DQ4プレー記・ただ今のお題
<掃き溜めに鶴>

ルール
・4章はミネア(とオーリン)だけで進める
・5章、船取得までは勇者、ミネアのみで進める
・5章、船取得以降、トルネコ、ライアン、ブライ、ミネアで進める
・キングレオ戦、天空への塔のみ勇者使用可
・勇者は馬車内での生存状態可。アリーナ、クリフト、マーニャは棺桶
・ガーデンブルグでの棺桶人質可
・838861、8逃げ、透明気球等の裏ワザ禁止
・種や木の実類は使い切る


過去のプレー記(プレー記案内はこちら
[記念の二部作]
[01]20周年記念 [10]25周年記念
[女性勇者二部作]
[02]装備品 買わない盗まない [09]いろいろやりすぎ
[三人旅三部作]
[03]水戸黄門 [04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹 [05]まどろみ無双
[柔剛柔の三部作]
[06]クレバーカルテット [07]益荒男四人衆 [08]クレバーカルテットDS
[勇者役トルネコの二部作](の予定)
[11]百花繚乱 [12]進行中


※当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。

2010年01月01日
当ブログのメインコンテンツであるプレー記の内容を簡単に説明します。
プレー記が1つ完結するごとに更新していく予定です。
なお、プレーはファミコン版・ニンテンドーDS版ともに全て実機で行っています。


[記01]20周年記念
2010年、DQ4発売20周年記念と銘打って行ったプレーの記録。このブログを始めるきっかけとなったものです。装備制限、人数制限なしの通常プレー。余計な読み物が一切ない、シンプルなプレー記。各日プレー開始時と終了時に記事を書くことでプレー時間を計っていたため、記事数は無駄に多いです。

[記02]装備品 買わない盗まない(買わない盗まない)
装備品制限のプレー記。装備品の買い物はせず、他人様のモノは一切盗まない。でも洞窟の宝箱は取っても良いという緩い制限です。台本のような読み物付。「女性勇者二部作」の一作目。勇者ろうやるはクセのない性格

[記03]水戸黄門
使用人数制限のプレー記。「三人旅三部作」の一作目。アリーナ、クリフト、ブライの3人旅。主にブライ視点の真面目な読み物付。当時はバリバリのアリーナファンであったため、かなり力の入ったプレー記となっています。今考えるともっと良いタイトルはなかったのかという気も。

[記04]腹でん!(パラディン)と美人姉妹(腹姉妹)
「三人旅三部作」の二作目。トルネコ、マーニャ、ミネアの3人旅。各人の一人称視点のローテーションでの読み物付。基本的に「三人旅三部作」はシリアス系です。このプレー記の途中でミネアファンに転身したため、途中から異様に力が入っています。現時点で唯一レベル99まで進めたプレー記です。

[記05]まどろみ無双
「三人旅三部作」の三作目。勇者、ライアン、NPC(ノンプレーヤーキャラ)の3人旅。最強剣・まどろみの剣を駆使したプレー。男勇者・ゆんけるは少し影のある性格。三人称視点による読み物付。パノン大活躍。スコット、ロレンス、オーリンは出番なし。

[記06]クレバーカルテット(クレバカ)
「柔剛柔の三部作」一作目。クリフト、ブライ、マーニャ、ミネアの知的な(?)4人旅。こちらの三部作はギャグ系です。空気を読まないクリフト、ちょっとおバカなブライ、実は優等生のマーニャ、腕力に物を言わせるミネアという図式。学習型AIの醍醐味を味わえます。

[記07]益荒男四人衆(マスラオ)
「柔剛柔の三部作」二作目。勇者(呪文使用禁止)、ライアン、アリーナ、トルネコの体力自慢4人旅。ひたすらおバカな勇者たけお、カタカナに弱いのろまなライアン、男よりも男らしいアリーナ、常識人かつ苦労人のトルネコという図式。全体的におバカなノリでクセがあるかも。

[記08]クレバーカルテットDS(クレバカDS)
「柔剛柔の三部作」三作目。DS版での知的4人旅。ファミコン版のAIとDS版のAIを比較すべく行ったプレーです。各人の立ち位置はファミコン版とほぼ同じ。AIの仕様は両者でだいぶ違いました。

[記09]いろいろやりすぎ
「女性勇者二部作」の二作目。様々な裏技を駆使して正規のイベント順を完全無視したカオスなプレー。今まで出番の少なかったNPCに出番を作ったり、サイドストーリーをはさんだり、わりといろいろやってます。女勇者かおす。ちょっと素っ気ないけどクセのない性格と思われます。

[記10]25周年記念
2015年、DQ4発売25周年記念と銘打って行った裏ワザなし、人数制限なしのごく普通のプレーかつ比較的純粋なプレー記です。話の流れを丁寧に追ってみました。今回よりビデオキャプチャを導入し、全編録画しながらのプレーだったので戦闘経過の記録も詳細です。

[記11]百花繚乱
トルネコ、アリーナ、クリフト、マーニャの4人旅。俗に一軍と呼ばれる者たちは馬車組に比べ実力で勝るのか、それとも単に命令自由の勇者がいるから優れているように見えるのかを確かめるため、勇者枠に馬車守のトルネコをあてて比較してみるという「勇者役トルネコの二部作(仮称)」の一作目。セレブなメンバーに囲まれて贅沢三昧を目指すマーニャとは裏腹に、皆さんのお財布のヒモは固いです的なノリですが、戦闘では派手に輝いてくれています。



管理人は1990年よりDQ4をプレーしており20年来のアリーナファンでしたが、2010年10月を境にミネアファンに転身しました。プレー記でいうと、[03]水戸黄門まではアリーナファンとしてプレー、[04]腹姉妹以降はミネアファンとしてプレーしていますので、その辺でキャラの出番に偏りが出ています。


※こちらはドラゴンクエスト4ファンの一個人が趣味で作成したブログであり、営利目的は一切ありません。また株式会社スクウェア・エニックスをはじめとする同作品制作者とは一切関係はございません。
※当ブログにおいて使用しているゲーム画像の著作権は株式会社スクウェア・エニックスが所有しています。当該画像の転載はご遠慮ください。



にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村
ランキング参加中。ぜひクリックお願いします!

このページのトップへ