとさらに天然系なのだとか。
FC版公式ガイドブックの羽付きヘルメットを被っているルーシアの絵が結構好き。
能力を見てみると水の羽衣を着ていたりベホマを使えたりと結構優秀なんですね。攻撃力・守備力は若干低いかもしれないけれどHP・MPはなかなかのようです。
次のプレー記では若干の出番がある予定なので(世界樹〜天空への塔)、どんな戦いを見せてくれるのか楽しみです!

竜の子ども・ドランはFC版ではそこそこ使ったことがあります。痛恨という名の会心の一撃がかなり出てくれる印象。使うのはほぼデスピサロ戦のみなのですが、これは有り難いです。でもブレス攻撃はしてくれなくていいんだけど。
馬車から出た最初のターンが必ず「様子を見る」になってしまうのが残念。HP258は初めてデスピサロに挑戦するレベル帯では結構優秀。攻撃力195は中堅レベルか?
次のプレー記では闇の洞窟からの出番となるので、長い洞窟、四天王とどんな戦いを見せてくれるのか、これまた楽しみ!

恒例の「知られざる伝説」では、パトリシアの話の続きのようになっていました。
馬(パトリシア)にされたチビ竜があらかた食べてしまった栽培室の世界樹の葉。残ったのは1枚半。その残りを今度はドランが燃やしてしまって栽培係(ミニデーモン?)カンカン。本当はマスタードラゴンの許可なく地上に降りてはいけない竜の養育係のルーシアが世界樹の葉を集めるべく世界樹へと降り立つ。
全てを見通しているマスタードラゴンには勝手に下りたことがバレバレだったけれど、お咎めはなし。
つまり、マスタードラゴンは人間の男性や竜の子どもには容赦ないですが、天空人の女性にはかなり甘いようです。分かりやすいお方ですね(笑)

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

2011年01月23日
ミネアにはぐれメタルの剣を持たせている絵を描いているうちに愛着のわいてしまったはぐれメタルの剣。
そんなはぐれメタルの剣のフィギュア(DQレジェンドアイテムズギャラリー)をゲット!

レジェンドアイテムズギャラリー

はぐれメタルの剣はDQ本編では4、8、9で登場しているようですが、このデザインは4限定。青が入っているのはリメイク版以降ですが、基本的なフォルムはFC版とリメイク版でそれほど変わっていません。破邪の剣、奇跡の剣あたりはもはや別物ですけど。

そんなフィギュアを眺めているうちに、以前出た「DQキャラクターフィギュア〜天空編〜」のミネアにはぐれメタルの剣でも持たせてみるか! と思うようになり、ミニサイズのはぐれメタルの剣を作ることになりました。

ノーマルバージョン(水晶球)

ミネアのフィギュアは全長6.6cm。身長を165cmと仮定すれば1/25スケールということになります。
はぐれメタルの剣は100cmぐらいだろうと仮定し、全長4cmで作ることにしました。
柄は1cm(25cm)、刃が3cm(75cm)

骨

まずは細い針金で骨を作ります。4cmって爪楊枝よりも短い……こんな小さいの作れるのかとちょっと不安に。
肉付けは石粉粘土使用。盛っては削って、盛っては削ってを繰り返す。小さいものを作るには器用さが足らず、あまりきれいには出来なかったけれど、とても肩が凝ったので適当なところで妥協(汗)

肉付け完了

着色はアクリルガッシュ。銀に少しだけ黒を混ぜる。残念ながら小さすぎてはぐれメタルの絵は描けなかった。
刃の先の方、もっと粘土を盛った方が良かった気がするけど、まあいいや。

ガイドブックとツーショット

さて、これで剣は完成。
つづいてこいつをミネアのフィギュアに持たせる作業。
このキャラクターフィギュアはFC版の鳥山絵と同じデザインで、両手で水晶玉を持っています。水晶玉を切り取って手の角度を変えれば剣を持てそうです。

まずはこの水晶玉をデザインナイフで切り取ったのですが、意外と硬くて大変でした。フィギュアを持つ方の手に力が入って首がもげるんじゃないかと少し不安に。
大した失敗もなく無事に水晶玉を切り取ると、何かをすくっているような手つきに。

すいしょうだまを なげすてた

このままでは剣は持てないので右手を手首から先、左手をローブの袖から出ている部分から先でスパッと切断。心の中で「すまんのう、すまんのう」と詫びる。

つづいて手首から先の右手を剣を持つのに適した角度に変えて、デスピサロの指を切り落とした時に使ったプラリペアとアロンアルファを使って再び腕に接着。
一晩寝かせた後、ちょっと不自然に見える部分を削ったりして補正し、今度は久々に買ったセメダインで右手と剣を接着。セメダインのにおいが懐かしかった(笑)

片手で装備1 片手で装備2

剣を握っている感を出すために粘土で微調整したあと、頑張ってフィギュアと同じような肌色を作り出し着色(アクリル絵の具)。さすがに全く同じ色には出来なかった……。
最後にやはり角度を調整し左腕を接着して、見てくれ調整をして完成。

完成(正面) 完成(左) 完成(左上)

粘土を盛ったところはどうしてもザラついた質感になっちゃうな。もっと滑らかな素肌を目指したかったのだけど。色も若干違うし(^^;)

水晶玉ミネアと銀のタロットミネアとはぐれメタルの剣ミネアを並べてみる。
うん、ミネアと三種の神器だ!(笑)

三種の神器

剣を作るのに粘土を一つまみしか使わなかったので大量に余りました。
勿体無いのでまた何か作ろうかな……。

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ