DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2010年04月01日
バルザックになかなか勝てない勇者一行はマーニャのメラミ習得のため暫く戦闘を重ねることになった。経験値稼ぎの場所に選んだのはスタンシアラ周辺。サントハイム周辺は死霊使い(ザキ使い)がいて怖いので。でもスタンシアラにも爆弾岩がいるんだけどね。まぁ滅多にメガンテなんて使わないだろうと踏んで、しばらくここで戦うことにした。爆弾岩はかなりHPが高いみたいでなかなか倒せない。「メガンテ、そろそろ来るじゃないか、次こそ来るんじゃないか」とドキドキしながら戦っていたけど、結局一度も被害には遭わなかった。
マーニャのレベルが上がるまでにほぼ全員のレベルも上がってパーティーの底上げにも繋がった(少し貯金も出来た)。マーニャは無事レベル19でメラミを覚えた。
「さぁて、やってやろうじゃない!バルザック、火ダルマにしてやるわ!」
一行、再びサントハイムへ!

でも、正直これでも不安だったり。だって今まで(普通に装備品揃えたときすら)ずっとバルザックはイオラ覚えるまで待ってたくらいだから<慎重すぎ

バルザック戦 6回目
メンバーはアリーナ、勇者、パノン、マーニャ。やっぱり現状これが最良かな。
会心とかメラミ以前にまどろみ攻撃が効くかどうかが最も重要なのだけど、いきなり踊るパノン。ダメだこいつ、早くなんとかしないと…(無理)。でも、メラミはイイ!毎ターン80前後のダメージはおいしい。まどろみ不発(会心も不発)で今回もダメだったけど、期待は持てる敗戦だった。

バルザック戦 7回目
同じメンバー。またも初回に踊るパノン。とりあえずメラミでダメージが計算できるから勇者は早めに回復する役にまわった。今回は2ターン目で眠るバルザック。よしよし、1ターン目の踊りは見なかったことにしてやろう。しかも今回は寝ているターンがわりと長かったのでその間は一方的に攻撃。マーニャの攻撃はもうメラミ一択のようだ。起きてから次に寝るまで何ターンかあったけど、とにかく早めに回復させバルザックの攻撃を凌いだ。AIの薬草や防御のタイミングも今回は最高に良かった。防御しなきゃ死んでいただろう時にしっかり防御して難を逃れたアリーナに感動した。
バルザック2度目の就寝中、マーニャの宣言どおりヤツを火ダルマにしてやった。
…7戦目にしてやっっと勝てた。疲れた。
バルザック討伐レベル アリーナ:19 勇者:17 パノン:? マーニャ:19

城内の宝箱はアリーナ姫の名において頂くことにした。あやかしの笛が何故この城にあるのかはかなり興味深い。杖のくせに攻撃力が高いマグマの杖は攻撃呪文がザキ系しかないクリフトに持たせ、各種レンタル装備品を元の持ち主に戻したところで今回は終了。

ろうやる(18) H114 M61 攻73 守84 くさり鎌 天空の鎧
ライアン(17) H146 M0 攻109 守41 破邪の剣 鋼鉄の鎧
アリーナ(20) H150 M0 攻99 守54 こん棒 絹のローブ 羽根帽子
クリフト(20) H78 M80 攻99 守38 マグマの杖 皮の鎧 うろこの盾
ブライ(20) H100 M117 攻16 守38 ひのきの棒 皮の鎧 皮の帽子
トルネコ(19) H110 M0 攻57 守23 銅の剣 旅人の服
ミネア(18) H76 M75 攻52 守49 銀のタロット 安らぎのローブ
マーニャ(20) H93 M86 攻31 守44 ブーメラン 絹のローブ 金の髪飾り




以下どうでもいいオマケ。

ア「…はぁ」
ク「どうされたのですか、姫様?ため息などつかれて。先程からあまり元気もないようですし」
ア「わたし、結局バルザック相手に一度も会心の一撃を出せなかったの。あれだけ期待されてたのに、責任感じちゃうわ…」
ク「姫様…」
ブ「それは致し方ありませんな」
ア「え?どうして?」
ブ「突然誰もいなくなってしまった居城に、いきなり魔物どもが居座って、王座にはあのような化け物が我が物顔…いつもどおりに戦えという方が無理な話ですじゃ」
ク「確かに。もし私が戦闘に加わっていたら、動揺してザキを連発していたかもしれません」
ブ「(おぬしは動揺してなくてもザキを連発するだろうが…)逆に…」
ア「?」
ブ「そういう状況の中で、顔色一つ変えずにいつもどおりに戦っておられたなら、わしなんかはかえって恐ろしいと感じてしまいますがのう」
ア「それは、そうかもしれないけど……でもわたしは」
ブ「城に居座る化け物は退治しましたが、まだ城のみんなは戻ってきておりませぬ。わしらの旅もまだまだ続くということじゃ。先の長い旅、今回の経験はこの先必ず役に立ちましょう。あまり気に病みますな」
ク「そうですよ、人間誰だって好不調の波はあるものです。気にしてはいけませんよ!」
ア「………うん、そうね。もう過ぎちゃったことだし、くよくよして次に引きずるのはもっと良くないことだしね!わかった。明日からまた頑張るわ。ブライ、クリフト、どうもありがとう。さぁて、そうと決まればさっそく鍛錬よ!」
ク「え?今から鍛錬…ですか?」
ア「モヤモヤを吹き飛ばすには体を動かすのが一番なのよ!じゃあね♪」

ブ「やれやれ…まぁ、ようやくいつもの姫様らしくなりましたな」
ク「そうですね!!」
ブ「おぬし、随分と嬉しそうじゃのう」
ク「え?……そ、それは当然ではないですか。主君が元気を取り戻されたのです。臣下としてこの上ない喜び…」
ブ「ほぉ。それは殊勝なことじゃ」

まぁ、バルザック戦だろうと何戦だろうと会心を連発するときはするんですけど。今回は何回か戦って一度も出なかったので…きっと力んでたんじゃないかなと、勝手に想像。

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

2010年04月03日
バルザックを倒し、通常だったら次はスタンシアラ。兜を取ってパノンとバイバイ、というパターンか?だけど、パノンにはもう暫くお付き合い頂く予定なのでスタンシアラ編はすっ飛ばす。となると次はバトランド経由ガーデンブルグ行きかな…ということで、海鳴りの祠に行くときにフラグを付けておいたイムルの村へルーラ。徒歩でバトランドへ。バトランド周辺ではさみクワガタとバッタが出て驚いた。ココってもっと強い敵が出たはずじゃあ…。

バトランドへはライアンを連れて行った。久々の里帰りだ。アレクス&フレア夫妻に会った。フレアの夜のセリフに吹いた。城内には盗賊の鍵で入れる宝物庫があった。でもこの宝箱はライアンの一存では開けられないな…一介の王宮戦士に過ぎないし。さようなら、宝箱。ココかブランカの宝箱か忘れたけど確か鉄兜が入ってるんだよなぁ…いいなぁ…。
一応王様に会って天空の盾のことを聞いてからガーデンブルグに向かった。城に着くまでに何度か敵と遭遇したが、時間はかかるものの何とか倒せるという感じ。

女性陣4人でガーデンブルグ城内へ。そして濡れ衣騒動。いつもだったら余所様のタンスとかツボの中とかあさりまくりのプレーなので「まぁ、ある意味疑われても仕方ないよな…」という思いも出てこよう、が…しかし!今回は違う!今までにただの一度だって許可なく人様の家をあさったことはないんだ!城(サントハイム以外)の中の宝箱ですら無視してきたんだ!女王様の衣裳部屋のタンスだって開けてないのに!それなのにひどい!あんまりだ!

マ「もう〜 なんであたしたちが犯人扱いされなきゃなんないのよー」
ろ「困ったわね…」
ア「あの詩人みたいな格好をした人がいけないのよ…あの人、どこに行っちゃったのかしら」
ミ「…………ゆ る せ な い」
マ「へ?……ミネアちゃん?」
ミ「私たち、今まで一度だって盗みを働いたことはなかったわ。劇場の客席に落ちていた80Gだって拾わなかった。座長の部屋や楽屋だってあさってないわ。エンドール城の寝室にだって忍び込まなかった。あそこにはピンクのレオタードがあって、それを取っていたら…姉さんがいつまでも私のお下がりの絹のローブを着ている必要もないのに、あえて取らなかったのよ!」
マ「ミネア…」
ア「わたしは絹のローブのままなのね…」
ろ「……(エンドール城の寝室にピンクのレオタードがあるなんてよく分かるわね…さすが占い師だわ)」
ミ「それなのに、そんな清廉潔白な私達に濡れ衣を着せるなんて…あの盗賊、絶対に許さない!必ず探し出して、捕まえてみせるわ!!!」
ア「ミネアさんが…」
ろ「燃えてる」
マ「あ〜あ、あの盗人、ミネアを怒らせちゃった」

…というわけで、怒りに燃えているミネアを犯人探しのメンバーに入れることにしました。
人質を誰にするかを決める前に、まずは犯人探しメンバーを決めよう。ミネアは確定。勇者もシステム上人質にはなれないのでメンバー入り。パノンは今回は馬車でお留守番。打撃系は、仲間になってからまだ殆ど戦っていないライアンにしよう。魔法使い系はブライかマーニャで迷うところだけど、マーニャはバルザック戦で活躍したので今回はブライに譲ろう。バイキルトももう覚えているし、HPも何故か100いってるし。
犯人探しメンバーも決まったので、続いて人質を…。

<ガーデンブルグ人質杯争奪戦>
参加者 アリーナ、クリフト、トルネコ、マーニャ
ルールは簡単。あみだくじで人質を決定。当然ヤラセとかイカサマは無しで。
結果は…

amidakuji.jpg

というわけで、見事人質杯の栄冠を手にしたのはアリーナでした。
勝利者(?)コメント。
「まぁ、一度くらいは牢屋に入ってみるのも悪くないかもね。でもあまり長くはいたくないから、早めに犯人を捕まえてね。頼んだわよ!」

ミ「えぇ!絶対犯人を捕まえてみせます!!少しの間の辛抱ですよ、アリーナさん!」
ア「今のミネアさん、なんかすごくかっこいいわ」
ク「あぁぁーーー!心配です!心配です!心配です!心配です!こんなことになるのなら、わたくしが代わりにっ」
ア「それじゃクジで決めた意味がないじゃない。大丈夫よ。クリフトはホント心配性なんだから…」
ろ「アリーナ…」
ア「ろうやるも、そんな心配そうな顔しなくても大丈夫だって!」
ろ「アリーナ…牢屋の壁とか鉄格子とか、破壊しないでね」
ア「あ、なんだ、そっちの心配なのね。うん、なるべく気をつけるわ」
マ「あははっ 『なるべく』なんだ。別に、こんなトコ、城ごと破壊しちゃったら?」

…と、そんな物騒な会話があったかどうかは知らないが、アリーナが人質として牢屋に入ることになった。
犯人探し担当の4人には装備品を色々レンタル。その結果は以下のとおり。

ろうやる(18) H114 M61 攻73 守96 くさり鎌 天空の鎧 金の髪飾り
ライアン(17) H146 M0 攻109 守41 破邪の剣 鋼鉄の鎧
ブライ(20) H100 M117 攻32 守45 ブーメラン 皮の鎧 うろこの盾 皮の帽子
ミネア(18) H76 M75 攻94 守57 銀のタロット 安らぎのローブ 羽根帽子

青字は借り物装備


それではいよいよ犯人探しに出発。
「私の占いによれば、ガーデンブルグ城の南東にある洞窟が怪しいです」

洞窟探索 1回目
エンカウント率低めなこの洞窟。最初に敵が出てきたのはB1を半分以上進んだあたりか。グレートオーラス3匹。とりあえず戦ってみたけど、こいつ2回攻撃じゃん…。攻撃がブライに集中してブライ死亡。最終的には勝利したものの、いきなり引き返すハメに。

洞窟探索 2回目
とりあえずお宝を回収しつつ進むか…と思っていたのに、取れた宝は種系とお金だけでバコタのところに着いてしまった。うわ、ドラゴンシールドってどこだったっけ??と思いつつ、せっかくバコタのところに着いたので戦ってみた。初戦だから仕方ないけどミネアはラリホー連発。ブライはルカニもバイキルトも使いやしねぇ…。バコタのスクルト連発の前に敗北。

洞窟探索 3回目
洞窟に着く前に勇者以外がベレスのベギラマの餌食になったのでUターン。洞窟内でもベレスにブライがやられる。相手がマホカンタしてるのにヒャダルコだのラリホーだの撃つのはやめれ…。3人残ったのでお宝回収目的でそのまま進めるもマンルースターの力を合わせた攻撃の前に全滅。マンルースターってこんなに強かったんだ…にわとりのくせに。

洞窟探索 4回目
地下2階、アイスコンドル戦でミネアが、マンルースター戦でブライアンが死んだ。勇者1人で鉄仮面とドラゴンシールドを取ってリレミトで脱出。取った防具は両方ともライアンにあげた。ここはライアンのための洞窟だな…。ライアンの守備力、40台から一気に96へ。次回以降期待してまっせ。

洞窟探索 5回目
洞窟に入ってすぐ、ライアンがグレートオーラスに撲殺された。即刻引き返す。豪華な防具になったというのに…。

洞窟探索 6回目
地下2階への階段の近くで遭遇したテラノザース&アイスコンドルの群れに勇者とブライアンがやられる。ミネア1人で命からがら脱出。

……何この展開?! 死にすぎだろ…これじゃあ金がいくらあっても足りないよ。
ちょっと貯金をしつつ修行をすることにした。

ア「…まだ犯人捕まらないのかな。なんかだんだん…壁とか蹴飛ばしたくなってきたわ」
看守「そ、それは困ります。でしたら代わりに…」
ア「?」

つづく。

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

2010年04月03日
ガーデンブルグ南東の洞窟で足止め食いまくりの一行。しばらくガーデンブルグ周辺で経験値とお金を貯めることにした。聖水によるメタル狩はしない予定。普通に戦って倒せたらラッキー!程度に。
修行の結果、全員のレベルアップと2000Gの貯金を達成。一番の収穫はクリフトがザオラルを覚えたこと。これでずいぶんお金も節約出来るだろう。あと勇者がマホステを覚えたのも結果的には大きかった。

洞窟探索 7回目
久々に無傷でバコタのところまで行けた。2回目ともあってミネアのラリホー癖は消えていた。ブライも相手がスクルトを唱えればルカニを唱えてくれるようになった。でも相変わらずバイキルトはしてくれない。この状況ではブライが死ぬとダメなわけで、案の定ブライがやられてアウト。

はっきり言って、ミネアよりマーニャを連れて火力勝負に出た方がいいんじゃないかと思えてきたが、あれだけ大見得切ったミネアを外すのもあんまりなので、ブライとマーニャの交換を検討してみる。とりあえずもう一度だけブライを連れて行ってみよう。前回ので分かったことは、バコタのスクルトを完全に抑えるのは難しいということ。そうなると頼れるのは呪文系の攻撃だ。でもブライとミネアはすぐに死んでしまうし…というわけで、勇者に破邪の剣を持たせることにし、祈りの指輪や魔法の聖水も余分に持たせた。勇者1人ででもバコタを倒してやる…という魂胆。

洞窟探索 8回目
今回も無事バコタのところへは着いた。バコタと戦う直前にライアンからドラゴンシールドを借りた。もう頼れるのは自分だけ。少しでも守備力上げておこう。
3度目のバコタ戦。勇者、まずは自分にマホステ。これでバコタのヒャダルコを封じる。ブライはルカニはするけどバイキルトは一向に唱えてくれない。どんな作戦にしても唱えない。「いろいろやろうぜ」にしたらルーラとか唱えやがった。魔法の聖水も勝手に使うし、もうダメだ、このじいさん。ミネアが早々に死んで、ブライも死んで、暫く粘ったライアンも死んだ。バコタはスクルト連発で打撃はもはや無理。ここから勇者VSバコタのタイマン勝負。勇者はひたすら破邪の剣を使用、マホステでヒャダルコは無効になるからOK。バコタが力をためた後は防御、HPが減ったらベホイミ、MPが減ったら祈りの指輪or魔法の聖水、以上をひたすら繰り返した。ヤツのHPが尽きるのが先か、こちらのMP、HPが尽きるのが先かの勝負。祈りの指輪は戦闘中に使うと壊れやすいのか、一発破壊で勇者涙目。私の500コインを返せ!と思った。魔法の聖水も尽きて残りMP6、ベホイミ1回分…いけるか?ダメか? というところで、なんとかバコタを倒せた。戦闘曲、一体何ループしたんだろう。洞窟探索8回目にしてようやくクリア。
でももうリレミトをするMPもないし、みんなの棺から薬草をかき集めて徒歩で帰ることに。幸い地下2階では魔物は全く出ず、地下1階では何度か遭遇したもののどうにか逃げ切れて無事生還。全滅は免れた。

クリフトのザオラルで3人を蘇生させた後、女王様と面会。最後の鍵をくれた女王は鍵を使って天空の盾を持って行っていいと言ってくれた。城主から許可を得た、ということで天空の盾は頂くことにした。
でも盾を頂く前に、まず人質を解放しなきゃね…ということで地下牢に下りてみると…

ア「あ!みんな!ついに犯人を捕まえたのね」
ミ「アリーナさん、遅くなってしまってごめんなさい。なんとか犯人を捕まえられたわ…殆どろうやるさんのおかげなのだけど」
ラ「やはりろうやる殿はお強い。さすがは我々のリーダーです」
ア「そうだったんだ!さすがろうやるね。わたしも一緒に行ってみたかったなぁ」
ろ「そ、そんな、みんなして褒めないでください…わたし、褒められると……おしr」
マ「あー、その先はカットね。ところでさぁ、アリーナ、なんで牢屋の中にダンベルだのサンドバッグだの置いてあるわけ…」
ア「あぁ、これ?みんな中々戻ってこなかったから暇をもてあましちゃって…そろそろ壁を蹴飛ばしたいなぁと思っていたら看守さんが貸してくれたの」
看守「我ら兵士のトレーニング用のものです。いやぁ、こちらの王女殿下とはトレーニング談義に花が咲いてとても楽しかったです」
マ「トレーニング談義…」
ア「昨日なんて看守さん立会いの下、『囚人杯腕相撲大会』を行ったのよ!」
ミ「囚人杯腕相撲大会…」
ク「ひ、姫様は囚人ではありません!人質です!!」
ト「クリフトさん、つっこむところがちょっとズレてますな…」
下着ドロ「いやぁ、このお姫様強いのなんのって、オレなんか危うく腕を折られるところだったぜ、げへ」
ケンカバカ「女兵士にケンカで負けた上にお姫様に腕相撲で負けるとは…情けないぜ」
ブ「これはまぁ、随分と人質生活を満喫されていたようですな………」
看守「でももう、これでお別れなのですね。…寂しくなるなぁ」
下着「うひ、また遊びに来てくれよ…オレがここにいる間にさぁ」
ケンカ「次に会うときは負けないぜ!」
ア「残念だけど、次も勝つのはわたしよ! じゃあね、またいつか会いましょう!」
ミ「みなさん、もうすっかり仲良しなんですね…」

というわけで、久々に全員集合した導かれし者たちは天空の盾を手に入れ、次の地へと旅立ったのだった。

ちなみに、3つ目の地下室の宝箱は女王様の許可を得ていないので無視。せっかく濡れ衣が晴れたのに窃盗するとかあり得ない。
さようなら、炎の爪…。

バコタ戦、ミネアがとどめをさせるような展開だったらかっこよかったのだけど、さすがに無理でした。
でも今まであまりミネアが目立っていなかったので、今回はあえて目立たせてみました。トルネコもどこかで活躍させなきゃね…大灯台に下着姿でいたのが最大の見せ場だったらかわいそうだし(笑)。
それにしても、いつもは大して苦戦していないこの洞窟がこんなに大変だとは思わなかった。やっぱり多少低めのレベルで行った方が面白さは増すかも。今までどれだけ石橋を叩いていたんだと、イベントを一つクリアするたびに実感します。
あと、もし人質が別の人だったら、人質生活がどんな展開になっていたんだろう…とかも思ってみたり(笑)。

ろうやる(21) H141 M78 攻85 守142 くさり鎌 天空の鎧
ライアン(19) H174 M0 攻119 守97 破邪の剣 鋼鉄の鎧 ドラゴンシールド 鉄仮面
アリーナ(20) H150 M0 攻99 守54 こん棒 絹のローブ 羽根帽子
クリフト(21) H83 M83 攻100 守39 マグマの杖 皮の鎧 うろこの盾
ブライ(21) H103 M120 攻17 守40 ひのきの棒 皮の鎧 皮の帽子
トルネコ(21) H125 M0 攻61 守25 銅の剣 旅人の服
ミネア(19) H79 M79 攻55 守50 銀のタロット 安らぎのローブ
マーニャ(21) H95 M97 攻32 守45 ブーメラン 絹のローブ 金の髪飾り

ガーデンブルグ編でライアンが一気にパワーアップ。ここの洞窟は実にオイしい洞窟だった。勇者も天空装備を順調に集め守備力をアップ。欲を言えばもう少し良い武器が欲しい…。

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

2010年04月04日
開始がエンドールだったので、そこから船で海辺の村へ行って渇きの石を取った。なんでもこの村は海を捨て陸に上がった海賊の子孫の村なのだとか。先祖の海賊が滝の洞窟の奥に隠したお宝の中には凄い剣もあったんだそうだ。…なんて話を聞いて最も心躍るのはトルネコなんだろうな。

さてさて、前回激闘の末最後の鍵(と天空の盾)を手に入れた勇者一行。最後の鍵を取ったことで次に行けるところが一気に増えたが、今回はせっかく女王様からロザリーヒルのことを教えてもらったのでそちらへ行くことにした。
ピサロナイトには苦戦した記憶はあまりない。呪文を封じられても痛くも痒くもなかった。つまり、いつも無駄にレベルを上げてから臨んでいたわけだ。
いつもだったらまだバルザックすら倒していないこの状態で戦ったらどうなるんだろう? ピサロナイトは静寂の玉を使うから非力な呪文使いを連れて行くかどうかは迷う。玉を使うまでは呪文も武器になるし。でも、もしパノンを連れて行って攻撃がハマればその心配もない。…というわけで、まず試しにパノン連れてくバージョンで挑戦。メンバーは 勇者、パノン、クリフト、マーニャ。パノン以外全員レベル21。装備品の貸し借りは特にせず。

ピサロナイト戦 1回目
1ターン目、パノンはラリホーを唱えた。マーニャはルカニを唱えた。クリフトはザキを唱えた。マーニャGJ! 2ターン目、パノンがピサロナイトを眠らせる。呪文もまだ封じられていないのでマーニャはメラミ、クリフトはザキ。パノンとマーニャGJ!3ターン目以降マーニャはメラミ連発、クリフトはザキ連発。勇者は攻撃。パノンはまぁ、色々とやってた。ピサロナイト、目が覚めて以降も静寂の玉を使わず、アイスコンドルを1匹呼んだだけ。アイスコンドルもマーニャのメラミの餌食になり、結局ピサロナイト戦は予想外、1回目で余裕の勝利。でも、前回のガーデンブルグの洞窟といい、今回といい、サントハイムの人材がちょっと……。
静寂の玉とたくさんの経験値をゲット。勇者以外のレベルが上がり、ミネアもザオラルを覚えた。よしよし。

もうちょっと長居するかもしれないと思っていたロザリーヒル、いきなり用件が済んでしまった。武器屋にあったピアスが眩しすぎた。目に悪いから早々に町を出た。
続いてそのまま船に乗って「滝の流れる洞窟」へ向かった。


ト「おぉ!いよいよ、凄い剣が隠されているらしいあの洞窟へ行くのですな。ワクワクしますなぁ」
ろ「その洞窟だけど、今回はわたしとトルネコさんとマーニャとクリフトで行くことにするわね」
ト「え?わ、私がですか??」
ろ「せっかくの凄い剣なんだもの、トルネコさん、じかに見てみたいでしょう?」
ト「いや、私は、皆さんが持ち帰ってきてくれた剣を見られればそれで良いかなと思っていたのですが………でも折角ですから行かせてもらいますね」
ろ「じゃあ決まりですね。武器や防具はちゃんとそれなりのものを装備してもらいますから、安心してくださいね」

というわけで、今回はトルネコを洞窟へ連れて行くことになりました。

ろうやる(22) H147 M84 攻115 守168 破邪の剣 天空の鎧 天空の盾 鉄仮面
クリフト(22) H88 M87 攻100 守40 マグマの杖 皮の鎧 うろこの盾
トルネコ(22) H130 M0 攻72 守54 くさり鎌 安らぎのローブ 皮の帽子
マーニャ(22) H103 M103 攻32 守46 ブーメラン 絹のローブ 金の髪飾り

青字は借り物装備。
並び順は 勇者 トルネコ マーニャ クリフト

滝の流れる洞窟 1回目

水系の洞窟だったのでブライではなくマーニャを連れてきたけれど、この洞窟は結構メラミを唱える敵が出てくるんだ…一応マーニャのメラミも有効だったから良かったけど。敵とは少数だったら戦い、ゾロゾロ出てきたら逃げるというスタンスでいく。地下2階でまずクリフトが死んだ。戦闘が終わってから「あ、時の砂使えば良かったのかな」と思ったけどもう遅い。それにしても、回復役がいつも真っ先にやられるのは何故だろう…。今回はお宝回収だけが目的なので引き返さずに進むことにした。3章から通して(恐らく)初めて戦闘に参加したトルネコは無難に戦ってくれている。予期せぬ行動もわりとハマっている感じだ。地下3階、今度はマーニャが死んだ。戦闘が終わってから「あ、時のs…(略)。それでもとにかく先へ進む。トルネコの並び順を最後尾に変更した。こうすることで攻撃が殆ど勇者に集中する。勇者は守備力が高いのでこの方が都合がいい。棺からマグマの杖を取り出して一応トルネコに持たせた。二人だけになってからは戦闘は単体で現れない限りは全て逃げた。回り込まれても前述のとおり攻撃が勇者に集中するので問題はなし。ウィンドウは真っ赤ながらもわりと余裕を持って地下4階、はぐれメタルの剣のフロアに到着。

ろ「さあ、トルネコさん 宝箱を」
ト「はい…………お、おおお!こ、これがはぐれメタルの剣…なんという凄い剣だ!こんな剣は見たことがない」
ろ「よく斬れそうな剣ですね」
ト「この剣だったら金属すらも簡単に斬ることができるでしょうなぁ………では、この剣はあなたにお渡ししますね」
ろ「この洞窟を出るまでは、トルネコさんが装備してください。あなたにも装備できるのでしょう?」
ト「え?…良いのですか」
ろ「みんなと合流したら多分ライアンさんに使ってもらうことになると思うけど、それまでの間は…」
ト「…どうもありがとう、ろうやるさん」

というわけで、洞窟にいる間はトルネコが装備することになりました。

でも2人死んでるので、出来ればリレミトで脱出したいところ(笑)。1回だけエンカウントさせて、トルネコに切れ味を実感してもらうことに。相手はフルスネーカー3匹。
「さあ、行きますよ!あなた方に罪はないが、はぐれメタルの剣の切れ味、とくと味わってください!」
フルスネーカーを切り刻んだ後、2人はリレミトで脱出した。

滝の流れる洞窟も一発クリア。あっけなかったけれど、トルネコが最後まで生き残ったので演出面ではOK(笑)
ココ、お宝の眠る洞窟のわりには使えるモノがはぐれメタルの剣しかなかった。邪神の面はさすがに怖くて被れないよ…。
はぐれメタルの剣はライアンに持たせることにした。装備品制限プレーのわりにライアンの装備はとっても豪華。
ライアンが持っていた破邪の剣は勇者に、勇者のくさり鎌をアリーナにスライド。アリーナ、ようやく棍棒卒業でこれがおそらく今回の最強武器…。
あと、3000G貯金できた。


引き続き、「王家の墓」攻略。墓を荒らすのは良くない!…ということで、今回はストーリーを進める上で必要な変化の杖以外は取らない方向で。攻撃力が50もある優秀な杖「魔封じの杖」は残念ながらスルー。変化の杖も装備できたら良かったのに…。
FC版ではどこの王家の墓なのかは明らかになっていないけれど、リメイク版では明らかにサントハイム王家の墓…というわけで、今回は勇者とサントハイム関係者で潜ることにした。

ろうやる(22) H147 M84 攻115 守168 破邪の剣 天空の鎧 天空の盾 鉄仮面
アリーナ(22) H172 M0 攻123 守66 こん棒 絹のローブ 金の髪飾り
クリフト(22) H88 M87 攻167 守54 はぐれメタルの剣 安らぎのローブ
ブライ(22) H109 M125 攻79 守48 マグマの杖 皮の鎧 うろこの盾 皮の帽子

青字は借り物装備。
並び順は アリーナ 勇者 クリフト ブライ

王家の墓といえばはぐれメタルの名所だが、今回は聖水は持っていかない。ここで潜った4人だけのレベルがバンバン上がると以後メンバーが固定されてしまって嫌なので。普通に戦って倒す分にはOK。

王家の墓 1回目
戦闘は基本的には逃げない。ここは途中に回復する所があるのでMPを気にせず早めの回復を心がける。敵はドラゴニットが厄介だったくらいかな。今回クリフトにはぐれメタルの剣を持たせてあるので戦力的には十分だった。ザキの乱発もなかったし、ブライがバイキルトを使ってくれた………1回だけ。アリーナも会心の一撃を何発か繰り出した。そのうちの一発がはぐれメタルにだったものだから4人一気にレベルアップ。勇者がイオラを使えるようになってますます楽な展開に。よし、これなら全員生還できそうだ!…と、変化の杖の入っている宝箱に近づいたら、ドラゴニット3匹出現。クリフトが高熱ガスで焼かれてしまった…。また回復役が先に死ぬ展開か。でも不慮の事故はそれだけ。難なく変化の杖を取って脱出。王家の墓も一発終了。4000G貯金。

ピサロナイト、滝の流れる洞窟、王家の墓と全て一発クリア。ガーデンブルグ南東洞窟に8回も潜ったアレは何だったのだろう…。
次回、魔神像攻防戦〜蒼き炎は死の道標〜(予定…てゆーか、何このサブタイ)

ろうやる(23) H158 M91 攻120 守143 破邪の剣 天空の鎧 天空の盾
ライアン(20) H183 M0 攻209 守97 はぐれメタル剣 鋼鉄鎧 ドラゴンシールド 鉄仮面
アリーナ(23) H183 M0 攻130 守64 くさり鎌 絹のローブ 羽根帽子
クリフト(24) H102 M91 攻102 守42 マグマの杖 皮の鎧 うろこの盾
ブライ(24) H122 M134 攻19 守43 ひのきの棒 皮の鎧 皮の帽子
トルネコ(23) H134 M0 攻67 守27 銅の剣 旅人の服
ミネア(20) H82 M81 攻57 守50 銀のタロット 安らぎのローブ
マーニャ(22) H103 M103 攻32 守46 ブーメラン 絹のローブ 金の髪飾り

軽装の防具が圧倒的に不足してる…次はいつ拾えるんだろう。


にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ

2010年04月07日
今回は魔神像潜入。メンバーは王家の墓留守番組だったライアン、ミネア、マーニャにフル出動の勇者。ミネアに若干の不安を感じるものの、とりあえず行ってみることに。攻略中にマーニャのレベルが上がってイオラを覚えてくれたら嬉しいかな。変化の杖は忘れずにライアンに持たせておく。

ろうやる(23) H158 M91 攻120 守143 破邪の剣 天空の鎧 天空の盾
ライアン(20) H183 M0 攻209 守97 はぐれメタル剣 鋼鉄鎧 ドラゴンシールド 鉄仮面
ミネア(20) H82 M81 攻99 守65 マグマの杖 安らぎのローブ うろこの盾 羽根帽子
マーニャ(22) H103 M103 攻32 守46 ブーメラン 絹のローブ 金の髪飾り

青字は借り物装備。
並び順は ライアン、勇者、マーニャ、ミネア。

魔神像 1回目
入ってすぐ、降り階段の奥の宝箱を取ろうとしたところで、団体で現れたミニデーモンのメラミでミネアが焼かれた。ちょっ……死ぬの早すぎ。もう、引き返すの面倒!(え?) 宝を回収したいし、そのまま進める。
魔神像の宝箱もメダルだの、種だの、小銭だの…どうでもいいのばっかりだな。
3階に着いたあたりから恐怖のブリザードマンが出始める。ためしにアストロンを唱えてみると、どうやら奴らはザラキとザキを1回ずつしか唱えられないらしい。以降は氷の息ばかりだった。そうなればあとは炎の女・マーニャが焼いていくだけだ(笑)。しかし、ブリザードマンが1匹、他のヤツと一緒に現れたときに油断してアストロンを怠ったらザキでライアンが死んでしまった。ぬおーーー、しまったーーー。ミネアが早々にやられたのでザオラルも出来ず、とりあえず棺2つを引きずって全滅も覚悟しつつさらに先に進むことにした。
4階か5階か忘れたけど階段の奥にある宝箱はミミックだと判明しているので無視。回復役が勇者だけになるとホイミが出来ずベホイミになるのでMPがすぐに減る。でもHPは常に満タンにしておかないと守備力が低いのですぐに死ぬ(特にマーニャ)。薬草なんかとっくに使い切った。まったく困ったもんだ…。MP温存のため以降の敵はよほどショボいのでない限り全て逃げた。
像の目の部分、左目から飛び降りると魔神の金槌を取ることが出来るが、そんな呪いの武器を取っている余裕なぞないわ!ということで、無視して右目から飛び降りた。敵から逃げつつ、HP回復しつつ、魔法の聖水使いつつ、ようやく最上階到達。うお、なんとか勇者とマーニャでここまで来られたよ。レバーで像を動かして、向こう岸に到着。
さぁて、ここからもうひとヤマあるよ。薬草ゼロ、魔法の聖水残り1、勇者残りMP10台、マーニャも10台の状態でなんとかデスパレスまで着かないとルーラフラグがつかないから、もう一回魔神像からやり直しになっちゃうよ!さらに出来たらルーラ1回分のMPも残しておきたいところだ。
棺を2つ引きずって恐る恐るフィールドを歩く。ムカつくことに、地形は森だの山だのばかりでエンカウント率高め。何度か敵が出たけれど、当然逃げまくり。回り込まれても勇者が狙われる分にはまぁ大丈夫。とにかく逃げて逃げて逃げて、最後の魔法の聖水も惜しみなく使って、どうにか 勇者HP92・MP15、マーニャHP107・MP14 でデスパレス城到着。
これで魔神像も1発クリア確定。

城に入ってからは変化の杖を使って情報収集。この時点ではインパス持ちのブライがいないので宝物庫は無視。あ、デスパレスは「人様」じゃなくて「魔族様」の城なので宝箱は貰うことにする。敵の戦力を削ぐのも立派な作戦なのだ(笑)。もっとも、装備品は勇者とライアンしか扱えない風神の盾しか手に入らないんだけど…。もっと軽めの装備品欲しいのにな。
そして、コンジャラー系のカッコして魔族会議に参加。勇者・ろうやる、恐らくデスピサロを見るのはこれが初めて。

マ「(あいつがデスピサロなんだ、わりとイイ男じゃない…って、今はそれどころじゃないわね。ろうやる、ヤツが仇だってのは分かってるけど、今はヤツと戦うわけにはいかないからね。悔しいとは思うけど、今は我慢よ)」
ろ「(…わかってる……わかってるわ)」

会議の内容は…まぁ、今更ここに書くまでもないけど、とにかく次はエスタークに会うためにアッテムトへレッツゴー!ってやつ。
会議終了後、さらに情報収集を進めていると…

魔族「それにしても、サントハイム王も憐れだったな。自分たち人間がエスターク様の復活を手助けすると夢で知って、アッテムトでの穴掘りを止めさせようとした為、闇の力で消されたのであろう…」
ろ「え……消され…た?」
マ「それは、死んだってことなのか?」
魔族「さぁな、オレはそこまでは知らん。まぁ死んでようが生きてようが、いずれ人間は滅びるんだ。どっちでも大差ないやな」
マ「そ、それもそうだな。…邪魔したな」

ろ「サントハイム王が消されたって……そんな」
マ「今の話はアリーナには黙っていた方が良さそうね。いくらなんでもこれはショックだわ」
ろ「うん……アリーナをここに連れてこなくて良かったわ」
マ「もう特にここに用はないわね…。アッテムトって言ってたから、一旦ハバリアでみんなと合流しようか」
ろ「うん」

というわけで、ストーリー的にはこの後ハバリアで合流してアッテムトへ…となるのだけど、ゲーム的にはエンドールに行って貯金といらないアイテムを預ける作業(笑)。魔法の聖水を浪費してしまったのでカジノで引き換え。お金に換算すると1つ600Gか…結構高いなぁ。
あと、もうパノンの出番がなさそうなので(エスタークのトコへ連れて行くのは大変そうだし)スタンシアラに連れて行って天空の兜ゲット。これで天空防具が揃って、勇者、ますます充実の守備力に!
さらにブライを連れてもう一度デスパレスに行き風神の盾回収。またもやライアンの装備が充実…。装備的には勇者とライアンの二強だな。
パノンとは最後はあっけなくお別れしたけど、彼は本当に役に立った。彼がいなかったらキングレオ、バルザックは倒せなかった。下手したら未だにバルザックと戦っていたかも。本当にありがとう!ホフマンと違ってもうどこかで会うということが出来ないのが少し寂しい。
最後にオマケでアッテムトのルーラフラグを付けておく。

これらの作業を終えてから、ようやくハバリアへ…というところで今回は終了。

ろうやる(24) H169 M95 攻128 守174 破邪の剣 天空の鎧 天空の盾 天空の兜
ライアン(21) H200 M0 攻213 守118 はぐれメタルの剣 鋼鉄の鎧 風神の盾 鉄仮面
アリーナ(24) H195 M0 攻134 守68 くさり鎌 絹のローブ 羽根帽子
クリフト(24) H102 M91 攻102 守42 マグマの杖 皮の鎧 うろこの盾
ブライ(24) H122 M134 攻19 守43 ひのきの棒 皮の鎧 皮の帽子
トルネコ(23) H134 M0 攻67 守27 銅の剣 旅人の服
ミネア(20) H82 M81 攻57 守50 銀のタロット 安らぎのローブ
マーニャ(23) H107 M111 攻33 守47 ブーメラン 絹のローブ 金の髪飾り

こんなレベルでエスターク神殿なんて今まで行ったことないよ…(いつもレベル30前後…これはこれで高すぎかも;)。激しく不安。


以下、またもやオマケ。ハバリアで合流後のやりとり。

マ「ねえ、クリフト、ブライ。アリーナは一緒じゃないの?」
ク「姫様は今、イメージトレーニングをするとかで港の方へ行かれております」
マ「そう、なら丁度いいわね。実は、サントハイムの王様についてなんだけど、あんたたち2人には言っておこうと思ってさ」
ブ「陛下について…?」
ろ「デスパレス城で魔物から聞いた話なのですが…、実は………」
ブ「な、なんと、陛下が…闇の力で…」
ク「消されたかもしれないですって??」
マ「この話、アリーナには言わないでよね」
ブ「と、当然じゃわい」
ろ「…あ!アリーナが戻ってきたわ」

ア「あれ?4人で深刻な顔してどうしたの」
ろ「え?深刻?そうかな…全然そんなことないわよ。ところでイメージトレーニングの方はどうだったの?」
ア「それが、港で海を眺めていたおじいさんが昔コロシアムで戦ったことがあるって聞いて、それですっかり話が盛り上がっちゃって…結局トレーニングはできなかったの」
マ「あぁ、そういえば、前にも港にそんなじいさんがいたわね」
ア「まだ武術大会を連覇した人はいないから、連覇目指して頑張れって言われちゃった。トレーニングは出来なかったけど、おかげで良い刺激になったわ!」
ブ「そ、それは何よりでしたな(れ、連覇とは、また大会に参加するおつもりなのじゃろうか…)」
ア「………蘇った地獄の帝王。以前、お父様のお声が出なくなったときに見ていたという夢とほぼ合致しているわ…だから、エスタークを倒せば、何か手がかりが掴めるかもしれない!なんとしても勝たなきゃ!」
ク「そ、そうですね、絶対、勝ちましょう」

………手がかり、か。
でも、地獄の帝王に勝って得られる手がかりとは……一体どのようなものなのだろう。
希望なのか絶望なのか…
本当に国王陛下は闇の力によって消されてしまったのですか?
いつか、姫様はそのことを知ってしまうのですか?
知ってしまったら、姫様は………
おお、神よ!どうか、どうかサントハイムの皆さんを…お助けください。


次回、いよいよエスターク神殿へ!
(終わり方がイマイチだったかな…;)

にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ